TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢




2019年2月前半の全体運
(2/1から2/15まで)

今月の12星座占い
非常に強い火の気と爆発、革新と改革前夜
この占いを発表する頃は、火星と冥王星が90度という凶角に接近しています。
当サイトで解説させて頂いているこれらの角度群ですが、配置構成の当日にだけその効果が発生するとは限らず、その前後において影響を継続させるケースがほとんどです。そのため、既にキナ臭い雰囲気や激しい争い・怒りを感じられているかも知れません。
この2月前半は火の気が強い配置が2度発生するため、冬場ということもあって現実や比喩としての火気には十分に注意した方が良いでしょう。

物理的には注意ができたとしても、人や権力に関するものはなかなか制御が難しいかも知れませんが、ただ感情に感情で返すよりも良い手段は存在しますので、皆様の賢い判断と行動が非常に重要です。
また、1月後半に発生していた水星と天王星の凶角はITサービスに障害を発生させたり、社会のインフラに浸透しているシステムに影響を与えていたものと思われます。
これは障害だけではなくウイルスやハッキング等といったIT系トラブル全般に関連するため、利用する側が不便になるだけと考えてはいけません。
この先もこれらの凶角が発生する前に、パスワードの変更やアップデート、機器類や情報の盗難防止等も含めて危機管理を忘れないことが必要です。

それでも1月の下旬に向かう時期には素晴らしいチャンスが存在していました。
太陽と水星が合致した下旬には、コミュニケーション量の増大と書類手続きそして出張や旅行等といった現象が増加していたかと思われますが、この現象はこの2月に発生する新月に繋がる重要なウィークポイントとなっていました。
その頃に話し合った事は2月に発生する重要な物事の始まりに引き継がれ、2019年の発展に必要な計画の元として機能します。
既に嬉しい申し出を受け取っていたり、重要な話し合いの場が発生していたのならその件は手放さないよう掴んでおく事を推奨します。例えここ連日において火の気が強い中にあったとしても、その件はあなたに希望を与えてくれるはずです。

■2月前半の主な現象
前半の主な現象がこちらです。 02日
 牡羊座火星と山羊座冥王星の90度
03日
 射手座金星と牡羊座天王星の120度
04日
 金星の山羊座入り
05日
 水瓶座の新月
08日
 水瓶座太陽と射手座木星の60度
 水瓶座水星と牡羊座火星の60度
10日
 水瓶座水星と牡羊座天王星の60度
 水星の魚座入り
13日
 牡羊座火星と天王星の合致
14日
 火星の牡牛座入り

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

前述どおり月初から非常に強い火の気を持つ「火星と冥王星の90度」という配置がありますが、この占いを発表した1月末頃でもその影響が既に発生しつつあるものと想定されます。
これは物理・比喩も含めて「燃焼」と「爆発」を誘発する効果があり、人間関係では権力争いのような激しい事象をしばしば引き起こします。それに巻き込まれてしまうと簡単には済まないでしょうが、単純に対岸の火事になるとも限りません。あなた自身が嫌な相手に対して敵対心を抱いてしまい、その火種を作り出してしまう危険性もあります。
このように権力争いという言葉を使うと仰々しい部分もあるため、おそらく皆様は「自分には関係ない」と思われるかも知れません。しかし個人レベルでは「気に食わない」「上下関係を弁(わきま)えない」「嫌がらせをしてくる」等々いつ周囲で発生してもおかしくないドラマもこれに当たります。
この冥王星の力は非常に激しく、一度発火してしまうとその後の運気は激変しやすくなるため心と体のエネルギーをどう制御し正しく向けるか、という点は我々一人一人が人生において学ばなくてはならない教訓とも言えるでしょう。

そして中旬は火星と天王星が合致し、革新に情熱と意欲が伴う効果があります。
ITや最新技術等の発明には良いのですが、火の気も非常に強く「爆発」というキーワードが関連するため警戒が必要です。
思想や主義の違いや迫害等によって鬱積された感情が爆発したり、物理的な火気等においても爆発の可能性があるものは普段よりも注意がより必要です。
去年この惑星が90度という凶角を構成した際は噴火という形でそれが具現化しており、今回はプラスとマイナス両方の側面があるもののエネルギーは非常に高くなっているため用心に越したことはありません。

