TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢






2021年9月前半の全体運
(9/1から9/15まで)

今月の12星座占い
火星海王星の弱化対策とサプライズの新月
8月下旬ごろから太陽が乙女座に入っています。
少し前には水星・金星・火星が乙女座に集まっており、この星座で幾つか難しい角度を構成していました。この星座が活性化され火の気が強い惑星が入ると、世の中に舌禍の影響が溢れる傾向となります。
テレビやネットで共感・対立する意見が出ることは当たり前です。が、先月はこの星座と水星火星合致等の効果により批判的精神が強くなっていたようです。
この世では間違いが溢れ、失敗を繰り返さないように修正・訂正することが必要ですが、タイミングや表現、そして利害といった点を考慮しなければなりません。
このさじ加減や調整は非常に難しく、反感を買ってしまう危険性もあります。せっかく直そうとしたはずが、更に深く溝を作ってしまった例も枚挙にいとまがないでしょう。
最近起きたこと、体験したこと、感じた事からは学べる事が多々あるはずです。これらは大事な教訓を与えてくれるため、一時的に起きたものと思わない事をおすすめします。

また、その火星は今月中旬まで乙女座を運行し、その後天秤座に移行します。
他の惑星もその前から天秤座に移動し始め、太陽も下旬には天秤座に移動することで、空模様にも動きが期待できます。人様のミスや問題を批判する姿勢よりも、調和やバランスそして関係そのものを重視する方向にシフトすることが想定されます。
しかし、惑星が星座の境界線近辺に来ると、今までの言動の結果が確定され清算されるという動きが発生するケースもあります。誰かを否定するのは簡単ですが、批判するものは相手にも批判される、ということを認識する事が賢明でしょう。

■9月前半の主な配置
これが9月前半の主な配置です。

9月3日
 火星と海王星の180度
9月5日
 水星と土星の120度
9月6日
 金星と冥王星の90度
 火星と冥王星の120度
 金星と木星の120度
9月7日
 太陽と天王星の120度
 乙女座の新月
9月14日
 太陽と海王星の180度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

吉凶のバランスが取れていますが、火星と海王星の180度が久々です。
火星は2年半程度で天空を一周するため、前回は約2年程前ということになります。今回は、前回と惑星が位置する星座が一緒であり、ある程度似通ったような状況を体験するかも知れません。
この配置はエネルギーを低下させる効果があり、様々なトラブルを誘発する傾向があります。この配置効果をプラスに向けて活用するにはなかなか厳しく、無償の愛やクリエイティブな分野に限定されてしまいます。

海王星の凶角はコロナやワクチン等に絡んだ状況をマイナスに強めるという難しい要素を持っているため、この近辺では注意が必要です。事実かどうかを確認せずに混乱させるようなニュースや情報が氾濫したり、社会を元の状態に戻す動きが鈍るかも知れません。
星座によっては実際に肉体面が弱くなるというケースもあるため、警戒しておくのが無難かとは思われます。

金星と冥王星の90度はしばしば発生する配置ですが、嫉妬心を煽り金運・恋愛運に波乱を起こすものの、火星や木星の影響によって緩和される形になっています。
単体で発生すれば厳しい運気ともなったでしょうが、今回はフォローが多いためそこまで厳しくはならないでしょう。

その一方で、火星と冥王星というエネルギーを強く発生させる配置、金星と木星という大きな幸運に繋がるチャンスを生み出す配置、太陽と天王星という嬉しいサプライズを誘発する配置等、簡単には見れない嬉しい効果も目白押しです。
今回の新月は乙女座で発生しますが、新月と天王星がそのまま吉角を結んでいるため、今回は健康・生活習慣・ワクチンや感染対策といった点で嬉しい出来事があるかも知れません。

全ての星座や世相等に影響する配置効果を解説します。

9月3日
■火星と海王星の180度
 [火星:乙女座:]
 [海王星:魚座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2019年9月14日]

