TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢






2021年6月後半の全体運
(6/16から6/30まで)

今月の12星座占い
連続する順逆行、幸運と愛憎が交差する満月
逆行を続ける水星がIT機器やウェブサービスに影響を与えています。
このトラブルは逆行水星と海王星が90度という凶角を形成した近辺で発生しました。惑星の配置効果は全ての場所で発生する訳ではありませんが、今回は水星の支配星座で逆行し、混乱と誤解、曖昧さによるミスが発生しうる海王星との凶角効果が顕著でした。
実際にはITサービスが生まれた瞬間のホロスコープを元に判断する必要があるため、このような場所ではどうしても一般論的に解説する事になってしまいます。が、この先も水星や天王星等が凶角を結ぶ際に用心する姿勢を持つ姿勢を持っていただくのは良い事です。

5月に発生した食の影響もまた、じわじわと問題を広げているようです。
食は約半年間の空模様をざっくりと見ることに適していますが、今回は我慢の限界に達した方々が解放を求めて行動し、対立が同時に発生するという傾向となる事を予測しました。
オリンピックが始まろうとしている今、正にそのような二分化とも言える問題が顕在化して来てしまっています。
政に関わる方々は舵取りに苦慮しているとは思われますが、この先も厳しい状況が続くことは避けられないようです。

これは先日発生した火星冥王星による強い火の気、そして土星と天王星の凶角による現実の壁という問題が拍車を掛けているように見えます。
この配置は壁を突破させる強い意思や成果を生み出す反面、激しすぎるが故に使いこなして幸運に転化させられる方が少ないという特徴があります。大抵の場合は嫌な思い出で終わってしまうのですが、実際にはその問題の裏に隠れたニーズやチャンスを気づかせてくれる事があります。
土星と天王星の凶角は最後の1回がまだ残っているため、現在難問とにらめっこしているのなら、最後の解決に向けて諦めない姿勢を持ってみてください。

■6月前半の主な配置
これが6月後半の主な配置です。 6月21日
 木星逆行
 金星と海王星の120度
6月23日
 太陽と木星の120度
 水星の順行化
6月24日
 金星と冥王星の180度
6月25日
 山羊座の満月
6月27日
 海王星逆行

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

逆行、順行、逆行と、惑星の順逆が連続します。
星座は双子座と魚座の2つであるため、複数の状況が手戻りを必要としたり、詰まった状況が改善されて前に進むというちぐはくな事態を体験するかもしれません。
拡大と成長の木星が逆行することで、手戻りややり直しだけでなく拡大という要素が問題となる可能性があります。また、同じ魚座で夢と慈愛の海王星が逆行するため、今まで夢を持って進んできた何かの現実が見えてくるようになるでしょう。
それでも水星が順行に戻るため、色々と流れが詰まってしまっていた事は再度順調に進み始めるようになります。
しかし、満月近辺における金星と冥王星の180度は激しく、余り嬉しい結果にならないかもしれません。金星は感情を強める蟹座にあり、厳格さを求める山羊座の冥王星と対立する形をとっています。
嫉妬心や愛情のもつれからくる感情の波を制御できないと、予想もつかない厳しい結果につながってしまうかもしれません。人によってはドラマのような愛憎劇を体験する可能性すらあります。
恋愛だけではなくお金が絡む事も多く、この近辺で心が保てない事に気づいたら、早め早めに第三者への相談・介入などを検討すべきでしょう。平常心と忍耐は非常に重要なキーワードとなるものと思われます。

全星座や世相等に影響する配置効果を解説します。

6月21日
■木星逆行
 [木星:魚座:逆行開始:]

