TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢




2018年7月後半の全体運
(7/16から7/31まで)

今月の12星座占い
爆発を伴う火の気の再発、水星逆行
7月前半は新月と冥王星の対立や木星の巡行化、そして2つのグランドトラインという吉凶の激しい運気でした。遅い惑星の向きが変化すると突然の大きな方針転換という現象が現実世界で発生するため、皆様の周囲では特徴的な変化もあったものと思われます。
しかしそのような激動の最中にあっても、2回発生したグランドトラインは何かの希望が見えるという嬉しい心理も発生させてくれたのではないでしょうか。
最初のグランドトラインは水である関係から、どこか現実性が低かったりリラックスできたりと、精神的な面への影響であったり、芸術的な効果の方が強かったはずです。
2度目のグランドトラインは地の性質を持つため、現実性を持ったチャンスとして活用できる傾向があったはずです。なかなか発生しない配置であるため、この近辺で持ち上がっている話は一見不可能に思えたとしても、挫けずに進めることで成功に近づく可能性が大きくアップするという点に留意すると良いでしょう。

しかしこの占いを発表するころには、6月前半に紹介した「火星と天王星の90度」という凶角が少しずつ再発しかけています。
これは火の気と共に「爆発」という現象を伴う効果を持っており、6月下旬に同時発生した「水星と天王星の90度」の効果も相まって、精密機器やITサービス等で大きなトラブルを発生させた可能性があります。

その「爆発」効果を持つ、この「火星と天王星の90度」が、7月末近辺から来月に掛けて再度発生します。ピッタリとなるのは来月なのですが、先日火星が逆行を開始した時点からその影響は静かに始まりつつあるという点に注意が必要です。
特に一度その危険性があったものはその再発にも注意が必要となるため、身の回りで様々な意味で「爆発」の要素を持っているものがあるのなら、管理を厳重にするなどの用心をされることをお勧めします。
反面、この配置は努力し苦労を重ねてもなかなか突破できない「壁」に対する突破口を突然開いてくれるという別の側面も持っています。この効果の恩恵を受けるには壁を壊す努力が必要なのは言うまでもありませんが、今回の再発生では過去から学び発想を転換する事がそのヒントとなるでしょう。

そして7月末近辺に発生する満月(皆既月食)も火星と関連が深くなっており、夏休みシーズンは喧嘩や災害そして事故などといった「火の気」全般に注意が必要です。
この時期に「火遊び」をしてしまうと、スリル感満載の危険な気分を味わうことができるかも知れませんが、その先は破綻や破滅と紙一重の状態となる事が予想されます。
もしあなたが厳しい状況にあっても「安心や安全」を切に望むのなら、これらの凶角の解説における回避方法や転化方法を試して頂くことをお勧めします。

これが7月後半の主な現象です。

17日
 火星とドラゴンテイルの合致(逆行による再発)
23日
 太陽の獅子座入り
25日
 金星と海王星の180度
 太陽と天王星の90度
26日
 水星の逆行開始
27日
 太陽と火星の180度
28日
 金星と冥王星の120度
 水瓶座の満月
 満月と火星の合致
29日
 太陽と金星の45度
02日
 火星と天王星の90度(逆行による再発:効果は既に開始)

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

中旬近辺に余り現象が少ない時期ですが、残念ながら今回は凶角が多い傾向です。
特に月末の満月が特徴的です。来月頭に再発生する火星と天王星の90度や水星の逆行などもあるため、バカンスシーズンではありますが油断はしないことをお勧めします。
これらの凶角は何も考えずに過ごしてしまうとマイナス面が大きくなるのですが、避凶(ひきょう:凶を避けること)や吉に転化する方法も決して無くはありません。当サイトの予報を有効活用し、是非楽しい夏の時期をお過ごし下さい。

以下に主な現象を解説していきます。

■逆行火星とドラゴンテイルの合致(逆行による再発)(7/17)
火星 レトログレード 水瓶座 コンジャクション dragontail 水瓶座
これは強い火の気を発生させます。
火星が逆行に転じた関係から、一度終わったと思ったはずの面倒事が再発するという状況が想定されます。この5月から6月頃に掛けて、もし火の気が絡む問題に関わってしまったのなら、それらにもう一度対応しなければならないかも知れません。
そして火星の逆行は欲求不満による感情の抑圧を誘発させるので、普段よりも我慢が効かなかったり感情的になりやすくなる方々が増えるでしょう。

