TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢





2020年8月前半の全体運
(8/1から8/15まで)

今月の12星座占い
凶角連発のトラブル運気とチャレンジの時期
第二波と呼ばれるコロナの問題は「木星と冥王星の合致近辺から開始している」と当サイトでは判断しています。その後木星や冥王星そして土星が次々と凶角を結んだため、問題が広がっている可能性があります。
この後は再度落ち着きを取り戻す時期が来るものの、秋に3度目の木星・冥王星の合致が待っています。今年の一連の動きを鑑みると、稀な配置であるこの木冥が3度面の波を発生させる事を懸念しなければなりません。
ワクチンもその頃には開発が進むでしょうが、全体に行き渡るタイミングなどを考慮すると、秋冬まで待たなければ安心の二文字は出てこないものと予測されます。

■8月前半の主な配置
これが8月後半の主な配置です。

8月1日
 水星と冥王星の180度
8月2日
 太陽と天王星の90度
8月4日
 水瓶座の満月
 水星と土星の180度
 火星と木星の90度
8月11日
 水星と天王星の90度
8月13日
 火星と冥王星の90度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

全てが真っ赤で凶角のみとなっています。
このような配置の場合、安心と安全に依存される方々にとっては厳しい時期となる傾向が想定されます。当然ながら波乱が良い訳では有りませんが、今は古く凝り固まった常識や形骸化したものを捨て去り、変化すべき時期である事を示しています。
これに反発していると、少しずつ運が落ちてしまうかも知れません。

反面、問題に立ち向かい新しい道を切り開こうとする方々には、千載一遇のチャンスでもあります。
良い事ばかり起きて成功した場合、人はなぜ成功したのかを理解せずそのまま進み、単に運が良かっただけで回避できた事でも次は対処できないかも知れません。
失敗や苦難は貴重な経験と知恵を与えてくれるため、次に繋がるのであればある程度の経験をしておいたほうが良いとも言えるわけです。そして、この占いを読んで事前に備え、問題を見つけたら立ち向かう姿勢を持っていれば、より良い結果に繋がるでしょう。
ただ、誤解されてしまう事も多いのですが、問題に対して誰かを「単に批判」する事は当てはまりません。自分の手足を動かし、批判よりも問題解決を提案する姿勢を持たなければ、単に嫌な記憶として残るだけです。

また、今回は火の気が多い上に遅い惑星が逆行しています。
正面から立ち向かうだけではなく、賢く効率的な方法を編み出したりリスクを取る覚悟が無いと、メリットよりもデメリットが多くなるかも知れません。
また、拡大しすぎる状況を抑えて冷静になる姿勢がないと、自分で始めたことが手に負えなくなるケースもあります。
この前半はいつになく難しい判断を迫られるでしょう。

特に11日に発生する水星と天王星の凶角は、過去に何度もITトラブルを発生させてきた悪名高い配置です。テレワークが進み、IT産業が第一次産業に近づいてきた昨今では、死活問題となるかも知れません。
エンドユーザーである我々が気にするべき事は、OSやアンチウイルスのアップデート、パスワードの更新、怪しいメッセージを開かない、等々常識的なものです。
かと言って、OS提供メーカ側が焦ってミスをすれば、急いでアップデートした結果トラブルに見舞われるという事もあります。電子機器の塊である自動車や電車などでも同じ事が発生したケースも過去にはありました。
情報収集を欠かさず、自分が普段使う道具をメンテナンスする、という常識的な気構えが何より問題を避ける秘訣でしょう。

以下に、全星座と世相などに影響する配置効果を記載します。

8月1日
■水星と冥王星の180度
 [水星:蟹座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]

