TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢





2019年4月前半の全体運
(4/1から4/15まで)

今月の12星座占い
3度目の水星効果、木星の逆行開始
やっと水星が順行に戻り、新年度は情報・運輸・交通が元に戻りました。
水星が逆行を続けていた3月は混乱と誤解、手戻りや遅延といった問題で頭を悩ませた方々も多かったのではないでしょうか。長期計画に参加していなかったとしても、なぜか物事が進まなかったり、普段よりも面倒な遅延と迂回で辟易していたはずです。
しかしそのような状況も月末近辺から解消され、再度前に進む運気の流れを実感し始めているものと思われます。それでも水星が元の位置に戻る中旬までは様々な後始末が待っています。もう少しの間だけ、油断せずに進む姿勢が凶意を避け吉を呼びます。

また、先月の末頃には山羊座を運行する冥王星と、蟹座を運行するドラゴンヘッドという仮想惑星が180度という凶角を結んでいました。別の見方をすれば、冥王星とドラゴンテイルが合致しているという事になります。
どちらも動きの遅い惑星(注:占星術では惑星扱いです)であるため、実際には3月中旬から4月に掛けてその影響が続くものと思われます。
これは今までの行いによるマイナス面が「悪い形」で表面化する運気を呼び起こす効果があります。要は「やり過ぎた」「行き過ぎた」行為によって溜まった問題の負債が、大きな代償として返ってくるという事も示します。
出生時の惑星位置と日頃の行いによって影響度は大きく違いますが、よろしくないものを放っておいたのなら厳しい結果になるかも知れません。
逆に、我がふりを直し間違いを正してきた賢明な方々にとっては、悪縁との決別という嬉しい効果が期待できる時期となるはずです。

しかし2018年に発生し社会的な問題を誘発させた「天王星と海王星の45度」という凶角が既に射程圏内に入っており、影響が既にじわじわと影響を強めています。
体制への反発心、激しい感情と理解しがたい意見の衝突といった件が、せっかくの射手座木星運気にマイナス面を落としている点は要注意です。

■新年度の主な配置
これが新年度の主な配置です。

31日
 火星の双子座入り(実質4月から効果発生)
02日
 魚座水星と海王星の合致(3度目)
05日
 牡羊座の新月
07日
 魚座水星と山羊座土星の60度(3度目)
10日
 牡羊座太陽と山羊座土星の90度
 魚座金星と海王星の合致
11日
 魚座水星と山羊座冥王星の60度(3度目)
 射手座木星の逆行開始
12日
 魚座水星と射手座逆行木星の90度(3度目)
13日
 魚座金星と山羊座土星の60度
 牡羊座太陽と山羊座冥王星の90度
15日
 牡羊座太陽と射手座逆行木星の120度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

最近2回も目にしてきた配置の幾つかが、最後となる3度目の発生を予定しています。
これによって、今まで逆行中に手戻り等で混乱した状況を元に戻し建設的にしていくための運気の流れが発生していく事が想定されます。
そして、水星の逆行は各々の星座において何かの理解が足りていなかったが故に誤解と混乱が発生していたという事を示しています。この2月から3月に掛けて何かをしようとした際になかなか進まなかったのはそれが主な原因であるためです。
この順行に戻った一連の流れは、それを正しく理解し情報整理が必要であるという事を意味していますので、偏見や固執を捨てて謙虚に学ぶことが良いでしょう。

以下、主な配置を解説します。

■火星の双子座入り(実質4月から効果発生)
3月末にこの現象は発生しましたが、実質4月に効果を感じる傾向があるため、今月に記載させて頂きました。
この位置の火星は、主に人の精神に影響を与えます。勉強や知識といった分野に興味の対象を移らせ、この惑星が持っている意思や情熱にスピード感が与えられます。
しかしこの星座は変通星座の一つであり、物事を1つに絞ることが難しいという特性を持っています。速度が早いが故にその決定には不備や迷いが関連する事になるでしょう。
この惑星が絡む分野では柔軟に捉え、物事を固め過ぎない姿勢が吉を呼びます。

