TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢





2020年3月前半の全体運
(3/1から3/15まで)

今月の12星座占い
水星順行の多忙さ、天王・海王星45度の深刻化
世界中で問題になっているコロナウイルスですが、前回の日食タイミングが始まりと考えるべきものと憶測しています。
この憶測が正しい場合、感染症騒ぎは半年スパンの周期で影響を与え続ける事になります。そのため、薬が開発されたとしても完全に抑え込む事は先になり、なかなか不安が拭えない部分があります。
また、権力や決定権を持つ方が、次の重要なタイミングで判断を間違えると更に深刻度が増す懸念もあります。

更に、先月紹介させて頂いた「天王星と海王星の45度」が再度ぴったりの角度を構成し、経済活動や女性等の地位向上等に厳しい影響を与えています。
実際に、このウイルス騒ぎによって様々なインバウンド産業が追い込まれているという状況が続いているようです。遅い惑星同士であるが故に長く続き、社会に大きく影響を与えるという傾向がそのまま出てしまっている点が問題です。
騒ぎが収まったとしても経済がすぐに元通りになる事は無いため、暫くの間は株価等に様々な影響を与えるものと思われます。

そしてこの混乱は、水星の逆行にも関連しています。
この惑星が逆行すると物事が進まず、運輸や情報が遅延・混乱するといった様相を呈します。今回のように様々な問題が別の惑星によって発生している場合、状況に拍車を掛けてしまうという点は致し方ないかも知れません。
一見後手後手に回っているように見えても、物事は今の瞬間だけを切り取って結論を出せるほど簡単ではないはずです。今回は水星が順行に戻るため、今まで進まなかった問題にも具体的な対策が見えてくることが期待できます。

一歩間違えば世界規模での波乱が待っている状況ではあります。賢明な専門家の判断が水星の影響で良い方向に向かうことを望みます。

■3月前半の主な動き
以下が3月前半の主な動きです。

3月4日
 金星と土星の90度
 水星の水瓶座逆入座
3月5日
 水星と金星の60度
3月8日
 太陽と海王星の合致
3月9日
 金星と天王星の合致
3月10日
 乙女座の満月
 水星の巡行化
3月11日
 太陽と木星の60度
3月14日
 火星と海王星の60度
3月15日
 太陽と冥王星の60度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

中旬は吉角が多いもののそれまでは難しい配置が多く、なかなかに厳しい3月上旬となる事が想定されます。
まず、逆行中の水星は4日に水瓶座まで戻ります。
水星逆行 2020年3月前半

一度逆行した惑星が星座を跨ぐ場合、影響が深刻化したり大きくなるケースがあります。
水星が魚座に入座したのは、2月3日の事です。
その直前の1月末から2月頭近辺で確定した何かは、この時期に大きく手戻りややり直しが必要であったはずです。その見直し自体も問題なかったのかどうか?という指標化が3月4日に起きるでしょう。
そしてその後、10日に水星が順行に戻ります。
この近辺では大きな方向転換、又は問題がクリアされ前に進めるようになるといった状況変化が想定されます。
しかしその近辺で発生する激しい満月、そして2つの吉凶混合が大きな問題を発生させる事が懸念されます。

それでも中旬近辺に発生する幾つかの吉角は、これらの問題に対処するため一丸となって取り組む姿勢を誘発させるでしょう。
後手後手に回っていた隔離や治療等に関しても、具体的で効率的な対策が発表される可能性があります。

以下に、全ての星座や世相に影響する配置効果を解説します。

3月4日
■金星と土星の90度
恋愛運及び金運を中心に、制限や問題そしてストレスを発生させる配置です。
対人関係でもこの影響は発生し、人付き合いが嫌になるような気分を誘発させやすいため、他の効果で吉運があったとしても、どこか窮屈さを感じさせるものとなるでしょう。

愛情面では誰かへ対する気持ちは伝わりにくく、何かの壁が存在しているように感じるかも知れません。これはしばしば誰かに対する失望感を発生させ、既存の関係に波風を立てるといった状況になるケースがあります。
この近辺で何かを頑張って改善しようとしても、なかなかそれは報われないでしょう。恐らくそれは徒労に終わる可能性があります。
この近辺で一番良いのは、距離を置いて頭を冷やして考え直すことです。

