TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢






2021年7月後半の全体運
(7/16から7/31まで)

今月の12星座占い
木星水瓶座のやり直し、行き過ぎ注意報
7月前半に発生したTスクエア(天空の直角三角形)がトラブルを誘発していました。
こういった強烈な配置が発生すると、大抵の場合は世の中のあちこちで火の気が上がったり、激しい内容のニュースが散見されるようになります。不毛な争いや突然発生した望まない方針転換などを経験された方は多かったのではないでしょうか。
こういったトラブルの中でも、自らの行いや発言等によって火種を呼び寄せてしまう、といった類のものは、自己管理によって最小限にする事も不可能ではありません。
天災等は仕方ない面があるにしても、当サイトで火の気や激しい配置が発生すると認識できた際は、感情を抑えて先を読む癖を持たれることをおすすめします。

逆に、この凶角を活用できた方々は壁を突破し新しい可能性を切り開いていたはずです。
90度を含むTスクエアは、厳しい条件に立ち向かい突破する勇気を持つ方々に、規模の大きなご褒美を与えてくれます。この世の発展や発明等は主に凶角で作り上げられる事が多く、価値がある戦いであれば、リスクを取って挑むという事も重要です。
当然ながら口で言うほど簡単ではないので、相応の覚悟がある場合でなければなかなか難しいことではあります。

また、オリンピック開催近辺だというのに、緊急事態宣言となってしまった事は残念です。
が、今年の5月に起きた食の影響は、権力者が出した指示を守らない、という影響を与えてしまうことが想定されます。今までもそういった傾向はあったものの、今回はその傾向がより顕著になってしまっているように見えます。
この傾向は11月頃まで続きますが、鬱憤を晴らすかのように自粛しない方々と、それに対して反感を持つ方々、それらの対立が面倒な事となるかもしれません。
しかしながら、木星が逆行し水瓶座に逆移動する7月末は、そういった状況が続いたとしても、相互理解と対策の道を見せてくれる可能性があります。

■7月後半の主な配置
7月後半はこのような配置となっています。

7月18日
 太陽と冥王星の180度
7月20日
 水星と天王星の60度
7月22日
 金星と木星の180度
7月24日
 水瓶座の満月
7月25日
 水星と海王星の120度
7月26日
 水星と冥王星の180度
7月28日
 木星の水瓶座逆入座
7月30日
 火星と木星の180度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

吉凶混合で一応バランスが取れています。
が、月末には木星が水瓶座に入座するため、またもや平穏ではありません。
当サイトが昔から提言する「運気の節目」という状況が発生し、物事の構造や人員、流れが大きく変遷するでしょう。年間運気という、非常に大きな規模の運気が変化すると認識してください。
ざっくりと言えば、今年の5月中旬以前に発生していた状況に近いものがまた戻ってくるものと思って頂ければよいかと思われます。春頃から停滞していた状況、終わったはずの物事、5月以降疎遠になった誰か、等々の再開の時期となるはずです。

全ての星座や世相等にも影響する配置効果を解説します。

7月18日
■太陽と冥王星の180度
 [太陽:蟹座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]

権力との対立を誘発させたり、野心をくすぐるような心理を発生させやすい配置です。
冥王星が関連すると、大抵の場合は力関係を元にした強烈な変化が発生する傾向があり、人によっては運命が大きく変わる可能性もあります。
物事を断定したり、変化を拒んでしまうと、この配置の凶意が強烈に発生します。プラスに使えれば大きな幸運に変化するものの、大抵の場合は問題から逃げたり変化を拒んでしまい、厳しい運気に追い込まれるケースが多いようです。
悪い習慣を止めて新しいサイクルに入る勇気を持つと良いでしょう。
また、集中力を必要とするような状況を発生させたり、大きな状況の変化が強制されることがあります。そして、そのような運命に関わった場合、根本的な性格や人生の方向までも変わってしまうかもしれません。(これは星座や生まれによっては余り影響しないケースもあります)

