TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢






2021年12月前半の全体運
(12/1から12/15まで)

今月の12星座占い
海王星の順行化、可能性の食と金冥合致の情熱
11月は火の気が連続する特徴的な時期でした。
連続して発生した火の気は、各地で刃物に関連したトラブルを発生させていたようです。
その焦点となった火星と天王星の凶角は、過去からの怨恨を思い出させたり突発的な爆発(現実・比喩問わず)を誘発させる効果があります。
刃傷沙汰となる事件にはこの配置が絡むことも多く、嫌な思い出を収める努力が必要となる配置です。約2年程度で再発するため、定期的な火の気に対する警戒は怠らない方がよいものと思われます。

ちなみにこの占いを発表する頃、火星と天王星の180度はオーブ(配置の許容範囲)を外れてはいます。が、未だ種火は燻り続けています。何度か当サイトでお伝えした通り、火の気の運気はピッタリの位置を過ぎた後でも残ることがしばしばあります。
今回において火の気運気の元となった火星ですが、12月中旬まで蠍座を運行し続けます。これは燻った火種が残る時期がその時期であることを示しており、少なくともその時点までは用心に越したことはありません。
このような配置下では、いっときの感情に左右されて許されない行動を取ってしまわないように注意すべきでしょう。

■12月前半の主な配置
これが12月前半の主な配置です。

12月1日
 海王星の順行化
 金星と海王星の60度
 太陽と土星の60度
12月4日
 射手座の新月
12月6日
 火星と冥王星の60度
12月8日
 水星と海王星の90度
 火星と木星の90度
12月12日
 金星と冥王星の合致
 水星と木星の60度
 太陽と海王星の90度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

この占いを発表する時点で海王星が順行に戻ります。
海王星の順行化によって、魚座を始めとする方々に運気の転換が想定されます。
ただ、この惑星の速度は遅い上に影響を感じにくい事も多く、直接的な影響を感じられないというケースもあるものと思われます。
しかし、この惑星と位置が管轄している、芸術・薬学・お酒・占いなどを始めとする精神世界に関連する方々は影響を強く感じる可能性があります。夢よりも現実を重視せざるを得ない状況で困っていた方々は、また希望を持つことができるでしょう。
また、薬やお酒という観点から見ると、コロナという現象が大きく関連します。
既に日本ではかなり状況が抑えられているようですが、ここから先は様々な地域において、ワクチンや治療薬そしてお酒の提供といった点で改善がみられるものと思われます。

他には、水星と海王星の凶角が発生したタイミングで、火星と木星の90度が発生するというタイミングも象徴的ではあります。
前者は誤解と混乱を生み出し、後者はリスクと同時に無知のまま突き進む姿勢を生み出します。また、新月は射手座にあるため楽観的な心理を誘発させる点もあります。
知識武装をせずに曖昧で楽観的な姿勢のまま見切り発車をすれば、中長期にどういう結果になるかは言うまでもありません。
チャンスと感じられる時こそ、身を引き締めて計画し、用心しつつ専門家の助けを借りることで好機を成功に変化させられるでしょう。

金星と冥王星の合致も重要です。
元々激しい配置ではあるものの、本来であれば1年に1度発生する通例的なイベントではあります。しかし、今回に限っては違う様相を呈しており、油断ができません。
今月後半に金星は逆行を予定しており、ただでさえ愛情・金銭に情熱の波を立てる配置効果が継続したまま、逆行によって再合致を発生させる予定です。
11月の中旬からその兆候は始まっており、それが表に出る最初の波が今回の合致タイミングという事になります。嫉妬や未練といった激しい心理には十分ご注意下さい。

そして、今回の新月も食です。
日本からは見ることができず、先月よりは盛り上がっていないようにも感じられます。
しかしそれでも食としての効果は発揮されており、こちらのタイミングも重要な節目として機能するという点がポイントです。
射手座で発生する関係から希望に溢れたものとなる雰囲気が想定されます。しかし吉凶織り交ぜた食はトラブルも懸念され、知恵と経験が必要です。

全ての星座や世相等に影響する、惑星の配置効果を解説します。

12月1日
■海王星の順行化
 [海王星:魚座:]
 [前回の発生時期:2021年11月28日]

