TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢






2021年11月後半の全体運
(11/16から11/30まで)

今月の12星座占い
突発的な爆発と運気の節目をもたらす食
前半は天王星による突発的な運気変動が多い傾向でした。
予想しにくい状況変化が散発され、面倒な対応に追われていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
天王星が絡んだ配置が多い場合、吉凶の結末を読むことは難しく、準備や自制心ができていた方が最終的に勝利を掴むケースが多くなっています。慌てたりその場しのぎの対応を行うと結果的にマイナスで終わるという事もあります。
占術で完全な予測を立てにくい事は難点ではあるものの、人の力でプラスに持っていくための準備がしやすいという点ではメリットと見えなくもありません。
固定概念を捨てて順応する姿勢は今からでも有効ですので、過日のイベントによって望まぬ方向に進んだと感じているのなら、適応する道を模索すると良いでしょう。

また、天王星の影響と共に印象的だったのは、火の気の継続です。
10月に発生していた火の気が作り出した、強い感情の影響は最近まで残り続け、事件や争いを生み出していたように感じられました。
当サイトでは以前から何度か注意喚起をさせて頂いていますが、火の気が強い時は残り火がくすぶる時があります。
惑星配置のオーブ(許容範囲)を突破しつつある時であっても、遺恨や禍根という形で未来に残ってしまいやすいという点はご記憶頂くと良いかと思われます。
ただ感情を抑えつけるだけでは解決しない問題だらけではありますが、挑発や感情の波に飲まれず、最終的に勝つために戦略を練って下さい。焦らず計画的に判断することで、これらの問題は思いがけない成功に変化する可能性を秘めています。

■11月後半の主な配置
これが11月後半の主な配置です。

11月16日
 太陽と木星の90度
11月17日
 太陽と冥王星の60度
11月18日
 火星と天王星の180度
11月19日
 水星と海王星の120度
 金星と天王星の120度
 牡牛座の満月
11月21日
 水星と木星の90度
 水星と冥王星の60度
11月29日
 太陽と水星の合致
 火星と海王星の120度
11月30日
 水星と土星の60度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

2019年に発生した火星と天王星の180度が再度やってきます。
火星の周期は約2年程度であり、頻度は小さいものの影響範囲としては大きく強烈になる傾向があります。突然の爆発や最新技術関連に強い変化をもたらすでしょう。
どちらの惑星も前回と同じ星座配置であり、前回とある程度の似通った運命傾向を体感する事になるでしょう。メール等の記録からその時起きたことを掘り起こして下さい。
もし問題があった場合には同じ轍を踏まないよう対策を立てたり、周囲の動きを察知して巻き込まれないようにすることがおすすめです。

そして今回の満月は食です。
数ヶ月単位の運気サイクルを司るため、満月近辺の配置の影響はご記憶されておくと、この先の大雑把な状況を見る事に役立つものと思われます。
この現象によって、企業や個人にとっては大きなスパンで運気が影響を受けます。
具体的には、今まで慣れ親しんだサイクルや状況が変化したり、新しい計画が立ち上がったり、長く続いた何かが完了するという形で具現化します。小さい規模のものであればあちこちで発生していますが、影響範囲は大きくなるでしょう。

全ての星座や世相等に影響する、惑星の配置効果を解説します。

11月16日
■太陽と木星の90度
 [太陽:蠍座:]
 [木星:水瓶座:]
 [前回の発生時期:2020年10月11日]

可能性を感じさせますが、リスクに鈍感となる効果もある配置です。
この近辺では幸運が来たかのように感じる事が多いようです。しかし楽観的になって羽目を外し失敗する、という例は過去に多数見つけることができます。
チャンスが来た!と思って突き進むのは良いのですが、綿密な計画やリスクヘッジを適当にしてしまうと、その先が崖であることにすら気付かないでしょう。
あくまで凶角であるため、そこに潜む危険性を認識しなければなりません。

この配置の特徴のもう一つは、拡大が制御しにくいことです。
今回の星座は引き締め効果があるためそこまで顕著に効果が出ないと思われますが、ジャンルによっては歯止めが効きにくいかも知れません。
多くの依頼や仕事、用事等を引き受けすぎてしまったり、貴重なリソースやエネルギーを浪費してしまいがちとなるため、節約精神はこの近辺で必須となります。
最悪全ての契約や用事が失敗、となる可能性すらあるでしょう。