■魚座水星と海王星の合致(3度目)(4/2)
3月下旬に発生したばかりの配置が、再度このタイミングでやってきます。
これはコミュニケーションに混乱と誤解を、そして精神や思考に非現実よりのパターンを発生させるという問題のある配置です。
現実世界ではそれが伝達ミスや嘘そして裏切りなどのような面倒ごとにつながっていくため、この近辺では話し合いや契約などはお薦めできません。
海王星は薬及びに毒も司りますが、強い配置はたいてい毒としての側面が多くなり、精神や液体に関連した毒が効きすぎるという傾向も想定されます。

一部、創作作家であったりオカルトなどの分野に関してのみ、この配置はプラスとしての効果を発生させてくれます。ハリウッド映画のようなファンタジーであったり、空想文学や漫画などといったジャンルでは素晴らしい作品を生み出す後押しがあるでしょう。
占星術も含め、こういった分野の勉強や活動をしている方々には吉運ではあるものの、やはり誤解は発生しやすいため、フィクションで有ることを前置きすべきです。

この位置によって再度の混乱が予想されるものの、ここを抜けることによって今までの混乱は急速に収まっていくことが予想されます。創作活動関連の場合は、この近辺を区切りとして仕上げる事を目指すと良いでしょう。

■牡羊座の新月(4/5)
今年度最初の新月は牡羊座です。
牡羊座は12星座における最初の星座であり、強い意思と行動力で困難を突破し理想を現実に変換する力を持っています。
新年度早々にこの新月が発生するという事は、新しい年度への開始意欲とチャレンジ精神を溢れさせる傾向が想定されます。水星は未だ逆行開始位置に到達していないものの、それをカバーする前向きな姿勢が問題を緩和させてくれるでしょう。
これが新月のホロスコープです。
ホロスコープ2019年4月前半

この新月は春分点を過ぎた今年のサイクル最初の新月であると同時に、吉運をもたらすアンドロメダ座のアルフェラッツという恒星とほぼ合致をしています。
多少不安定ながらもビジネスの成功や良い友人達に囲まれるという影響を持っており、この時期に重要な会議又はビジネス計画の予定、友人達との交流等を予定している場合は発展に繋がることが期待できます。
この後太陽は土星そして冥王星と凶角をすぐに結ぶため、チャンスと思っていてもその先には困難も同時に待ち受けていることは間違いありません。それでもここで始まることは未来に繋がる大きな可能性を秘めています。
新月の効果は半年に及ぶケースもあるため、2019年度最初の新月チャンスを活かし新しい計画を成功に導くべく頑張ってみては如何でしょうか。

■魚座水星と山羊座土星の60度(3度目)(4/7)
現実的で的確な判断を助けるという効果がある配置です。
一般的なデスクワークと不動産・建築や社会構築に関連した分野に対して特に追い風が期待できます。
水星は魚座を運行しているため、大きなビジョンであったり直感などを優先するような傾向を持ちますが、土星の力はそのマイナス面をカバーし、理想と現実を程よくブレンドした着地点を見つけやすくしてくれるでしょう。

コミュニケーションでは実務的で誤解される箇所が少ない内容が伝わりやすく、着実な学習と理解そして教育・指導等でもプラス効果が期待できます。
反面、その分細部に拘りがでやすく、些細な事であってもリスクや心配の種として感じられることが多くなる可能性もあります。

今回は逆行した水星の影響により、3度目の対応が必要となります。
建設的に進めようとするが故に抜けや不確定要素を排除する、という効果がこの配置にはあり、逆行期間中に様々な問題点は洗い出されたのではないでしょうか。
ここで現実的な方向修正を行って計画を実現させることが賢明です。

