TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢





2020年3月後半の全体運
(3/16から3/31まで)

今月の12星座占い
火の気と水星逆行影響解消、土星の水瓶座入座
既にこの占いを発表する頃には水星が順行に戻っています。
今まで混乱の極みにあったコロナウイルスに関する影響は、具体的な対策や改善の兆しが多少なりとも見えつつあるのでは無いでしょうか。
しかし、この状況の改善には最低でも3月30日の逆行開始地点到達を待たなければなりません。そこが全ての解決という訳でもなく、逆行開始時の「スタートライン」に立てた事を意味します。
今まで当サイトでは何度も水星逆行を解説させて頂きましたが、今回のコロナウイルスに絡んだ件はかなり顕著なケースに思えます。
おそらくは前回の食の時点でウイルス騒ぎが始まっていると思われるため、スタートラインでは解決に至らず、少なくとも半年レベルの影響が続く事になるでしょう。

水星の順行は、通信や運輸そしてコミュニケーションにも影響するため、この分野においても3月末までは苦戦が想定されます。
魚座を運行する水星は、混乱と誤解、互いの不理解をも誘発させるケースがあるため、なかなかに厳しいとも言えるでしょう。
しかし、既に惑星の効果が後退ではなく前進に向かっているという点も事実です。
厳しい状況に負けるのではなく、今回の件から学び対策を立てて新しい道に向かうという姿勢が凶意を避ける事になるはずです。
特に今回は土星が移動することにより、運気の節目も発生します。
このタイミングで発生するという事は、今までの常識や安定しきった状態から抜け出して次に向かうべき時期である事を示唆しているとも言えるでしょう。

■3月後半の主な配置
以下が3月後半の主な配置です。

3月16日
 水星の魚座再入座
3月20日
 太陽と土星の60度
 火星と木星の合致
3月22日
 水星と天王星の60度
 土星の水瓶座入り
3月23日
 金星と海王星の60度
 火星と冥王星の合致
3月24日
 牡羊座の新月
3月28日
 金星と木星の120度
3月29日
 金星と冥王星の120度
3月30日
 水星逆行開始地点到達
3月31日
 火星と土星の合致

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

まずは水星の逆行によって発生した手戻りに関するリカバリーが特徴的です。
16日には魚座に再入座する事で、星座を跨いだ深刻な影響が別の形で進展し始めることが想定されます。コロナウイルスに限らず、手戻りや遅延といった問題に苦しめられていた場合は、やっと次のステップが見えるでしょう。
そして30日にはようやく逆行開始地点に到達し、遅れが発生しはじめたスタートラインに戻ることになります。
ですが、2月頭の状態に戻るだけなので、ここが到達地点と思わないようにして下さい。
ここから間違っていた判断を正し、本来あるべき道筋に戻る事になるだけです。

そしてもう一つ、激しい火の気を発する配置が厳しい運気を誘発させます。
火星が冥王星、土星に対して次々と合致するため、争いや喧嘩そして酷い場合には暴力や権力による強制などが誘発されるでしょう。火星冥王星は山羊座で発生する関係から、社会基盤や環境での立ち位置・権力等がその原因や要素として関連します。
国によっては暴動や強権発動による弾劾、権力の誤用等も懸念されるところです。
しかしながら、火星はその前に木星と合致し、非常に大きな発展の運気をも発生させています。コロナウイルスの時期に発展の運気が来てもどれほどの効果があるかはわかりませんが、冷え込んだ状況を緩和させる効果は多少なりとも期待しても良いでしょう。

また、土星が水瓶座に入座する点も大きなポイントです。
これによって数年スパンの運気移行が発生します。当サイトではこのような大きな規模での流れを「運気の節目」と呼称しています。
企業や権力、表舞台と裏舞台等の立ち代わり入れ替わり、流行や時代性の変化、意見の勢力等々、様々な要素が移動します。
タイミングが前後する事から、恐らく今回のコロナウイルスもそれに一役買っているのかもしれません。今まで馴染んでいたものが変化していく状況は寂しく、厳しく感じるかもしれませんが、先に進まなければ未来も無いでしょう。

