TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢





2020年9月後半の全体運
(9/16から9/30まで)

今月の12星座占い
土星の順行化と逆行の火の気
火星が逆行に転じ、木星が順行に戻りました。
これにより、様々な点で風向きが変化している事を感じられています。
ここから木星が再合致する秋冬は第三波の可能性があり、未だ経済活動にマイナス影響が懸念されています。
日本では警戒ムードに慣れてしまっている感もありますが。新しい形での生活スタイルを追求しつつも、油断すべきではないでしょう。

■9月後半の主な配置
これが9月後半の主な配置です。

9月16日
 金星と天王星の90度
9月17日
 水星と木星の90度
 乙女座の新月
9月18日
 太陽と土星の120度
9月21日
 水星と冥王星の90度
9月23日
 水星と土星の90度
9月24日
 水星と火星の180度
9月29日
 金星と火星の120度
 火星と土星の90度
 土星の順行化

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

特徴的なのは土星の順行化です。
政治や社会環境においてコロナ等で多々手戻りや制限が出ていたことは記憶に新しいばかりか、場所によっては現在進行中でもあります。土星の逆行中は果たさなかった責任と義務を追求される影響もあり、厳しい状況となっていたはずです。
しかもこの逆行は水瓶座から星座をまたいで戻った結果です。
一旦終わったと思ったはずの事が蒸し返されたりやり直しとなり、面倒に再度巻き込まれていた方々も多かったのではないでしょうか。
しかしやっと順行化であり、土星が水瓶座に再度入ってしまえば今の面倒は今度こそ完了です。様々な教訓も得られたはずなので、上手に活かすことが賢明です。

そして火星は既に逆行を続けており、以前発生させた火の気を再発させています。
牡羊座という支配星座にある状態で逆行をするということは、以前強気に出てしまった事を後悔する可能性があることを意味します。
相手にしてしまった言動は嫌な形に跳ね返ってくるかも知れません。しかし一度起きてしまったことはもう変化させる事も難しく、譲歩や妥協で終わらせるしかないでしょう。

以下に、世相や星座全体に影響する配置効果を解説します。

9月16日
■金星と天王星の90度
 [金星:獅子座:]
 [天王星:牡牛座:逆行中:]

恋愛運、金運に突発的なトラブルを発生させる配置です。
新月では幸運が期待できるものの、こちらの突発的な運気にはご注意下さい。天王星はITにも関連するため、惑星が位置する領域によっては、電子取引等の操作ミスや予想外の出費、損失等といった現象も想定されます。
もしあなたとパートナー(性別個人ビジネス問わず)が真面目で安定している関係であれば、この配置はさほど影響を及ぼさないでしょう。異性関係であれば、互いに新鮮さを感じるためにいつもと違う場所でデートをしたり、互いの新しい側面を知るという程度で済むはずです。

しかしそうでない場合は、関係が揺らぐ可能性が浮上するため慎重な判断と言動を心がけるのが賢明でしょう。
金運面でも衝動買いや想定外の出費などが発生する可能性がありますが、これも時間が経つと無駄であったという結果に変化しやすい傾向があります。天王星の効果は短く衝動的であるため、その瞬間を体感したとしても思いとどまって先々の事を考えることができれば問題を避けることも不可能ではありません。

9月17日
■水星と木星の90度
 [水星:天秤座:]
 [木星:山羊座:]

思考能力を活性化させる効果があり、読み書き話しに関係する事象は木星効果によって拡大させやすくなるという傾向を持っている凶角です。
大抵の場合、アイデアを思いついて試してみたくなったり、知識欲が湧いて様々な疑問を解決したいと考えたり、それらによって議論や話し合いなどが発生する事になります。
また、木星が持っている楽観的な性質は、アイデアや進んでいる方向が全て良い結果に繋がるのではないか、という安易な心理を誘発させる力があります。

一見良いことが多いようにも見えますが、これは凶角の一種です。
発展や拡大は良いのですが、この配置近辺では細部に潜んだ重大な問題や落とし穴に気づきにくいという面をも持っています。
それに気付かず、周囲を巻き込んで大きな話になってから重大な抜けを見つけてしまった場合、そこで何が起きるのかは言うまでもないでしょう。
また、楽観的な姿勢は時に周囲の都合や常識を無視してしまい、舌禍を招いてしまうケースがあります。相手の立場を考えた発言が求められる時期であることを頭において発言すると凶意を避けられます。

9月17日
■乙女座の新月
 [太陽:乙女座:]
 [月:乙女座:]

今回の新月はおとめ座です。
ホロスコープ2020年9月後半

アスペクトは殆どなく、敢えて挙げるなら天王星との135度という苛立ちの角度です。
合致する恒星はそこまで凶意が強い訳ではなく、そこそこの新月となるでしょう。ただ、目に関する疾病をしめす事があり、病気や健康を示す乙女座と相まってこの近辺での視力等には一応の注意は必要です。