早い速度で水瓶座を抜けた木星が逆行に転じます。
木星が逆行すると、精神面の成長を内面化させ表面からは見えにくくします。
マイナスポイントとしては肥大化した状況を抑えにくくなる点で、何事においても行き過ぎた行動が裏目に出る事が多くなります。その他、手戻りや見直しといった要素が伴うのは、他の惑星の逆行現象と同一です。
急速に拡大を続けている何かがあるのなら、逆行近辺は速度や成果を良く確認することに適した時期となります。逆行が順行に戻り再度この地点に達する時期(2022年)に成果として現れるでしょう。
今回は魚座で発生し、目に見える利益やこの世の反映だけではなく、人として大事な助け合いの精神、お金や物だけでは済まない人の心としての重要さを教えてくれます。

逆行近辺においては、木星は太陽とほぼ120度という幸運な配置を構成します。
ただ、太陽が双子座にあり29度という難しい場所にある点から、プラス面ばかりとは限らないかもしれません。
それでも逆行時に合致する恒星は、人の善意と海に関する幸運を与えてくれます。損得を抜きにした慈善活動に関わることで、あなた自身と周囲の精神的な成長に大きな力となる事が想定されます。

6月21日
■金星と海王星の120度
 [金星:蟹座:]
 [海王星:魚座:]

精神的な深い相互理解や絆を発生させる配置です。
愛情を司る金星とイメージや芸術等に関係する海王星の組み合わせは、気の合う仲間や心を許したパートナーとの安らぐような時間を創り出してくれます。
飲み会やパーティに参加したり、映画や小説のようなイメージをふくらませる趣味等を楽しむには非常に良い時期と言えるでしょう。恋愛面においても、文字通り「夢の国」と呼ばれる遊園地のような場所へのお出かけ等が効果的です。
精神的な側面を強化し、理想像を作り出す効果があるため、互いに思いやりを持つ姿勢があれば効果が更に期待できるでしょう。

金運面では、将来に夢と希望を抱けるようなイメージやビジョンを持てる心理が働く可能性があります。嬉しい儲け話やオファー等がある等、先々の希望が持てるかも知れません。
ビジネスでは芸術や創作活動等のようなセンスが必要な分野がこの好影響を受けます。良い作品が産み出し易くなるため、考えたり創り出す作業に時間を掛けると吉です。
しかし、それは曖昧であるが故に確実性が無く、根拠の薄い楽観を誘発するケースがあります。特にどちらかの惑星がお金や契約に関連している場合は注意が必要です。

6月23日
■太陽と木星の120度
 [太陽:蟹座:]
 [木星:魚座:逆行中:]

数ある配置の中でも幸運効果が非常に高い部類に属します。
穏やかでありながらも幸運を運んできてくれる嬉しい吉角です。
楽観的な心理を発生させるため、はしゃいだり羽目を外したい気分になるかも知れません。
この近辺でイベントやパーティなどがあれば、それは記憶に残るような楽しい思い出のひととときとなるでしょう。

しかし、今回は太陽と吉角を結ぶ時点で既に木星は逆行しているため、これは単純な幸運とは言い切れない部分も存在します。
どちらかというと見直しややり直し、そして拡大しすぎた何かを適切に調整しようとする動きの中で幸運を受け取るというものです。単純な幸運の配置ではなく、何か大事なものに気付ける事によって幸運に気付くという形が近いかも知れません。
また、この配置の隠された意味は、精神や魂の成長と成熟そして足りるを知るというものです。木星の逆行直後にこの配置が発生するという事は、幸せに近付く大事な何かを悟るという事も含まれる可能性が考えられます。

そして太陽は蟹座ギリギリで、獅子座に移動する直前です。
木星の逆行と合わせて、すぐに効果は過ぎ去ってしまうものと思われます。
今回の満月はこの影響を色濃く受ける事になりますが、あなたの星座における太陽と木星の位置が示す領域を確認し、短いチャンスを逃さないようにしてください。

6月23日
■水星の順行化
 [水星:双子座:]