これは身体に関しても同様です。
各惑星の位置関係や生まれた際の惑星状態にもよりますが、暴飲暴食・不摂生・無理は簡単に破綻に繋がります。とりわけ毒性の強い嗜好品や悪食等は遠ざけておく方が無難です。
騒いで憂さを晴らしたいという心理も働く可能性もありますが、飲み会やパーティ等ではお酒による失敗も懸念されます。
可能性を絞り込み、1つだけに集中し、必要な宿題をしっかりこなす事がこの配置効果を最大限に使いこなす鍵です。

11月17日
■太陽と冥王星の60度
 [太陽:蠍座:]
 [冥王星:山羊座:]
 [前回の発生時期:2020年11月15日]

野心の強さと努力に比例したチャンスを発生させる強力な配置です。
社会的な地位、経済的な恩恵、異性との関係等、人の欲が関係するものならほぼこの配置の管轄であり、この近辺における強い意思は目標到達の近道となるでしょう。
しかし冥王星は極端且つ極限的な力を持っており、誰かに対して徹底的に厳しい対応をしてしまった場合、その反動もまた非常に厳しい形で返ってくる可能性があります。無駄なものや非効率な状況を極端に排除し変化させるケースもあります。この配置は利己的に使うのではなく、全員の利益や人道的に間違っていない方向に使うべきでしょう。

また、冥王星の力は隠された秘密を暴いたり、研究によって問題を解決する等といった、状況を根本から変化させるという効果があります。
それは必然的に慣れ親しんだ状況を激変させ、不要になった何かを掃除するという結果に繋がります。それは物や人だけとは限らず、あなたの心や記憶であるケースも考えられます。
今までお役御免と思われながらも残っていた不要な何かがあるのなら、この近辺で一新することで新鮮な気持ちと意思でまた進むことができるでしょう。

11月18日
■火星と天王星の180度
 [火星:蠍座:]
 [天王星:牡牛座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2019年11月24日]

爆発を発生させる火の気の配置です。
占星術のようなオカルト分野では、何かを表現する場合主に2つの意味があります。

 1.物理的な爆発
 2.比喩的な爆発

前者は言うまでも無く、火薬を始めとした目に見える爆発です。
火気厳禁のボンベのように、圧縮された容器等の扱いには注意が必要です。
花火やエンジンのような爆発物だけでなく、刃物類全般もこれに入る点をご記憶下さい。
天王星が関係すると予測が難しく、思いがけない場所から災害が発生することがあります。
以前は火山が噴火したり工場等に被害が発生した事もありました。
この配置以外でも、出生ホロスコープ上で同様の組み合わせになれば爆発することもあります。が、天空上で発生する場合、規模が大きくなったり有名な場所等がその影響を被ることも考えられます。

後者は人間関係の感情を指しています。
過去に怒りを覚えた誰かに対して思い出してしまったり、蒸し返された事によって再燃するという状況が誘発されやすくなります。束縛や拘束という問題に対して自由と権利を求める意思が発生し、反乱や攻撃といった行動に繋がることも想定されます。
そして物理的ではなくとも、この爆発は立場や経済等にも影響を及ぼします。
その意思表明をした事によって金運に影響を与えるケースもあるでしょう。エネルギーが衝動的であるが故に思慮分別のある言葉が求められます。

天王星の効果は精密機器やITにも働きます。
注意を払って扱う必要がある機械、最新研究の部品、PCやスマホ等のソフトウェアにも悪影響が懸念されます。電気(天王星)による火花(火星)という解釈も可能です。
しかし凶角の持つ潜在能力を引き出すことができると、大きな幸運に転化することがしばしばあります。この配置で言えば、停滞していた技術・機器等の問題をブレイクスルーし、新しい時代を始めるといった事が想定されます。壁や問題には必ず打開策や選択肢が残されています。簡単に諦めるのは勿体無いかもしれません。
ただ念の為、この近辺では機器の扱いには慎重になることをおすすめします。