前半の主な現象を解説します。

■牡羊座火星と山羊座冥王星の90度(2/2)
非常に強く激しい火の気を発生させます。
自分の言うことを正当化したり、力で押し切ろうとしたり、マウントを取ろうとしたり、小さな喧嘩から紛争まで様々なトラブルの火種の元として機能します。
男女関係のような親密な間柄ではその相性に元々問題がある場合に限り、傲慢さや性急さ等といった心理を誘発させ、対人関係のバランスを壊してしまいがちです。今まで仲間だと思っていた場合でも火種を持っているのなら、この配置がそれを発火させてしまうというケースも珍しくありません。
この激しい組み合わせの力を使いこなすのはかなり大変であり、油断していたり甘く考えていると破壊的な結果を見ることになったり、様々な意味でエネルギーの燃焼と爆発という現象を体験することになる危険性があります。

物理的な面では破壊や粉砕用の重機器、鋭い刃物やその特性を持つ機器、速度が出る乗り物、兵器類、高い熱を持っている物全般に関する扱いは注意が必要です。普段よりも慎重に手を動かし、臆病すぎる位が無難でしょう。
滅多に発生しないものと思われますが、冥王星はPlutoでありプルトニウムも司る関係から、その燃焼が行き過ぎるという可能性もあります。
口論やいがみ合いの果てに刃物や武器などが出てくるという話は、この配置において古今東西でしばしば発生するパターンです。
また、火の気が強い配置はこの時期を過ぎたからといって油断ができず、尾を引いて効果期間が継続しがちな点も警戒ポイントです。もしこの近辺で巻き込まれてしまった場合は先1週間以上注意した方が無難であると思われます。

しかしこの配置を正しく使いこなすことができる場合、自分自身との戦いに勝利し新しいステージを見るという変化・変容が期待できます。
不当や不正な行為等で相手を蹴落とそうとする例も過去には多々散見されましたが、そのような行為を持って得られた場所は、いずれ糾弾されるか同じ方法で地位を追われる危険性があります。また、この配置で勝利を収めるのは上司や体制側であり、マイノリティ側ではありません。
感情とエネルギーのコントロールはこの配置で学ぶべき教訓となる事を常に頭に入れ、血気に逸らないよう注意することが推奨です。

■射手座金星と牡羊座天王星の120度(2/3)
スリルや冒険心を誘発させる配置です。
現状を退屈なものに変化させ、刺激を求める心理を誘発させるため、創造や芸術といった分野では素晴らしい発展を後押ししてくれるでしょう。
日常生活や恋愛という点でも同様の効果があり、魔法に掛かったかのように電流が走ったり、思いがけないところから運命の人が現れるといった現象をしばしば発生させます。
しかしこの吉角は残念なことに効果があまり長く続きません。実際には一瞬で終わってしまうと言い換えても過言では無いほど、そのタイミングは一瞬です。
特に今回は両方の惑星が星座ギリギリの角度に位置しており、翌日の4日には金星が射手座から出ていってしまいます。下手をすれば4日にはこの効果を感じられなくなってしまうかも知れません。

そのため、もし魔法に掛かったような気分になったのなら、それが長く続くと勘違いしない方が賢明です。それでもチャンスが一瞬だけ開くという点を考えれば「幸運の女神には前髪しかない」ということわざを端的に表現していると捉えても良いでしょう。
仕事のご縁となるビジネス等では一瞬の出会いから発展するケースもあり、その足がかりとなる状況も決してないとは言い切れません。
そのため、普段はご縁が無さそうな分野に興味を持って接すると、思いがけない嬉しい出来事に遭遇しやすくなるため、人と接したり足を運ぶ事が賢明です。

■金星の山羊座入り(2/4)
この位置の金星は責任と義務が伴う金運と恋愛運という運気傾向を伴います。
社会的な安定を求め、仕事をこなし信頼できる関係という事が日々の生活において重要だとの意識が働きやすいでしょう。
しかし金星はこのやぎ座で土星と冥王星と合致する予定となっています。
これは金運と恋愛運に制限や嫉妬・愛憎等のドラマを発生させる傾向があり、安定していない関係には問題が発生するかも知れません。

■水瓶座水星と射手座木星の60度(2/4)
星座の配置によって効果は違うものの、頭の回転を早くしプロジェクトの発展を助ける効果があります。学業全般、緻密な計算や判断が必要となる仕事、交渉と議論が必要となるビジネス等々、デスクワーク全般においてプラスが期待できるでしょう。
木星は法律にも関係する惑星であるため、法律面が絡む難しい問題等はこの配置によって解決するというケースもあります。

コミュニケーション面では誤解が少なくなり、意思の疎通がヒントとなり更に発展する傾向が強くなるでしょう。
海外や遠方を示すのもこの配置の特徴です。水星が加わることで実際の移動に関する事象が発生しやすく、旅行や出張等で成果を出せるという可能性もあります。
水星の動きは早めであるため、この配置は比較的短めの効果期間となります。素早い判断と行動力がチャンスに近づける秘訣です。

