TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢





2020年10月後半の全体運
(10/16から10/31まで)

今月の12星座占い
激しさと成功の新月、水星火星の逆行再発
つい最近発生した激しい火の気の配置により、様々な場所で争いが発生しています。
権力闘争を伴うこの効果ですが、火星が逆行しているという点がいつもと違う部分です。普段であれば強気の姿勢を持つほうが攻め上げるという構図があるのですが、逆行によって今ひとつ力が出ていません。
逆行開始前の夏頃、安心仕切って我が物顔で振る舞ってしまっていたのなら、この配置では厳しい立場に立たされている可能性すらあります。

また、既に木星・土星・冥王星という、動きが遅く世相に大きな影響を与える惑星は順行に戻っており、今までのような遅延は一切許容しない雰囲気となっています。
政治および社会を基準として、これらの惑星順行化がもたらす影響は顕著です。今まで古く進化が見られなかった領域は、もはや後戻りが難しくなるものと思われます。
ここで重要なのは、当事者外部に関係なく、時代に即した仕組みに順応し少しずつ先に進もうという姿勢です。凝り固まり過ぎたものは、遅い惑星に強烈なアスペクト(惑星同士の配置)が発生したり、星座を移動する際などに切り捨てられる事がよくあるという点をお忘れなく。

■10月後半の主な配置
これが10月後半の主な配置です。

10月17日
 天秤座の新月
10月18日
 太陽と土星の90度
 金星と海王星の180度
10月19日
 火星と木星の90度
 金星と木星の120度
10月20日
 水星と天王星の180度
10月22日
 金星と冥王星の120度
10月25日
 金星と土星の120度
10月26日
 太陽と水星の合致
10月31日
 太陽と天王星の180度
 牡牛座の満月

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

一見吉凶混合でバランスが取れているように見えて、実際には危うい兆候が多めです。
中旬の新月が既に様々な問題を抱えており、残念ながら平穏な時期とは言えません。
火の気の再発や混乱、ITに関連したトラブルは再度の問題が懸念されます。今のうちから自分を守る勉強をする姿勢が賢明と思われます。
反面、大きな幸運をもたらす配置も存在するため、一部では幸運を受け取る方々もいらっしゃることは間違い有りません。しかしこの激しい波は乗りこなす事が難しく、焦れば焦るほど別の方向に行きやすくなる可能性があります。
前回に引き続き、慎重さと感情の制御が求められるかも知れません。

以下に、全ての星座や世相等に影響する配置効果を解説します。

10月17日
■天秤座の新月
 [太陽:天秤座:]
 [月:天秤座:]

今回の新月は天秤座です。
ホロスコープ2020年10月後半

この新月は本来安定した人間関係にご縁を発生させます。
が、今回は決して安寧ではないようです。この前後に発生する配置を御覧ください。

[新月近辺のスケジュール]
 10月14日
  太陽と火星の180度
 10月15日
  太陽と冥王星の90度
 10月17日
  天秤座の新月
 10月18日
  太陽と土星の90度

太陽と厳しい効果を持つ惑星との凶角オンパレードの最中にこの新月が発生します。
新月が発生する天秤座は、対人関係、正義と悪、敵と味方、物事のバランス、自分を映し出す鏡等、様々な要素をもっています。
凶星が絡むこの新月では、上記の要素に怒りや悲しみといった感情の影響が想定されます。
この凶角の配置はパワーをもたらすため、配置効果を乗りこなし激しい社会を生き抜けるような方々にとっては大きなチャンスとなるでしょう。

この新月に合致する恒星は、大きな幸運をもたらす力があります。
しかしそこに辿り着くためにはたゆまぬ努力と献身、厳しい試練の突破が必要となります。
これらの凶角の多さが、苦難と激しさを物語っているでしょう。皆様の周囲では激しい権力闘争、意見の衝突、厳しい仕事、世間からの目、といった強烈なニュースが行き交い、それを目の当たりにする事になるはずです。
しかしこれらの凶角は不幸を呼ぶだけではありません。逆境を越えようと頑張る方々にとっては必須となるエネルギー源でもあるわけです。過去の偉人達や有名人で、成功に至った方はこの凶角を活用してきたと言っても過言ではありません。

