TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢




2018年12月前半の全体運
(12/1から12/15まで)

今月の12星座占い
水星の順行化と水星金星の再入座、三度の金星天王星180度
木星が射手座に入って少し時間が経ちました。
太陽も既に射手座に入っているため、この効果は先月前半の入座開始時点とは違い、現実の領域においても効果を発生させ始めています。
12年周期で繰り返すこの木星拡大効果ですが、既に実感されている方もいらっしゃるかも知れません。以前の周期ではバブル景気を発生させていたこともあり、既にニュースではバブルの再来と思えるような兆候を見かける状況となっています。

しかし先月より既に水星が逆行に入っています。
この影響によって、射手座木星で発展するはずの分野に一部足止めが発生している状況を体感している方が多いものと思われます。せっかくの幸運期でありながらスタートダッシュが上手く行かず、人によっては何かがおかしいと感じられているかも知れません。
しかし今回は支配星座にある木星の加護により、考え直しや手戻りがプラスとして役に立つ傾向となっています。この手戻りは失敗を避ける為のプラスとして捉え、対策を練る事が重要であり、水星が順行に戻るまで慎重に判断することができれば、木星射手座の効果を最大限に活かすことができるようになるでしょう。

それでも下旬の3連休近辺で発生した太陽水星木星のステリウム(複数惑星合致)は、この木星射手座効果を実感できるチャンスの一つであったと思われます。
これらの惑星合致では楽観的な心理を発生させたり、チャンスを広げるという効果が一般的です。前述通り水星が逆行した状態であったため、何かの負担から解放されたり、逆行現象のキーワードの一つである「元に戻る」「返す」という形でそれを実感できた方もいらっしゃるものと思われます。

天王星が牡牛座を抜け牡羊座で逆行を続けていることもあり、仮想通貨や金融システムに関わる方々はバブルどころか失敗の危険性すら感じているかも知れません。
ステリウムが発生した頃は希望が持てたかも知れませんが、予想を裏切るようなこの上下変化を繰り返す状況はもう少々続く傾向が想定されます。金融システムは来年から本番や本格的な移行や変革の波が発生していくため、この逆行が終わる前ごろから再度盛り上がりが期待できるでしょう。
なお、順行に戻り牡牛座に入ったからといって金融面における成功を意味する訳ではなく、木星や天王星を中心とした各惑星等の動きや配置等に影響される点にはご注意下さい。

これが12月前半の主な配置です。

01日
 射手座逆行水星が蠍座に逆入座
 天秤座金星と牡羊座逆行天王星の180度
03日
 射手座太陽と魚座火星の90度
 金星が蠍座に再入座
06日
 射手座太陽と魚座海王星の90度
07日
 山羊座で水星が順行化
 射手座の満月
08日
 魚座火星と海王星の合致
13日
 水星が射手座に再入座
15日
 天王星と海王星の45度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

12月前半は凶角が多く、幾つか面倒な状況が想定されます。
上旬に発生する金星と天王星の180度はこれが3度目であり今年最後となるため、問題を繰り返して来た場合はここで結論がでたり決着が付く傾向が想定されます。
しかし水星が順行化しすぐに射手座に戻るという点、金星もまた蠍座まで戻ってくるという点から、凶角の影響期間は短くなりその後の状況は大きく変化するはずです。

また、中旬の凶角は去年から今年にかけて発生したマイナーアスペクトと呼ばれる、惑星同士の位置関係を表す概念の一種です。これ以外の配置は全てメジャーアスペクトと呼ばれる、伝統的な西洋占星術で研究されてきたものです。
当サイトでは普段マイナーアスペクトを対象外としてサービスを提供させて頂いておりますが、これは何度も社会的に影響を与えているため、特例として扱います。
15日はピッタリの角度となるタイミングというだけであり、既にこの効果は発生している可能性があります。