以下に、全星座や世相等に影響する配置効果を解説します。

3月16日
■水星の魚座再入座
 [水星:魚座:]

この時点で水星は魚座に戻ります。
今回のように、星座を跨いで逆行する場合は、影響度合いが大きくなります。
3月10日の順行化でもかなり大きな動きが発生していたかと思われますが、この近辺でもまた、大きく空気の流れが変わることを感じられるでしょう。
遅延していたプロジェクト等を再開させたり、遅延しつつもサービス公開となるような状況が想定されます。

特に今回は、コロナウイルス対策に関する動きが非常に特徴的です。
3月4日近辺でも大きな動きがあり、10日にはその状況から一転して攻めの姿勢となったはずです。ここでは更に発展したり改善策が出てくる事が想定されます。
が、本当の解決は16日以降、30日頃まで待たなくてはならないものと思われます。
水星逆行 2020年3月後半


3月20日
■太陽と土星の60度
 [太陽:魚座:]
 [土星:山羊座:]

義務と責任、時間を掛けた知識と経験が役立ち評価される配置です。
曖昧さや軽さそして革新的な分野は、この配置ではあまり役に立たないかも知れません。堅実さと既に決定された方針が物事を進めるために重要なポイントとなる傾向があります。
長期的な目標や指針を掲げ、着実に遂行しようとする計画があるのなら、この近辺では後押し運気が多々期待できるでしょう。
土星は時間を示すため、それは簡単に達成できるようなものではないでしょうが、60度の持つ積極性や前向きさという点を出すことができれば、深刻な問題の解決であったり、先々の安定した成長が望めます。
星座の配置によっては楽しい事をすることに罪悪感を感じるかも知れません。そのような心理を感じたのなら、趣味や付き合いを後回しにしてでも用事や義務を優先する事が良いでしょう。

今回は太陽が牡羊座に移動する直前、そして土星が山羊座から移動する直前に発生します。
土星が山羊座を運行している間、何度も続いたこの配置も今回が最後です。
そのため、この配置は今までの土星山羊座運気を一部締めくくるような状況が発生することも予想されます。
30年先までこの組み合わせでは再発しません。この時期に発生した事を経験として活かし、次のステップに向かう姿勢を持つ事が吉に繋がります。

3月20日
■火星と木星の合致
 [火星:山羊座:]
 [木星:山羊座:]

積極的な姿勢やチャレンジ精神を後押しする発展運気です。
人によっては何かの計画やビジネスの立ち上げ又は儲け話といったお誘いなどがあるかも知れません。しかし最初に聞く話は氷山の一角である可能性が高く、状況や役割等を良く把握した上で参加することで良い方向に持っていける可能性があります。
発展するものは大抵リスクを取る必要があるため、責任を取ったり最後まで面倒を見る覚悟が無い場合はこの近辺で手を出さないことが賢明です。

また、ビジネスや法律に関する争いがある場合、攻めに転じることで勝利に近付くことが可能です。ですが、不当な戦法や卑怯な手を使った場合、火種がさらに大きくなるという危険性もあります。
この配置はスポーツや競技など、身体を激しく使う分野への影響も顕著です。これらに関係している方々は運気の後押しが貰えたり、好成績を出しやすくなるでしょう。
反面、一度火がついたものを止めることは難しくなるというマイナス面もあります。制御ができなくなる可能性もあるため、常に監視や注意が必要になるはずです。

3月22日
■水星と天王星の60度
 [水星:魚座:]
 [天王星:牡牛座:]

