TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蟹座




蟹座 2020年2月後半の運勢

蟹座

2月後半の蟹座

2月17日
■水星逆行開始
 [水星:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念:逆行中]

今回の水星逆行は、楽観や悲観のどちらかに偏る心理を発生させます。
古い考え方を見直したり善悪の判断に迷う事になるでしょうが、どちらの心の動きも望ましくはありません。この期間中に法律問題に関わってしまうと、厳しい立場に晒される可能性もあります。
学業や学問、執筆出版、出張や旅行に関する事象でも大きな影響を受けます。予定は思い通りに行かないため、迂回路の準備や計画立て直しを考えて下さい。

水星逆行 2020年2月後半


2月19日
■木星と海王星の60度
 [木星:山羊座:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [海王星:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念]

対人運に合意と和解のチャンスが発生しやすい時期です。
個人・ビジネスを問わず1対1の関係に有効です。が、精神的な繋がりが期待できる異性との関係であればより大きな効果となるでしょう。
特に物事の見方や考え方、学業や学問、出張や旅行といった分野で関わる方々とは、良い関係を築くことができる傾向です。
ただ、この組み合わせは曖昧さが存在するため、約束や契約といった事を適当に済ませているとあとで問題になるかも知れません。判子が必要な場合は、互いの思いやりだけで全てが上手くいくと思わない事が大事です。

2月21日
■火星と天王星の120度
 [火星:山羊座:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [天王星:牡牛座:友人・同僚・属する組織・社会環境]

対人運に突発的な変化が発生しやすい時期です。
個人・ビジネスを問わず1対1にある関係を中心にこの効果が発生します。
相手は今の関係を別の形に変えたいか、解除したいと考えているかも知れません。属する会社やグループで関わる方々、又は友人やグループメンバーの中にそう考える方がいるものと思われます。
和解することも不可能では無いでしょうが、互いの発展と未来のために前向きに別の道を進むという可能性もあります。

2月22日
■太陽と天王星の60度
 [太陽:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [天王星:牡牛座:友人・同僚・属する組織・社会環境]

遠方への旅行や出張、執筆出版、ソーシャル交流等の場では、あなたの知見と世界を広げる、刺激的で楽しい時期となる可能性があります。
あなた視点の常識や物の考え方といった点では、独自の視点や考え方または友人やコミュニティの革新的な計画などが、自身の心に刺激をくれるでしょう。予想できない方向に事が進んだり、魅力的な方々との出会いや交流を楽しんでください。
この効果期間は短めとなっているため、多少億劫に感じていたとしてもお付き合いの場に顔を出すことが運気を受け取るための秘訣です。

2月24日
■魚座の新月
 [太陽:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [月:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念]

この新月は、精神に刺激を与え冒険心を誘発する効果があります。
出張や旅行そしてネットなどを通じて、遠く離れた方々や文化と出会い、物事が始まるイベントとなります。知的好奇心をくすぐるものがあるのなら、迅速に学びマスターすると、運気に良い効果が期待できます。
また、高度な学問や学業、法律や執筆・出版等に従事している場合、その要素に同様のイベントが発生しやすくなるでしょう。

2月24日
■金星と木星の90度
 [金星:牡羊座:仕事の成果・公の立場・キャリアパス]
 [木星:山羊座:対人・パートナー運・結婚・敵]

目上からの評価が吉凶どちらにも転びやすい時期です。
自力でこの地位に達したのなら問題は有りません。しかし誰かの助けで上がってきたのなら、真の実力が透けてしまう運気の始まりです。謙虚に振る舞って下さい。
また、個人・ビジネスを問わず、対人関係が活発化する時期でもあります。 とはいえ実力以上に見栄を張ることは、同様にあなたのキャパを超えた問題を生み出すでしょう。
期待の目で頼ってくる方には、現実をお話する事が問題を避ける秘訣です。



