TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
無料占い → 毎月の運勢 → 双子座





双子座 2021年12月前半の運勢

双子座

12月前半の双子座

12月1日
■海王星の順行化
 [海王星:魚座:仕事の成果・公の立場・キャリアパス:]
 [前回の発生時期:2021年11月28日]

半年ぶりに海王星が順行に戻ります。
海王星の順行化

6月下旬ごろから、仕事は理想と現実のギャップが激しかったはずです。
目上との関係は悪化したり、描いていた印象と違った事実を見てしまう等、立場が難しかったのではないでしょうか。あなたが芸術・映像に関わっている場合、インスピレーションに恵まれなかった可能性もあります。
しかしここからは状況変化が期待できます。仕事の勘も戻ってくるはずです。
あなたが目指す目標は未だ明確さが見えず曖昧かも知れませんが、理想を目指すことはできるでしょう。

12月1日
■金星と海王星の60度
 [金星:山羊座:共有資産・税ローン債務遺産・男女関係:]
 [海王星:魚座:仕事の成果・公の立場・キャリアパス:]
 [前回の発生時期:2021年1月24日]

財務・遺産運とパートナーの金運等が曖昧になりやすい時期です。
仕事や日々の生活で使うグッズ、又は健康に関連したアイテムや薬品等は、この近辺で会計が甘くなっている傾向が想定されます。可能であれば洗い出しと管理を再確認しておくほうが良いでしょう。
また、支払うべき税金やローン等についてもあなたの認識が曖昧である可能性があります。これは吉角であるため、減税・減免といった制度を確認することで、負担が緩和されるかも知れません。

12月1日
■太陽と土星の60度
 [太陽:射手座:対人・パートナー運・結婚・敵:]
 [土星:水瓶座:学業・法律・海外・執筆・信念:]
 [前回の発生時期:2020年11月19日]

対人運、パートナー運が堅実化しやすい時期です。
契約や約束といった点に現実的な話が必要となるでしょう。
土星が位置する場所は法的問題や学業等に関連しています。そのため、知識や経験に基づいたアドバイスが功を奏するものと思われます。
学業で論文を書いたり執筆作業といった高度な件に関係しているのであれば、この運気は後押しをしてくれるでしょう。出張や法律に関する件でも有利に働く配置です。

12月4日
■射手座の新月
 [太陽:射手座:対人・パートナー運・結婚・敵:]
 [月:射手座:対人・パートナー運・結婚・敵:]

今回の新月は対人運の位置で発生します。
ホロスコープ2021年12月前半

新月には、対人運を運気の焦点とする効果があります。
個人ビジネスを問わず対等な1対1の関係その対象となります。思わぬ嬉しい出会いがあったり、今までの馴れ合いがリフレッシュされるでしょう。
この近辺でのポイントは一人で判断・決断したり行動しない事です。
どのような分野であっても、そこには対等な関係にある誰かの存在が必要となります。場合によっては敵対する誰かが面倒に思えるかも知れませんが、それですらも運気を助けるためには必要な事です。

今回の新月は吉凶両方の側面が存在します。
食でもある新月は、運気に重要な影響を与える始まりとして働くタイミングです。出生的に射手座の影響が強い方を中心に、運気の節目を発生させるものと思われます。
この近辺で計画が始まった場合、楽観的に見える可能性はあります。
計画の有無に関わらず多忙さや仲間と経験の援助、といった要素がこの近辺で関連するかも知れません。ここで見える未来が楽観的であったとしても、浮つかずに足元を固めた姿勢が問題を遠ざける事になるでしょう。
勢いや情熱よりも知恵と経験が頼りとなる傾向です。イレギュラーなイベントが計画の邪魔をする可能性もあるため、油断しないことをおすすめします。

12月6日
■火星と冥王星の60度
 [火星:蠍座:仕事・職場・日常習慣・健康:]
 [冥王星:山羊座:共有資産・税ローン債務遺産・男女関係:]
 [前回の発生時期:2019年12月22日]