逆行を続けてきた水星が順行化します。
5月中旬ごろから始まったり決まった何かがあったのなら、このタイミングでやっと同じ状況になるでしょう。
水星逆行

しかし順行に戻ったとはいえ、まだ7月上旬まではリカバリーが残るかもしれません。
今回は特に支配星座という点が、非常に大きな影響を発生させる原因となっていました。双子座本来の意味である読み書き話しや電子部品といった要素が、双子座の守護星である水星の逆行、そして水星と海王星の凶角という誤解と混乱を誘発させる力によって、様々な問題を深刻化させていたものと思われます。
IT機器の購入や改善、又は通信・移動に関する計画を検討して来たのなら、このタイミングまで待つか、逆行開始地点まで最終調整をすることが賢明です。

今回水星が逆行地点に戻るのは、幸いにもオリンピック直前です。
様々な問題が存在しているのは全員が承知しているところでしょうが、現在見直ししている部分に関しては良い結果に繋がる可能性があります。
順行に戻る位置に存在する恒星は、通信・運輸・情報処理や科学的な要素に関しての幸運を与える効果があります。コロナが元となって発生している様々な社会の変化、転換等において、順行化近辺では嬉しいニュースが発生することが期待できます。

6月24日
■金星と冥王星の180度
 [金星:蟹座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]

恋愛運や金運等に強烈な波乱を巻き起こす凶角です。
冥王星の力は、支配や力関係に関する極限状態や極端な変化変容という現象を発生させるため、人によっては強烈な状況となる可能性があります。
この配置が持っているキーワードは「嫉妬」と「独占欲」そして「相手の支配」です。この配置近辺でそういった状況を感じた場合、すぐに対処が必要です。

恋愛面では、男女の関係におけるトラブルのうち、主に深刻な事象が該当します。
相手を自分の思い通りに制御したい心や、罪の意識を感じるような心、そして思い込むという行動などを極端な状況に追い込んでしまう可能性があります。これが仕事に関連する場合には性別に関係なく力関係の問題という形になるかも知れません。
この近辺でパートナーとの関係がもともと良好であれば心配はありませんが、緊迫した状況が続いている場合は注意すべきでしょう。

金運面では、不正な取引や工作そして極端なお金の動き(起きやすいのはお金を失うという行動や結果)という状況を発生させやすくなります。これらの件で思いつめすぎたり、極端な行動や考えに至ってしまうという事もこの近辺で起きやすくなります。
どのケースであっても嘘や隠し事をせず、正面から立ち向かいつつも極端な判断を避ける姿勢があれば、このピンチはチャンスに変わることすらあるでしょう。

6月25日
■山羊座の満月
 [太陽:蟹座:]
 [月:山羊座:]

今回の満月は山羊座です。
ホロスコープ2021年6月後半

今回は良い点と悪い点の両面が存在します。
プラス面としては木星と吉角を結んでいる点です。
逆行を始めたばかりとはいえ、木星が合致している恒星は素晴らしい要素を保持しています。精神の成長と慈善精神に溢れた効果を期待できるでしょう。拡大・肥大化している点に気づき、本来の状態に戻る事を考えるための良い機会です。
また、水星が順行に戻ったばかりという点も重要です。
物事が前に進み始めるため、この近辺では今までの遅延や手戻りはようやく収まり始めることが期待できます。

マイナス面としては、同じ蟹座と山羊座で金星と冥王星が凶角を結んでいる点です。
嫉妬心・愛憎・いびつな力関係等々、愛情と金銭に絡んだ嫌な問題が発生しやすい時期であり、愛とお金における火の気と言っても過言ではありません。
良くも悪くも強烈な情熱を誘発させるがゆえに、深い関係となるケースもあります。が、この配置による影響で始まった関係はアンバランスで激しいものとなる傾向が多く、穏やかで安定したものにするのは難しいでしょう。

