TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢

2017年8月後半の全体運(8/16から8/31まで)

今月の12星座占い
Tスクエアの波乱と土星の順行化、そして獅子座の新月
今月は逆行惑星数が多く、様々な見直しや考え直しを促す力が強くなっています。
「水星の逆行」は夏休みの旅行やレジャー等に運行面でのトラブルを顕著に発生させる可能性があるため、特に移動時に注意が必要でもあります。
これら逆行の前後では会社や部署そして上司等の方針が変わったり、誰かの考え方に変化が見え始めたりといった形でその影響を実感しやすくなります。そして逆行時は前向きな考えよりも過去に立ち返る方が無難かつ賢い選択なのは間違いありません。
このように、逆行中は過去に行った物事を振り返ったり、過去にお世話になった方々との再会が運気を上昇させるチャンスを発生させます。ふと昔の事を思い出したのなら、それらを日々の状況に応用してみると、この期間の運気を向上させられるでしょう。

また、中旬頃に発生する(既に発生しているかも知れませんが)「金星・木星・冥王星」の3つが直角三角形を構成する「Tスクエア」と呼ばれる現象は、多くの方々に「波乱」をもたらす可能性があります。
人によってはこの波乱を上手に使って大きな成功を収める方もいらっしゃるようです。しかしこの構成は非常にリスキーであり、法律を守りながらもとことんまで突き詰めることができなければ、破綻に追い込まれる可能性もあります。
そしてこれは、今年の3月下旬に発生していた「木星・冥王星の90度」という厳しい配置が再度構成された上に金星が追加で凶角を作るため、一度収まったはずの問題がぶり返して来たように感じられるでしょう。
木星は法律と政治にも関係しており、3月頃にあったような政治や世界情勢の波乱が再度やってくる可能性も高いものと思われます。
当サイトでは幾つか警告を出させて頂きましたが、この近辺で愛情面・金運面に関する事で感情を抑えられなかったり、又は極端な行動を取ってしまっていると、解決は難しいかも知れません。
お盆の最中でもあるため、里帰り時の水星逆行影響も十分に喧嘩の原因になり得ます。詰まらない意地を張ったりして時間を無駄にしないよう注意して下さい。もし既に険悪になってしまったのなら、解決を模索しないと長く遺恨が残ってしまいます。

この問題を解決するヒントは直角の反対側で逆行している天王星です。本来天王星は自由や反逆そして革新という性質がありますが、逆行しているため自由と安定に関して考え直すか、制御不能なほど不安定化するかの2方向の可能性があります。
これは現象として発現する前にまず我々の「心の中」で様々な変化を誘発します。それは時間を掛けるというよりも、ある瞬間に「閃く」ように理解する事になるでしょう。

波乱がある8月の後半ですが、それでもやっと土星が順行に転じ、続くように新月も発生します。山羊座等、土星の影響が強かった方々や責任や義務の重圧に苦しんでいた方々には状況が変化する朗報となるでしょう。
獅子座は前回の満月続き今月も新月が発生するというイベント続きの状況です。この影響によって、8月の獅子座や生まれつき獅子座の影響を受けている方は特に変化や運気アップが多くなる傾向にあります。
実はアメリカではこの現象は日食として確認されますが、これは日本から見えず単なる「新月」として発生します。この2つの動きは忙しい転換期や新しい物事の始まり等を意味しており、この夏はかなりの変化が発生するでしょう。

8月後半の配置です。

16日
 ・火星と冥王星の150度
 ・金星と冥王星の180度(本番は16日だが影響は中旬頃から発生)
 ・金星と木星の90度(本番は16日だが影響は中旬頃から発生)
 ・太陽とドラゴンヘッドの合致
19日
 ・金星と土星の150度
22日
 ・新月兼日食(日本からは見えませんが影響は発生します)
 ・太陽の乙女座入り
24日
 ・金星と天王星の90度
 ・火星と土星の120度
25日
 ・土星が順行化
26日
 ・金星の獅子座入り
 ・火星とドラゴンヘッドの合致
 ・太陽と水星(逆行中)の合致
27日
 ・木星と土星の60度
31日
 ・金星と土星の135度
 ・水星が獅子座に逆入座