意志や情熱のエネルギーを弱める効果を持った配置です。
火星が位置する領域に関して、気力を萎えさせたりがっかり感をもたらすという心理を誘発する傾向です。先に進もうとする力は集中させにくく、逆に分散しやすくなるため、計画や活動が不安定になる事もあります。
詐欺や誤解によるトラブルも発生しやすいため、重要な取引やお金のやり取りが発生する際には、普段以上に注意すべきと思われます。
海王星はコロナやワクチン等といった薬や疾病にも関連しており、薬の効果よりも感染影響の方が勝ってしまうかも知れません。この近辺ではできるだけ感染を防ぎ、無理をしないことを推奨します。

また、今回火星は批判的精神を強める乙女座を運行し、ルール遵守・違反の対立を深めたり、舌禍を引き起こす力を強めています。反対にある海王星はエネルギーが強く、火星が起こそうとしている火の気を逆に弱めてしまうでしょう。
海王星自体が逆行しているため、上手にけむに巻いたりその場を繕っても、悪い形で現実が見えてしまう可能性もあります。議論や批判で目立ってしまった場合、この配置では厳しい立場に追い込まれる危険性に注意して下さい。

このエネルギーを使いこなすには、勇気と善意が必要です。
他者の言い分を鵜呑みにするのではなく、自分の目と耳そして頭で事実を見極め、最終的に判断するという慎重な姿勢を持たなければなりません。
もし人助けをするのなら、喜んで代償を支払う覚悟が問題を変化させます。但し、全ての欺瞞や嘘を見抜き明らかにした上で行わないとあなただけが損をします。
また、誰かの存在や社会がどれほど駄目に見えたとしても、あなた自身まで腐る必要はありません。誰から見られも恥じない言動を貫いて下さい。
言葉で言うのは簡単ですが、この配置下ではこのような姿勢を持つ事で幸運の効果に転化できることをご記憶下さい。

9月5日
■水星と土星の120度
 [水星:天秤座:]
 [土星:水瓶座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2020年9月3日]

精神に安定を与え、明確な思考能力を与えてくれる配置です。
派手さやインパクトよりも、堅実で安定した知識や経験そして実用的なコミュニケーションが好まれます。
仕事ではコツコツと地道な作業を積み上げるものや、長年の経験から来る情報が必要な分野が運気の後押しを貰えるでしょう。書類やメッセージ等のチェック、ミスが一切許されない業務の類でも良い結果に繋がります。

また、真面目な話し合いや重要な会議、そして取引等にも適しています。
緻密な理論であったり常識と経験則を伴った意見と判断は、関わる方々にとって非常に有益なものとなるはずです。
この配置の効果時間そのものはさほど長くはありませんが、この近辺で決定された効果そのものは長い時間を掛けて良い影響を与えます。それは約束といった簡単なものから、法的効力が発生する契約書等といった形を取る可能性が高いでしょう。

9月6日
■金星と冥王星の90度
 [金星:天秤座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2020年11月16日]

愛情運・金運に強烈な波を発生させる配置です。
このメインキーワードは「嫉妬」と「力関係」であり、同性異性立場に関係なくその効果対象となる可能性があります。
恋愛面では意中の誰かをあなたの思い通りにしたいという欲求が爆発しやすくなったり、好きなのに上手く行かないという厳しいマイナス効果を持っています。
既に親密となっている関係では、分担等の不公平さが際立つという効果もあるため、そこもまた感情的に拗れやすくなるものと思われます。
金星は女性を表すため、昨今問題となっている女性の権利や待遇に関する主張は、残念ながら強い感情が優先された極端なものとなる可能性もあります。格差が生み出す問題でもあり、具体的な解決には程遠い状況となるかも知れません。

そして金運面では強欲が原因でトラブルを発生させやすくなります。
この配置はお金や物そして権利等について、「どうしても自分のものにしたい」とか「手放したくない」といった強烈な感情を呼びやすくなります。
個別星座の配置でこれらがお金に関する領域にある場合は、吉凶入り乱れた大きな運気の波が発生しやすくなるため、理性的な判断を心がけるようにすべきでしょう。