そして月に合致する恒星は、幸運をもたらすと共に強い権力への固執を誘発します。
せっかくのチャンスを有効活用できない場合、マイナスの側面が出る可能性が懸念されます。前述の金星と冥王星という配置効果にも色濃く影響するものと思われるため、ここでは立場を守る激しいぶつかりを目にする人もいるでしょう。
互いの思いやりと助け合いの精神という、プラス面を前に出す事によって、満月における問題は良い形となることが期待できます。

6月27日
■海王星逆行
 [海王星:魚座:逆行開始:]

海王星は1年に1度逆行します。
この惑星は夢を見せ、理想を作り上げる効果を持っています。
芸術や映像創作といった分野では役割が大きいのですが、反面幻影を見せすぎてしまうために理想と現実のギャップを作るというマイナス面もあります。
特に最近問題となっているフェイクニュースはこの惑星がしばしば関連し、映像の枠の中で作り上げる作業を後押ししてしまいます。
この逆行はそういった幻想を剥がし、真実を見せつける効果があります。
ただ、今まで理想的に見えていた「何か」の本当の姿も見えやすく、目標に向かって頑張る姿勢に水を差すこともあり、一概に吉凶が単純になることは有りません。
海王星逆行

言うまでもありませんが、誰しも現実と向き合うのは辛いものです。
しかし夢を見させる「海王星」という惑星の逆行は、その夢を見る時間を奪い、問題に立ち向かって解決を促すかのように「現実」をまざまざと見せつけます。
人によってはさほど影響を感じない可能性もありますが、映像関係の業界、誰かに夢を見させる商売、そして個人レベルで「現実を見ないように」と自分に言い聞かせているような場合、この配置は逆風や精神の耽溺を発生させます。
もしこの期間にそんな気分になったとしても、それは嫌がらせで発生しているのではありません。今置かれている現実を足がかりにして、更にもっと未来に向けた正しい方向に向かう夢を見せるべく立ち止まらせているだけです。

海王星は液体や薬・編集された映像・改変された記憶も司ります。
現実にがっかりするのは良くあることなので仕方ない部分があるにせよ、現実の苦しみを逃れるために、思い出やお酒・薬等に頼ってしまうと、海王星逆行の暗黒面をそのまま進んでしまうだけです。
海王星の逆行があなたに強く影響するようであれば、妄想に逃げずに逆風に立ち向かうか、心が苦しくなるものを避けて精神面のバランスを取って生活するか、という策が考えられます。

海王星は薬品や病気に関連するケースがあります。
この惑星が作る凶角はコロナによって発生する社会的なマイナス影響を強めてしまうことがあり、経済問題やワクチンに対する困難等を引き起こします。
今回の逆行開始位置にある恒星は吉凶混合であるものの、傷による死等の要素を司っています。プラス面は名誉であるため、コロナとワクチンを制した企業や国家に対するメリットはこの期間に非常にプラスとなって現れるものと思われます。
反面、これらを巡り現実が見えてきた場合、切刺傷と火事が関連するような問題が引き起こされるという可能性もあります。一般的な生活をしている方々には縁がない話でしょうが、深く関わっている場合はこれらのキーワードに注意を払うと良いでしょう。

■7月前半の主な配置
これが7月前半の主な配置です。

7月1日
 火星と土星の180度
7月4日
 火星と天王星の90度
7月6日
 太陽と天王星の60度
7月6日
 水星と海王星の90度
7月7日
 金星と土星の180度
7月9日
 金星と天王星の90度
7月10日
 蟹座の新月
7月13日
 水星と木星の120度
7月13日
 金星と火星の合致
7月15日
 太陽と海王星の120度

7月も早々に火の気がある配置が待っています。
天王星が絡んでいるため、爆発や突発的なITトラブル、そして水星と海王星の凶角という混乱と誤解を招く状況が3度目となります。
激しさがある時期ではありますが。中旬に近づくにつれて安定感が増してくるでしょう。

来月もANGEWORKの西洋占星術をよろしくお願いいたします。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2021年6月後半の星座別運勢
(6/16から6/30まで)