TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
無料占い → 毎月の運勢 → 牡牛座




牡牛座 2020年11月前半の運勢

牡牛座

11月前半の牡牛座

11月1日(実際は10月31日)
■牡牛座の満月
 [太陽:蠍座:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [月:牡牛座:外見・個性・スキル・存在意義]

今回の満月はあなたの星座で発生します。
この位置で発生する満月は、感情の起伏を大きくし意思を強くする効果があります。今まで誰かを意識して譲歩してきた場合、あなた自身を優先すべき良い機会です。
そして、今まで周囲の理解を貰えてなかったのなら、この満月ではあなた自身をアピールし、自分自身の事を優先してください。誰かの用事は後回しにして、溜まった用事や作業を片付けることになるでしょう。

しかし今回の満月は非常に激しく突発的な配置が関連しています。
コロナ禍による不安定な時期でもあり、感情の爆発や予想を裏切るトラブル、不安と反逆という厳しい状況も想定されます。
そんな状況を目の前にして感情に流されてしまうと、この満月がもたらすマイナス効果は運気をダウンさせてしまいかねません。変化する状況に適応し生き残る事を最優先とすることが、運気をプラスに活用する秘訣です。

11月1日
■水星と土星の90度
 [水星:天秤座:逆行中:仕事・職場・日常習慣・健康]
 [土星:山羊座:学業・法律・海外・執筆・信念]

仕事運と健康運が低下する、厳し目の時期です。
抱える仕事のスケジュール期限や、そのプレッシャーが厳しいものとなる可能性があります。ストレスはあなたの健康面にも影響を与えるため、気構えも重要です。
人によっては信じていることが崩れそうになったり、義務や責任で出張をしなければならないかも知れません。現実的な対応と判断が鍵です。

この運気は4日に水星が順行化することにより、すぐに再発します。
状況が変化しても面倒な状況を緻密に考え、ストレスに耐え、現実的な解決策を見つけていく事に変わりはありません。方向転換で一安心はできるでしょうが油断は禁物です。

11月4日
■水星の巡行化
 [水星:天秤座:順行化:仕事・職場・日常習慣・健康]

蠍座から逆行し、天秤座にまで戻っていた水星逆行が元に戻ります。
水星逆行

今回の水星は職場・仕事運の領域にまで戻ってしまいました。
それにより、既に固まったはずの生活習慣やルーチンワーク等を見直し、柔軟な対応を求められた可能性があります。
この領域は健康にも影響しており、習慣の違いがもたらす問題はあなたの生活スタイルに対する意識を改めさせたかもしれません。
やっと元に戻った状況ではありますが、11日まではまず習慣とサイクルを元に戻す事を考えると良いでしょう。

11月6日
■水星と土星の90度
 [水星:天秤座:仕事・職場・日常習慣・健康]
 [土星:山羊座:学業・法律・海外・執筆・信念]

仕事運と健康運が低下する、厳し目の時期です。
抱える仕事のスケジュール期限や、そのプレッシャーが厳しいものとなる可能性があります。ストレスはあなたの健康面にも影響を与えるため、気構えも重要です。
人によっては信じていることが崩れそうになったり、義務や責任で出張をしなければならないかも知れません。現実的な対応と判断が鍵です。

前述どおり、この配置は水星の順行化によりすぐに再発します。
なかなか珍しい現象であり、めったにお目にかかれない分、現実でも変わった状況となる可能性は十分考えられます。
方向転換をしたは良いものの、それでも面倒で有ることは変わらないかもしれません。しかし転換した以上は前向きに積み上げる事ができるはずです。
水星が天秤座を抜ける11日、逆行開始地点に到達する20日までは気を抜かず目の前の問題に一つひとつ対処すると良いでしょう。

11月10日
■金星と火星の180度
 [金星:天秤座:仕事・職場・日常習慣・健康]
 [火星:牡羊座:過去・秘密・清算・隔離場所]

職場環境や同僚といった関係にトラブルが発生しやすい時期です。
嫌な印象のある異性からのハラスメントに注意してください。甘い顔をしていると相手はつけあがるかもしれません。
仕事運自体も宜しくなく、様々な悩みで気が散ったり効率が上がらない傾向です。
また、周囲からの目を意識し、生活習慣を正すべき時期でもあります。常識を守り人様を困らせるような言動を慎まないと、更に対人運が落ちるでしょう。

11月10日
■太陽と海王星の120度
 [太陽:蠍座:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [海王星:魚座:逆行中:友人・同僚・属する組織・社会環境]