知識や精神力という、一見穏やかに見える分野での争いを誘発する配置です。
研究や解析、問題、隠し事、思想の強要、裏で進められる計画等々、デスクワークに関する事象を活性化させるという効果が想定されます。そして冥王星は逆行しており、先に進むための学びや研究というよりは、過去の件を扱う傾向が多くなる可能性があります。
これらの件はどうしても議論や激しい口論を呼ぶ事が多く、ネット等での意見の応酬は激しいものとなる危険性があります。それらは尾を引く傾向があるため、やりすぎは自分自身に返ってくるかも知れません。
冥王星が絡むことで、誰かの考え方や判断を押し付けるという、非常に問題のある言動が活性化されてしまう傾向があります。極端な言葉を使うなら「洗脳」という事になるのでしょうが、誰かの勝手な意見に振り回されないよう注意する必要があるでしょう。

しかしこの配置を上手に使うと、大半の人が知らない物事の真実や、隠された秘密にたどり着ける可能性があります。
調査研究といった頭脳労働系の職業に関係しているのなら、この配置では壁に当たったらチャンスと考えるのも良いかも知れません。会話ではなく情報と分析がこの配置近辺での要素となるはずです。

8月2日
■太陽と天王星の90度
 [太陽:獅子座:]
 [天王星:牡牛座:]

予想を裏切られたり、突発的な問題に遭遇しやすい時期です。
人生の方向性や生き方そしてライフワーク等といったものに関係しますが、太陽が位置する領域によってその発生に違いがあります。
残念ながら嬉しい驚きにはならず、計画を大幅に変更したり調整をしなければならないという事態に戸惑ったり慌てる事になるでしょう。誰かが不自由な環境を我慢できなくなってしまったり、強い意思で違う道を選ぶかも知れません。

そのような事態に陥る原因は、準備や研究が不足している事です。
あなたや誰かが今まで疎かにしてきた事が問題となって少しずつ膨らみ、そして破裂するのがこの配置です。もし慎重に様々な問題を予測し潰してきていたのなら、この近辺ではさほど慌てる事はないはずです。
油断していた事を棚に上げて、上手く行かない事に怒ったり泣いたりしても状況が変わることはないでしょう。
もし手立てがあるとすれば、その変化に積極的に順応したりバッサリとした決断をすることですが、油断分のツケは支払う必要があります。

この天王星はITや最新技術そして反骨精神にも関係しています。
PCやスマホの故障や操作ミスによるトラブル、権力に反抗する事によって生まれるトラブルには十分注意しなければなりません。IT機器に関連した問題の場合、自力でどうにかしよう、等と考えてしまうと更に悪化する可能性があります。
どのケースにおいても個人的な判断をすべきではありません。可能な限り専門家の助けを検討すべきでしょう。

8月4日
■水瓶座の満月
 [太陽:獅子座:]
 [月:水瓶座:]

今回の満月は水瓶座で発生します。
が、凶角が多く余り良い満月にはならない傾向が懸念されます。
ホロスコープ2020年8月前半

水瓶座で発生する満月なので、人道的支援やコミュニティなどといった要素の他に、守護星である天王星の影響が絡みます。凶角が存在する関係から、この近辺で起きるイベントは予測が難しい突発的な変化を伴う事が懸念されます。
今回はその守護星が90度となっており、Tスクエアという直角三角形を構成しています。この配置は困難や壁が伴う状況で難しい判断や苦渋の決断が必要となる現象を誘発することが多いようです。
コロナ禍で既にそういった状況が多々発生しているかと思われますが、この時期は特徴的です。ふたご座で合致するドラゴンヘッドと金星がこの満月に苛立ちの要素を修飾しており、近い場所での生活には道があるものの、楽しさが損なわれているとも読めます。
月の位置には吉凶混合の恒星が存在し、最近発生した格差を助長する配置効果を後押ししてしまうことが懸念されます。牡牛座天王星の90度は、経済面や女性の立場そして地球環境といった点に影響を与えるでしょう。