惑星同士の角度が起こす現象は、ピッタリとなる日付(この場合は17日)を中心にその前後で影響を発生させるケースが殆どです。そのため、この占いを発表した時点で既にその兆候や現象を実感してしまう、ということもあるかも知れません。
また、この火星が逆行した先には、後述する「火星と天王星の90度」が待っています。ぴったりの角度になるのは8月初旬ですが、前述通りこれもまた少しずつ影響が出始めているという点も警戒して下さい。
(後述する「火星と天王星の90度」も合わせてご覧ください。)

そして火星とドラゴンテイルの再合致は、人の道理に外れたような言動をした結果、その不運が短期間で自分に戻ってくる可能性を示します。
怒りや焦りといった心理がこの現象を誘発する傾向がありますが、読者の皆様はどんなに怒りを憶えても軽率な行動をしないように十分注意して下さい。
この配置を吉に転化するには「人の振り見て我が振り直せ」という古いことわざを理解し、実行に移すことです。誰かが嫌な言動をしていたら、それを反面教師としてあなた自身の糧にすることが何よりも幸運を呼ぶはずです。

■金星と逆行海王星の180度(7/25)
金星 乙女座 オポジション 海王星 レトログレード 魚座
これは寛大で人道的精神に溢れた心理を発生させます。
しかしそれは真の優しさではなく、「甘さ」であったり自信の無さ等からくる「遠慮」といった心理であることが多く、互いのためにならない傾向があります。
海王星の凶角は曖昧な状況をそのまま継続させたり無駄な時間を作り出し、これが金星と組み合わさることで、愛情運と金運に問題を発生させます。
愛情面では優しさにつけこんで依存してしまったり、実は甘やかしているのに愛情と勘違いをしてしまう危険性があります。海王星は逆行しているため、理想という色眼鏡で見ていた何かや誰かの実像を見てしまうことにより、失望を味わうというケースもあります。
金運面では曖昧な管理状況をそのままにしてしまい、損失や収支の悪化を招く可能性をアップさせるというケースが想定されます。理解せずにお金を使うことや詐欺といった件に注意が必要となるかも知れません。

どのケースでも逆行した海王星の性質である、現実を把握し過去の経験則から学ぶという判断ができれば問題は最小限に留まり、真の思いやりと助け合いができるでしょう。
また、音楽や絵画等といった芸術や創作分野では、この配置が刺激を与え素晴らしい成果を出せる可能性があります。お金やアクセス数等といった数値が絡んでしまうとマイナス面が顔を出すため、その点には注意して下さい。

■太陽と天王星の90度(7/25)
太陽 獅子座 スクエア 天王星 牡牛座
突発的かつ予測が難しいトラブル運気を発生させやすい配置です。
慣れ親しんだ状況が変化することを「拒む」という言動は、この配置でマイナスに働く可能性があり、扱いが難しい部分があります。

この配置を有効活用し吉に転化したいなら、長い間取り替えが必要だった古いものを、勇気をもって置き換えることです。それはあなたの習慣や馴染みのものといった「よほどの事がなければ変えたくない」ものが対象となるでしょう。
しかし無理に変化させてしまうと、この配置が持っている変化のトラブルが待っています。変化させるべきは、刷新しなければならないのに億劫でやる気が起きなかったものに限られるという点に注意して下さい。

また、次の項目で解説する水星の逆行とほぼ同時に発生するため、この配置が発生させる突発的な現象と、水星の逆行が引き起こす遅延や情報伝達ミスそして手戻り等は関連性があるものと想定されます。
太陽と水星はどちらも獅子座にあるため、この星座が位置する領域が同様の影響を被るものと想定すべきでしょう。本来であれば楽しいバカンスシーズンでもあるため、迂回策を考えておく事を忘れない事をお勧めします。

■水星の逆行開始(7/26)
水星 レトログレード 獅子座
また水星が逆行する時期がやってきます。
逆行とは、太陽の通り道である黄道に進む惑星が、それとは逆向きに進むように見える見せかけの現象です。水星がこの逆行という現象を発生させると、通信・流通・交通等といった物や情報の流れに問題を引き起こします。
この水星逆行ですが、つい最近は2018年度の切り替わりに発生し、様々な問題や遅延を引き起こしました。長期移動や旅行等にも大きな影響を与える事が知られているため、今回の夏休みでは主に旅行や帰省といった運輸業とレジャーへの影響が懸念されます。