今年の6月から長期間逆行を続けてきた海王星が順行に戻ります。
これが海王星逆行のスケジュールです。
海王星の順行化

海王星の速度は遅く、間接的な影響が多いため実感が湧きにくいかも知れません。
ですが、支配星座である魚座生まれの方々や、魚座が天頂に位置する双子座生まれの方々、オカルトや映像・芸術に関わる方々等は大きな影響を感じる可能性もあります。
この海王星ですが、人に夢を見せたり理想をヴェールで覆い隠します。
現実を隠し、リスクを承知で先に進ませる事もあります。お酒や薬(麻薬を含む)にも大きな影響を持っており、辛い現実を薬に頼るという心理はこの惑星が絡みます。
しかしこの惑星が逆行すると現実が見えてしまうため、今まで持っていた希望が簡単には実現できないことに気づき、甘さが少なくなる傾向となるようです。
しかし順行に戻るここからは、再度夢を目指せるようになるでしょう。

今回順行に戻るタイミングにおいて、金星と吉角を結んでいます。
これは魚座生まれの方々を始めとして、芸術や精神世界に関わる方々への幸運が伴う事を示しています。木星が水瓶座を運行している魚座にとっては、全体的に運気が落ち気味のように感じられているかも知れませんが、順行は間違いなく吉兆です。
この近辺において方向転換したり始まったイベント・計画等が存在するのなら、嬉しい幸運をもたらすでしょう。後述する金星と海王星の60度も合わせてご確認下さい。

12月1日
■金星と海王星の60度
 [金星:山羊座:]
 [海王星:魚座:]
 [前回の発生時期:2021年1月24日]

他者や弱者に対する共感や同情心を促進させる効果がある配置です。
(様々な意味における)イメージを強化するため、現実より物事を美しく見せたり、良い側面を見せたい場合には効果的です。
理想と現実はそうそう簡単に合致するものではありませんが、悪い面が見えてしまうと何事もうまく進まないでしょう。夢を見ることによって人は先に進む意思や希望を見出すことも多いので、この配置がもたらす要素は重要な側面を持っています。
もし映像や芸術等に関連した職務に就いているのなら、この配置を有効活用することが賢明です。現代ではYouTube等で個人が参画する事も可能になっており、視聴者に魅力的な印象を与えることが普段よりも簡易になるものと思われます。

この配置が恋愛・社交などを含む対人運に影響する場合、磁力的な魅力を発生させたり精神的な繋がりをもたらすことがあります。夢を感じさせてくれるような遊園地やデートそしてパーティ等は、良い思い出として長く残る可能性が高まります。
金運面では芸術品や高級品等といった、ブランドイメージが重要な分野に影響します。海王星はイメージに関連するため、外見を飾るためのファッション全般にもプラス面の影響が期待できます。
しかし心理面で寛大にさせるという効果は、金運ではマイナスになるケースがあるためその点には注意が必要です。財布の中身と相談してからの判断が賢明でしょう。

12月1日
■太陽と土星の60度
 [太陽:射手座:]
 [土星:水瓶座:]
 [前回の発生時期:2020年11月19日]

慎重さや堅実さが運を開く配置です。
土星は困難や制限そして常識等を意味しますが、ここに太陽が吉角を結ぶことで、それらを正しい手順と方法で乗り越え、成果を上げることができる配置となります。
責任感や社会のルールが遵守され、厳しい問題が解決に向かう等といった嬉しい変化が期待できますが、60度という角度の性質上から能動的に動かなければ現実にはなりにくいでしょう。その役割はあなた自身が担う可能性もあります。
また、この近辺でこの2つの惑星が「仕事や社会的な責任」に関係する領域に位置している場合は、寝る時間と遊ぶ時間を削って仕事や公務等を進める必要があります。実際には残業が増えたり終わらない作業の納期が関連する事になるはずです。

また、この位置の土星は社会環境やコロニー形成といった、土星が持つ本来の力を最も発揮できる場所にあります。これは生まれ星座に限らず、真面目でコツコツとした仕事の姿勢や努力といった事が成果を生んだり評価を得られやすい時期を示しています。
土星の位置が有効であるからこそ、遊びや冒険というよりも、足元を固めたり安定と安心を得るための対策が功を奏すると考える方が良いでしょう。
人によっては年配の方や目上との立場との関係が深まったり、そこからの助けや引き立てが入るというケースもあります。

12月4日
■射手座の新月
 [太陽:射手座:]
 [月:射手座:]

今回の新月は射手座です。
ドラゴンヘッドとは一見離れているように見えますが、皆既日食となり、重要な運気の節目を発生させます。なお、位置の関係から今回日本では天文現象は確認できません。
ホロスコープ2021年12月前半