■牡羊座太陽と山羊座土星の90度(4/10)
仕事や何かの立場による義務や責任という面で、土星の力である制限や遅延といった問題が発生し心理的な圧力が掛かる凶角です。
これは主に目上の男性(上司、父親、お客様)との人間関係にも悪影響を発生させ、しばしば厳しい責務を遂行しなければならない状況を発生させます。
土星は時間にも深く関係している惑星であり、この問題にはタイムリミットが必ずと言っていいほど関わる傾向があります。

もしこの状況に遭遇した場合、制限時間内に責任を持って仕事を遂行する事にだけ注力すべきでしょう。先延ばしや責任放棄した場合の結果は言うまでもありません。
しかしその苦難に負けず地道に頑張れば、経験があなたの血肉となって今後の立場を安定化させてくれるという、凶を吉に転化させる嬉しい効果も持っています。
厳しい責任を全うし義務をこなした方だけが、この配置が持っている吉の効果にありつけるでしょう。

■魚座金星と海王星の合致(4/10)
恋愛面において精神的な繋がりを強化したり、見た相手のイメージを色眼鏡で強化します。
憧れる心を増長させてしまうだけでなく誤解も発生させるため、本当の姿と違う理想を押し付けたり、それを認めたくないがために誰かを攻撃する可能性もあります。
もし現実が理想を凌駕しているのなら、その関係を更に強く深いものにしてくれるでしょう。しかし大抵の場合は理想と現実に乖離している事が多く、結果として落胆してしまう可能性も否めません。印象操作とイメージギャップには注意すべきでしょう。

もしタレントやアニメそしてゲーム等のような印象やイメージが必要な世界に身をおいていたり関わっているのなら、この配置近辺では楽しい時間を過ごせるはずです。
また、これは自分自身が犠牲になることで周囲が丸く収まるだろう、という犠牲的精神も強化するため、バランスが釣り合っていない対人関係を助長してしまいます。
もしあなたが誰かのために奉仕することで物事が良い方向に進むと考えてしまっているのなら、それは危険信号です。遅かれ早かれ、そのいびつな関係は崩壊に向かうでしょう。

そして金運面ではやる気を削いだり、管理面で曖昧な状況を誘発させる効果を持っています。仕事運には必ずお金が絡むため厳密な判断は普段よりも必要となるはずです。
詐欺等の犯罪、又は法的に問題が無くてもあなたに不利となるような出費を発生させる契約や約束等にも念の為警戒すべきでしょう。
「夢のような甘い話はそうそう転がっていない」ということを理解することが、この配置における悪運を遠ざけてくれます。

■魚座水星と山羊座冥王星の60度(3度目)(4/11)
精神に集中力を与え、知性に鋭さを与える配置です。
物事に対する姿勢は浅くいい加減なものではなく、深さや本当かどうかという点にシフトしやすいため、表面だけの曖昧なやり取りは好まれないでしょう。
その分、研究職に従事する方々や物事を深く調査するような業務・役割がある方々などにとっては嬉しい追い風が期待できます。

冥王星は物事の本質を貫くため、水星の「コミュニケーション」や「メッセージ」などという効果は、他者の判断を揺さぶる説得力を持つという効果があります。
しかしこの効果は「マイナスに使うことも可能」という側面があります。水星の精神や知性を、もっともらしい言葉と強制力で相手を無理に変化させるという、心理戦や弱めの洗脳に近い影響力を発生させることもできなくはありません。
冥王星は一度目覚めさせてしまうと、トランプのジョーカーのように止めることができない隠れた力を持っています。一度その変化が起きてしまってから収拾に慌てないよう、発する言葉がもたらす結果を考えて行動することが望ましいでしょう。

最近まで水星が逆行した事により、様々な問題点の底が垣間見えた可能性があります。しかし、それらは全体像のほんの一部にしか過ぎなかったり、更に混乱を呼ぶ情報であったかも知れません。
今回はそれらの知見を踏まえ、本当に重要な真実にたどり着いて混乱を収めることができるようになるはずです。