今回の水星逆行スケジュールを記載します。

水星逆行


残念ながら上記の通り、今回の夏休み中は水星の逆行に注意しなければなりません。
逆行中は交通の遅延が長期化したり、大きな原因が発覚するといった事が起きやすく、時間厳守であったり流れが重要な業務では早め早めの行動と迂回策の準備が必須です。
今回水星が逆行する獅子座には太陽が運行中ですが、7月後半は太陽と天王星の凶角、そして太陽と火星の凶角があるため、逆行近辺では突発的な口論などが発生しやすい点にはご注意下さい。眼の前にある問題や困難を誰かのせいにするのではなく、自分自身を成長させるため課題として受け取れるなら、逆行が抜けた頃には自分自身でも驚くような成長を遂げられるでしょう。

また、水星に限らず惑星が逆行する瞬間、そして順行の瞬間は社会的に大きな方向転換やイベント等が発生しやすいという傾向があります。
今回の水星順行化は夏休みが終わり掛けた時期であり、そして本来の位置に戻るのは第2四半期の開始がほぼ重なっているという点が特徴的です。
この動きは、本来であれば8月までに開始したかった事が「9月にずれ込む」という現象を想定させます。9月頭は第3四半期の開始時期でもあり、秋に向けた組織の改編は特徴的なものとなることが想定されます。

■太陽と逆行火星の180度(7/27)
太陽 獅子座 オポジション 火星 レトログレード 水瓶座
自我を増長させ、議論や口論そして喧嘩などを誘発させる「火の気」が強い配置です。
普段よりも苛々する方が増えやすいため、生まれ星座に関係なく理性重視の姿勢が不運や判断ミスを避けるコツとなるでしょう。
180度という角度のオーブ(許容範囲)は広めなため、この日より数日前から注意が必要なとなるのですが、この配置が本番となるのは後述する満月(月食)のタイミングです。
そちらの項目を併せてご確認下さい。

この配置の効果がマイナスとして発生するのは、自我が関係する「ワガママ」や「怒り」といった感情を制御できない時です。
その感情に「目的」が重なる場合は「競争心」として具現化する事になるのですが、これは殆どの方にとってプラスの印象というよりは「ライバル」や「敵」を認識するだけとなってしまうかもしれません。人によっては競争のために「目的」と「手段」を間違えるというケースもあります。
そして恋愛面でも同様の傾向があり、意中の異性の取り合いから痴話喧嘩といったよくあるトラブルが想定されるでしょう。

この凶角が持つマイナス運気を避けるために必要な事は、まず自分の欲求に対して周囲に対して正直に打ち明けたり素直さを出すことです。それは他者に対してだけでなく「あなた自身」にも正直でなくてはなりません。
自分自身を偽ったり誤解することはしばしば対人関係のトラブルを生みます。他の誰かとは違う自分らしさを素直に出すことがこの運気のマイナスを緩和する鍵です。
そしてこの激しい運気の効果をプラスに働かせるには、溜め込んだエネルギーを正しく発散することです。
戦う相手は常に自分自身とし、他者ではないと認識することでこの配置は素晴らしい効果を発揮させることが可能になります。仕事はもちろんのこと、スポーツや趣味などといった没頭できる分野で自分と戦うことは思いがけない大きな効果を生むでしょう。

なお、エネルギーを向けるべき分野は各星座が示している太陽と火星の位置に関係する可能性も想定されるため、各星座の個別運気をご確認下さい。

■金星と冥王星の120度(7/28)
金星 乙女座 トライン 冥王星1 レトログレード 乙女座
愛情運、金運面で強い繋がりや欲求を発生させる傾向がある配置です。
吉角ではあるものの、冥王星が絡んでいる場合は制御が難しいケースがあります。強い欲求の使い方を間違えるとせっかくの吉角でありながら凶意を発生させるケースがあるため、油断はしないほうが良いでしょう。
この配置は強い依存心を作り出すケースがあります。これらの惑星が対人関係や恋愛に絡む場所にある場合、異性に対する執着を発生させる可能性が想定されます。
互いにそれでよければ問題はないのですが、頻度が多すぎてしまうと相手に心理的なプレッシャーを与えてしまいかねません。金星の位置は潔癖さや規則をよしとする乙女座であるため、こういった傾向が強まる点に注意して下さい。

精神面のバランスが上手に取れてさえいれば、この配置は恋愛運を後押しし、互いの絆を深めてくれる素晴らしい時期を作り出してくれるでしょう。
この惑星の位置が金運に関連している場合、投資やビジネス等で良い利益を受け取ることができますが、予算を超える賭けのような行動や拘りすぎはマイナスを招く危険性もあるため、適度な状況で止めることが重要です。

■水瓶座の満月(皆既月食)(7/28)
太陽 乙女座 オポジション 月 水瓶座
■満月と逆行火星の合致(7/28)
太陽 乙女座 オポジション 月 水瓶座 火星 レトログレード 水瓶座
今回の満月は水瓶座です。
ドラゴンテイルと重なる満月は、天文学でいうところの「皆既月食」を発生させます。
このタイミングの満月は占星術において重要な意味を持ち、運気のウィークポイントとなって発現する事があります。