精神の活動を鋭くし革新を誘発するこの配置は、それに関係するコミュニケーションとニュースという形で我々に状況変化を知らせます。
あなたがもしITに関連した仕事に従事していたり、日々の生活でスマホ等を手放せなくなっているようであれば、この配置の影響は決して少なくはありません。
新鮮な気分で扱える画面操作、性能が良くなったハードウェア、ふと見つけた楽しいアプリ等々、様々な形であなたに刺激を与えてくれるでしょう。
そして研究職全般においては、運気の後押しによって嬉しい変化があったり、思わぬ形で成果を生み出すことができるという傾向も想定されます。

また、これは単にPC・スマホ等の最新機器等の話だけにとどまりません。
今や生活習慣に欠かせないものとなったIT機器とそれを支える最新技術は、この配置によって大きな影響を受けるものと当サイトでは想定しております。吉角がもたらす革新によって、一部の方々によっては生活面でも大きな変化を迎える可能性が高いでしょう。
道具という欠かせない物をどう扱い活用するか、という点では決して古いものばかりが良いとは限りません。この近辺では慣れ親しんだものよりも新しさを目指す事を推奨します。

3月22日
■土星の水瓶座入座
 [土星:水瓶座:]

土星が支配星座の山羊座を離れ、水瓶座に移動します。
水瓶座も実は副支配星座であり土星とはご縁のある星座ではありますが、これによって非常に大きな運気の変化が発生します。
土星水瓶座スケジュール

今回はまだ予行演習扱いです。
直ぐに別に状態に移行するというよりは、一旦変化させて様子見となるでしょう。
12月17日に再入座した後は、山羊座には戻りません。再度この配置になるのは30年程未来の予定です。

(3月22日追記)
土星水瓶座特集ページを公開しました。以下のバナーからぜひお読み下さい。
土星水瓶座
土星水瓶座特集はこちら!


3月23日
■金星と海王星の60度
 [金星:牡牛座:]
 [海王星:魚座:]

他者や弱者に対する共感や同情心を促進させる効果がある配置です。
(様々な意味における)イメージを強化するため、現実より物事を美しく見せたり、良い側面を見せたい場合には効果的です。
理想と現実はそうそう簡単に合致するものではありませんが、悪い面が見えてしまうと何事もうまく進まないでしょう。夢を見ることによって人は先に進む意思や希望を見出すことも多いので、この配置がもたらす要素は重要な側面を持っています。
もし映像や芸術等に関連した職務に就いているのなら、この配置を有効活用することが賢明です。現代ではYouTube等で個人が参画する事も可能になっており、視聴者に魅力的な印象を与えることが普段よりも簡易になるものと思われます。

この配置が恋愛・社交などを含む対人運に影響する場合、磁力的な魅力を発生させたり精神的な繋がりをもたらすことがあります。夢を感じさせてくれるような遊園地やデートそしてパーティ等は、良い思い出として長く残る可能性が高まります。
金運面では芸術品や高級品等といった、ブランドイメージが重要な分野に影響します。海王星はイメージに関連するため、外見を飾るためのファッション全般にもプラス面の影響が期待できます。
しかし心理面で寛大にさせるという効果は、金運ではマイナスになるケースがあるためその点には注意が必要です。財布の中身と相談してからの判断が賢明でしょう。

3月23日
■火星と冥王星の合致
 [火星:山羊座:]
 [冥王星:山羊座:]

非常に火の気が強い運気を発生させる配置です。
約2年半周期で発生し、野心と様々な欲を活性化させる効果を持っています。日本では凶悪な事件に発展する機会は少ないでしょうが、大きな話では利権が絡んだ争いが、小さな話では我侭や意地の張り合いという火種を蒔く効果があります。
人によっては誰かと競争して勝ち取らなくてはならなかったり、自分が目指す目標を達成するためになりふり構わず挑戦しなくてはならないかも知れません。
今回の発生は山羊座ですが、山羊座と土星が示す社会的な権利や義務そして公の立場が優先されるといった傾向があります。また、各星座が示す山羊座の領域が今回注意すべき分野となるでしょう。
寛容さの欠片も無い厳しい決断を下す必要性に迫られるという場合も有るでしょうが、それは誰かの恨みを買ってしまう可能性もあります。火の気がもたらす刃物や暴力といった事象が簡単に誘発しやすい事を忘れないようにしましょう。
この力は誰かや何かに向けるのではなく、職務の遂行やスポーツの記録達成等に向けることで大きな成功に変化します。しかし激しすぎる火星の力は怪我やトラブルそしてハードワークによる体力消耗を発生させやすく、制御は決して簡単ではありません。