なお、今回は天王星が逆行しているため、この惑星の影響を受ける方々は安心や安全等を奪われる(かも知れない)という恐怖心が働きます。
牡牛座にあるため、金運・価値観・経済にも影響を与えることが想定されます。
女性の権利や社会的立ち位置といった点でも深刻な問題が発生するかも知れません。
激しい衝動を感じたら理想となる未来を明確にイメージし、行き当たりばったりとならないように計画を立てる慎重さが成功の秘訣です。

11月19日
■水星と海王星の120度
 [水星:蠍座:]
 [海王星:魚座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2020年11月24日]

想像力を掻き立て、イメージングや芸術の世界に追い風をもたらす配置です。
感受性が強い方々は、心の中の世界が広がるように感じるかも知れません。そうでなくても言葉が持つ力が増幅されるため、文学やメッセージに精神的な豊かさが加わります。
水星が関連すると、映像分野よりも文学等の文字や言葉等の方に影響が強くなるといった傾向があります。具体的には小説や物語等といった創作が必要な世界に関係している方々に追い風が吹く運気なので、出版や映像が関係する業界は調子が良くなるでしょう。

しかし、会計や実務といった厳密な管理が必要な業界、又は個人であってもお金の管理等には余り向いていないというマイナス面も存在します。
これらの惑星がお金や仕事に関連する位置に来ている星座であれば、甘い見通しや状況把握は後で問題になる事が多いため注意すべきでしょう。
また、海王星は現在逆行しており、実現性の少ない理想ではなく実現性を伴ったものとなる傾向があります。
それは夢が敗れるようなマイナスな思考ではなく、ゆっくりと現実に目覚めるようなものとなる傾向が想定されます。

11月19日
■金星と天王星の120度
 [金星:山羊座:]
 [天王星:牡牛座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2021年1月14日]

スリルや冒険心を誘発させる配置です。
現状を退屈なものに変化させ、刺激を求める心理を誘発させるため、創造や芸術といった分野では素晴らしい発展を後押ししてくれるでしょう。
日常生活や恋愛という点でも同様の効果があり、魔法に掛かったかのように電流が走ったり、思いがけないところから運命の人が現れるといった現象をしばしば発生させます。
しかしこの吉角は残念なことに効果があまり長く続きません。実際には一瞬で終わってしまうと言い換えても過言では無いほど、そのタイミングは一瞬です。

そのため、もし魔法に掛かったような気分になったのなら、それが長く続くと勘違いしない方が賢明です。それでもチャンスが一瞬だけ開くという点を考えれば「幸運の女神には前髪しかない」ということわざを端的に表現していると捉えても良いでしょう。
仕事のご縁となるビジネス等では一瞬の出会いから発展するケースもあり、その足がかりとなる状況も決してないとは言い切れません。
そのため、普段はご縁が無さそうな分野に興味を持って接すると、思いがけない嬉しい出来事に遭遇しやすくなるため、人と接したり足を運ぶ事が賢明です。

11月19日
■牡牛座の満月
 [太陽:蠍座:]
 [月:牡牛座:]

今回の満月は牡牛座です。
また、月がドラゴンヘッドとほぼ重なり、食となります。
ホロスコープ2021年11月後半

5月ごろに発生した前回の食の締めくくりであり、新しい中長期サイクルの始まりでもある食は、大きな流れを教えてくれます。
この食ですが、当サイトで運気の節目と呼称する、大きな運気変化を誘発します。ここから約半年間の間、ここで示された状況が運気に関連する傾向となります。
月の位置はお金・価値観を示し、運気には根底で金銭問題が絡む傾向が想定されます。反対の蠍座も他社のお金や財産、政治に関わる事であり、コロナからどうやって元の生活に戻し経済を立て直すか、という点が焦点となります。
牡牛座は女性の権利や地球環境等にも関係しており、これらの件は同軸で語られる事になるはずです。しかしその守護星の金星は山羊座で苛立ちの凶角を示しており、政治や社会がその問題を解決することが難しく、不満が募る事になるでしょう。

また、木星は約3度の許容範囲で90度となり、食のTスクエア(直角三角形)を構成しています。お金の可能性や女性の権利などについて不満を持った結果、社会生活面で希望を見出そうとする心理が誘発される可能性があります。
太陽や月と木星の凶角は、楽観的な心理を誘発するという一種の罠のような側面を持っており、安易な考えや甘い判断は失敗に導かれ易くなります。潜んでいるリスク、法律への理解といった点で武装することを忘れないようにすべきでしょう。