過去から続く問題を片付けて区切りをつけた上で、一度遅延して宙ぶらりんになっていた計画や目標に進むということがこの前半の重要なポイントとなるでしょう。

主な配置を解説します。

■射手座逆行水星が蠍座に逆入座(12/1)
水星 レトログレード 蠍座
■山羊座で水星が順行化(12/7)
水星 蠍座
■水星が射手座に再入座(12/13)
水星 いて座
水星の動きはこの前半の運気傾向を示す重要なポイントです。
逆行を続けている射手座から、以前一度抜けた蠍座の位置まで逆戻りし、07日に順行化、そして13日には射手座に戻るという忙しい動きを見せます。
これが水星のスケジュールです。
水星逆行
11月中旬頃に予定していたイベントや計画は、10月下旬頃の状態に手戻りを余儀なくされる可能性があります。事前に警戒し、抜けや落とし穴を埋めながら進んできた賢明な方々なら手戻りは最小限で済むでしょうが、何も準備せずに進んでしまった場合はその戻りが面倒となる可能性が想定されます。

■天秤座金星と牡羊座逆行天王星の180度(12/1)
金星 天秤座 オポジション 天王星 レトログレード 牡羊座
今まで近いタイミングで2度発生しており、これが3回目で今年最後の発生です。
恋愛運と金運を中心に突発的な問題や予想できない状況を引き起こすことが多く、金星の逆行と伴って連続的に発生したこともあり、一部の方々には波乱の様相を呈していた傾向があるものと思われます。
今の状況に飽きていたり先が見えない場合、この配置は互いに違う未来を向くように仕向ける効果があります。星座を跨いで3度目の発生となる今回はそれら一連の締めくくりとなったり、過去に決めたはずの件が別の形で完結する事を示しています。

今ここに存在しないバラ色の未来や行き先を求める心理を誘発し、危険な火遊び等をしばしば発生させますが、残された問題は強烈なものとなる可能性があります。
このように一見恐ろしい現象を誰にでも引き起こすような配置に見えますが、必ずしもそうとは限りません。平穏を願い、先を見越して守りに入ることができる賢明な姿勢を持つ方には対岸の火事として目に映る事になります。
その場合はゲームや映画等でバーチャルな世界を楽しんだり、信頼できる相手と新鮮な気持ちで再度接するために、小さなサプライズをすると良いでしょう。

さらにこの配置は期間と効果が短く、順行に戻った金星は短期間で次の星座に入座します。これらの点から、この件で完結したり大きな変化が起きた場合、次のステップや運気状態に移行することは簡単で迅速であることが予想されます。しかし、次に入る星座が蠍座という事もあり、厳しい心理状態になる可能性も否めません。
これはあくまで当サイトの見解ではありますが、この配置によって多々影響を感じられる方は、人生において重要な何かを試されるタイミングであるか、何かを強制的に切り替える必要がある時期であると憶測しています。

■射手座太陽と魚座火星の90度(12/3)
太陽 いて座 スクエア 火星 魚座
これは誰かに対するライバル心、チャレンジ意欲、怒りの感情を誘発させる配置です。謂わば、火の気をもたらす組み合わせの一つという事になります。
誰かのことが嫌になったり、元々気に食わない誰かからの嫌がらせが露骨になるなど、人間関係における摩擦熱を普段よりも激しくする傾向があります。
しかし凶角時において怒りに怒りで返すとことは、最も望ましくない結果を発生させる行動の一つでもあります。必要最低限の防御で抑え、感情ではなく状況証拠や冷静な判断で静かに攻める方が望ましいでしょう。それはすぐに勝利に結びつくわけではないでしょうが、相手が自らの行いで不利になる状況を作り出すことも可能になります。

このエネルギーは怒りや爆発させる事に向けるのではなく、仕事やスポーツに向けることで正しく発散させることが可能となります。
火の気が強い時期は刃物の扱いや事故等に繋がる原因が増えやすく、危険物の扱いには十分注意して下さい。もし誰かの理解が得られないようであれば、その人に怒りを向けるのではなくあなた一人で事を進めると良いでしょう。

■金星が蠍座に再入座
金星 蟹座
先月天秤座に逆入座していた金星が再度蠍座に入座します。
これが金星のスケジュールです。
金星逆行 2018年12月前半

11月01日に天秤座に逆入座したため、その頃から問題や遅延そしてやる気が出ないといった状況を体験していた方々には変化が期待できます。
しかし順行に戻ったとは言え、この状態では逆行開始の10月06日の状態には到達できていません。順行に戻った以上は物の進みが正常化してはいますが、もう少しの間リカバリや注意が必要と思われます。