困ったことに先月から新月満月にはマレフィック(=凶を呼ぶという意)な惑星との合致が連続しており、社会環境を荒れさせる原因の一つとなっています。そして今回は火の気を呼ぶ「火星」との合致であり、夏場で浮かれやすい時期に警戒を必要とします。
以下が今回の満月近辺のホロスコープです。
ホロスコープ2018年7月後半

火星は水瓶座で既に逆行を開始しており、ドラゴンテイルとの合致によって怒りや暴力といった言動の結果が大きく跳ね返る状況を作り出したり、溜め込まれた怒りのはけ口を探すという、余り宜しくない心理を誘発させます。
そして一度終わったはずの火星と天王星の90度という、爆発や体制への反発心といった形で突発的なトラブルを誘発する角度を再発させようとしており、ピッタリになるのは来月であるものの既にこの影響が発生し始めています。

この月という惑星(占星術上は衛星ではありません)の動きは、現実世界においてイベントを発生させる最終的なトリガーになる事が多く、新月満月・日食月食などで顕著に働いたり、「運気の節目」と呼ばれる切り替わりを作り出す事があります。
また、この満月の位置には山羊座と鷲座に属する、Oculus Dabih 等といった幾つかの吉凶入り乱れた恒星群が合致しています。(怒りも含め)頭に関すること、不条理な言動、犠牲等といった問題がありますが、これらの恒星の幾つかには努力と対処の先にある成功といったプラスの効果もあります。

以上の点から、今回の月食は厳しいタイミングとなる事が想定されます。そしてこの火星がもたらす「火の気」が大きな問題やニュースを作り出すでしょう。
個人レベルで見ると、一部の星座及び出生時の惑星がこれに直結している方々は、感情を大きく揺さぶるという時期を体感する可能性が考えられます。
しかし、合致する恒星の幾つかは、この危機に立ち向かい対処する方々、困難をものともせずにチャレンジする努力とリスクを取る方々へのチャンスを示しています。壁を突破するための努力や、自分自身との戦いは素晴らしい成果への道標です。

この運気を活用するには以下に注意して下さい。

火星が示す暴力や怒り等の危険性もありますが、この近辺では強いエネルギーが発せられる可能性があります。それがどの分野になるのかは、各星座が示している火星の位置(水瓶座)がどの領域を司るか、に影響します。
そして、この強いエネルギーを抑圧するのではなく、正しく発散させるという点が重要です。激しいスポーツや趣味又はハードな仕事、そして正当な手続きをもって意見を表明するといったことがそれに当たります。
その試みは荒れたこの運気を吉に転化させる効果が期待できるでしょう。

■太陽と金星の45度(7/29)
太陽 獅子座 セミスクエア 金星 乙女座
この惑星同士は最大で48度までしか開きません。
そのため出生図でこの配置はしばしば散見されるのですが、この配置を持った方は運命傾向で金運面と愛情面(特に結婚に対して)で幾つかの問題を体験しがちです。
恋愛面では人よりもモテる傾向が強くなるのですが、結婚や本当に好きな相手との関係では判断ミスをしやすいという、人生経験を必要とする傾向が強いようです。

この配置が教えてくれることは、外見や世間の評価といった上辺の要素よりも、誠実さや日々過ごす性格等という事が長く付き合うために必要であるということです。
当たり前の事を言っているように思われるかも知れませんが、人という生き物は感情を優先してしまうケースもあります。
派手さであったりその場限りの瞬間的な楽しさも重要ですが、この近辺で理性よりも感情で動きそうになった場合、一度思い留まる事を強く推奨します。

■火星と天王星の90度(逆行による再発:効果は既に開始)(8/2)
火星 レトログレード 水瓶座 スクエア 天王星 牡牛座
来月初旬ですが、これもまた効果が発生し始めているため掲載します。
しかし困ったことにこれが最後ではなく、後々火星が順行化した後で再度90度の発生を予定しています。今回は火星が逆行しているため、以前発生した問題が再度降り掛かってくる可能性も想定されます。