金星の凶角が多いため、金星が守護星となっている牡牛座と天秤座を中心に愛情運と金運がやや厳しい全体傾向となっています。夏休みやお盆休み等でバカンス気分になっているかも知れませんが、水星の逆行もあることから手放しで遊べる程の運気では無さそうです。
大事な夏のシーズンを楽しく過ごすために、水星逆行の対策や財布の管理等は十分にしておくのがお勧めです。
そして前述の通りこの下旬に土星が「順行化」し、皆様が今まで頑張ってきた「義務」や「責任」に関する運気に方向転換とも言える変化が発生します。
いま土星は射手座の端を運行していますが、今年の冬に山羊座に移動するまでそのまま順行し、今年はもう逆行はしません。この現象によって、射手座を運行する土星のテーマという概念は精算時期を迎える事になります。
これは全体運気と個別に影響するため、「土星逆行特集」の特設コーナーに追記をさせて頂きました。コーナーは常設しておりますので、年末までご覧頂くことができます。

土星逆行特集

上記のコーナーでは、土星の逆行が順行に変わる25日近辺に土星によって起きる変化と影響を全体/12星座別に追加記載しました。ご参考ください。

今月後半の主な現象を解説します。

■水星の逆行(8月前半からの再掲加筆)
この占いを発表する頃には既に水星が逆行しています。
夏休みという事もあって交通・運輸系は特に繁忙期を迎えていますが、水星の逆行はそれらに遅延・ミス・事故等といったトラブルを発生させやすくなります。
以下の図が逆行スケジュールです。

水星逆行 2017年8月

夏休みいっぱいの間は逆行の影響を受けるため、以下のような対策を心がけましょう。

・普段使わない移動方法や、知らない行き先を無理に試さない
・旅行やお出かけのスケジュールは常に柔軟に考えておく
・移動手段は代替策を準備しておく
・参加者全員の情報すり合わせを厳密にしておく
・以前成功した、観光場所を選んだり無難な移動方法を使う

これ以外にも情報伝達に関係するIT等や郵便、書類や捺印等も多々影響を受けます。
そして8月末には獅子座に逆入座するため、7月に行っていた書類作業や手続き又は契約といった事は月末頃からやり直しが必要になる可能性があります。
水星の速度や向きは通信・運輸・移動に関連した仕事にも影響があるため、リアルタイムに状態を確認したい場合は当サイトの「水星速度メーター」で随時ご確認下さい。
水星速度計

■金星と冥王星の180度(8/16頃)
冥王星が絡むと「束縛」「支配」そして「極限」「破壊と再生」というキーワードが関係します。そして金星は金運と愛情運を支配します。
これが180度という「対立」する配置で構成された場合は、恋愛運の中でも強烈な荒れ模様の運気を発生させる可能性があります。
お付き合いでは「互いに対等かどうか」という点が相性の要素の一つとして挙げられるかと思いますが、この配置は「どちらが上か」「どっちが依存しているか」という状況にある男女関係に波風を発生させます。
この凶角を避けるポイントは、「欲求が強くなればなるほど、それを満たす事は困難になる」というこの世の法則に気付くことです。恋愛は力学的に見てもバランスが取れていなくてはなりません。
そして金運では、投資やギャンブルという行動に極端な二極分解の運勢を発生させます。稀に大勝ちするケースもありますが、大抵は最後に破綻が待つだけなのでこの近辺で熱くならない事をお勧めします。

■金星と木星の90度(8/16頃)
今年の木星は「天秤座」を航行しています。
天秤座は主に対人関係を意味し、金星の恋愛運と金運では木星の拡大効果によって出会いが増えたりチャンスが増える可能性を示唆しています。
しかしこの90度という角度は「挑戦」というキーワードを持っているため、その出会いは手放しで喜べる訳ではなさそうです。大抵の場合、後々不利益や失敗とも言えるような状況になる事が多いのがこの配置です。
その関係を良いものに変化させられる程あなたが努力し改善できるのなら話は別ですが、なかなか上手く行かないケースの方が多いため、深入りするかどうかは慎重に判断するのが賢明です。
そして金星は木星冥王星とTスクエア「Tクロス」という角度を構成し、この組み合わせは様々なトラブルを深刻化させたり、逆に深刻な問題の抜本的な解決、という極端な2系統の運気を発生させます。

■新月(日食)(8/21頃)
今回の新月は、ぎりぎり「獅子座」の端で発生します。前半の新月に続き、今回の満月も連続して獅子座で発生するため、獅子座を中心として様々な影響と状況の変化が考えられます。
満月が終了や完成を意味するのに対し、新月は「始まり」がキーワードです。同じ獅子座で連続して満月・新月という順番で発生するという事は、8月前半に何かが終わりそしてそのまま同じ分野で後半までに何かが新しく始まるという運気の流れを表しています。