金運面では予算が枯渇したり、債務の返済責任能力が低下するといった状況が発生しやすくなります。基本的には節約が必要となる事が多く、無駄を減らす良い時期でもあります。
また、仕事やビジネスの動きは問題に阻まれていたり、予定が遅延するといった状況となる傾向が想定されます。あなたが今まで責任から逃げずにやるべきことをやってきたかどうか?によってこの時期の運気が決まるでしょう。

3月5日
■水星と金星の60度
 [水星:水瓶座:逆行中]
 [金星:牡羊座:]

コミュニケーションに節度や幸運そして好感度などを与える配置です。
この近辺では話し合うことが様々な運気を引き寄せてくれるでしょう。セールスや話術で仕事をしている方々は、この運気の後押しが期待できます。
難しい関係にある誰かがいるのならこの配置が役立ちます。話し合いにより、関係の緩和や修復を願うのなら積極的に話すことが賢明です。
また、これはビジネス取引の活性化という別の側面も持っています。金星はお金に関連しますが、同時に女性向けの商品や高級グッズ等も関係します。
期間は短めではあるものの、この機会は良いセールス結果に繋がる可能性があります。

今回は、配置が発生する直前の3月4日に水星が水瓶座に戻ります。
水星が星座をまたいで戻るときは、大きなイベントが発生する事が多くなります。星座のギリギリの位置にある惑星は辛い出来事を誘発させますが、吉角であるため辛い出来事を嬉しい結果に変化させる、という流れが想定されます。
過去にご縁があった方々との再会や再交渉が、次に進むために重要なファクターとなる可能性も有りえます。過去のご縁というものが、上司なのか友人なのか異性なのかは星座によって違いますが、そういった話が出たのなら前向きに検討してみて下さい。

3月8日
■太陽と海王星の合致
 [太陽:魚座:]
 [海王星:魚座:]

人の精神面を強化し、弱い立場の方々に対する同情や共感といった、人として重要な心理を誘発する配置です。野心や欲といった要素よりも、共存共栄や精神的な側面といった要素が重視されやすくなるという効果があります。
精神面への影響は非常に強く、意識を高めて昇華するといった分野にも効果的です。瞑想や禅等といった文化に接すると物事の見方が変わりやすいでしょう。
ファンタジー小説、アニメや映画等の分野に浸るだけでも、この配置効果を感じられるかも知れません。
もしあなたが元々内向的な性格であると感じている場合、この近辺では自分の世界に閉じこもるほうが幸せに感じる可能性もあります。

また、この配置は生命や心を弱める働きもあります。星座の位置構成等によってはその優しさに漬け込まれるような危険性も懸念されるでしょう。
今回は特にコロナウイルスのような症状が蔓延しており、この時期にこの配置が発生する事は、その動きを助けてしまうため宜しく有りません。
この近辺では星座や生まれ配置に関係なく、病気や薬等の効果に用心する姿勢が重要です。

3月9日
■金星と天王星の合致
 [金星:牡牛座:]
 [天王星:牡牛座:]

恋愛・愛情運と金運に突発的な変化を発生させる配置です。
天王星の力は突然発生しすぐに消え去りますが、その力を制御することは困難であるケースが多いようです。その関係から、棚ぼた式に幸運が手に入る場合と、一気に何かを失う場合という両極端な運気を発生させる可能性があります。
天王星の真意は「満たされない心」です。その心が文明への不満に向けば技術革新や発明という形で社会に貢献できますが、それを既存の関係に向けてしまうと波乱を発生させることになります。