2月24日
■太陽と火星の60度
 [太陽:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [火星:山羊座:対人・パートナー運・結婚・敵]

物事の見方や考え方が対人運に大きな影響を与える時期です。
思想や宗派、左右の偏りまで、あなたのこだわりや意思を周囲に明言すると良いでしょう。曖昧な立場を続けているだけでは逆に運気が下がるだけです。
出張や旅行、執筆や出版(SNSを含む)を通して発言することにも適します。
1対1の対人運もアップしており、確固たる意思をもって互いの絆を固めるべき時期でもあります。過去に問題があったのなら、敢えてはっきりと話し合うと和解や緩和に向かうことができるはずです。

2月26日
■太陽と水星の合致
 [太陽:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [水星:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念:逆行中]

精神と頭脳を活性化しやすい時期です。
難しい契約書や法律の問題を理解するには最適です。学業や出張旅行等でも同様で、人によってはそのニュースやメッセージを受け取るかも知れません。
遠い場所とのコミュニケーションや取引、そして執筆出版(ブログ等)といった件があなたに刺激を与え、忙しくさせるという可能性もあります。
しかし水星は現在逆行の真っ最中です。一度決めた事に問題や抜けが発覚したり、発表した事を撤回しなければならないでしょう。遠方への旅行出張の予定は常に代替案や迂回路などを準備しておいて下さい。

2月26日
■水星と火星の60度
 [水星:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念:逆行中]
 [火星:山羊座:対人・パートナー運・結婚・敵]

あなたの精神・知性に良い刺激と栄養が与えられる時期です。
もし難しい勉強をする必要があるのなら、この時期は効果的です。普段より頭の回転が早くなり習得が簡単になるでしょう。
執筆出版や法律に関係している場合もまた、同様の傾向や運気アップが見込めます。
対人運も活発化しており、出会いを求めたり会議・議論等で良い結論や成果が期待できます。学問をマスターする際の共同勉強会等も効果的と思われます。

今回は水星が逆行しており、考え方の違いが問題を深刻化させたり、勉強が足りないと感じるかも知れません。この時期は謙虚に学び直す事が最適です。旅行や出張等ではトラブルが厳しい状況を誘発するでしょうが、今は急がず慎重に判断して下さい。

2月29日
■水星と天王星の60度
 [水星:魚座:学業・法律・海外・執筆・信念:逆行中]
 [天王星:牡牛座:友人・同僚・属する組織・社会環境]

学業や高度な学問、物事の見方に刺激がある時期です。
仕事で理論構築が必要なケース、学び直すケース等が想定されますが、どれでも発見や理解といった効果が期待できます。その成果は、属する会社の仕事や友人達との活動に活かすことができるでしょう。
また、旅行や出張は嬉しいサプライズがあったり、利益に繋がるチャンスが存在するでしょう。期間は短いため、これが長く続くと思わずに判断することが重要です。

また、今回は水星が逆行しており、2月上旬に発生した出来事を反芻しやり直す必要がある事を示しています。
逆行には問題を解決し未来に向かうために重要なヒントが含まれています。上手に活用する事をおすすめします。

2月29日
■金星と冥王星の90度
 [金星:牡羊座:仕事の成果・公の立場・キャリアパス]
 [冥王星:山羊座:対人・パートナー運・結婚・敵]

目上の立場にある誰かからの嫉妬やハラスメントを受けやすい時期です。
真面目に仕事をしていたとしても、上からの都合で体よく使われたり、よく解らない理由を付けて評価を下げられてしまうかも知れません。上司やお客さんが異性の場合、嫌がらせを受ける可能性もあります。
この近辺ではパートナーが居ても相談は難しいため、証拠を取ったり記録を残す等といった自衛手段を講じることが良いでしょう。
表立ってあなたに敵対心を見せている誰かがいるのなら、その方が嫉妬しているのかも知れません。


全ての星座に関係する「2月後半の全体運」も見てみる


今月の12星座占い