ホロスコープ2017年8月後半

新月の位置は太陽と月の昇交点であるドラゴンヘッドと近いのですが、今回は日食にはならずアメリカでのみ観測できる状況です。それでも日食を発生させる配置は占星術的に意味があり、日本でもその影響は新月よりも強くなる傾向です。
この力は「規模の大きな変化や始まり」等を強制し、人生の次のステージへ誘うという特別な影響力を持っています。場合によっては、隠していた秘密や曖昧になっていたことを明確化する事もあります。
どのケースでも共通していることは、この現象は我々一人一人を成長させるために必要な出来事を発生させるという点です。この近辺で発生した運気は決して偶然ではなく、あなたの人生にとって必要且つ重要な内容になるはずです。

また、嬉しい事に今回の新月は天王星と120度という吉角を結びます。現在天王星は逆行しているためその影響は反逆的ではなく、深く考える余地のある良い刺激としてあなたに影響を与えてくれるでしょう。
天王星の効果時間は決して長くは続かないのですが、それは電撃が走るような衝撃があるかも知れません。これによって、新月から始まる新しい運勢の流れは驚くような効果と新鮮味を持つ可能性があります。
天王星はまたIT等の最新技術や情報の波のシンボルでもあります。驚くその情報はニュースやメール等といった形で受け取る事が多いものと思われます。
最新技術に関連した仕事や活動をしている方にも朗報が来るかも知れません。

■金星と天王星の90度(8/24頃)
これは金運と恋愛愛情運に不安定さや突然の変化を発生させる配置です。変化は必ずしもマイナスに働くとは限りませんが、変動は驚くようなレベルになる場合があります。
金運面では衝動買いとギャンブル要素による大きな出費を誘発します。この時期に突然何かが欲しくなったり、突然投資やギャンブルに興味が出た場合は要注意です。
恋愛面では、もしあなたが今まで真面目に関係を構築してきたのならここで揺らぐことはありません。しかし現状の関係に不満がある場合は突然崩れる可能性があります。 シングルの場合、もしあなたが出会いを求めているならこの時期に出会う方は良くも悪くも「普通ではない」傾向が強くなるでしょう。

■火星と土星の120度(8/24頃)
主にビジネス面において安定した良い運気を与える吉角です。
あなたが務める会社又はあなたが行っているビジネスが不動産や金融そして(貴)金属に関係しているなら、この近辺では売上や利益が好調になる傾向です。
火星の持つ情熱や意欲を、土星の安定化に活かせるため、難しく責任のある業務や任務を遂行し、完了する助け舟を出してくれるのもこの配置です。
この角度を構成する近辺では土星が逆行から順行に戻るため、今まで厳しい責任や重圧に耐えながら仕事をしてきた方は、この近辺ではそれが報われるという幸運が期待できます。
土星は目上や年齢といった分野にも関係しており、それらの助け舟はもっぱら目上の立場や年上の存在から受けられるという形になるでしょう。
なお、「120度」は向こうから自動的に運気がやってくる性質があるため、特にあなた自身がアクションを起こす必要はありません。

■木星と土星の60度(8/27頃)
これは木星の拡大効果と土星の安定効果が良い形で発現する、嬉しい吉角です。
どちらの惑星も速度が遅いため、既に効果は少しずつ出始めている可能性があります。
前述の火星土星の吉角と同様、こちらも長期視点での投資をしたり、堅実な仕事やビジネスを発展させるには良いタイミングです。
ただし、この配置は「ギャンブル」に属するものではありません。一発当てて大きな利益を出すような性質ではなく、着実に進歩するというタイプの投資や仕事に対しての運気が発生するため、堅実さは必須です。
また、60度という角度は、あなた自身の「意思」によって動くことで効果が発生する性質を持っています。この近辺ではただ待っているだけではなく、能動的に努力をするとその結果が見えやすくなるでしょう。

夏休みが開ける9月上旬はこのような配置が待っています。

1日
 火星と天王星の120度
4日
 太陽と海王星の180度
5日
 火星の乙女座入り
 水星の巡行化
6日
 魚座の満月
 満月と海王星の合致
9日
 太陽と冥王星の120度
 火星と冥王星の135度
10日
 水星が乙女座に再度入座
13日
 金星とドラゴンヘッドの合致
 金星と土星の120度
14日
 太陽と土星の90度

火星と冥王星の凶角が火の気を誘発しますが、それ以外は厳しい配置が少なめです。
早々に水星が巡行に戻るため、軌道修正や正しい方向への矯正が進むことになるでしょう。
また、海王星と合致する満月という特徴的な配置があるため、深層意識や直感そして悲しみの共感といった影響が想定されます。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2017年8月後半の星座別運勢(8/16から8/31まで)