射手座の新月は楽観的な心理を誘発させる傾向があります。
新月は短いサイクルの始まりを発生させることが多いのですが、射手座で発生することで希望とチャンスの拡大が伴う傾向となります。
夢と理想を実現すべく期待に満ちた姿勢で始めるといったケースが多くなるでしょう。

今回は水星がほぼ合致、そして土星が吉角を結んでいます。
この近辺における物事の始まりは多忙となる傾向で、少し前に発生した太陽と水星の合致近辺から、忙しい事が継続しやすくなります。
そして土星との吉角は、年長者や経験からくるサポートが入る事も意味します。会社やグループ、ネットワークによる知恵と経験の共有が運気を押し上げてくれます。
ただし受け身の姿勢で恩恵を受ける事は難しく、教えを自分から貰いに行くといった殊勝な姿勢が必要です。

しかしながら、天王星が凶角で繋がっている点は問題です。
価値観・お金周り・女性や自然環境といった点において、ここで始まる物事はなかなか折り合いが付きにくくなるかも知れません。それらはどこかのタイミングで突然発覚し、夢と希望のある楽観的な計画に水を差される可能性があるという事です。
常に用心しておく姿勢、そして歴史と経験から学ぶ土星の力が、この突発的な変化に対応するための手段となる事を覚えておいて下さい。

そして新月に接する恒星は凶意が強い点も難点です。
この近辺で始まった計画やイベントには、犯罪や暴力といった要素によって計画や進行状態にトラブルが絡む懸念があります。公害や汚染、そして毒性等に影響する事業や活動には注意が必要となる傾向です。
ただし条件があり、新月を起点としたプロジェクトが自然環境や公害に等に関連した場合に限るという点があります。
ケースを問わず問題に対抗するには、経験と研鑽から来る知恵や賢明さが必要です。
浅はかな根拠の主張に惑わされず、知恵と経験から学ぶ慎重な姿勢が勝利をもたらします。
土星の吉角という点がこの件に役立つため、仲間と年長者の意見を重視すること、「賢者は歴史から学ぶ」という事を忘れないことが新月におけるポイントとなるでしょう。

12月6日
■火星と冥王星の60度
 [火星:蠍座:]
 [冥王星:山羊座:]
 [前回の発生時期:2019年12月22日]

良くも悪くも非常に強力な影響を持つ配置です。
稀に凶意を発生させるケースもありますが、概ね吉角とみて間違いないでしょう。
これは目標に向かって集中し困難を乗り越える必要とチャンスを同時に発生させます。この近辺で大きな壁にぶち当たった場合、一見それは先がないかのような難しさがあるように見えますが、実際には乗り越える事が可能なものです。
60度という角度は積極的な姿勢によって吉運を発生させるという傾向があるため、目の前にチャンスがあったとしてもチャレンジしなければ手に入らないものになるでしょう。勝敗が関係するような事なら勇気を出してぶつかる事が吉運に近付くヒントです。
これは日々の雇われ仕事以外にビジネスや公務そして金融にも影響します。冥王星が関わっているため、それは当事者と一部の方以外には隠されているかも知れません。それでも一旦動き出したが最後、それは止めることが出来ないほどの影響を持つようになるはずです。

また、この配置はスポーツや競技等といった激しい事象を後押しします。
寒い季節ですのでウィンタースポーツ系にも関連すると思われますが、記録を残すには良いタイミングとも言えます。しかしスポーツに限らず怪我や極度の疲労といった副作用には注意が必要となる点に留意して下さい。

12月8日
■水星と海王星の90度
 [水星:射手座:]
 [海王星:魚座:]
 [前回の発生時期:2020年12月13日]

混乱と誤解を誘発させ、歪んだ信念を信じ込ませる厄介な配置です。
数字が必要な学問やビジネス取引、長期計画などでも同様に難しい問題を発生させます。
信用を裏切るような行動や、デマ・捏造のような真実から遠ざかる言動はこの配置下において普段よりも強く作用する事になるでしょう。
もし、曖昧であったり不確定要素が存在する状態であるのなら要注意です。約束をしたり契約を結ぶような事を避けることが望ましいでしょう。
どうしても避けることができないのであれば、その道のプロからクリアな判断と落とし穴を回避する為のアドバイスを貰うことが賢明です。