しかし、平和を望む方々にとっては厳しい時期となる事もまた事実です。
その場合、争い事にできるだけ近づかないか、八方美人になることを止めて敵味方をはっきりさせた上で裏方になるしかありません。
また、それぞれの配置効果にもここを乗り切るヒントは含まれているかと思われます。今回発生する太陽と土星の90度だけでなく、10月前半の占いをご覧頂き他の凶角の影響に備える事をおすすめします。

前回の占いを見る

10月18日
■太陽と土星の90度
 [太陽:天秤座:]
 [土星:山羊座:]

全体運に責任や義務の問題やプレッシャーを与える配置です。
仕事や何かの立場による義務や責任という面で、土星の力である制限や遅延といった問題が発生し心理的な圧力が掛かる凶角です。
これは主に目上の男性(上司、父親、お客様)との人間関係にも悪影響を発生させ、しばしば厳しい責務を遂行しなければならない状況を発生させます。
土星は特に時間にも深く関係している惑星であり、この問題には「期限」「タイムリミット」等が必ずと言っていいほど関わるはずです。

もしこの状況に遭遇した場合、制限時間内に責任を持って仕事を遂行するという事だけです。先延ばししたり責任を放棄した場合の結果は先々まで重くのしかかりかねません。
地道に頑張れば、大成功はせずともその経験があなたの血肉となって今後の立場を安定化させてくれるでしょう。

10月18日
■金星と海王星の180度
 [金星:乙女座:]
 [海王星:魚座:逆行中:]

これは寛大で人道的精神に溢れた心理を発生させます。
しかしそれは真の優しさではなく、「甘さ」であったり自信の無さ等からくる「遠慮」といった心理であることが多く、互いのためにならない傾向があります。
海王星の凶角は曖昧な状況をそのまま継続させたり無駄な時間を作り出し、これが金星と組み合わさることで、愛情運と金運に問題を発生させます。
愛情面では優しさにつけこんで依存してしまったり、実は甘やかしているのに愛情と勘違いをしてしまう危険性があります。海王星は逆行しているため、理想という色眼鏡で見ていた何かや誰かの実像を見てしまうことにより、失望を味わうというケースもあります。
金運面では曖昧な管理状況をそのままにしてしまい、損失や収支の悪化を招く可能性をアップさせるというケースが想定されます。理解せずにお金を使うことや詐欺といった件に注意が必要となるかも知れません。

どのケースでも逆行した海王星の性質である、現実を把握し過去の経験則から学ぶという判断ができれば問題は最小限に留まり、真の思いやりと助け合いができるでしょう。
また、音楽や絵画等といった芸術や創作分野では、この配置が刺激を与え素晴らしい成果を出せる可能性があります。お金やアクセス数等といった数値が絡んでしまうとマイナス面が顔を出すため、その点には注意して下さい。

10月19日
■火星と木星の90度
 [火星:牡羊座:逆行中:]
 [木星:山羊座:]

エネルギーを活性化させ、チャレンジ精神を誘発する配置です。
火の気が強くなる配置ですが、敢えてリスクを取って進む姿勢を持つことで、状況を打破するチャンスを生み出すでしょう。
周囲が停滞していたとしても前向きに考え、成長戦略を掲げることが重要です。今までの柵や古い常識、制限などを取り払うことが成功への近道となります。
このエネルギーを誰かへの攻撃に使ってしまう方がいらっしゃいますが、実は攻撃にはあまり向いていません。正しい事をしているという自負があるのなら、誰かからの攻撃から守る姿勢を保つことで最大の効果を発揮できます。