■水瓶座の新月(2/5)
今回の新月は水瓶座で発生します。 ホロスコープ2019年2月前半

オーブ(許容範囲)約3度で木星と60度の吉角を構成しており、プラス面が引き立つ新月です。また、水星も4度でコンジャンクション(合致)しており、精神的・知性的な面と流通・運輸・コミュニケーション面でも良い方向が期待できます。
水瓶座で発生する新月は、人道的意義や精神性が高い分野において理想を追求するという影響を持っており、このタイミング近辺では高尚な理念を持つ計画を開始したり、古い習慣や計画を終わらせることに適しています。

木星が関連していることから、その計画は拡大と発展が期待できる特性があります。その木星は水星と吉角を結んでいるため、素早い判断とコミュニティの繋がりというご縁が元になって関係する可能性があるでしょう。

新月と水星が合致しており、具体的には既に合致から過ぎ去ろうとしています。
この新月が発生する直前である、1月末から2月頭頃にかけて太陽と水星は合致しており、この件に関する兆候が発生していた可能性があります。この2つの惑星の合致は多忙さや頻繁なコミュニケーション、事務手続き等を誘発させるため、新月近辺でも立ち上げや段取り等といった雑務で非常に忙しくなるという傾向もあります。
もしあなたが実際にそういった状況になっているのであれば、そのプロジェクトや行動は有望であると見て間違いないはずです。

■水瓶座太陽と射手座木星の60度(2/8)
射手座木星効果を正しく発揮させてくれる配置です。
楽観的な気分を誘発させ、可能性というチャンスを拡大する効果があります。様々な問題はこの近辺で鳴りを潜めるため、先に進みやすくなるでしょう。
先程の水星・木星のケースでは精神や頭脳そして移動等に木星のプラス影響が発生していましたが、太陽の場合は全体運として機能します。
その効果によって、計画が成就しやすくなったり助けが入るといった嬉しい運気を体験するという状況が期待できます。

水星は書類や契約といった手続き面のイベントを発生させますが、太陽の場合は実際の計画が動くということも意味するため、あなたにしかできない商売(オークションやスモールビジネスも含みます)や起業そして星座配置によっては独立に向けて実際に行動するといった時期を迎える方もいらっしゃるでしょう。
木星が吉角で構成されると、大抵の場合は障害物が取り除かれたりリスクが減るという状況を実感するため、それもまた先に進もうとする意思を助けてくれます。
射手座のテーマに基づいてあなたが成し遂げたい事があるのなら、この近辺はチャンスとなるでしょう。

■水瓶座水星と牡羊座火星の60度(2/8)
頭脳と精神の働きをスピードアップさせ、意思の力にもプラス影響を与えます。
この2つの惑星が凶角で構成されると舌禍や事故等のトラブルとなりますが、吉角の場合は素早さと勇気ある決断が幸運を素早く引き寄せてくれます。
どちらも速度がある状態で合致しており、この近辺で何かの計画に参加していたり運輸や交通等に関連しているなら、非常に多忙となる傾向が想定されます。
太陽と水星の合致でも多忙な運気にはなりますが、火星が入るとそれにエネルギーがプラスされ、遅れを取り戻すぐらいの短縮・圧縮が可能になるでしょう。

水星は水瓶座を運行しているため、IT機器や最新技術等といった分野においても問題の研究・スピード解決や、ビジネス契約締結等において後押しとなります。
この配置では状況判断に必要な情報や条件、問題点等は明確になる傾向が強く、曖昧さなどが判断の妨げになるようなケースはほとんど無いでしょう。その分、情は入りにくくなるため、親密な関係であったとしても厳し目に感じられるケースもあります。

■水瓶座水星と牡羊座天王星の60度(2/10)
精神の活動を鋭くし革新を誘発するこの配置は、それに関係するコミュニケーションとニュースという形で我々に状況変化を知らせます。
あなたがもしITに関連した仕事に従事していたり、日々の生活でスマホ等を手放せなくなっているようであれば、この配置の影響は決して少なくはありません。
新鮮な気分で扱える画面操作、性能が良くなったハードウェア、ふと見つけた楽しいアプリ等々、様々な形であなたに刺激を与えてくれるでしょう。
そして研究職全般においては、運気の後押しによって嬉しい変化があったり、思わぬ形で成果を生み出すことができるという傾向も想定されます。