このような凶角の状況では、凝り固まった古い考え方や守りの姿勢では問題が解決する事はありません。柔軟に考え、行き詰まった状況を全く違う観点や方法で打破しようとする姿勢のみが、凶意を吉運に変化させる秘訣です。
とはいえ、ほぼ同時に水星と土星の凶角が発生しているため、殆どの方々は精神的に追い詰められて深刻に考えてしまうだけかも知れません。土星は逆行しているため、あのタイミングで決断していれば、、、とくよくよする可能性すらあります。

ただ、同じくこのタイミングで発生する火星と木星の凶角は、閉塞した状況を嫌い可能性を模索する姿勢を誘発します。
しかしどちらの惑星もこの満月には関連していないため、運良く影響を受けなかった一部の方々であったり、状況を理解しない方々のみがその影響を受けるかも知れません。
そして火星はこの後逆行を予定しているため、無理に強気になっても揺り戻しによって成功には至らない可能性があります。
常識に捉われない判断、ある程度のリスクは取りつつも行き過ぎない姿勢、この難しい舵取りができれば、問題を緩和し吉運に変化させられるでしょう。

8月4日
■水星と土星の180度
 [水星:蟹座:]
 [土星:山羊座:逆行中:]

ネガティブで悲観的な思考パターンを呼び起こしやすい配置です。
期限日を遅延してしまったり、進まない状況が続いてイライラするというケースを具現化してしまうという現象もしばしば誘発させます。
この時期には年長者に相談したり反抗する事、そして長期に渡る重要な契約締結や投資等の判断を避けるべきでしょう。この問題に関連した年長者が周囲にいる場合、相手は厳しい姿勢を見せることが多くなるはずです。
蟹座を運行する水星は感情の起伏を大きくする傾向もあるため、理より情を優先してしまうと不利になるかも知れません。

土星が関連すると厳しい現実の壁が立ちはだかることが多いため、これを吉に転化するのはそう簡単ではありません。逆行している関係から、責任や義務といった件が契約や約束に絡んで発生するという傾向も想定されます。
むしろ、問題を慎重に考え分析し、迂回するための方策を検討したり無理をしない事で、未来において失敗に至る可能性を減らすことができるでしょう。この配置では突飛な行動や伝統ルールを無視した行動はお勧めできず、常識的な判断が必要となります。

8月4日
■火星と木星の90度
 [火星:牡羊座:]
 [木星:山羊座:逆行中:]

エネルギーを活性化させ、チャレンジ精神を誘発する配置です。
火の気が強くなる配置ですが、敢えてリスクを取って進む姿勢を持つことで、状況を打破するチャンスを生み出すでしょう。
周囲が停滞していたとしても前向きに考え、成長戦略を掲げることが重要です。今までの柵や古い常識、制限などを取り払うことが成功への近道となります。
このエネルギーを誰かへの攻撃に使ってしまう方がいらっしゃいますが、実は攻撃にはあまり向いていません。正しい事をしているという自負があるのなら、誰かからの攻撃から守る姿勢を保つことで最大の効果を発揮できます。

しかし凶角であるがゆえに、エネルギーの扱いが難しい傾向があります。
この配置は火の気の一種でもあり、拡大する木星の効果によって制御が効かないという状況をしばしば発生させます。
リスクを考えないチャレンジは無謀な蛮勇に変わってしまい、後戻りができない場所に来ている事にも気づかないかも知れません。
火星の逆行によって残り2回の発生を予定していますが、最後に発生する際には木星の星座が変化してしまいます。なので同じ事をやり直すにしても違った形での結末を迎えるでしょう。

8月11日
■水星と天王星の90度
 [水星:獅子座:]
 [天王星:牡牛座:]

知性と精神に刺激を与える配置です。
独特のアイデアを発案させたり、くすんだ灰色の日常から脱出したくなる気分を誘発させるといった効果が期待できます。
伝統とルールそして厳密さを求められる作業では余り良い効果を発揮しないでしょう。しかし、革新が求められる場所は突飛なアイデアがプラスとなって働く可能性があります。
特に発明や発見そして最新技術等といった分野では、正しい姿勢で常識に逆らうという行動が新しい道を切り開く可能性があります。