以下は5月後半の記事から今回の逆行向けに修正加筆をしたものになります。


牡牛座に移動したばかりの天王星は、水瓶座に移動したばかりの火星と凶角を結びます。
奇しくも火星の位置は天王星の支配星座である水瓶座であり、今回の天王星移動現象が水瓶座の意味と深く結びついており、且つ天王星の移動によって起きる事象が最初のうちはトラブルや困難の元になるという状況を示唆しているようです。
そしてこれは体制への反抗心や、既存のしがらみやルールといったものを壊したい、又は逃げ出したいという心理を強く誘発させてしまいます。凶角であるが故にその思想や心理は周囲が理解できるものではなく、ルールを守らないと成功どころか単に反感を買うだけとなる可能性もあります。
5月病の時期という事でもあり、厳しい環境にある若手の方々や独立心が旺盛な方々等は、この近辺で何かの決心をするかも知れません。

更に、これは天王星が示す最新技術やITに関する分野にトラブルを誘発させます。
火星が絡んでいる以上これもまた火の気の運気の一種であり、周囲に理解されないような技術そして特殊過ぎる個性や思想は受け入れられず悪目立ちをする傾向となるでしょう。
現代において天王星はIT等の最新技術にも関係しているため、安定した稼働を必要とするWeb等のサービスなどが影響を受けるかも知れません。それらを仕事にしている方々は、操作ミスやアップデート時の判断ミス等に注意が必要です。
そして上記以外であっても、天王星の特徴である「一瞬で効果が現れる」ような事象、又は「爆発」する物等の操作も同様に突発的なトラブルが発生しやすくなります。大抵の方にはご縁はないかも知れませんが、比喩も含めた「爆発」というキーワードに注意して下さい。

反面、この配置の力をプラスに使うと、今まで不可能だったと思えるような高い壁を突破して成果を上げることができます。
今まで問題が解決できずに困っていた場合、変革への欲求を糧にして努力することができれば、大きな進展を達成できるというケースもあるでしょう。
迅速な判断や決断力、そして大胆な手法や戦術といった事が思わぬ未来を開きますが、それを制御しきるのはかなり難しく、困難に負けない意思も必要となるはずです。
それでもこの困難を乗り越えることができれば、以前からは想像もつかなかったような実力と成果を手にできる事は間違いありません。

実は、この「火星と天王星の90度」という組み合わせは、火星の黄道周期が約2年少々という事もあって、本来そこまで珍しい配置ではありません。
今回このコーナーにおいて長文で特別に取り上げているのは、この2つの惑星がほぼ星座を移動しその直後に発生するという点、そしてこの先火星が逆行する事によって、夏秋頃に再発が予定されているという点に理由があります。
当サイトでは何度か「逆行」という現象とそれによって発生する運気を説明させて頂いておりますが、要はこの現象は「今回だけで終わらない」という事を示しています。
そのため、一旦努力して乗り越えたと思っても再度別の形で発生したり、やり直しを迫られるという点で厳しい思いを実感する方々もいらっしゃるはずです。
この近辺で発生した問題にはこの先も注意を払い、大胆な戦術と慎重な姿勢の共存という姿勢を崩さないことが成功への鍵となるでしょう。


今回の火星は逆行しており、欲求不満を高めるという効果があるためこれもまた心理的な抑圧からくる「爆発」には注意すべきでしょう。
爆発効果をマイナスに使うのではなく、現実の難しい壁を突破するための起爆剤として使うことができれば、素晴らしい成果として具現することが期待できます。

■来月の大まかな予測
8月はこのような配置が待っています。

継続
 水星の逆行
02日
 火星と天王星の90度(逆行による再発)
07日
 金星の天秤座入り
08日
 金星と火星の120度
 天王星の逆行開始(牡牛座)
 火星と海王星の45度
09日
 太陽と逆行水星の合致
10日
 金星と土星の90度
11日
 獅子座の新月
13日
 火星が山羊座に逆入座

吉凶混合な傾向なので本来であれば普通ですが、水星の逆行が継続しているため、夏休みの移動や情報管理におけるトラブルが想定されます。しかし太陽との合致があるためそれはある程度緩和が期待でき、そして交通や運輸関係の業界に属する方々は非常に多忙な傾向となるはずです。
天王星の逆行は1年に1回発生するという、よくある現象ではありますが、今回は一旦抜けたはずの牡羊座まで戻るスケジュールとなっています。
13日には逆行中の火星も山羊座に一度戻り、爆発の現象を発生させる天王星の動きと連動するだけでなく一度終わったはずの火の気を巻き戻す傾向が想定されます。
遅い惑星が星座を移動すると社会現象的に変化が発生するため、一度変化したはずの天王星の影響は決して小さくはありません。
この夏から秋に掛けては、火星が山羊座を順行していた頃の話が再度持ち上がったり、後戻りして見直されるといった出来事が発生するでしょう。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年7月後半の星座別運勢
(7/16から7/31まで)