冥王星が関連するとその配置や組み合わせの惑星等に関係なく、対象や概念といったものが大きく変容するという現象がしばしば発生します。
この力を上手に使うと、生まれ変わったかのような素晴らしい変化が待っていますが、自分の思い通りでないと気が済まないといったような拘りは非常に危険です。
余りに意地を出しすぎると、その強さが仇となって全てを失ってしまう、、、ということすらあり得るという事を忘れない事をお勧めします。

3月24日
■牡羊座の新月
3月後半の新月は牡羊座です。
当サイトでは細かく解説していませんが、占星術として見た場合に1年の始まりを示す「春分点」という場所に太陽が入ってすぐの新月です。
これは、新月に今年度を示す運気要素が幾つか盛り込まれている事を示します。
ホロスコープ2020年3月後半

新月にはドラゴンヘッドが90度で凶角となっています。
牡羊座にある新月が強い行動意欲や衝動を与えたとしても、実際には目的が定まらなかったり行動がちぐはぐになるかも知れません。エネルギーを正しい方向に向ける姿勢がないと、おかしな方向のままイベントが終了してしまうでしょう。

しかし水瓶座に入座したばかりの土星がオーブ(許容範囲)4度で60度の吉角を結んでいます。土星が星座を移動すると社会規模での変動が発生しますが、この新月がその変化を祝福してくれています。
新しい物事の始まりには困難が付きまといますが、勇気や前向きが伴うはずです。
方向性の見えなさはあるものの、今できる事を一歩ずつ進めていく姿勢が最終的な成功に結びつく鍵となります。

ただ、この新月にはギリギリのオーブで、凶意を持つ恒星と合致しています。
健康面では目や脳に関する問題を引き起こすという象意を持っており、コロナウイルスの影響が懸念されます。
焦って行動したり判断すると、大きな問題が襲うでしょう。
土星にも似ているこの恒星は、慎重な判断と経験則を重視します。もしこの近辺で焦って大規模な行動や対策を起こしてしまうと、この先々も影響が悪化しかねません。
占星術的に見るのなら、皆様一人一人の慎重な行動が問題を収束させる秘訣と思われます。

3月28日
■金星と木星の120度
 [金星:牡牛座:]
 [木星:山羊座:]

幾つかの組み合わせの中でも幸運な部類に入る配置です。
主に恋愛・愛情運と金運に嬉しい効果を発生させてくれる事が期待できます。
また、勝負運や競争力を後押しし、木星の持っている楽観的な心理や冒険心を強化する効果を持っています。スポーツなどの競技や会社などの競争原理を働かせるため、様々な分野で活気が期待できる時期です。
特に木星が位置する要素が競技や冒険に関連しているのなら、これは非常に楽しい時期となる事が想定されます。

また、非常に楽観的な心理を誘発させるため、交渉や関係の修復にも適します。
金星があなたの星座やパートナー等の位置を運行している場合は特に、約束や契約を取り付けたり仲直りのチャンスとなるでしょう。
ただ、これはチャンスが発生するかに見えて、リスクが非常に高い側面もあります。
物事の加減を見極めずにやりすぎてしまう傾向が高くなり、最悪の場合は喧嘩や騒動が発生するというケースも想定されます。節度を持った判断や行動を心がけると、この配置の吉の効果を享受することができます。

3月29日
■金星と冥王星の120度
 [金星:牡牛座:]
 [冥王星:山羊座:]