ですが、これはITサービスにトラブルを起こす事でも知られています。
現代社会ではIT機器の操作ミス、ウイルスやハッキング等の被害、ネットサービス等のメンテナンス等といった現象がこの配置で発生する傾向が多くなるようです。それ以外にも流通や運輸等という、何かの「流れ」に関係する分野でもルールから外れた事をしますと、大きな問題を引き起こすかも知れません。
今回水星は順行に戻っているため、その期間は短いかも知れませんが、天王星はお金や価値を示す牡牛座であり、金融への影響が懸念されます。

8月13日
■火星と冥王星の90度
 [火星:牡羊座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]

非常に強く激しい火の気を発生させます。
自分の言うことを正当化したり、力で押し切ろうとしたり、マウントを取ろうとしたり、小さな喧嘩から紛争まで様々なトラブルの火種の元として機能します。
男女関係のような親密な間柄ではその相性に元々問題がある場合に限り、傲慢さや性急さ等といった心理を誘発させ、対人関係のバランスを壊してしまいがちです。今まで仲間だと思っていた場合でも火種を持っているのなら、この配置がそれを発火させてしまうというケースも珍しくありません。
この激しい組み合わせの力を使いこなすのはかなり大変であり、油断していたり甘く考えていると破壊的な結果を見ることになったり、様々な意味でエネルギーの燃焼と爆発という現象を体験することになる危険性があります。

物理的な面では破壊や粉砕用の重機器、鋭い刃物やその特性を持つ機器、速度が出る乗り物、兵器類、高い熱を持っている物全般に関する扱いは注意が必要です。普段よりも慎重に手を動かし、臆病すぎる位が無難でしょう。
滅多に発生しないものと思われますが、冥王星はプルトニウムを司り、物事が極限に達したり、燃焼が行き過ぎるという可能性もあります。
口論やいがみ合いの果てに刃物や武器などが出てくるという話は、古今東西この配置効果によって発生するパターンです。
また、火の気が強い配置はこの時期を過ぎたからといって油断ができず、尾を引いて効果期間が継続しがちな点も警戒ポイントです。もしこの近辺でトラブルに巻き込まれてしまった場合は先1週間以上注意した方が無難であると思われます。

しかしこの配置を正しく使いこなすことができる場合、自分自身との戦いに勝利し新しいステージを見るという変化・変容が期待できます。
不当や不正な行為等で相手を蹴落とそうとする例も過去には多々散見されましたが、そのような行為を持って得られた場所は、いずれ糾弾されるか同じ方法で地位を追われる危険性があります。また、この配置で勝利を収めるのは上司や体制側であり、マイノリティ側ではありません。
感情とエネルギーのコントロールはこの配置で学ぶべき教訓となる事を常に頭に入れ、血気に逸らないよう注意することが推奨です。

■8月下旬の主な配置
後半は以下のように配置が多くなる傾向です。

8月16日
 太陽と火星の120度
 天王星逆行
8月17日
 水星と火星の120度
 太陽と水星の合致
8月19日
 金星と天王星の60度
 しし座の新月
8月24日
 火星と土星の90度
8月26日
 水星と天王星の120度
 金星と木星の180度
8月28日
 金星と海王星の120度
8月30日
 水星と木星の120度
 金星と冥王星の180度
8月31日
 水星と海王星の180度

久々に吉凶のバランスが取れた配置となっています。
しかし多忙さを伴う配置、そして火の気が強い配置があるため、あまり心が休まるとは言えない状況が想定されます。
そして、大地や経済そして女性の立場に大きな変動をもたらしている天王星が、1年に1度の逆行を開始します。前回牡羊座に戻ったのですが、今回は牡羊座には戻らず牡牛座内で順行化します。

後半もANGEWORKの西洋占星術をよろしくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2020年8月前半の星座別運勢
(8/1から8/15まで)