TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢



2018年5月後半の全体運
(5/16から5/31まで)

今月の12星座占い
84年振りに天王星が牡牛座入り、火星天王星の強力な変革
この占いを発表する頃、天王星が牡牛座に移動するという大きな現象が発生します。
天王星は意識に変革を与えるため、これを読んでいるあなたの心には、既に意識の変化が始まっている可能性があります。行動したり変化をしたくてそわそわしたり、予感や直感のようなものに気付いている方も多いのではないでしょうか。
例え心の変化が感じられなくても、周囲の大きな方向転換のニュースであったり、激動の状況を耳にしてその対応に大わらわになっている方もいらっしゃるかと思われます。

最近発生しているこれらの混乱や変化には2つの現象が絡んでいます。
まず1つ目は、最近起こった激しい火の気という現象でした。これらの問題に振り回されたこの春でしたが、火星が水瓶座に移動するこの後半には、この問題に起因している状況が沈静化する傾向が想定されます。
しかし火の気を生み出す配置というものは、ピッタリの角度になる瞬間だけにトラブルを発生させるだけでなくその後も暫く尾を引くというケースが多いため、油断しないように注意が必要となります。
実際問題、火星が抜けることで火の気が収まりはするものの、今回問題を発生させた「山羊座」の領域では、今回の問題発生原因の一つとなっていた土星と冥王星が未だに「逆行」という現象を続けています。
「逆行」は天文学的に見ると単なる錯視現象の類ではありますが、占星術的に見るとやり直しや見直し、反省等によるリカバリを多々必要とする意味を持っています。
その関係から、この春に発生した問題が簡単に終結する可能性は低く、教訓を学び賢くなる事、現実的な対策を続けていく事といった作業の必要があるものと思われます。
土星の逆行は9月頭、そして冥王星の逆行は9末である事を考えると、この春大きな問題に遭遇した方々は下手をするとこの夏中引きずってしまうかも知れません。
反面、火星と冥王星は大きな成果を上げるという効果もあるため、この春に成功を体感した方々は成功に胡座をかかず更に精進を続けることで、秋頃にさらなる発展を遂げられるという可能性もあります。

幾つかの方々にとっては、火星が移動した事で周囲の喧騒が去ったかのように感じられるでしょうが、実はこの5月は別の意味で変化は収まっていません。
冒頭で触れたように、この中旬には84年振りに天王星が牡牛座に移動します。これはお金や価値観そして商品販売や購入方法等といった多岐に渡る分野に「変革の波」を発生させ「始め」ます。これが混乱と変化の2つ目であり、今回の中旬は突然方針や心変わりをするといった方が増える可能性が高いでしょう。
天王星の力は常識や技術そして思想面での変革を誘発させ、我々が生活する環境がこのサイクル期間中に変化していく事になるはずです。
幾つかの兆候は様々な点で見えていたかも知れませんが、それらが実感できるようになる時期が、この5月中旬以降に待っているでしょう。

これが5月後半の現象です。

16日
 天王星の牡牛座入り
 火星の水瓶座移動
 火星と天王星の90度
19日
 金星の蟹座入り
20日
 金星と天王星の60度
21日
 太陽の双子座入り
23日
 水星と海王星の60度
 水星と木星の180度
 木星と海王星の120度
24日
 太陽と火星の120度
26日
 水星と冥王星の120度
 金星と土星の180度
29日
 射手座の満月
30日
 水星の双子座入り

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:中角

■天王星の牡牛座入り(05/16)
天王星 牡牛座
既に兆候を発生している可能性はありますが、この中旬に天王星が牡牛座へ入座します。
84年ぶりに牡牛座に入るというこの現象は決して軽くはありません。牡牛座が司る金融や価値観、果ては土壌を意味する地球の環境に関する事まで幅広く変化の波を受けるという事になるという可能性があります。
天王星は不満を解消するために行動するという心理を与える星です。それを科学技術に向ければ文明が発展し、思想に向ければ斬新な考え方として認識されるでしょう。
しかしその力は極端な方向に行きやすく、長期戦には全く向いていません。既存の概念や安定を全て否定するため、体制側にとっては問題となるケースも多々あります。
天王星の力を上手に使えれば「個性が光る」「革新的な」概念で世界を一新できるようになるでしょうが、少数派が支持を得るには社会をより良い方向に導ける度量が必要となるため、個性を活かせる場というものが必要となるはずです。