なお最も注意すべき部分は別にあり、現実では一見幸運に見える状況でも裏でこっそりと効果が発揮されるという、非常に厄介な性質が隠れている点が難儀です。
そのためこの時期に始まる新しい異性関係やお金が絡んだ話があったとしても、鵜呑みにせず用心すべきでしょう。それには何かの罠やトラブルの火種が隠れている可能性があり、うっかり関わるとその後強烈な運命に巻き込まれてしまいかねません。

9月6日
■火星と冥王星の120度
 [火星:乙女座:]
 [冥王星:山羊座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2019年9月19日]

プラス面の効果がある火の気を発生させる配置です。
肉体と精神を極限まで強化するため、物事を驚異的な速度で進められる方が多くなります。
特に仕事面に働くと、全力で取り組んで大きな成果に繋がる事が想定されます。リーダーシップを持ってどんどん成果を作り上げたり、困難な壁に立ち向かい突破するといった現象が多く見られるでしょう。

また、スポーツや競技全般等において活性的な影響を与えてくれます。
勝負の世界によくある否定的な側面は低くなり、正々堂々とした勝負を楽しむことができるでしょう。
しかし、これは限界を錯覚させてしまうという効果もあります。
この配置が発生している時期はあまり気づかないのですが、過ぎた後に体力の消耗を感じるというケースがあり、加減には注意が必要です。

9月6日
■金星と木星の120度
 [金星:天秤座:]
 [木星:水瓶座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2020年10月19日]

金運、異性運等を一般的に拡大させる嬉しい配置です。
数ある惑星同士のアスペクト(組み合わせの法則)の中でも、楽しさとロマンスを助ける効果が高いため、このタイミングを上手に活用することが望ましいでしょう。
何をもって楽しむのかは人それぞれですが、一般的な趣味・レジャーなどを基本としたジャンル、及びそのビジネスにも追い風が発生する傾向があります。
また、財務系に関する点でも良い情報が流れる事が多く、安心・安定した心理に繋がりやすくなるという特徴もあります。
人間関係では前述どおり楽しさを誘発しますが、和解という点でも効果が期待できます。
今まで険悪なムードが漂っていたのなら、この配置がその解決に一役買ってくれるかも知れません。

昨今のコロナ禍にあって、この配置は幸いでもあります。
緊張が続き先が見えなかった状況ではありますが、少しでも希望が持てるような配置が発生することによって、また新たな道が見えてくるものと思われます。
しかし今回はどちらの惑星も、堅実な土の星座に位置しています。
浮かれ気分で安心する、というよりは現実的な足元の安定を目指す姿勢が強くなるはずです。このご時世ではむしろその姿勢が好まれる事は間違い有りません。
ホロスコープ2021年9月前半

この近辺では、複数の惑星が絡んで天空に多角形を描いています。

金星と冥王星の90度はしばしば愛情や金運に問題を起こし、嫉妬心を煽ります。が、今回は他の惑星が組み合わさリ、珍しい台形を構築しています。エネルギーは最も早い惑星に向かうのが基本のため、ここでは金星がポイントとなります。
天秤座を運行する金星はその支配星座でもあり、効果が強くなっていることも考えると、マイナス面よりもプラスとなる事が想定されます。
強い多角形が天空に現れる時は社会で大きく物事が動く事がありますが、新月でもプラス面が多く、良い方向に向かう事が想定されます。
批判敵対し合うのではなく、助け合いに繋がる姿勢を持つと配置効果を活かせるでしょう。

9月7日
■太陽と天王星の120度
 [太陽:乙女座:]
 [天王星:牡牛座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2020年9月2日]

太陽が絡んだ吉角は全体運に影響を与えます。
天王星との組み合わせではこの惑星のプラス面が発揮されます。何かの閃きを得られたり、個性を活かした活躍といった効果が期待できるでしょう。
特に、人とは違った考え方や外見、発明、IT等の最新技術といった要素があれば、思いがけない幸運によって発展させることができます。
また、今回は互いに土の要素が支配する星座でもあり、実用性や堅実さそして利益といった点が重視される事になるはずです。
効果期間はさほど長くないため、ここでチャンスが来たと感じられたのなら恐れずに前に進む姿勢が必要である点はお忘れなく。