また、天秤座に再入座する直前には天王星と180度を結んだため、人によっては波乱とも言える金運と恋愛運を体験した可能性もあります。その場合、それが二転三転しつつも問題を再発させたり引きずるような経過となっていたかも知れませんが、金星が蠍座に戻ることで次のステージへと進む事になります。
なお、蠍座に戻った金星は、親密な誰かに対する感情を激しくし、共有財産等に関する金運と恋愛運を発生させやすくなります。9月から10月の間にこれらに関する運気を体験したのであれば、今回はその本番と見ることもできますし、上手にやり直すことでより良い未来を作るためのチャンスとみることもできるでしょう。

■射手座太陽と魚座海王星の90度(12/6)
太陽 いて座 スクエア 海王星 魚座
日々の活力や意思のエネルギーをパワーダウンさせ、混乱や誤解を誘発させる凶角です。
状況によっては何かにがっかりしたり期待を裏切られたと感じるかも知れません。何かの困難がある場合、そこから先に進ませる意欲を下げるため、モチベーションの維持方法を模索することが重要です。
海王星の力がマイナスに働いた場合、混乱と目標の分散化という影響を発生させるため、当然ながらあまり望ましいものではありません。それは本来一人ひとりが持っている意思や判断力を下げてしまうので、自分が何をしているのかを理解せずに動いてしまうケースもあります。
この配置近辺ではなかなか正しく判断するのが難しいかも知れませんが、誰かの強い影響力を感じたり、それに従うような空気が漂っている場合、それが本当にあなたと周囲のためになるのかどうか、良く考えて行動することがお勧めです。

また、海王星の凶角はお酒や薬そして麻薬等もマイナス方向に働かせる影響力を持っています。この近辺では依存に注意し過剰摂取等をしない節度を心掛けましょう。
もし、これらの惑星が司る位置がお付き合いやビジネス等に関係している星座の生まれになっているようでしたら、それらの点に注意することが賢明です。

なお、芸術と創作活動に関わっている場合、星座の配置状態によっては素晴らしい作品を生み出せるインスピレーションの時期となるケースがあります。
深層意識や夢からのメッセージそして直感などを信じて行動する事がそのポイントとなるでしょう。

■射手座の新月(12/7)
月 いて座 コンジャクション0 太陽 いて座
今回の新月は木星が入った射手座で発生します。
ホロスコープ2018年12月前半

射手座が木星に入って最初の特徴的な新月です。これによって木星が入座した射手座の拡大・発展効果を感じられるタイミングの一つとして機能する可能性が考えられます。
しかし後述する火星と海王星の合致が凶角を結んでいる点、この新月と合致する恒星は男女関係に刺激的な状況を誘発させる点、さらに天王星やドラゴンヘッドと凶角を結ぶ点等から、単なる新月では終わらないかも知れません。
嘘や隠し事そして虚偽に関連した混乱、男女関係に関連したトラブル等がこれらに絡む可能性が想定されます。火星が絡んでいるため、火の気は避けにくいでしょう。
真実を捻じ曲げ、嘘を付けば付くほどこの配置は問題を悪化させてしまいます。正直かつ誠実に対応することがこの配置の問題を最小限化する重要なポイントです。

この後水星が再度射手座に入り、木星と合致する頃のタイミングになると、この射手座木星のテーマが現実のものとなり進みが加速することが想定されます。
新月近辺ではリスクが多々あるものの、混乱や誤った情報等に惑わされず、自分にも人様にも誤魔化したり嘘をつかない事が開運の鍵となります。それを無視して進めてしまうとせっかくの拡大効果が誇張や誇大となって逆に負担や足枷になってしまうかも知れない点には注意しましょう。