太陽は基本的な運勢や全体運といった部分を扱うため、これがあなたの出生図の重要な位置と合致している場合は強烈な運勢を体験するという事もあります。

なお、この占いを読まれて用心されている皆様にはご縁がないかも知れませんが、この極端な運気は稀に犯罪や災害といった強烈な問題を発生させるケースがあります。
冥王星が逆行しているため、なかなか発生しにくい件を極端に恐れてしまうあまり、望ましくない行動に走ってしまう事が想定されます。
権力や上下関係といった問題が拗れてしまうと、最悪の場合このような事件に発展するという例があるというだけの事ですので、日本では簡単におおごとには至らないでしょう。

7月20日
■水星と天王星の60度
 [水星:蟹座:]
 [天王星:牡牛座:]

精神に刺激を与え、ニュースとコミュニケーションを誘発します。
受け取るメッセージ等は思いがけないものであり、吉角である関係から嬉しい内容が中心となる事が想定されます。今回は天王星が牡牛座にあることから、経済に関する事やIT機器等に絡んだものとなるでしょう。
また、内部からはニュースではなく閃きや直感、そして発見が発生しやすくなります。
感覚が鋭くなり、天啓を得られたかのように新しい視点から物事を見ることができるようになるケースもあります。
繊細なセンサーを研ぎ澄まして最適な道筋を見つけることで、今まで壁が存在していた場所から一足飛びに抜けることすら可能となるでしょう。

特に水星・天王星の組み合わせはPCやスマホ、そして最新技術とIT機器群を示しています。流行のテレワークやAI等といったものを有効活用し、新しい可能性を見つけ出すことで、大きな幸運を受け取る事も不可能ではありません。
しかし水星の動きは早く、加えて天王星が絡む配置は効果期間が短い傾向にあります。
有意義に活用しなければ一瞬の思い出で終わってしまう点には注意しましょう。

7月22日
■金星と木星の180度
 [金星:乙女座:]
 [木星:魚座:逆行中:]

楽しい一時を過ごせたり、高価で価値のあるものを入手できる運気を発生させる配置です。
それには当然ながら出費が伴いますが、簡単に予算をオーバーしてしまわせるという力をも持っています。凶角でありながら、その効果が良い方向に働きやすい配置の一つです。
予算が許す範囲であれば、お付き合いやショッピングそしてデート等といった楽しい時間を過ごすことができる可能性が高いはずです。
これが対人や友人といった位置に関係している場合、友人を作ったり異性と接近するのは普段よりも簡単になるでしょう。パーティや飲み会そして人が集まる場所等におけるこの効果は一層強くなることが期待できます。

一見吉角のようにも見えますが、実際には楽観的な気分を誘発して状態を悪化させたり、怠け癖を生み出す効果という点が本来の意味に近いようです。
この力は、大事な用事や役目があるのに遊んでしまったり、暴飲暴食を重ねてしまったり、不摂生な生活スタイルを発生しやすくさせる力があります。
当然ながらそんな事をしてしまえば、後々運気が厳しくなった際にどうなるかは言うまでもありません。予算を確認し義務を果たしてから楽しむことができるのなら、この近辺は良い思い出になるでしょう。

[2020年の傾向]
遅延した東京オリンピックの開催日となっています。
通常であれば祭典やイベントの日程として、かなり良いタイミングと思われます。
しかしコロナの問題はどこまで行っても付いて回る以上、羽目を外してしまう方々は後々反省点や問題点として取り上げられるはずです。
日々溜まり続ける鬱憤はあるでしょうが、節度を持たないと感染や散財のリスクが大きくなる点にご注意ください。

7月24日
■水瓶座の満月
 [月:水瓶座:]
 [太陽:獅子座:]

今回の満月は水瓶座です。
オリンピック開催日から少しずれますが、星の影響は即日から前後にブレるときがあります。そのため、これを開催日の運気と見なしてしまっても問題はありません。
木星が水瓶座に戻る直前のため、この満月で人・物・お金等の動きが確定し、大きな世の中の変化として認識される可能性があります。

ホロスコープ2021年7月後半

一見赤色が激しく凶角だらけに見えますが、満月は元々180度です。
もう一つの凶角は金星と木星の180度です。が、こちらは意外にも吉角としての効果を発揮することがあります。問題ははしゃぎすぎや行きすぎといった、抑制が効きにくくなるという点です。
そして、この2つの180度同士は、30度という配置で構成されており、専門用語でマイナーアスペクトという部類に属します。当サイトでは条件付きの小さな幸運として扱っており、吉星の組み合わせである点も踏まえ、そこそこの嬉しい運気として判断しています。