9月18日
■太陽と土星の120度
 [太陽:乙女座:]
 [土星:山羊座:逆行中:]

努力に対する成果とリターンを与える配置です。
短期的な観点ではなく、地道で長期的な視点や戦略が物を言う傾向であり、短絡的で一発逆転という発想はこの近辺では通じません。
日頃から真面目に積み上げてきた方は、この近辺で良い評価をもらうことは簡単です。しかし普段から逃げてしまっていると、他者の成功や安定を横目で見る事になりかねません。
また、年長者や経験者の意見やアドバイス運気に重要な影響があります。先達達の知恵を借りたり師事する事によって、成果を更に良い方向に進ませることができるでしょう。
しかし同時に責任や義務が追加されたり、面倒な立場を持つ事になるというケースもあります。人によってはその重さが苦になるため、必ずしも全てがプラスとは限りません。
状況を受け入れ、責任を守り、自分よりも目下の方々にノウハウを伝えて管理する覚悟がある場合に限り、この配置は最大限の効果を発揮します。

なお、この時点ではまだ土星が逆行しています。
そのため、間違った努力をしたり不正によって得られた成功は、簡単に過去が暴かれたり責任と義務を追求される可能性もあります、日頃の素行を大事にしてきた方が、この運気の恩恵を受け取る資格を得られるものと思われます。

9月21日
■水星と冥王星の90度
 [水星:天秤座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]

知識や精神力という、一見穏やかに見える分野での争いを誘発する配置です。
研究や解析、問題、隠し事、思想の強要、裏で進められる計画等々、デスクワークに関する事象を活性化させるという効果が想定されます。そして冥王星は逆行しており、先に進むための学びや研究というよりは、過去の件を扱う傾向が多くなる可能性があります。
これらの件はどうしても議論や激しい口論を呼ぶ事が多く、ネット等での意見の応酬は激しいものとなる危険性があります。それらは尾を引く傾向があるため、やりすぎは自分自身に返ってくるかも知れません。
冥王星が絡むことで、誰かの考え方や判断を押し付けるという、非常に問題のある言動が活性化されてしまう傾向があります。極端な言葉を使うなら「洗脳」という事になるのでしょうが、誰かの勝手な意見に振り回されないよう注意する必要があるでしょう。

しかしこの配置を上手に使うと、大半の人が知らない物事の真実や、隠された秘密にたどり着ける可能性があります。
調査研究といった頭脳労働系の職業に関係しているのなら、この配置では壁に当たったらチャンスと考えるのも良いかも知れません。会話ではなく情報と分析がこの配置近辺での要素となるはずです。

9月23日
■水星と土星の90度
 [水星:天秤座:]
 [土星:山羊座:逆行中:]

ネガティブで悲観的な思考パターンを呼び起こしやすい配置です。
期限日を遅延してしまったり、進まない状況が続いてイライラするというケースを具現化してしまうという現象も確認されています。
この時期には年長者に相談したり反抗する事、そして長期に渡る重要な契約締結や投資等の判断を避けるべきでしょう。この問題に関連した年長者が周囲にいる場合、相手は厳しい姿勢を見せることが多くなるはずです。

土星が関連すると厳しい現実の壁が立ちはだかることが多いため、これを吉に転化するのはそう簡単ではありません。
むしろ問題を慎重に考え分析し、迂回するための方策を検討したり無理をしない事で、未来において失敗に至る可能性を減らすことができるでしょう。この配置では突飛な行動や伝統ルールを無視した行動はお勧めできず、常識的な判断が必要となります。
一発逆転等は考えず、現実を見ることが無難です。

9月24日
■水星と火星の180度
 [水星:天秤座:]
 [火星:牡羊座:逆行中:]

性急さを生み出し、短絡思考を冗長する配置です。
結論がすぐにでも欲しくなる心理が誘発されますが、それは罠である可能性があります。慎重な姿勢を持たずに結論を出し行動すれば、結果は言うまでもありません。
当然ながら口論、意見の相違、喧嘩、争いといった現象が言葉で引き出されます。
この近辺において、元々仲が良くない誰かと顔を合わせる必要がある場合は特に注意して下さい。言葉による火の気は意外なほど激しくなる事もあります。

できればこの時期には交渉や重要な決断を避けて下さい。
避けることができない場合は専門家による第三者からの冷静な判断をおすすめします。当事者だけの感情で会話することは止めたほうが賢明でしょう。
日頃から気が短い傾向にあるのなら、尚更この近辺では自制心が必要です。
リスクを取ってでも先に進みたいという衝動をそのままにすると、リスクがそのまま最悪の結果として成り立つこともあり得ます。
今回は火星が逆行しているため、空威張りや空元気を押し通した結果、深刻な状況に追いやられてもおかしくは有りません。
速度より安全、が何よりも重要です。

9月29日
■金星と火星の120度
 [金星:獅子座:]
 [火星:牡羊座:逆行中:]