そして一旦牡牛座に入った天王星ですが、実は天王星はこのあと8月に「逆行」という見せかけ上の現象を控えています。
逆行することにより、秋冬頃には一旦抜けたはずの牡羊座に逆戻りをする予定ともなっており、完全な牡牛座への入座ではありません。そのため、今回の牡牛座入りは兆候や動向が多くなる傾向となるものと想定されます。
つまりは、今回の牡牛座入りは完全な本番ではありません。例えて言うなら予行演習や予告プロモーション映像が公開され、盛り上げるといった状況になるでしょう。
これが今年の天王星の運行スケジュールです。

天王星の逆行

ただ、流石に84年振りという長いスパンである関係から、今回の牡牛座入りで影響を受ける分野は未だ不明確な部分があるというのも事実です。これは占い師によっても意見が別れる部分があるため、あくまで当サイトの意見として捉えて頂くしかないでしょう。
その中でも間違いないと思われる現象は、金融に関する概念やシステム等の変化です。天王星が示すIT化や最先端技術による革新が必要であるという点も関連しますが、これらは既に多々現実のものとなっている点、そして銀行や証券会社等の金融関連組織は旧態依然の体質のままでは生き残れなくなってきている点は既に加速してきているとも言えます。

しかし皆様がご存知の通り、銀行等がIT化したのは今に始まった話ではありません。
今回は単なるIT化の促進だけに留まらず、金融機関や支払い方法そして通貨や貨幣に関する概念等にも変化が起きる可能性が高いでしょう。経済は特に競争が厳しいこともあり、古いシステムにしがみついているとそれと一緒に沈む事になる可能性も考えられます。
反面、IT技術そのものの歩みは遅くなる傾向も想定されます。それは発展が阻害されるのではなく、牡牛座が持つ安定感が重視されるという方向となるはずです。不安定な最新技術を駆使するよりも、信頼性をアップさせる仕組みの方が歓迎されるかも知れません。

そして天王星は常識を壊す星でもあります。牡牛座は物や事象の価値観や高級品等に対する概念は今までの「常識」が段々通用しなくなってくる可能性もあります。
牡牛座は地母神のシンボルでもあり、地の恵みを意味する星座でもあるため、食料や土壌等に関連した件も常識が変化していくのかも知れません。
ですが、すぐに焦らないようにして下さい。これらの件が5月中旬に全て発生するとは限らないでしょう。この先天王星が牡牛座を抜ける2026年までの間、これらのテーマが次々と変革を迎えていくという動きを見せることになるはずです。

なお、この牡羊座に天王星が入ったのは2011年3月です。
天王星は地震とは直接的な関係はありませんが、社会情勢や様々な変化の気付きがこの頃から始まっているという事を実感されている方々も多いのではないでしょうか。
今回の牡牛座入座は本番というよりも前哨戦であるため、当サイトでは特集ページは見送りましたが、今後の本番に向けて詳細解説ページを予定しております。

■火星の水瓶座移動(5/16)
火星 水瓶座
今まで火星が滞在していた山羊座には、土星と冥王星という厳しい凶意を発生させる惑星が存在しており、火の気をもたらす火星が合致することで大きな問題を発生させるという傾向がありました。
火星はやっとその山羊座を抜けて水瓶座に移動します。今まで困っていたそれらの件は終息したり別の良い面が見え始めることになるでしょう。
ですが、火星と合致するという現象を発生させていた土星、そして冥王星は未だ山羊座で逆行を続けています。火星がトラブルを起こした分野では、簡単にその件が緩和しにくい傾向が想定されるため気を抜かないことをお勧めします。

また、火星が抜けてすぐは別の問題が待っているため、これもまた一部の方々にとっては厄介な現象として映る事になるかも知れません。
それは次項の「火星と天王星の90度」であり、そちらで説明します。

■火星と天王星の90度(5/16)
火星 水瓶座 スクエア 天王星 牡牛座
牡牛座に移動したばかりの天王星は、水瓶座に移動したばかりの火星と凶角を結びます。
奇しくも火星の位置は天王星の支配星座である水瓶座であり、今回の天王星移動現象が水瓶座の意味と深く結びついており、且つ天王星の移動によって起きる事象が最初のうちはトラブルや困難の元になるという状況を示唆しているようです。
そしてこれは体制への反抗心や、既存のしがらみやルールといったものを壊したい、又は逃げ出したいという心理を強く誘発させてしまいます。凶角であるが故にその思想や心理は周囲が理解できるものではなく、ルールを守らないと成功どころか単に反感を買うだけとなる可能性もあります。
5月病の時期という事でもあり、厳しい環境にある若手の方々や独立心が旺盛な方々等は、この近辺で何かの決心をするかも知れません。