火星と天王星の180度が食と同じ星座群で発生しており、この影響も無視できません。
過去に体験した嫌な事を蒸し返したり、突発的な思いつきで物事を進めると、面倒なトラブルが長く続いてしまう懸念があります。
焦らない前向きな姿勢と、逆境に対する忍耐の力はあなたが考えるよりも大きな力を持っています。プラスの配置からは恩恵への感謝を、マイナスの配置からは教訓を学び取る事を忘れないようにしましょう。
水星もまた太陽と同じ蠍座を運行し、山羊座の冥王星と吉角を結びます。運気に問題がある状況にあって際立つのは分析力、強いメッセージを持つ言葉の力です。物事を深く考え、多角的な情報を活用することが、食の運気をプラスに向ける秘訣です。
そして月の位置にはマイナスの運気を伴う恒星が存在しており、この食から始まる件にトラブルが伴う傾向を示しています。最も厳しいものを挙げると暴力や病気等による生命の危機等があり、余り嬉しい兆候ではありません。
食がある牡牛座には天王星があり、太陽の蠍座には火星が180度を結んでいます。この配置は過去からの因縁を爆発させるという意味があるため、遺恨のある関係における火の気の再発には注意しなければなりません。
長いサイクルの運気がマイナスであるのは厳しくありますが、真の幸運に繋がる道は凶角にこそ潜んでいます。世の成功者は失敗から学ぶのが常であるため、先人に倣ってリスクと本質を見抜くことを目指して下さい。

11月21日
■水星と木星の90度
 [水星:蠍座:]
 [木星:水瓶座:]
 [前回の発生時期:2020年9月17日]

思考能力を活性化させる効果があり、読み書き話しに関係する事象は木星効果によって拡大させやすくなるという傾向を持っている凶角です。
大抵の場合、アイデアを思いついて試してみたくなったり、知識欲が湧いて様々な疑問を解決したいと考えたり、それらによって議論や話し合いなどが発生する事になります。
また、木星が持っている楽観的な性質は、アイデアや進んでいる方向が全て良い結果に繋がるのではないか、という安易な心理を誘発させる力があります。

一見良いことが多いようにも見えますが、これは凶角の一種です。
発展や拡大は良いのですが、この配置近辺では細部に潜んだ重大な問題や落とし穴に気づきにくいという面をも持っています。
それに気付かず、周囲を巻き込んで大きな話になってから重大な抜けを見つけてしまった場合、そこで何が起きるのかは言うまでもないでしょう。
また、楽観的な姿勢は時に周囲の都合や常識を無視してしまい、舌禍を招いてしまうケースがあります。相手の立場を考えた発言が求められる時期であることを頭において発言すると凶意を避けられます。

11月21日
■水星と冥王星の60度
 [水星:蠍座:]
 [冥王星:山羊座:]
 [前回の発生時期:2020年11月27日]

精神状態を鋭くし、隠れた物事を見抜く力を与えてくれる配置です。
この世の物事はそう簡単ではなく、表面上の現象の裏には必ずと言っていいほど深い原因や複雑な事情が隠れているものです。
この近辺では、表面上の浅い話題よりも本質に迫るような物の見方や考え方が歓迎されやすくなるでしょう。

精神を鋭くする関係から、効果的なアイデアが湧き出たり、説得力を持った意見を言う方々が増加する傾向も想定されます。
冥王星の力は強く、強制力が強まるという状況も発生する可能性があります。そのため、それを利己的に使ってしまうというケースもあるかも知れません。
しかしそういった行為は冥王星の力によって人生に強烈な影響を与えかねません。正しい方向に向けて使うことが大きな吉運に繋がるでしょう。

11月29日
■太陽と水星の合致
 [太陽:射手座:]
 [水星:射手座:]
 [前回の発生時期:2021年10月10日]

占い師の間では非常に多忙な運気を発生させることで知られています。
人の思考と精神を活性化させ、コミュニケーションの頻度もアップさせるという効果があります。
水星は順行しているため、トラブルはそこまで気にしなくても良く、スピード感を大事にするほうが望ましいでしょう。ビジネス取引や個人的な契約全般(捺印が必要な書類が存在するようなもの等)にも嬉しい後押し運気があります。