主に恋愛運に嬉しい活力を与えてくれる配置です。
既に相手がいる場合はその関係が良好となり、相手を探している場合は出会いのチャンスを広げてくれるという効果があります。
金運面でも嬉しい効果があり、この配置近辺で短期から中期レベルで収支を改善する計画を立てると、普段よりも非常に効果がでやすくなるという傾向が期待できます。
クリエイティブな職種に就いていたり創作活動等をしている場合も、この運気は後押しを与えてくれるという傾向が想定されます。

楽しい時間を作り出すという力もあるため、「遊び」というテーマに関連した場所や行動等は良い思い出となってくれる可能性もあります。
もしこの近辺でパーティや飲み会等をはじめとしたお付き合いのイベントがあるのなら参加することをお勧めします。意外な程楽しい時間を過ごせることに驚くかも知れません。
金星が射手座にあるため、年間テーマに関連した事で関係する方々とのお付き合いであれば、より嬉しい結果が伴ってくれるでしょう。

しかし今回は火星が逆行しています。
この配置で本来プラスに働くはずのエネルギーがダウンしているため、なかなか難しいかも知れません。期待値や結果を外に求めるのではなく、あなたの内面であったり、所持しているアイテム・財産に目を向けて下さい。
ほぼ同時に発生する「火星と土星の90度」を緩和するのはこの配置効果である点をお忘れなく。

9月29日
■火星と土星の90度
 [火星:牡羊座:逆行中:]
 [土星:山羊座:逆行中:]

つい最近発生したばかりの配置が再発します。
これは欲求不満と怒りを増長させ、強い火の気を伴う凶角です。
意思や目標が強ければ強いほど、この配置では年長者や経験者に制限されたり現実の壁が立ちはだかる等、難しく厳しい状況を体験しやすくなります。
情熱を持って困難に立ち向かおうとする気構えは素晴らしい事ではありますが、この配置に限って言えばそれは無謀な挑戦となってしまいます。これは攻めるべき時期ではなく、攻撃に耐えて次のチャンスを待つべき時期と言えるでしょう。

激しい火の気は暴力や怪我そして事故等に繋がりやすく、土星が関係する骨や体幹等といった部位に関して特に注意が必要となります。
土星のもう一つの効果は時間に関するもので、遅延や制限といったものがその不満に拍車をかけるというケースも想定されます。
忍耐力と堅固な意志で耐え忍ぶことができれば、この配置は後々あなたの味方として機能してくれます。誰かに気付かれないように準備を整え、いずれときが熟した時に行動すべく待つことができれば最良でしょう。

以前の予告通り、火星の逆行によって再発したため、火の気には要注意です。
最近争いに関わってしまった方は、問題が蒸し返されたり状況が変化して不利になってしまうかも知れません。この影響は火星が順行に戻る時期まで長く続くため、これ以上問題を広げないようにすべきでしょう。
そして土星が順行に戻る直前に発生するというタイミングも重要です。
惑星が向きを変化させる際は運気の変動が特に大きくなるため、問題が普段よりも重く感じられるかも知れません。戦って勝つべきは自分自身であることをお忘れなく。

9月29日
■土星の順行化
このタイミングで土星が順行に戻ります。
一度は水瓶座に入座した土星は、今まで逆行によって山羊座に戻っていました。

また、土星の逆行は、過去の責任と義務を追求し縛り付ける効果があります。
この現象が長い間様々な点でマイナス影響を及ぼし、苦労を生み出してきました。コロナ禍にあってこの状況はかなり厳しかったものと思われます。
しかしやっと順行に戻り、正しい形で責任を全うできる環境となりました。
最終的に抜けるのは12月なのでまだ多少は続きます。いずれ水瓶座に抜けると、もう30年ほどはやぎ座に戻ってこなくなります。今やらないと後悔すること、ここで踏ん張らないと先が無いと思われる事は最後までやり通すことが運気に良い影響を与えます。
以下のスケジュールで状況変化のタイミングをご確認下さい。
土星水瓶座スケジュール
以下の特集ページも併せて御覧ください。
土星水瓶座特集
土星水瓶座特集はこちら!


■10月前半の主な予測
以下が10月前半の主な予測です。

10月2日
 牡羊座の満月
10月4日
 冥王星の巡行化
10月8日
 水星と天王星の180度
10月9日
 火星と冥王星の90度
10月10日
 木星と海王星の60度
10月11日
 金星と天王星の120度
 太陽と木星の90度
10月13日
 水星と金星の60度
10月14日
 太陽と火星の180度
 水星逆行
10月15日
 太陽と冥王星の90度

冥王星が順行に戻ります。
内面的な恐れを助長するこの惑星が順行に戻ることは望ましい点ではあります。
が、IT関連のトラブル、強すぎる火の気、水星の逆行と波乱の要素の方が大きく、夏が過ぎ去った後の荒れ模様が懸念されます。
10月もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2020年9月後半の星座別運勢
(9/16から9/30まで)