また、これは単に世間を賑わせている最新スマホ機器等の話にとどまりません。
今や生活習慣に欠かせないものとなったIT機器とそれを支える最新技術は、この配置によって大きな影響を受けるものと当サイトでは想定しております。吉角がもたらす革新によって、一部の方々によっては生活面でも大きな変化を迎える可能性が高いでしょう。
道具という欠かせない物をどう扱い活用するか、という点では決して古いものばかりが良いとは限りません。この近辺では慣れ親しんだものよりも新しさを目指す事を推奨します。

■水星の魚座入り(2/10)
これは精神と頭脳はやや直感と感情を重視する傾向に推移させる効果があります。
単なる数値だけでなく、崇高な理念や精神性を重視した判断を後押ししてくれるでしょう。
しかし、水星がこの星座に移動する直前に発生していた「水星火星の60度」と「水星天王星の60度」といいう配置の効果期間が締め切りとなるタイミングでもあります。
扉が開いている時間が短いため、プラスになると感じたのであれば迅速に行動し決断・決定してしまうのが良いでしょう。

■牡羊座火星と天王星の合致(2/13)
このエネルギーもまた非常に強く、制御が難しい部分があります。
火星と冥王星の凶角が収まり掛けるか、、、と思われる時期にこれが発生するため、一度終わったはずの件は油断しないほうが賢明です。
強い変革の衝動を与えるため、星座配置によっては周囲が理解し難い言動をしてしまうというケースもあります。それは周囲の方々にとってみれば非常に予測が難しく常識を超えており、共感を得られる可能性が低いでしょう。
リスクを物ともしない勇気が追加されることもありますが、それは勇気ではなく無謀であるパターンがほとんどです。ただ、計画通りに進みにくいのもこの配置の特徴であるため、舵取りは慎重な姿勢と大胆さの両方が求められます。

また、しばしばこの配置は「爆発」「電撃的」というキーワードが影響する現象を伴い、火星が絡むため強い火の気も誘発するという点に注意が必要です。
去年この2つの惑星が90度を結んだ際は噴火という形で大きな影響を発生させていました。既に噴火している火山もニュースではあるようですが、更なる飛び火や別の場所における爆発現象等には注意が必要でしょう。
天王星はこの直前に水星と吉角を結んでおり、一見プラス運気となりそうにも見えますが、その際の行動次第では運気が逆転してしまう危険性すら孕んでいます。

更に、この位置は牡羊座29度という境界ギリギリの位置になっている上に、今までの素行が影響するドラゴンヘッドとも凶角を結んでいます。
星座のギリギリの場所というのはしばしばその惑星を運行している際に発生した現象を精算するかのように、極端な運気変化を発生させる事があります。
一度は牡羊座に戻った天王星がこの位置で火星と合致するのは最後であり、後80年以上は牡羊座で合致することはありません。それ故に、これが最後であるかのように足掻くような状況を迎える場合もあるでしょう。
この配置近辺で起きることはあなたの人生で二度目が無い可能性があるため、一期一会の精神で望むことが賢明です。

■火星の牡牛座入り(2/14)
情熱と意思の力は受動的で安定した傾向に遷移します。
火星は土星と冥王星の吉角を予定しており、火の気は調和の取れたエネルギーに変換される傾向が想定されます。しかし海王星との凶角も予定しており、一部では情熱が鎮火したりエネルギーの扱いが下手になるかも知れません。
牡羊座や生まれつき火星の影響が強い方々は、今までエネルギーに満ちあふれていた状況が落ち着くため、少し休憩に入る位の調整が良いでしょう。

■2月後半の主な予測
後半は以下のような配置が待っています。

18日
 山羊座で金星と土星が合致
 水瓶座太陽と牡羊座天王星の60度
19日
 太陽の魚座入り
19日
 魚座で水星と海王星が合致
20日
 乙女座の満月
 魚座水星と山羊座土星の60度
23日
 山羊座で金星と冥王星が合致
 魚座水星と射手座木星の90度
25日
 魚座水星と山羊座冥王星の60度
27日
 魚座太陽と牡牛座火星の120度

天王星は牡牛座に接近しギリギリの位置にあるため、切迫するような状況にある方々もいらっしゃるでしょう。
また、満月と近い時期に金星と冥王星が合致するため、この近辺では恋愛運と金運面で波乱の様相を呈する傾向も想定されます。
それ以外は安定した配置があるようにも見えますが、運気の節目となる3月の転換期が近いため世相は相変わらず全体的にざわつくものと思われます。火の気の強さに負けず、変革の時期を待ちましょう。

2月後半もANGEWORKの占星術をよろしくお願い致します。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2019年2月前半の星座別運勢
(2/1から2/15まで)