社会生活環境における盛り上がりは言うまでもなくオリンピックを示し、金星と木星の効果はワクチン対策やお金の流れの激しさを示しています。
せっかくのプラス面があるものの、今ひとつどこかギクシャクしたホロスコープなのは、緊急事態宣言や無観客観戦等による意識のズレを意味しているものと思われます。
拡大の配置は、一部では盛り上がる方が存在することを示しているため、対岸で騒いでいるかのような状況を感じる可能性もあります。

月に合致する恒星は吉星のような嬉しい効果を保持しますが、同時に矛盾した影響を持つ傾向があります。今回のオリンピックに向けた意識があらゆる場所でちぐはぐになっているという現状を如実に表現しているようにも見えます。
皆様の個人的な生活レベルで考えるのなら、行きすぎず節度を持ったコストと判断を心がけ、全てが割り切れる事など無いという事を意識すると良いでしょう。

7月25日
■水星と海王星の120度
 [水星:蟹座:]
 [海王星:魚座:逆行中:]

想像力を掻き立て、イメージングの世界に追い風をもたらす配置です。
感受性が強い方々はこの配置が発生することで、精神的な世界が広がるように感じるかも知れません。
小説や物語等といった、創作が必要な世界に関係している方々にとっても追い風が吹く運気なので、出版や映像が関係する業界は調子が良くなるでしょう。

しかし、会計や実務といった厳密な管理が必要な業界、又は個人であってもお金の管理等には余り向いていない配置です。
これらの惑星がお金や仕事に関連する位置に来ている星座であれば、甘い見通しや状況把握は後で問題になる事が多いため注意すべきでしょう。
今回は海王星が逆行している以上、夢のあるものではなく、実現性を伴ったものである必要があります。夢が敗れるようなマイナスな思考ではなく、厳しい現実に対してどうやって良い結果を残すのか、という点が重要となります。

7月26日
■水星と冥王星の180度
 [水星:蟹座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]

知識や精神力という、一見穏やかに見える分野での争いを誘発する配置です。
研究や解析、問題、隠し事、思想の強要、裏で進められる計画等々、デスクワークに関する事象を活性化させるという効果が想定されます。そして冥王星は逆行しており、先に進むための学びや研究というよりは、過去の件を扱う傾向が多くなる可能性があります。
これらの件はどうしても議論や激しい口論を呼ぶ事が多く、ネット等での意見の応酬は激しいものとなる危険性があります。それらは尾を引く傾向があるため、やりすぎは自分自身に返ってくるかも知れません。
冥王星が絡むことで、誰かの考え方や判断を押し付けるという、非常に問題のある言動が活性化されてしまう傾向があります。極端な言葉を使うなら「洗脳」という事になるのでしょうが、誰かの勝手な意見に振り回されないよう注意する必要があるでしょう。

しかしこの配置を上手に使うと、大半の人が知らない物事の真実や、隠された秘密にたどり着ける可能性があります。
調査研究といった頭脳労働系の職業に関係しているのなら、この配置では壁に当たったらチャンスと考えるのも良いかも知れません。会話ではなく情報と分析がこの配置近辺での要素となるはずです。

7月28日
■木星の水瓶座逆入座
 [木星:水瓶座:逆行中:]

木星が水瓶座に逆戻りします。
ここ数ヶ月における木星魚座運気は、言わば予行演習のようなものでした。
以下が木星の運行スケジュールです。
木星の水瓶座逆入座

5月半ば頃から運気が変化したり、何かが止まったり、風向きが変化していたりと、様々な状況を体感していた方も多かったのではないでしょうか。
一見、このまま続くのかと思ってしまうかもしれませんが、これは来年やってくる本番運気を、木星がうかがわせたに過ぎません。
8月からは、今年5月ごろまでに起きていた状況が、再度やってきます。止まってしまった事があるのなら、その再来に備えておくことが賢明です。
また、5月半ばから7末までの状況は2022年になって本格化しますので、そこに向けた対策を考え備えておくという事もまた有効です。