今の関係に根本的な不満があった場合、突発的に我慢が効かなくなるかも知れません。
隣の芝生の青さに心を惹かれますが、効果期間が短いため誤った判断と言動をしてしまうと長期に渡って後悔する危険性があります。
逆に不満はないものの安定している関係の場合、良い刺激を発生させ新鮮な気分にさせてくれるという側面もあります。
金運面ではリスクが大きな投資・ギャンブル等にご縁が出やすくなりますが、天王星の効果は予測が非常に困難なため、文字通りリスクが高くなる傾向があります。
金星の要素である芸術・美術・女性等に関連した要素は、新しいセンスや概念を生み出したり独立・自立による世界を開く事になるでしょう。

今回は牡牛座に天王星が入座してから二度目の合致です。前回は2019年5月でした。
この星座が管轄する地に関するものや通貨システム等は逆行や再入座等で大きなトラブルを誘発していましたが、今回はプラスの兆候として捉えても良いでしょう。
合致は吉凶混合の側面があるため全てにおいて良いとは限りませんが、金星は牡牛座の守護星であるためその補助効果が想定されます。効果期間が短い点にだけ注意してください。

3月10日
■乙女座の満月
 [太陽:魚座:]
 [月:乙女座:]

今回の満月は乙女座です。
食ではないものの、この満月はかなり重要です。
前述の太陽・海王星の合致、金星・天王星の合致、そして先月から続いている天王星と海王星の45度が加わり、非常に強烈な満月となります。
ホロスコープ2020年3月前半

月の位置は乙女座で、健康習慣と病気に関連した星座で、正にこの2020年3月の状況を示したような配置となっています。
月に重なる恒星は獅子座の一部にあり、後悔や名誉の失墜、失明の危険性や臓器への悪影響等といったマイナス面の効果を持っています。
乙女座は病院や治療等を示すため、コロナウイルスに関する対策は、間違った方向に進んでしまい、地位と権限の危険性を暗示しているようにも見えます。
そして反対側にある太陽は海王星と合致し、混乱と誤解が深刻化することを告げています。水星はまだ逆行にあるため、明確な解決策が提示されないかも知れません。

また、新月には幾つかの組み合わせがあります。
特に以下の組み合わせが深刻です。

 太陽と海王星の合致

 金星と天王星の合致

 天王星と海王星の45度

 乙女座の満月

この4つの組み合わせにより、凶角の変形三角形が出来上がっています。
新月や満月のタイミングでこのような特殊配置がある場合、影響力の大きな現象として発生する事が多くなります。今回は凶角であるため、困難や問題が想定されます。
金星と天王星の組み合わせは、予想が付かない嬉しい金運や愛情運を示す事がありますが、吉凶混合が激しく結果の予想が困難です。
他の凶角が多数関連する関係もあり、なかなかこの配置効果を幸運につなげることは難しいかも知れません。特に海王星の動きは病気等を示す関係から、この近辺でコロナウイルスに関する重要な動きが発生する可能性も想定されます。

厳しい側面が多いという点は我々の不安をあおりますが、希望もあります。
満月には土星と冥王星が吉角で合致しており、権力者がパニックを抑制し節度を持った対策を行うことが問題を緩和させる事を示しています。
また、冥王星の吉角は悪運の強さを示し、危機的な状況にあったとしても乗り切るか助けとなる鍵が存在する状況を意味します。
後述しますが、この時点で水星が順行に戻るという点も見逃せません。物事の切り替わりを示す水星順行化がここで発生するという事は、問題のピークや最大到達点がここになるという事も示しています。
引き続き油断はできませんが、諦めない姿勢で臨む事は大切です。恐怖に打ち勝つ姿勢が、幸運に繋がるでしょう。

3月10日
■水星の巡行化
 [水星:水瓶座:]

水星の逆行が様々なトラブルを追加させていました。
このタイミングで元に戻りますが、それでもまだ本調子ではありません。
水星逆行 2020年3月前半

上記の図の通り、16日に魚座に再入座し状況が変わります。
その後3月末に逆行開始地点まで戻り、ようやく手戻りが完了する事になるでしょう。
非常に長い道のりですが、このやり直しは貴重な経験となるはずです。水瓶座が示す科学やITを正しく使う事、人道的精神に則った判断と決断をする事、といった要素が運気に重要な影響を与える事をお忘れなく。

3月11日
■太陽と木星の60度
 [太陽:魚座:]
 [木星:山羊座:]