更に、これは天王星が示す最新技術やITに関する分野にトラブルを誘発させます。
火星が絡んでいる以上これもまた火の気の運気の一種であり、周囲に理解されないような技術そして特殊過ぎる個性や思想は受け入れられず悪目立ちをする傾向となるでしょう。
現代において天王星はIT等の最新技術にも関係しているため、安定した稼働を必要とするWeb等のサービスなどが影響を受けるかも知れません。それらを仕事にしている方々は、操作ミスやアップデート時の判断ミス等に注意が必要です。
そして上記以外であっても、天王星の特徴である「一瞬で効果が現れる」ような事象、又は「爆発」する物等の操作も同様に突発的なトラブルが発生しやすくなります。大抵の方にはご縁はないかも知れませんが、比喩も含めた「爆発」や「爆発的に広がる」というキーワードに注意して下さい。

反面、この配置の力をプラスに使うと、今まで不可能だったと思えるような高い壁を突破して成果を上げることができます。
今まで問題が解決できずに困っていた場合、変革への欲求を糧にして努力することができれば、大きな進展を達成できるというケースもあるでしょう。
迅速な判断や決断力、そして大胆な手法や戦術といった事が思わぬ未来を開きますが、それを制御しきるのはかなり難しく、困難に負けない意思も必要となるはずです。
それでもこの困難を乗り越えることができれば、以前からは想像もつかなかったような実力と成果を手にできる事は間違いありません。

実は、この「火星と天王星の90度」という組み合わせは、火星の周期が約2年少々という事もあって、本来そこまで珍しい配置ではありません。
今回このコーナーにおいて長文で特別に取り上げているのは、この2つの惑星がほぼ星座を移動しその直後に発生するという点、そしてこの先火星が逆行する事によって、夏秋頃に再発が予定されているという点に理由があります。
当サイトでは何度か「逆行」という現象とそれによって発生する運気を説明させて頂いておりますが、要はこの現象は「今回だけで終わらない」という事を示しています。
そのため、一旦努力して乗り越えたと思っても再度別の形で発生したり、やり直しを迫られるという点で厳しい思いを実感する方々もいらっしゃるはずです。
この近辺で発生した問題にはこの先も注意を払い、大胆な戦術と慎重な姿勢の共存という姿勢を崩さないことが成功への鍵となるでしょう。

■金星と天王星の60度(5/20)
金星 双子座 セキスタイル 天王星 牡牛座
金運や恋愛運に思いがけないチャンスを発生させる吉角です。
性別や関係を問わず、人付き合いに驚きや刺激という兆候を誘発させる効果があるため、出会いを探している場合や、この配置が対人関係に絡む場合は友人や知り合い等が増えるという効果が期待できます。
この領域が金運に関連している場合は思い切った行動が利益に繋がるという可能性もあります。しかしどのケースであってもこの効果期間は短いため、同じ戦法は1回しか続かないものと考える方が賢明でしょう。

反面、この配置は吉角でありながら不安定さも誘発するケースがあります。
元々慎重な性格の場合、千載一遇のチャンスだと思えるのなら短期決戦でその関係が良い形で実るケースがあります。
しかし元々安定よりも自由を好む場合は、この時期にその力が顕著に働いてしまうが故に長続きのしない火遊びとなる傾向が大きくなるかも知れません。

■水星と海王星の60度(5/23)
水星 牡牛座 セキスタイル 海王星 魚座
映画や芸術といった文化的な事象に後押しを与えてくれる吉角です。
感受性を高めてくれるため、映像や文学等といった世界に身をおいている方々にとってはインスピレーションが湧きやすかったり、良い作品を残せる傾向となるでしょう。
また、これは創る側だけではなく、消費する側にも良い影響を与えます。文化を楽しむという事に適しており、単なる表現ではなく奥が深いものであったり宗教や古風なもの等に触れることで、日々の生活に潤いや心身への良い効果が期待できます。

反面、これは厳密な情報管理や確認といった作業には余り向いていません。
この配置が仕事やお金等に関係した領域で発生している場合、管理中にミスが発生しやすくなるという傾向もあるため、第三者のチェックを入れるべきでしょう。
曖昧にしておいた場合、その問題はこの期間中には殆ど発覚する事はなく、時間が立ってから見つかるという形で知る事になるというケースが想定されます。
また、頭の中で想像したり文学や芸術等といった分野では集中力を助ける働きが期待できるのですが、単純作業や検証作業等においては集中力が持続しにくくなるという相反する性質もあります。