しかしこれは特に文字を中心とした芸術や創作活動、占いのようなオカルトや宗教といった分野においてはプラスとなる影響力を発生させます。
しかし薬やお酒・タバコなどといったドラッグの類は精神に対して強い効果と現実へのマイナス影響を発生させやすいため、この近辺では扱いに注意すべきでしょう。
もしあなたが独創的過ぎる見解や物の見方そして思想などを持っている場合、誰かに対してそれを明言してしまうと対人運がダウンするという点も良く考えるべきです。

12月8日
■火星と木星の90度
 [火星:蠍座:]
 [木星:水瓶座:]
 [前回の発生時期:2019年9月12日]

リスクを受け入れて成功に向かうエネルギーを助ける効果がある配置です。
この配置効果に影響を受けた方々は、新規プロジェクトを開始したり、大きな目標を抱えて行動を起こす事になるでしょう。
しかし具体的で綿密な計画とは行かず、多少大雑把になる傾向はあります。が、テンションはとにかく前進して目的に近づこうと高くなりやすい傾向があります。
凶角であるが故にどうしてもリスクは高く、勢いだけは良いものの楽観的な姿勢で物事を進めてしまうと、最終的に失敗の危険性が高くなる点に注意が必要です。現実や法律等の制限を知らずに思いつきで行動すると、恥を晒す事になるかもしれません。

この配置効果を有効活用するためには、逸る気持ちを抑えて戦略を練ることです。
専門家や法律面等の相談ができるのなら、積極的に活用すべきでしょう。自分を有利に持っていくためにエネルギーを使わず、守りに入るという姿勢も有効です。
他のマイナス面として、速度超過ややりすぎという点があります。
事故・怪我・行き過ぎた行動によるトラブル等はよく発生しやすい傾向であるため、自重する姿勢は重要となります。特に出生図でこの配置をお持ちの方々は衝動が強くなるため、十二分に抑制すべきと思われます。
そして、この配置が引き起こす衝動は、エネルギーが枯渇するまで燃やし尽くす傾向がある点にも注意して下さい。仕事でも遊びでも、やりすぎた結果によって飽きたりやる気が消えてしまっては元も子もありません。

12月12日
■金星と冥王星の合致
 [金星:山羊座:]
 [冥王星:山羊座:]
 [前回の発生時期:2021年1月29日]

恋愛・愛情運と金運に極端な行き過ぎを発生させやすい配置です。
愛情の欠乏による欲求であったり、その裏返しのような行動が伴いやすく、しばしば男女間の激しいドラマを作り出す要因となる傾向があります。金星は女性を司る惑星であるため、女性の視点や女性をターゲットとした事象は良くも悪くも強烈なものとなるでしょう。
金運面でも同様に欲が元になって様々なトラブルや強烈な言動が周囲を巻き込んで騒動になるといった形で具現化しやすく、警戒が必要となります。

そして、これは魅力やお金などに起因する不平等な権力や関係を誘発します。
これらに関することは我慢していても仕方がありませんが、正面から反発するだけでは解決が難しいことがあります。現代社会では録音や録画による証拠といった情報が、不平等な関係を正すための有効な手段として存在しているため、そういった対処を考えるべきです。
このエネルギーを正しく使うことができれば、相思相愛や互いを思いやる深い愛情を感じることができるでしょう。互いの自制心・成熟した感情等が鍵です。
これを読んでいる読者の方々におかれましては、この近辺において嫉妬や激情などといった感情も含め、決して誤った方法を取らないよう心がけることを推奨します。

この配置は非常に重要です。
数日後の20日に金星は逆行に転じますが、配置影響は強く継続します。
その後クリスマス当日に、金星が逆行したまま再度の合致を迎えるという、稀に見る強烈な動きが待っています。今年のクリスマスはお金と愛情・嫉妬等が交差する激しい時期となりそうです。星座によって吉凶は相違しますが激しさは共通です。
また、この位置に接する恒星は幸運をもたらすものの、狡猾さや道徳に反する悪意が伴う懸念があります。男女関係において道を踏み外すと運気を大きく落とす危険性があるため、我に返って判断する事を忘れない方が良いでしょう。

12月12日
■水星と木星の60度
 [水星:射手座:]
 [木星:水瓶座:]
 [前回の発生時期:2020年11月29日]