これは惑星同士の単体組み合わせの中では最も幸運な効果を生み出します。
楽観的な心理を誘発し、長期的な計画・目標立案と遂行が簡易化される傾向です。プロジェクト開始のタイミングとして最も適切な時期の一つである事は間違い有りません。
太陽と木星の組み合わせは権力者や目上の立場にある方々を示し、権限によって寛大な措置や判断を得られるというケースもあります。今まで壁に塞がれていた何かが解決し、新しい道筋が見えたりリスクが下がる事になるかも知れません。
この近辺で起きるイベントや誰かの判断は、善意や発展・格段を基準にする限り幸運に繋がる可能性が高くなるでしょう。

そして、この配置は個人プレイよりも共同戦線に適しています。
正直さ、素直さ、相手の成功を認める謙虚さ等も配置の幸運を推し進めます。
利己的な精神よりも協力し合う姿勢が、配置効果を高める事に役立つでしょう。マイナス面を批判せず、プラス面で互いに補う事の重要さを学べるはずです。

今回木星が存在する山羊座は社会的な基盤を示しているため、公共的なビジネスが特に後押しされるものと思われます。太陽は魚座なので、病気や薬に関する点も同様の効果が期待できます。権限を持つ方はこの近辺で明確な方針を立てるべきでしょう。

3月14日
■火星と海王星の60度
 [火星:山羊座:]
 [海王星:魚座:]

直感力を高め、官能的な感覚を強める配置です。
互いの欲求を理解しやすくなったり、喜ぶ顔を見るために頑張る、といった心理が誘発されやすくなります。精神的な接続・理解欲求も同時に誘発し、最良のケースでは、長く付き合えるパートナーを見つけられる可能性もあります。
ビジネス面ではイメージを利用した戦術に適しています。
イメージと誤解の境界線を引くのは難しいものの、印象付けで売り上げるという行為は現代社会ではどこでも行われている事でもあります。良心の咎めが無いのであれば、特に問題となる可能性は低いでしょう。

虐げられた立場にある方々に対する義憤を誘発する事もあります。
不正に利益を得る立場への怒りと戦いに参加する、という行動に駆り立てられる方は、この配置の影響を大きく受けるようです。
ただ、海王星の影響は物事を正確に判断することが難しいという特性もあります。戦うべき相手を間違ったり、正しさが曖昧になりやすい点には注意が必要です。

3月15日
■太陽と冥王星の60度
 [太陽:魚座:]
 [冥王星:山羊座:]

野心の強さと努力に比例したチャンスを発生させる強力な配置です。
社会的な地位、経済的な恩恵、異性との関係等、人の欲が関係するものならほぼこの配置の管轄であり、この近辺における強い意思は目標到達の近道となるでしょう。
しかし冥王星は極端且つ極限的な力を持っており、誰かに対して徹底的に厳しい対応をしてしまった場合、その反動もまた非常に厳しい形で返ってくる可能性があります。この配置は利己的に使うのではなく、全員の利益や人道的に間違っていない方向に使うべきでしょう。

また、冥王星の力は隠された秘密を暴いたり、研究によって問題を解決する等といった、状況を根本から変化させるという効果があります。
それは必然的に慣れ親しんだ状況を激変させ、不要になった何かを掃除するという結果に繋がる事となるはずです。それは物質だけとは限らず、あなたの心や記憶であるケースも考えられます。

■2020年3月後半の主な予測
3月20日
 太陽と土星の60度
 火星と木星の合致
3月22日
 水星と天王星の60度
3月23日
 金星と海王星の60度
 火星と冥王星の合致
3月24日
 牡羊座の新月
3月28日
 金星と木星の120度
3月29日
 金星と冥王星の120度
3月31日
 火星と土星の合致

極度に強い火の気の配置が待っています。
これにより、非常に激しい闘いや事件・事故などが懸念されます。コロナウイルスの件が収束しない場合はお金や権力に関連した厳しい動きが発生するかも知れません。
後半もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2020年3月前半の星座別運勢
(3/1から3/15まで)