■魚座火星と海王星の合致(12/8)
火星 魚座 コンジャクション0 海王星 魚座
火星の周期の関係により、約2年半振りに発生する配置です。
この配置は吉凶混合が激しく、なかなかその力をプラスに働かせることが難しいという傾向があります。今回の新月はこの配置の影響をマイナス方面で被るかも知れません。
正しくこの力を扱うことができれば、理想に向かって情熱を注ぎ、難しい目標であっても達成の可能性が大きく高まります。特に、創作活動や芸術分野そして映像分野に関わる方々には強力な追い風が期待できるでしょう。

反面、これは世界やものを「色眼鏡」を通して見させる効果もあります。
この配置効果の影響を強く受けた場合、望む世界と現実は大きくかけ離れている可能性があります。物事や誰かを理想化してしまうため、熱狂的な行動を取る傾向がありますが、下手をすると第三者に迷惑を掛けてしまいかねません。
ロマンスを後押しする力もあるため、クリスマス前のこの時期に盛り上がるような気分になれる可能性もありますが、不都合な現実を隠してしまうため目が醒めた後は難しくなるというケースもあります。
情熱を掛ければ掛ける程誤解や不安等が広がるため、冷静さと客観性を保つことはこの配置における有効な手段です。

この配置もまた薬物やお酒等の効果をマイナス方向に強化してしまいます。
それに伴って意志や体力を弱めるという効果もあるため、生まれ星座や出生図の状況によってはメンタル面や健康面に細心の注意を払う必要があるでしょう。
火の気を持つ火星と水の気を持つ海王星の力が強力な配置で発生するため、燃える水という特性を持った液体の扱いや熱した液体・蒸気等に、普段よりも更に注意が必要です。情熱や消えてはならない火が鎮火するという逆パターンが発生するかも知れません。

■天王星と海王星の45度(12/15)
天王星 レトログレード 牡羊座 セミスクエア 海王星 魚座
各星座では解説せず、この全体運気コーナーでのみとさせて頂きます。
既に天王星は牡羊座で逆行を続けており、マイノリティ側の主張を強化している可能性があります。しかし牡羊座で逆行する性質は攻撃面ばかりが前面に出てしまい、理解を求め是正するのではなく、ただ相手をやり込める姿勢となる傾向があり、エネルギー制御が難しいという性質が問題です。
この力を正しく使える方は残念ながら少なく、問題や格差を是正するどころか火に油を注ぐだけとなってしまう危険性すらあります。

この状態では火星と天王星の45度もほぼ同時に発生しており、思想や誤解そして強い信念等が火の気を呼ぶため、公平さや正当性を欠く主張でないかどうかは十分に注意しなければなりません。
主張する内容そのもの、またはその訴え出る手段のどちらかであったり、その両方に問題がある場合は決してその意見は受け入れられる事はない可能性が高いでしょう。

この天王星と海王星の45度という配置ですが、当サイトの解釈としてマイノリティ側の反乱と混乱を示すものと占断をしております。2017年頃から何度はこの配置は繰り返し発生しており、その際には少数派の過激な行動が問題化するという現象を引き起こしました。
今回は天王星が牡羊座に戻り、一旦は区切りが付く事と思われます。
2つとも地球から遠いために動きが遅く、この状態は年末年始までしばらく続くことになるでしょうが、一度状態が解除されたら次回は同じ星座同士で45度を構成しません。
この後もこの45度という配置は発生する予定ですが、ステージや形を変えたものとなることが予想されます。

■12月後半の大まなか予測
16日
 蠍座金星と山羊座土星の60度
17日
 魚座火星と山羊座冥王星の60度
21日
 射手座太陽と牡羊座逆行天王星の120度
22日
 太陽の山羊座入り
 射手座水星と木星の合致
 蠍座金星と魚座海王星の120度
23日
 蟹座の満月
25日
 射手座水星と魚座海王星の90度
29日
 蠍座金星と山羊座冥王星の60度

幸いなことに、中旬そしてクリスマスから年末にかけて吉角が多くなっています。
一部混乱と誤解を示す凶角があるものの、殆どのケースではプラス面を感じられる事になるでしょう。
天王星と海王星の45度は年末までには一旦収まりますが、天王星の逆行はまだ続いているため平常心を保つ事もこの運気を享受する条件となるでしょう。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年12月前半の星座別運勢
(12/1から12/15まで)