日常生活でこの配置の効果を上手に使うのなら、散らかりやすい書類を整理整頓し、メールやメッセージを効率的に送受信できるように体系化してソートし、いつか役に立ちそうなアイデアを書き留めておくという事が良いでしょう。
通勤通学時には効率的なルートや抜け道を探したり、経路の途中にあるお店や位置関係等を記憶しておくといった事も有効です。
事務職であれば多忙になる事が多くなるため、業務をスピーディに行い効率をアップさせる方法を模索したりアイデアを実験するという事も良いかと思われます。

11月29日
■火星と海王星の120度
 [火星:蠍座:]
 [海王星:魚座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2019年12月13日]

意思や現実の力が精神性に結びつき、良い調和をもたらす配置です。
創作活動や映像等に関係する趣味等を楽しむことに適している時間と運気を発生させます。
もしあなたが芸術や無から何かを創り出す活動をしているのなら、調子がアップするこの時期を逃さないことをお勧めします。

また、生まれつき直感や第六感などが鋭い方は、多々インスピレーションを貰ったり何かの衝動に駆られるといった心理が働くかも知れません。
この配置は慈善活動や人権保護等といった活動にも適した配置ではありますが、自己満足で終わってしまわないように注意すべきでしょう。
ただ、火星が持つ火のエネルギーが海王星の水の要素でマイルドになるため、影響はさほど強くはなりません。多少の問題があってもほどほどの調整ができるはずです。

緊急事態宣言が開けたこともあり、お酒という点も重要です。
海王星はお酒だけではなく薬や水全般にも関係しており、これらに関わる仕事は運気の後押しが貰えるでしょう。社会的な弱者のサポートや薬等を必要とする方への援助といった役割もまた、星々からの援助が受けられます。
身近な例としては、この時期に良く見られるような飲み会で酔っ払った方を介抱するような慈善行動が、普段よりもその行動の結果に報いるような幸運が発生しやすくなります。

11月30日
■水星と土星の60度
 [水星:射手座:]
 [土星:水瓶座:]
 [前回の発生時期:2020年12月1日]

現実的で堅実な考え方、常識的な判断、論理を助けてくれる配置です。
真面目で困難な問題や作業を扱う事に適しており、現実的な姿勢や方法が重視されるでしょう。アイデアや新しい手法を使うという事には向いてません。どんなに素晴らしいアイデアを見つけたとしても無理に改善しようとしないことが重要です。

これは年季の入った知識と経験が有効活用できる運気でもあるため、この近辺では経験者と年長者へのアドバイスを求めることを考えてみて下さい。
水星のコミュニケーションという要素は限定される傾向があり、相談や会議といったものにそのエネルギーが使われる事になるでしょう。日常の会話であっても、真剣な内容が多くなるかも知れません。

■12月前半の主な配置予定
12月前半はこのような配置が待っています。

12月1日
 海王星の順行化
 金星と海王星の60度
 太陽と土星の60度
12月4日
 射手座の新月
12月6日
 火星と冥王星の60度
12月8日
 水星と海王星の90度
 火星と木星の90度
12月12日
 金星と冥王星の合致
 水星と木星の60度
 太陽と海王星の90度

海王星が順行に戻り、夢を見ようとしても厳しい現実が邪魔する状況が変化します。
映像・創作分野、占星術やオカルト等の文化、薬や液体に関わる方々において、今まで苦戦してきた場合は追い風が吹き始める瞬間を感じるでしょう。
新月近辺の配置は安定しており、強気の姿勢でも問題ない傾向です。が、多忙さが伴っており、一部問題のある配置を持っています。理想や希望の中に潜む罠に注意したほうが良いかもしれません。

中旬近辺は凶角が集中していますが、12日の金星と冥王星の合致は注目すべき配置です。このあと金星はすぐに逆行を開始し、一旦合致から抜けた冥王星と再合致します。その間は金星と冥王星はオーブ(許容範囲)が継続します。
政治や一部の星座の恋愛・対人運において、執着と嫉妬が面倒になり、しかも二転三転するといった人間模様を目の当たりにするかもしれません。当事者ではなくとも、師走の人付き合いには注意が必要となるでしょう。

来月もANGEWORKの西洋占星術をよろしくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2021年11月後半の星座別運勢
(11/16から11/30まで)