しかし凶角であるがゆえに、エネルギーの扱いが難しい傾向があります。
この配置は火の気の一種でもあり、拡大する木星の効果によって制御が効かないという状況をしばしば発生させます。
リスクを考えないチャレンジは無謀な蛮勇に変わってしまい、後戻りができない場所に来ている事にも気づかないかも知れません。
ちなみに火星の逆行によって2回目の発生となります。
前回は8月上旬から中旬に発生していました。火星が逆行しているため、その頃の決断を反省しているかも知れません。
最後に発生する際には木星の星座が変化してしまいます。なので同じ事をやり直すにしても違った形での結末を迎える可能性があります。
今は困っていても、違う形で完成させる事を考えると良いでしょう。

10月19日
■金星と木星の120度
 [金星:乙女座:]
 [木星:山羊座:]

金運、異性運等を一般的に拡大させる嬉しい配置です。
数ある惑星同士のアスペクト(組み合わせの法則)の中でも、楽しさとロマンスを助ける効果が高いため、このタイミングを上手に活用することが望ましいでしょう。
何をもって楽しむのかは人それぞれですが、一般的な趣味・レジャーなどを基本としたジャンル、及びそのビジネスにも追い風が発生する傾向があります。
また、財務系に関する点でも良い情報が流れる事が多く、安心・安定した心理に繋がりやすくなるという特徴もあります。
人間関係では前述どおり楽しさを誘発しますが、和解という点でも効果が期待できます。
今まで険悪なムードが漂っていたのなら、この配置がその解決に一役買ってくれるかも知れません。

昨今のコロナ禍にあって、この配置は幸いでもあります。
緊張が続き先が見えなかった状況ではありますが、少しでも希望が持てるような配置が発生することによって、また新たな道が見えてくるものと思われます。
しかし今回はどちらの惑星も、堅実な土の星座に位置しています。
浮かれ気分で安心する、というよりは現実的な足元の安定を目指す姿勢が強くなるはずです。このご時世ではむしろその姿勢が好まれる事は間違い有りません。

10月20日
■水星と天王星の180度
 [水星:蠍座:逆行中:]
 [天王星:牡牛座:逆行中:]

この配置は人の思考に突発的で予想ができない刺激を与えます。
凶角ではありますが、この力をプラスに働かすよう努力をすれば発明の瞬間に発生する閃きのような天啓を与えてくれるでしょう。
斬新なアイデアを書き留めたり、誰かから刺激や影響を受けて自分自身の価値観や興味の対象を変化させるような体験をしたり、重要な発見をしたり理解するという事を経験する方々もいるかも知れません。
しかし大抵の場合は刺激を求めたり逆張りによる展開を求めるだけになり、不安や先が見えない状況を作り出すという危険性もあります。水星はコミュニケーションも司るため、相手に伝える前に一旦良く考えてからにしないと、その発言が物議を醸したり立場を危うくするという状況も想定されます。

また、この配置はしばしばIT機器や最新技術が必要な基幹システムに深刻な障害を発生させることがあります。
幸いにも水星は順行しておりこの件が短期間で済むことを示しているものの、天王星の逆行はシステムの根幹に問題がある事を明らかにしてしまうかも知れません。
PCやスマホといったIT機器の誤動作だけでなく、操作ミスや判断ミスによる失敗の可能性もあります。
また、あまり理解されないような概念や思想をネット上で発言してしまうこともNGです。これらの点から、ソーシャルメディアの書き込みや重要な決定に関する操作全般において注意すべき時期であると言えるでしょう。

また、今回は水星の逆行によって現象が再発します。
水星逆行

これは、一度過ぎ去ったはずのITトラブルが再発する事を意味します。
前回の発生は10月8日でしたが、水星が蠍座に入る頃から既に金融機関を中心とした深刻なサービスストップが発生していました。
問題が解決したかのような発表がありましたが、星の動きはまだ内部的に終わっていない事を告げています。被害の有無に関わらず自衛手段は常にもっておくほうが賢明です。

10月22日
■金星と冥王星の120度
 [金星:乙女座:]
 [冥王星:山羊座:]