■水星と木星の180度(5/23)
水星 牡牛座 オポジション 木星 蠍座
思考能力を活性化させる効果があり、読み書き話しに関係する事象は木星効果によって拡大させやすくなるという傾向を持っている凶角です。
大抵の場合、アイデアを思いついて試して見たくなったり、知識欲が湧いて様々な疑問を解決したいと考えたり、それらによって議論や話し合いなどが発生する事になります。
また、木星が持っている楽観的な性質は、アイデアや進んでいる方向が全て良い結果に繋がるのではないか、という安易な心理を誘発させる力があります。

一見良いことが多いようにも見えますが、これは凶角の一種です。
発展や拡大は良いのですが、この配置近辺では細部に潜んだ重大な問題や落とし穴に気づきにくいという面をも持っています。
それに気付かず、周囲を巻き込んで大きな話になってから大きな抜けを見つけてしまった場合、そこで何が起きるのかは言うまでもないでしょう。
また、楽観的な姿勢は時に周囲の都合やしがらみそして社会常識を無視したような舌禍を招いてしまうケースがあります。木星が逆行しているため、政治や法律等に関した内容には首を突っ込まない方が無難でしょう。

この近辺では、敢えて風呂敷を広げずに無駄を一つ一つ削いでいくという、真逆の行動が最終的な幸運をもたらします。
乗りに乗っている人からみれば水を差すだけのつまらない輩に見えてしまうかも知れません。しかしリスク管理は重要です。参加するにしても火の粉が掛からないように予防線を貼っておくという事が後々我が身を助ける事になるでしょう。

■木星と海王星の120度(5/23)
木星 蠍座 トライン 海王星 魚座
協調心と共感という平和に繋がる心理を誘発させ、安定した関係を作りやすくする効果を発生させる配置です。対人関係でこの配置が発生している場合、その誰かとは精神的な繋がりや安らぎといった良い効果が期待できます。
平和的な運気を発生させるがゆえに、余りこの配置の影響を感じにくいケースが多いかも知れません。慈善活動や困っている方々への協力であったり、それらの仕事に関係している場合は、援助が多くなったりといった追い風が期待できるでしょう。

この配置で問題が有るとすれば、向上心よりも共存を目指すという効果があるため、利己的な姿勢や行動は一部から快く思われない可能性がある点でしょうか。
知識や技術革新よりも、感情的に訴えかける事の方が通りやすくなるという点があるため、厳密な判断を必要とする環境においては注意が必要になるという点もあります。特に、指示一つで大きく人やお金が動く場合には情に流されない勇気も必要です。
特に厳密な管理が必要であったり、数値が必要となる状況においては長期スパンでゆっくりと問題に変化しかねないという点に留意して下さい。

■太陽と火星の120度(5/24)
太陽 双子座 トライン 火星 水瓶座
様々な事象に活気を与えてくれる好配置です。
太陽が入ると全体運に関連するケースが多くなりますが、火星は競争が必要な分野であったり医療等という刃物を扱う分野等に関係します。
この近辺は多少強引であったとしても、強気な方が成功に近づける可能性が高くなるでしょう。逆に引っ込み思案な姿勢や態度は余り歓迎されないかも知れません。

120度という角度は自分で行動を起こさなくても向こうからやってくるというケースが多いのですが、火星の積極性がある関係から何かのチャンスが来たと思える場合は積極的に行動する方が良い結果となるでしょう。
そして、これは単独行動をするよりも共同体制を重視すべき時期を意味します。個人プレーには向かないため、強気で目立つ行動をする場合であっても「人様の指針」となるような模範的な行動が望ましいと思われます。

■水星と冥王星の120度(5/26)
水星 牡牛座 トライン 冥王星1 やぎ座
物事の本質に迫るような議論や研究、そして読み書き話しに関係したビジネス取引等に追い風を与えてくれる配置です。
表面的な知識や理解ではなく、深い理解や一気に何かを悟るような領域にまで達するという可能性を高めてくれるため、研究職等には特に有利となりやすいでしょう。