■射手座木星の逆行開始(4/11)
木星は1年に1度、「逆行」という太陽の動きと反対側に進むかのように見える現象を発生させます。これによって、年間テーマとなっている事象やそれらの領域に関連した事柄に対して、見直しや後戻りといった現象を発生させます。
以下のバナーから、あなたの星座におけるテーマを再確認し今の状況と照らし合わせて頂くことをおすすめします。
木星の逆行
2019射手座木星逆行特集はこちら

■魚座水星と射手座逆行木星の90度(3度目)(4/12)
急速な拡大と発展が発生し、細かい問題を考えずに目的を優先とするような心理を誘発させる効果があります。
水星はコミュニケーションと移動そして学習などに関連するため、星座などの構成によっては独善や傲慢といった印象を他者に与えてしまうという可能性もあります。この惑星群がお金に関連した場所に存在する場合は、無駄な出費や借り入れに注意してください。
木星は吉星であり支配星座に位置することから嬉しい発展効果が期待できますが、過度に楽観的な思考パターンを生み出しやすいという点、そして90度の組み合わせの場合はその幸運と思える拡大が一部仇となるケースがあるという点から、当サイトでは念の為凶角扱いとしています。

また、この配置は「思わず口が滑る」という危険な側面を持っており、同日に発生している金星と冥王星という強烈な配置に拍車を掛けています。これらが発生する星座は互いに違うため、直接的というよりは別の領域に影響が飛び火するという可能性を意味します。
リスクを軽視する甘い考えと余計な一言が、その人の立場を揺るがしたり先々の雲行きを怪しくしてしまうかもしれません。この近辺では気を引き締める姿勢が問題を遠ざける秘訣となる事をご記憶下さい。

今まで水星が逆行していた関係から、この効果もまた過去に遡って記録を洗い出されたり、良くない拡散をするかのような現象を誘発させていました。
今回は締めくくりとなり、再度のやり直しと今までの反省から、良い方向へ向かうことができるヒントが多々存在するはずです。チャレンジ精神は良いのですが、エネルギーを向ける先を絞る姿勢をお忘れなく。

■魚座金星と山羊座土星の60度(4/13)
恋愛面において年齢差や格差等といった差異がある関係を作りやすくする配置です。
土星が示すような「真剣さ・生真面目さ」「経済能力」「安定度」が重視される傾向があります。これらの点から、年の差を頑張って埋めようとする関係を誘発する可能性が考えられるでしょう。または、若さに溢れた感性と経験によって得られた知識が良い形で互いの刺激となるというケースもあります。
逆に「格差に辟易する」というケースもありますが、それはこの場では争いになる可能性は少なく、どちらかが諦め掛けていたり状況を変化させたいと思いつつも口に出さないという倦怠期のような状況を生み出す場合もあります。

金星は集合的無意識を司る魚座にあるため、相手に共感を示せるかどうか、打算の無い純粋な動機なのかどうか、という点が重視される事になります。
場合によっては魚座のイメージング効果によって、眼の前の現実に嫌気が差して空想の中の世界に籠もってしまったり、涙もろくなる方もいらっしゃるかも知れません。
この配置の有効活用方法は「理想と現実の格差を埋める努力」です。互いの姿勢と理念がしっかりしていれば、大抵の違い等があったところで難なく乗り越えられるでしょう。

■牡羊座太陽と山羊座冥王星の90度(4/13)
人や物そして状況等の制御不能問題を深刻化させる強烈な凶角です。この力が目立つのは権力や利益が関係する分野が中心ですが、1対1の関係でもパワーバランスという形で発生する場合もあります。
この「制御」という概念は、誰かが言うことを聞かなかったり、権利や立場を乱用していたり、所有している人が誰なのか、といった事に関連します。それはあなたがその権利を使う立場であったり、逆に誰かの力によって困ったりするという現象として現れます。
これはそもそも人の力で簡単に乗りこなせるものではなく、どこかの方向へ状況が勝手に進んでいるように感じられる時もあります。そして強烈な変化や変容を発生させるため、一見外から見て吉運に見えても内情は厳しいというケースがあるでしょう。