恋愛・愛情運を全般的に活性化させてくれる配置です。
嬉しい事や好きな人、物等に対する愛情だけでなく、情熱というスパイスを与えます。良い意味で依存関係が構築されるため、繋がりはより強く深くなるでしょう。
男女の関係では深く強く繋がり、お金の件も含めて互いに離れにくくなる事が想定されます。既存の関係、出会いに関係なくこの近辺では効果が期待できます。

反面、パワーバランスは不公平さが発生しがちです。
依存するという事は、その誰かがいなければ生活や物事が成り立たない事を示します。そのため、どうしても判断や行動に誰かの存在が必須となる事が想定されます。
必ずしもそれが悪いとは限りませんが、状況によっては選択肢がそれしかないという事もまた問題となる可能性はあります。

金星はお金に関係しており、この配置は金運にも強い影響を与えます。
お金を稼ぐ手段、嗜好・贅沢品、ビジネス投資等々、この配置は積極的なお金に対する姿勢を誘発させる事があります。
コロナウイルスなどで消費が不安定化していますが、配置効果によって多少の緩和が期待できるかも知れません。

3月30日
■水星逆行開始地点到達
 [水星:魚座:]

この時点になって、水星は逆行を開始した地点に戻ります。
ここでようやく2月頭の状況に戻り、再度スタートラインに立てる事になります。
忙しい時期に逆行されたことで、笑えないレベルの影響が発生していたかも知れません。ですが、ここまで慎重に行動されていた方々は、知恵と経験によって体制が盤石となる嬉しい効果も期待できます。

水星逆行 2020年3月後半

3月31日
■火星と土星の合致
 [火星:水瓶座:]
 [土星:水瓶座:]

今回約2年振りに発生する、火の気が強い厳しい配置です。
火星の力である熱意と、土星の力である制限という2つの相反する要素が最大にぶつかる位置であるため、しばしば軋轢と対立を誘発し険悪なムードを作り出してしまいます。
前に進みたい熱意とその焦りは、制限と壁そして経験に阻まれてしまい、想定通りにいかない可能性があります。そして新しい手法や斬新な技術等もまた同様であり、伝統的であったり経験が物を言う手法や道を選択しなければならないでしょう。

このエネルギーは目標に向けて努力したり堅実な作業に向けることで、凶意を吉に転化させる事も可能ではありますが、そう簡単に行くものではありません。
大抵の場合は感情を抑えることが難しく、場合によっては言い争いや暴力等に発展するというケースもあります。そのストレスが発散できない場合は、いたずらに欲求不満を大きくしたり、自身の立場を危うくしてしまうという事にすらなりかねないでしょう。
可能であれば、厳しい目標を達成するためのエネルギーとしたり、激しいスポーツで記録達成を目指す事でこの力を制御しやすくなります。

そして今回は山羊座が水瓶座に入って初めての合致です。
約30年振りにこの位置が合致したため、前回の事を覚えている方や生まれていた方はそう多くないかも知れません。
また、土星はこの後しばらくすると山羊座に逆行するため、ここで起きた事は一旦何かの形で戻る事になる可能性もあります。今回発生した事を良く記憶して頂き経験値として活かすと、運気に良い影響が期待できます。

■2020年4月前半の主な予測
新年度となる4月前半は以下のような配置が待っています。

4月2日
 木星と冥王星の合致
4月4日
 水星と海王星の合致
 金星と土星の120度
4月7日
 火星と天王星の90度
4月8日
 水星と冥王星の60度
 てんびん座の満月
4月12日
 水星と土星の60度
4月14日
 太陽と冥王星の90度
4月15日
 太陽と木星の90度

新年度はプラスとなる兆候が多々ありますが、一方で凶角の影響も散見されます。
人によって吉凶が大きく分かれる時期となるでしょう。
来月もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願いいたします。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2020年3月後半の星座別運勢
(3/16から3/31まで)