パートナー運が強化され、心の繋がりが強くなる時期です。
出会い運や対人運は不思議なご縁で繋がる事が多く、文字通り「ご縁」の意味を感じる事になるかも知れません。
友人や仲間からの助けを実感する事もあるでしょう。
お世話になったのなら感謝を忘れず、お返しをすることが運気に良い影響を与えます。
海王星は逆行しているため、今まで曖昧だった認識について何かの発見や理解をしたり、現実を知る事になるかも知れません。



11月11日
■木星と冥王星の合致
 [木星:山羊座:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [冥王星:山羊座:学業・法律・海外・執筆・信念]

物事の見方や考え方、思想の違いが大成功や大問題に発展しやすい時期です。
方針の違いと意見衝突という件に巻き込まれるかもしれません。強力な仲間がいるでしょうが、敵対する勢力も非常に強いはずです。あなた自身が蚊帳の外にいることは許されず、八方美人は全員敵に回す事になります。
贔屓や偏った考え方による判断・決断に関わるのは気分が良くないかもしれません。しかしこれもまた人の世であり、全員簡単に幸せになる道などない事を理解すべきでしょう。

この現象は今年三回目で最後です。
4月、6月に発生した際の出来事を思い出し、この稀有な配置効果をあなたの運気に役立ててください。似たような状況が発生したとしても、そこから様々な事を学んできたのなら、以前よりも上手に対応ができるはずです。

11月14日
■火星の巡行化
 [火星:牡羊座:過去・秘密・清算・隔離場所]

約2年数ヶ月ぶりに発生した火星逆行が終わります。
厳しい時期が続いたと感じているかもしれませんが、ここで方向転換となります。しかしこの期間中に火の気に負けて大きな問題を発生させてしまったのなら、その件はまだ終わらず、あと1回最後の結末に向けて事が動くでしょう。
火星逆行

[9月前半より再掲]
火星がこの位置で逆行すると、過去の努力の結果が報われないケースがあります。
意図した方向とは違う結果になったり、裏目に出てしまうといった結果に繋がる可能性があります。この惑星の力を誤用し、凶角時に感情に任せて行動してしまった場合は尚更です。
逆行期間中は、火星と絡んだ吉角があったとしてもやや慎重な行動が望ましいでしょう。
凶角は過去の決断行動の結果が発生する事もあります。下手に行動するよりは静観するという事を試してみて下さい。

11月15日
■太陽と冥王星の60度
 [太陽:蠍座:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [冥王星:山羊座:学業・法律・海外・執筆・信念]

対人・パートナー運に強いご縁とチャンスが関連する時期です。
生活や考えに重要な意味を持つ出会いや、パートナーと呼べる誰かと重要な話をする機会があるでしょう。不要な古い物を切り捨て、関係が変わる事を恐れない姿勢が重要です。
そしてこの近辺で関係した誰かは、この先あなたの運気をアップさせてくれるため、大事にすることをおすすめします。

11月15日
■太陽と木星の60度
 [太陽:蠍座:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [木星:山羊座:学業・法律・海外・執筆・信念]

相手を問わず対人運が活性化する時期です。
この近辺では、あなたの知的好奇心を満足させるパートナーと出会える可能性があります。
ビジネスでも異性でも、人生を良い方向に導く方々とのご縁が出るでしょう。
また、旅行や学業そして法律等に関連した分野であればその傾向が強まります。取引のための出張でも良い成果が出せるでしょう。
この方とはこの先のご縁も強くなるため、大事にすることが賢明です。

11月15日
■蠍座の新月
 [太陽:蠍座:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [月:蠍座:対人・パートナー運・結婚・敵]

今回の新月は対人運にイベントを発生させます。
既存の関係がどういう結果をもたらしたかを良く考え、契約変更をすべきかどうかを検討する時期です。
また、新しい出会いも期待できます。個人・ビジネスを問わずあなたの運気の助けとなるような、重要な人物と接近できる可能性が高まるでしょう。
相手によらず、新しく約束・契約をしたり、協力体制を敷く事が、先々のために必須となるかもしれません。

そして今回の新月は、前述した木星・冥王星合致の運気にも関連しています。
表面上で物事を見たり上っ面だけでスルーせず、裏に隠された本質を見抜き活用してください。このタイミングはコロナ禍における重要なポイントの一つとなる可能性もあり、未来を見据えて決断・行動が賢明です。


全ての星座に関係する「11月前半の全体運」も見てみる


今月の12星座占い