この配置は誰かが隠した嘘や虚偽といったものを見抜く効果も持っています。
問題を見つけるという事にも適しているため、面倒な契約書の内容について再確認が必要となった場合、それは隠れた問題を暴き出して良い方向に向けるチャンスであるかも知れません。
これが会話等のコミュニケーションに関連した配置となっている場合、説得力が大きくなるだけでなく、その発言によって大きく状況を変化させるというケースもあります。
冥王星が逆行しているため、これは過去に何かが隠されたり曖昧になったものに関して発掘されたり再発見されるという事になるかも知れません。

ただ、これは「頭の中でループする」という現象をも誘発させやすく、いつまでたっても頭の中から離れない考えやミュージック等といった微妙な問題も付随するようです。
大した事ではありませんが、何かの考えや概念に固執してしまえばそれは不都合になるケースもある点にだけはご注意下さい。

■金星と土星の180度(5/26)
金星 蟹座 オポジション 土星 やぎ座
愛情運や金運面で制限や遅延そして困難を発生させやすい配置です。
対人関係や男女関係では関係を冷えさせる効果があり、冷静に物を見させる傾向がある関係から好ましい方向には行きにくいという点が特徴的です。
金運面では必要な費用の工面が間に合わなかったり、出資を渋られたりするという効果があるため、必然的に出費状況は締める傾向となるでしょう。
冷えた関係を改善するには努力が必要でありながら、なかなかそれが実ったという実感が湧きにくいという問題もあります。

土星が関連すると孤独感を感じるケースがあるため、人によっては寂しい想いをするかも知れません。この配置近辺において人に対して不寛容な態度を取ってしまうと、人間関係全体が運気低下しやすくなるため注意したほうが良いでしょう。
土星は現在逆行しているため、今回の配置は特に以前起こした行動が元になってその結果として味わうことになるという傾向も想定されます。

■射手座の満月(5/29)
太陽 双子座 オポジション 月 蠍座
今回の満月は射手座で発生します。
これがその近辺のホロスコープです。今回はほぼ同じタイミングで水星が双子座に入座し、この満月と水星双子座入りの影響が近いタイミングで発生するか、又はこれらが関連性のある現象である事を示唆しています。
水星は支配星座の双子座に入ったことにより活性化され、読み書き話しやビジネス取引といった状況が多くなる傾向が想定されます。双子座は多忙さを生み出しますが、これは長期計画には向かず近視眼的な対応を誘発させる傾向があります。
ホロスコープ2018年5月後半

また、この満月は土星と微妙な凶角を発生させていますが、許容範囲を広げれば火星との吉角を結んでいると見ることもできます。
そのためビジネスやスポーツ等に好影響を与える可能性もありますが、凶意を示す恒星のオーブ(角度の許容範囲)内に入っており、火星の勇ましさは余り穏便には済まない結果をもたらす可能性もあります。
これらの点から、射手座の領域が示す分野において、何かの争いや競争が発生するかも知れません。それは射手座という星座が意味する政治や海外、法的分野等といったものに関係する可能性があります。
そして火星の位置である水瓶座が示す分野が、実際の争いの場であったりその焦点となる傾向が想定されます。しかし、土星が示す山羊座の領域に関連したことが足止めや問題を発生させるでしょう。これら2つの惑星は最近火の気を発生させたばかりです。
これらの点から、今回の満月は冒険や挑戦のチャンスには溢れるものの、重いリスクがあるものと考えたほうが賢明です。

■来月の大まかな予測
6月は以下のような配置が待っています。

06月02日
 水星と火星の120度
 金星と木星の120度
 金星と海王星の120度
06日
 太陽と水星の合致
 金星と冥王星の180度
07日
 水星と海王星の90度
 太陽と海王星90度
08日
 天王星と海王星の45度 影響開始
13日
 水星の蟹座入り
14日
 双子座の新月
 金星の獅子座入り
16日
 天王星と海王星の45度

既に激動の兆候すら見せている2018年ですが、久々に発生する金星・木星・海王星のグランドトライン(天空の大三角形:吉角)が穏やかな希望を見せてくれるでしょう。
しかし金星はその後冥王星と激しい凶角を構成するため、吉凶混合が入り乱れる可能性も否めません。オーブ(許容範囲)を甘くすれば、カイト(凧)パターンという見方にもなるため、この力を上手に活用すれ大きな幸運にも恵まれます。
が、凶角がぴったりとなる時期が後から来るため、一見良さそうに見えて罠があった、とならないような用心深さを併せ持つ事が幸運の鍵です。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年5月後半の星座別運勢
(5/16から5/31まで)