未来に目を向け、前向きな考え方で物事を計画する事を補助する配置です。
コミュニケーションとアイデア、そして将来を見据えた楽観的な計画が多々溢れ出やすいという吉運の配置です。
この近辺では会議や話し合いが良い方向に進みやすくなる可能性があります。可能であれば物怖じせずに挨拶したり思い切って声を出してみましょう。普段よりはその効果が発揮しやすくなっているはずです。
読み書き話しを司る水星が木星の力で拡大発展するため、これは勉強や執筆活動又は書類チェック等に良い成果を発生させる傾向があります。会議や話し合いの場等でも良い方向に話が進み易くなるという効果も期待できるでしょう。

そして水星は書類や契約、移動等に関係しており、木星は法律や政治にも関連します。
この近辺においてビジネスや契約事等で迷ったら、この効果があることを思い出してみて下さい。知識の量や交渉等が嬉しい結果をもたらしてくれるかも知れません。
なお、人によっては旅行や出張等での幸運や発展という可能性もあります。

12月12日
■太陽と海王星の90度
 [太陽:射手座:]
 [海王星:魚座:]
 [前回の発生時期:2020年12月10日]

日々の活力や意思のエネルギーをパワーダウンさせ、混乱や誤解を誘発させる凶角です。
状況によっては何かにがっかりしたり期待を裏切られたと感じるかも知れません。何かの困難がある場合、そこから先に進ませる意欲を下げる効果もあります。どうにかしてモチベーションの維持方法を模索することが重要です。
また、海王星の力がマイナスに働いた場合、混乱と目標の分散化という影響を発生させます。当然ながらこの効果はあまり望ましいものではありません。
意思や判断力を下げてしまうので、自分が何をしているのかを理解せずに動いてしまうケースもあります。理解せずに動けば高確率の失敗が待っているでしょう。

ですが、この配置近辺ではなかなか正しく判断するのが難しいかも知れません。
誰かの強い影響力を感じたり、それに従うような空気が漂っているかどうかの確認も必要です。その場合、あなたと周囲のためになるのかどうか、良く考えて行動して下さい。

また、海王星の凶角はお酒や薬そして麻薬等もマイナス方向に働かせる影響力を持っています。この近辺では依存に注意し過剰摂取等をしない節度を心掛けましょう。
もし、これらの惑星が司る位置がお付き合いやビジネス等に関係している星座の生まれになっているようでしたら、それらの点に注意することが賢明です。

なお、芸術と創作活動に関わっている場合、素晴らしい作品を生み出せるインスピレーションの時期となるケースがあります。海王星は順行であるため惑星が持つ影響は引き出されており、ファンタジーや良い嘘を付く映像の世界にはプラス面が発揮されます。
深層意識や夢からのメッセージそして直感などを信じて行動する事がそのポイントとなるでしょう。

■12月後半の主な配置予定
12月後半はこのような配置が待っています。

12月19日
 双子座の満月
 金星の逆行
12月20日
 太陽と木星の60度
12月21日
 水星と天王星の120度
12月24日
 土星と天王星の90度
12月25日
 金星と冥王星の合致
12月27日
 水星と海王星の60度
12月29日
 水星と金星の合致
12月30日
 火星と土星の60度
 水星と冥王星の合致

土星と天王星の90度が再びやってきます。
社会とお金の流れ、自然環境保護等に影響を与えるこの凶角は、前回6月中旬に発生しています。3度目となる次回もまた波乱傾向が懸念されています。一部の方々には残念なことにこれが終わりではありません。
この先も近い距離をうろうろと運行するため、暫く継続しつつも要所要所で強い影響を発揮するものと想定されます。破壊的なエネルギーではありますが、危機感を持ち学ぶ姿勢があればチャンスに変える事も可能な点がポイントです。

金星は11月17日頃から既に逆行待機期間に入っています。
この頃に始まった物事、重要な人間関係があれば注意して下さい。権力や社会構造を基準に、様々な人間模様が繰り広げられるものと思われます。特に出世に絡んだ人間関係や愛情面に影響があるという点がポイントです。
金星と冥王星の合致の項目にも記載しましたが、クリスマスのこの時期に金星が逆行し、更に冥王星と短期間で再合致するという点も特徴的です。
好意と嫉妬のエネルギーは激しく、悲喜こもごもの人間模様が展開される傾向です。
しかし穏やかで思いやりのある関係であれば、この配置は情熱を高める程度で済むため、安定した関係を望まれる方は心配は無いでしょう。

来月もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2021年12月前半の星座別運勢
(12/1から12/15まで)