職場運、健康運が非常に好調な時期です。
この近辺ではハードワークとなる事が想定されます。他に大事な用事がある場合は、この占いを見た時点で動き、事前に済ませてしまう方が良いでしょう。
仕事運自体は忙しさも相まって非常に良く、成果をしっかり出す事ができるでしょう。激しい労働でも体調に影響する可能性は低く、乗り切れるはずです。
また、忙しさが財務運にも非常に良い影響を与えます。税金ローン等の返済は、労働の対価が増えることで緩和できるでしょう。



12月8日
■水星と海王星の90度
 [水星:射手座:対人・パートナー運・結婚・敵:]
 [海王星:魚座:仕事の成果・公の立場・キャリアパス:]
 [前回の発生時期:2020年12月13日]

対人運に混乱と誤解が発生する時期です。
仕事でも同様に混乱や齟齬が発生する危険性を示しています。
数字と確認が必要なビジネスの配置では問題が大きくなるため、常に慎重な姿勢を保つぐらいが良いでしょう。重要で判子を押すような判断は、時期を少しずらすべきです。
配偶者などのプライベートな関係でも同様の傾向があるため、誤解の無いコミュニケーションを心がけて下さい。

12月8日
■火星と木星の90度
 [火星:蠍座:仕事・職場・日常習慣・健康:]
 [木星:水瓶座:学業・法律・海外・執筆・信念:]
 [前回の発生時期:2019年9月12日]

職場の人間関係の調整が難しい時期です。
仕事で関わる方々とは、どうにも折り合いがつかないかもしれません。給与・責任のバランスが崩れたり、可能性ばかりで作業が多くまとまらない懸念があります。
あなた自身も権限を越えた言動は責められる原因となるため、注意が必要です。
また、この近辺では政治・思想・主義主張を同僚や上司と話さないようにして下さい。問題が拗れやすく、法的問題に発展する危険性を秘めています。健康や生活習慣に関する件、コロナやワクチンに関する件も同様です。互いの立場を尊重すると運気が安定するでしょう。

12月12日
■金星と冥王星の合致
 [金星:山羊座:共有資産・税ローン債務遺産・男女関係:]
 [冥王星:山羊座:共有資産・税ローン債務遺産・男女関係:]
 [前回の発生時期:2021年1月29日]

税金やローンまたは貯金等といった資産を注視すべき時期です。
信用度が落ちていたり大きなリスクに晒されている可能性があり、場合によっては再度厳密に管理し直すか、金融機関との話し合いが必要になるかも知れません。
また、資産を共同で管理するようなパートナーがいる場合は相手の動向をチェックし、不穏な動きがないか確認しておくほうが良いでしょう。恋愛運として見た場合、非常に親密な関係に進展しやすい時期ですが、嫉妬心が激しくなりすぎるという問題があります。

12月12日
■水星と木星の60度
 [水星:射手座:対人・パートナー運・結婚・敵:]
 [木星:水瓶座:学業・法律・海外・執筆・信念:]
 [前回の発生時期:2020年11月29日]

1対1の関係であれば、個人ビジネスを問わず発展のチャンス時期です。
大事な誰かとの交渉や話し合いが必要なら和解や合意に至ることができるでしょう。
また、創作芸術の後押しをしてくれる効果があり、デザイナーやクリエイターはアイデアが湧き出るでしょう。また、趣味や子供との関わりあいも楽しい時間を作り出します。
海外文化の交流や出張旅行そしてソーシャルメディア等での書き込みは幸運が多くなる傾向があり、法的問題に関係している場合は嬉しいニュースを受け取れるでしょう。

12月12日
■太陽と海王星の90度
 [太陽:射手座:対人・パートナー運・結婚・敵:]
 [海王星:魚座:仕事の成果・公の立場・キャリアパス:]
 [前回の発生時期:2020年12月10日]

対人運が低下し、信頼関係の維持が難しくなる時期です。
パワーバランスは、かなり不公平な状態になっている可能性があります。
どちらかが依存する関係になったり、望まない方とのお付き合いが増えるでしょう。一方的な搾取となる傾向も想定されます。
また、これから出会う方も同様であり、ビジネス個人を問わず互いの利益と成長には結びつきにくいかも知れません。可能な限り一人で進める事を考えて下さい。


全ての星座に関係する「12月前半の全体運」も見てみる


今月の12星座占い