しかし今回、木星は逆行しながら水瓶座にもどります。
逆行による星座跨ぎは影響が激しく、凶角時のような影響が付随します。
5月ごろに曖昧なままで終わってしまっていた物事、自然消滅してしまった誰かや用事、うまくスルーされたと感じていた何かは、もう一度ぶり返される可能性があります。
木星は拡大と成長を司る吉星と言われる惑星です。が、当サイトでは今まで逆行時に発揮されるマイナス面を何度も警告してきました。逆行時には成長が背伸びや見栄になり、拡大が肥大・散乱となって、歯止めが効きにくくなる事を覚えておく必要があります。

また、今回は時を同じくして発生する火星と木星の180度が厄介です。
この配置は凶角でありながら、その中でも幸運を得られやすく感じられるという特殊な要素を持っています。通常であればやりすぎてしまわないよう、少々の注意を込めるだけで楽しい運気を感じられたかもしれません。
が、今回は木星逆入座近辺でオーブ(許容範囲)による配置影響が発生し、戻った後でもその状況を継続させる予定になっています。

7月30日に発生する火星と木星の180度の効果も一緒にご覧頂く事をおすすめします。
この逆行近辺において想定される事は以下となります。

 ●木星水瓶座の運気が戻ってくる
 ●5月中旬以前の状況が再開される
  ○その頃から止まっていた物事、関係、等々が対象
 ●5月中旬以前の用事や手間が増加する
  ○チャレンジには吉、傲慢さや仮想敵への極論は大凶
 ●短いスパンで急激に物事の変化が起きる
  ○状況が切り替わって多忙さは続く

当然ながら、全員がこうなる訳ではありません。
あなたの生まれ星座を確認し、以下の特集コーナーで魚座が何の要素に該当するのか確認頂き、上記に当てはまる物事があったかどうかを履歴で再度吟味してみてください。
もし当てはまる事があるのなら、再度やってくる木星水瓶座運気に備えておくことをおすすめします。

7月30日
■火星と木星の180度
 [火星:獅子座:]
 [木星:水瓶座:逆行中:]

凶角ですが、意外にも幸運の要素が存在する火の気の配置です。
勝負運や競争力を後押しし、木星の持っている楽観的な心理や冒険心を強化する効果を持っています。スポーツなどの競技や会社などの競争原理を働かせるため、様々な分野で活気が期待できる時期です。
前回の時期に開始したプロジェクトや関係などはこの近辺で変更や調整が必要になるケースがあります。冷静さや論理的な分析力、感情ですぐに反応しない思慮深さが良い結果を生むでしょう。

この配置のマイナス面は、過剰な自信や高慢さ、そして懲りず反省せずに何度も同じ過ちを繰り返してしまう事です。
残念ながら、昨今このような言動を繰り返す方が増えているように感じられることが多くなっています。そういった気質を持つ方々はこの配置に強く反応し、また同様な結果を生み出してしまう懸念があります。内省し学び成長の糧とするなら良いのでしょうが、周囲の迷惑を無かったことする姿勢だけは頂けません。
敵を作り上げたり盛り上がる姿勢、過剰な贅沢や浪費、あらゆる面で極端な言動は、全て自分で刈り取る事になります。
反面、凝り固まった思想に基づく妨害や阻害は表面化する事があります。それに対し明確な意思と目的を持って自分と周囲のために壁を壊す姿勢は強い幸運を伴うでしょう。

■8月前半の主な配置
これが8月前半の主な配置です。

8月1日
 太陽と水星の合致
8月2日
 水星と土星の180度
 太陽と土星の180度
8月3日
 金星と天王星の120度
8月4日
 水星と天王星の90度
8月7日
 太陽と天王星の90度
8月8日
 獅子座の新月
8月10日
 金星と海王星の180度
8月11日
 水星と木星の180度
8月12日
 金星と冥王星の120度

やや凶角寄りですが、吉凶混合のバランスが取れた配置です。
月初は多忙さと厳格さがあるため、あまり楽しさは感じにくいかもしれません。また、天王星が凶角を予定しており、IT系サービスのトラブルが懸念されます。
新月もまた天王星と凶角を結ぶため、予測が付きにくく突発的で望まぬ変化が発生する懸念もあります。
天王星は今や牡牛座というお金に関連した星座を運行しているため、社会に対する影響はますます大きくなっています。セキュリティも含め危機意識を持つことが賢明です。

来月もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2021年7月後半の星座別運勢
(7/16から7/31まで)