これは主に恋愛運と愛情運に嬉しい効果を発生させます。
理想に近い誰かと近づくことができたり、そのような状況を夢想するという心理を発生させる傾向が想定されます。
互いに思いやりがある男女関係や夫婦なら、この配置近辺では良好で幸運な日々を送ることができるでしょう。隣の芝生の青さを羨むというケースもあるかも知れませんが、この配置近辺ではそれがマイナス面に働くことは少なく、トラブルに繋がる可能性は低いでしょう。

また、芸術創作や映像等に関係した業界・活動に関わる方々には追い風が期待できます。
絵画や映画そして文学等を楽しんだり、漫画やゲーム等といった分野であっても普段より楽しめるチャンスが発生しやすくなります。
しかし金運面では完全なプラスとはならず、財布の紐をゆるくしてしまう効果があります。
財政に余裕があるのであれば楽しい買い物やイベントを楽しむことができるでしょうが、計画的に行う必要はあります。
ボランティアや寄付といった形で出費するというケースもあるでしょうが、その場合であってもそこが正しく運営管理しているかどうかを確認することが賢明です。
また、この近辺での美味い話は蓋を開けると話が全く違ってくるという傾向があるため、下手に皮算用をせず話半分で聞いておくことが肝心です。

10月25日
■金星と土星の120度
 [金星:乙女座:]
 [土星:山羊座:]

恋愛運と金運で安定した影響を与えてくれる吉角です。
金運面では長期スパンの投資や「土」に関係したり起因する、投資やビジネスを始めると恩恵を受け取れる可能性が高くなります。
恋愛面では年の差や世代の違いを乗り越えて良い関係を結ぶという、通常なかなかうまくいかないはずの関係が上手く行くケースがあります。元々相手がいて且つ安定志向を希望しているのなら、この時期は穏やかに過ごせたり絆が深まるでしょう。

どちらのケースであっても、この近辺で始めたり固まったものは長期にわたって良い運気を発生させる傾向となるため、長い目で物事を判断する慎重な方や規則正しい管理が必要な仕事をする方には良運気です。
この配置のように土星が関連しますと、突飛で斬新なスタイルはプラスに働きません。伝統的であったり常識を重んじる姿勢や判断が吉を呼びます。

10月26日
■太陽と水星の合致
 [太陽:蠍座:]
 [水星:蠍座:逆行中:]

占い師の間では非常に多忙な運気を発生させることで知られています。
人の思考と精神を活性化させ、コミュニケーションの頻度もアップさせるという効果があります。
水星は順行しているため、トラブルはそこまで気にしなくても良く、スピード感を大事にするほうが望ましいでしょう。ビジネス取引や個人的な契約全般(捺印が必要な書類が存在するようなもの等)にも嬉しい後押し運気があります。

日常生活でこの配置の効果を上手に使うのなら、散らかりやすい書類を整理整頓し、メールやメッセージを効率的に送受信できるように体系化してソートし、いつか役に立ちそうなアイデアを書き留めておくという事が良いでしょう。
通勤通学時には効率的なルートや抜け道を探したり、経路の途中にあるお店や位置関係等を記憶しておくといった事も有効です。
事務職であれば多忙になる事が多くなるため、業務をスピーディに行い効率をアップさせる方法を模索したりアイデアを実験するという事も良いかと思われます。

また、水星は既に逆行を開始しています。
水星逆行

逆行影響により、この多忙な運気は手戻りや過去のミスをリカバリするための対処、そして過去できなかった事をやり直す等といった傾向が強まります。
最近決定されたり急いで行った事が一部無駄になったと感じても、決して嫌がらずに行って下さい。蠍座で発生したため、隠された重要なヒントや事実を見つけ出し解決策を導いてくれる効果があります。

10月31日
■太陽と天王星の180度
 [太陽:蠍座:]
 [天王星:牡牛座:逆行中:]