ただし、既に天王星は逆行に転じています。
逆行する天王星は体制側への不安や混乱といった精神状態を誘発することがあります。
そして突飛すぎる思想や意見、逆張りといった姿勢はあまり推奨できません。
それでも一度注目を浴びるでしょうが、最終的にはあまり成果となって残らない可能性もあります。

9月7日
■乙女座の新月
 [月:乙女座:]
 [太陽:乙女座:]

今回の新月は乙女座です。
ホロスコープ2021年9月前半

乙女座では火星と海王星の180度が発生したばかりです。
そのため、どの星座においてもエネルギーの弱化を感じたり、がっかりした気分を味わったかも知れません。しかしその後同じ星座で起きる新月は、その状態に新しい状況を生み出してくれるでしょう。
今回の新月には天王星が吉角で繋がっており、その状況が思いがけないサプライズとなることが想定されます。天王星は逆行しているため、過去から学び良い面を見直す形で進展する場合に追い風が発生する傾向です。
新しいものを怖がらず、波が来ていると感じたのならそれに乗ってみて下さい。斬新で効率的な何かに、すんなりと馴染むはずです。

ただ、それでも乙女座にはまだ問題の火星が残っており、更に太陽は後で海王星と180度を予定しています。最近発生した嫌な気分はまだ心から消えておらず、再度混乱や問題もやってくるため、手放しで喜べる程の状況ではないかと思われます。
また、その火星は9月15日に天秤座に移動します。乙女座ギリギリの位置となる中旬近辺では、今回舌禍によって発生した問題が終りを迎えます。その際、誰かに対して厳しい批判を止められなかった場合、ここで厳しい揺り戻しが伴う可能性がある点にご注意下さい。

9月14日
■太陽と海王星の180度
 [太陽:乙女座:]
 [海王星:魚座:逆行中:]
 [前回の発生時期:2020年9月12日]

混乱を発生させ、不安を増長させる凶角です。
この近辺では問題への対処を迫られる事がありますが、それに失敗したり逃げ腰となる心理を誘発させます。しかしそれに乗っかってしまうことは避けるべきでしょう。
その結果として、モチベーションが大きく低下したり、希望がなくなる気分を体験することになるはずです。

また、この近辺では基本的に親切心が仇となる時期です。
一度助けてしまうとそれが当然と認識されてしまい、更にたかられるといった状況が懸念されます。お手伝い、お金の提供、責任の肩代わり、問題点に目を瞑る、等々相手を思いやったはずの行為がつけあがらせるだけとなるかも知れません。

そして薬やお酒等の効果もマイナスに出やすく、そちらに逃げることもNGです。
この配置下ですべき最適なことは「全ての事実を明らかにする」ことです。策士策に溺れたり、けむに巻こうとする行為は全て逆効果となる可能性すらあります。
物事を全て白日の下に晒し、正々堂々と対応するのが吉です。
問題が多い配置ですが、芸術創作や文化といった点ではプラスに働きます。
作品を生み出したり触れたりするという点では大きな幸運が期待できるでしょう。

■9月後半の主な配置予定
9月後半はこのような配置が待っています。

9月17日
 太陽と冥王星の120度
 金星と土星の90度
9月21日
 水星と木星の120度
9月21日
 魚座の満月
9月22日
 水星と冥王星の90度
9月23日
 金星と天王星の180度
9月26日
 火星と土星の120度
9月27日
 水星逆行
9月30日
 太陽と土星の120度
 金星と海王星の120度

吉角が多く安定化を感じられる可能性があります、
が、22日から23日前後は、天王星による突発的な問題発生や冥王星による極端な思想や考えに邪魔されるかも知れません。
そして毎回トラブルをもたらす水星の逆行がまたやってきます。
天秤座で発生する逆行は、対等な関係における約束・契約に見直しの動きを発生させるでしょう。水星は9月上旬頃の位置まで戻るため、その頃に決断したり行動したいと感じた場合、考え直す事になるかも知れません。

来月もANGEWORKの西洋占星術をよろしくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2021年9月前半の星座別運勢
(9/1から9/15まで)