場合によってはこの配置近辺で極端な考えや判断、そして行動を取ってしまう方も居るため、見るに堪えないニュースを見聞きする事となるかも知れません。
そして日常生活の場では、誰かの命令が気に食わなかったり、やっと掴んだ成功を妬まれたり、指示を聞かずに失敗するといった現象が予測されます。
ここでのポイントは、目的と手段を取り違えていないかを良く考えること、目標を達成するために誰かを強制するのではなく自力で頑張るという事です。
それを守る事ができれば、大きな成功に導いてくれる可能性をも秘めています。

■牡羊座太陽と射手座逆行木星の120度(4/15)
これは穏やかでありながらも幸運を運んできてくれる嬉しい吉角です。
楽観的な心理を発生させるため、はしゃいだり羽目を外したい気分になるかも知れません。
この近辺でイベントやパーティなどがあれば、それは記憶に残るような楽しい思い出のひととときとなるでしょう。

しかし、今回は太陽と吉角を結ぶ時点で既に木星は逆行しているため、これは単純な幸運とは言い切れない部分も存在します。
どちらかというと見直しややり直し、そして拡大しすぎた何かを適切に調整しようとする動きの中で幸運を受け取るというものです。単純な幸運の配置ではなく、何か大事なものに気付ける事によって幸運に気付くという形が近いかも知れません。
また、この配置の隠された意味は、精神や魂の成長と成熟そして足りるを知るというものです。木星の逆行直後にこの配置が発生するという事は、幸せに近付く大事な何かを悟るという事も含まれる可能性が考えられます。

ただ、この配置の直前、太陽は冥王星と凶角を結んでおり運気的にみれば矛盾する事になります。これが意味するところは、冥王星による権力争いや極端な言動といった件が、この幸運をかき消してしまう可能性です。
せっかくの幸運が待っているのに下手な意地を張って判断を間違った場合、この運気を受け取れないかも知れません。柔軟で慎重な判断が必要でしょう。

そして射手座の木星は今の日常から離れ、まだ見ぬ未知の世界を冒険する可能性に溢れさせるという効果があります。しかし逆行によってその限界を悟り、無理があった部分を調整し直す傾向が想定されます。
支配星座を運行する木星の逆行は、他の星座を運行する時よりは凶意がマイルドではあるものの、広がりすぎた夢と理想をシュリンクし現実的にしてくれるでしょう。

■4月後半の主な予測
新年度後半はこのような配置が待っています。

16日
 魚座金星と射手座逆行木星の90度
17日
 水星の牡羊座入り
19日
 天秤座の満月
20日
 太陽の牡牛座入り
21日
 金星の牡羊座入り
23日
 牡牛座太陽と天王星の合致
26日
 山羊座冥王星の逆行
27日
 双子座火星と魚座海王星の90度
30日
 山羊座土星の逆行

水星が逆行開始地点に到達し、遅延していた問題がほぼなくなるでしょう。
新年度が始まりゴールデンウィークに向けて状況が少しずつ変化しますが、休みに入る前に冥王星と土星が逆行し、加えて幾つか凶角的な影響を発生させる配置が存在します。
また、既に再度天王星と海王星の45度という体制に反発する凶角が発生しつつあり、前回とは違う形で社会的な問題となる傾向も想定されます。平成が終わり新元号に移る近辺でもこの凶角の影響が想定されるため、治安という面でやや不安が残るところではあります。
これら遅い惑星の影響を考慮し、中長期視点で計画を調整する事が賢明でしょう。

4月後半もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2019年4月前半の星座別運勢
(4/1から4/15まで)