思わぬアクシデントを発生させたり、突然の方向転換といった現象を発生させます。
太陽が関連すると、個人的な全体運気にそれが及ぶことが多くなります。蠍座の位置が重要なポイントにある星座がその影響を受けやすいでしょう。
この配置が起こす現象は、不安や焦りといった心理を伴うことがあります。環境の変化に適応することができればそれは革新をもたらすかも知れません。
実際には「言うは易く行うは難し」といった傾向となります。
また、天王星という惑星が持つ「極端な思想」や「強烈な個性」という影響を持った方がいると、状況を乱したり混乱を招くといった現象が発生しやすくもなります。

天王星は逆行しており、発生した事象に対して更に不安感を増やす効果があります。
ここにおける重要なレッスンは、不安を感じた事に大して精神的に成長が必要である事です。単に不安に駆られて焦った行動をするのは誰でもできる事でしょう。
そこから学び、次に同様の問題が発生した場合でも対処できる事を見つけ出し、安心感を増やす手段を講じる事が大切です。

10月31日
■牡牛座の満月
 [太陽:蠍座:]
 [月:牡牛座:]

10月31日の深夜に牡牛座の満月が発生しますが、11月に入る直前に発生する為「11月前半の占い」11月1日付けにて解説させて頂きます。
しかしこの満月は予想を裏切る結果に繋がりやすく、牡牛座が示すシンボルであるお金・地球・女性・価値観等といった分野に突発的な変動をもたらす懸念があります。楽観的な姿勢や判断で事を進めない姿勢を持つことが賢明と思われます。

■11月前半の主な配置
来月は以下のような配置が待っています。

11月1日
 牡牛座の満月(実際は10月31日深夜に発生)
 水星と土星の90度
11月4日
 水星の巡行化
11月6日
 水星と土星の90度
11月10日
 金星と火星の180度
 太陽と海王星の120度
11月11日
 木星と冥王星の合致
11月14日
 火星の巡行化
11月15日
 太陽と冥王星の60度
 太陽と木星の60度
 蠍座の新月

満月は今月末に発生する太陽と天王星の凶角とほぼタイミングが一致します。そのため、ITや最新技術・セキュリティ等に関連した影響が懸念されます。
牡牛座は資産やお金を示しているため、牡牛座天王星の影響はカード口座や決済に関する深刻な問題を浮き彫りにさせるかも知れません。
自衛手段やセキュリティに関して知識武装し、この時代を生き抜くための資産管理のあり方を学ぶ姿勢が賢明です。今のうちからはじめておく事が良いでしょう。

また、木星と冥王星が合致します。
これは今年3回目であり、これが最後の合致です。山羊座で木星と冥王星が合致するのはこの先数百年は発生しないため、一生に一度の体験とも言えます。
表面上では、政治・社会構造・派閥勢力といった点における大きな動きが発生する事が想定されます。今年の春頃から激動だった状況は、ここが完結となります。
また、水面下で密かに第三波が発生する危険性もあります。これが終わればコロナに対する対策は一定の区切りを迎えると思われますが、最後の最後まで油断は禁物です。

しかしながら、水星と火星が順行に戻る点は幸いです。
情報や流通そして運輸といった状況の遅延はやっとここで元に戻り始めます。それでも火の気は再発するため、現在進行中の問題は簡単に収束はしないはずです。
常に謙虚さを持ち研鑽を忘れない姿勢が無いと、感情に飲み込まれてしまいかねません。火の気が強い時のレッスンは、感情の制御と適切な発言であることをお忘れなく。
更に、水星が順行に戻る関係から、水星と土星の90度という凶角が2度続けて発生するのもポイントです。これは冷静で実利を重んじる心理を誘発させますが、水星順行化が間に入る事によって、無駄な要素をバッサリと切り取って先に進むような変化が想定されます。

これらの現象は、社会の物事が大きく変化する時期を示しているとも言えます。
古いものにしがみつくのではなく、先へ進む姿勢を持つほうが、これらの運気を活用し明るい未来へ少しでも近づく秘訣の1つと思われます。
来月もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2020年10月後半の星座別運勢
(10/16から10/31まで)