TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢




2019年3月後半の全体運
(3/16から3/31まで)

今月の12星座占い
水星逆行による混乱再発から順行化へ
天王星が牡牛座に移行し、水星の逆行がほぼ同時に始まる現象の余波が続いています。
まず何よりもこの天王星という遅い惑星は7年周期という長いものであり、世相を作る上でも欠かせないものになっています。

今回入座した牡牛座は、地母神と価値・貨幣等の象徴であり、これらを取り巻く業界と思想に関する影響は決して無視できません。逆に今まで入座していた牡羊座は反逆思想と技術革新という点では有利でしたが、同時に無茶や通らないはずの道理を通してしまうという欠点がありました。今まで人様に迷惑を掛けていたような言動をしていた場合は、この先同じ方法が通用せず、厳しい立場に追いやられる可能性があります。

牡牛座に入った天王星がもたらす影響は以下からご確認下さい。
天王星牡牛座特集
天王星牡牛座特集はこちら!


この先7年間の大きな星座別運勢傾向も掲載しております。
その領域においては突発的な変動運気をもたらす傾向があります。また、その分野で人の道に外れた行為をすると突然不安定となったり運気逆転をもたらす事に注意することが必要です。
それを理解しておけば、革新的な運気の後押しを受けられるでしょう。

また、この卒業シーズンに発生した水星の逆行は、ただでさえ大変な引っ越しと運輸、年度をまたぐ際に発生する手続きと切り替えといった状況に混乱を発生させています。

水星の位置は魚座という混乱と誤解を誘発させるという特徴もあり、他の星座で逆行したケースよりもかなり難しい状況となっている方もいらっしゃるかと思われます。
去年も発生したこの現象によって、引っ越し難民と呼ばれる方々が大量に発生している可能性が高く、早め早めの対応と迂回策が問題を遠ざける秘訣となっています。
また、情報の流れを逆行させるという効果もあるこの水星は、現代においてはIT機器やWebサービス等にもご縁が深く、状況の悪化に拍車をかけているものと思われます。

しかし水星の逆行は悪いものばかりとは限らず、昔の良かった状態を思い起こさせ、ご縁を発生させるという効果もあります。
今月の終わりに水星は順行に戻るため、もし懐かしい誰かとの出会いがあったのなら大事されると良いでしょう。

■3月後半の主な配置
これが3月後半の主な配置です。

16日
 魚座逆行水星と射手座木星の90度
17日
 魚座逆行水星と山羊座冥王星の60度
18日
 魚座逆行水星と牡牛座火星の60度
20日
 牡牛座火星と山羊座冥王星の120度
 魚座逆行水星と山羊座土星の60度
21日
 太陽の牡羊座入り
 水瓶座金星と牡牛座火星の90度
 天秤座の満月
 水瓶座金星と射手座木星の60度
24日
 魚座逆行水星と海王星の合致(2度目)
27日
 金星の魚座入り
28日
 魚座金星と牡牛座天王星の60度
 水星の順行化
31日
 火星の双子座入り

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

一見凶角が少ないように見えますが、水星は逆行中です。
水星が他の惑星とアスペクト(角度)を組む近辺は、その影響が顕著に発生すると思われます。吉角に見えても、その内容はやり直しや考え直しとなるでしょう。

特に海王星と合致する下旬や順行に戻る月末ではその混乱に注意しつつも、前回発生した2月中旬から下旬頃のイベントや決めごとを再度調整する必要があるはずです。
また、引っ越しシーズンにこの逆行はかなり厳しく、去年に続き今年も引っ越し難民が発生したり、出張や旅行時には移動手段の代替策が必要となる可能性があります。

これらの配置が社会や星座全般等に与える影響を解説します。

■魚座逆行水星と射手座木星の90度(3/16)
急速な拡大と発展が発生し、細かい問題を考えずに目的を優先とするような心理を誘発させる効果があります。
水星はコミュニケーションと移動そして学習などに関連するため、星座などの構成によっては独善や傲慢といった印象を他者に与えてしまうという可能性もあります。この惑星群がお金に関連した場所に存在する場合は、無駄な出費や借り入れに注意してください。

木星は吉星であり支配星座に位置することから嬉しい発展効果が期待できますが、過度に楽観的な思考パターンを生み出しやすいという点、そして90度の組み合わせの場合はその幸運と思える拡大が一部仇となるケースがあるという点から、当サイトでは念の為凶角扱いとしています。

また、この配置は「思わず口が滑る」という危険な側面を持っており、同日に発生している金星と冥王星という強烈な配置に拍車を掛けています。これらが発生する星座は互いに違うため、直接的というよりは別の領域に影響が飛び火するという可能性を意味します。
リスクを軽視する甘い考えと余計な一言が、その人の立場を揺るがしたり先々の雲行きを怪しくしてしまうかもしれません。この近辺では気を引き締める姿勢が問題を遠ざける秘訣となる事をご記憶下さい。

今回は逆行した水星の効果によって、過去の発言が蒸し返されたりその結果を見直す事になる傾向があります。前回発生したのは2月中旬から下旬に掛けた頃でしたので、その頃の記録を参照し、イベントが発生していた場合は確認することを推奨します。
また、この角度はもう1回再発を予定しています。凶角ではありますが、立場をわきまえた言動を常日頃からできている場合、この効果は薄くなるでしょう。

■魚座逆行水星と山羊座冥王星の60度(3/17)
精神に集中力を与え、知性に鋭さを与える配置です。
物事に対する姿勢は浅くいい加減なものではなく、深さや本当かどうかという点にシフトしやすいため、表面だけの曖昧なやり取りは好まれないでしょう。
その分、研究職に従事する方々や物事を深く調査するような業務・役割がある方々などにとっては嬉しい追い風が期待できます。

冥王星は物事の本質を貫くため、水星のコミュニケーションやメッセージなどという効果は他者の判断を揺さぶる説得力を持つという効果があります。
しかしこの効果はマイナスに使うことも可能という側面があります。水星の精神や知性を、もっともらしい言葉と強制力で相手を無理に変化させるという、心理戦や弱めの洗脳に近い影響力を発生させることもできなくはありません。
冥王星は一度目覚めさせてしまうと、トランプのジョーカーのように止めることができない隠れた力を持っています。一度その変化が起きてから収拾に困らないよう、発する言葉がもたらす結果を考えて行動することが望ましいでしょう。

今回は逆行した水星の影響により、その結果や発見という点は一部の抜けがあったり見直しが必要であったことが発覚する傾向があります。そしてこの角度はもう1回再発を予定しており、その際に隠れた真実を正しく把握する事ができるでしょう。

■魚座逆行水星と牡牛座火星の60度(3/18)
頭脳と精神の働きをスピードアップさせ、意思の力にもプラス影響を与えます。
この2つの惑星が凶角で構成されると舌禍(ぜっか)や事故等のトラブルとなりますが、吉角の場合は素早さと勇気ある決断が幸運を素早く引き寄せてくれます。
どちらも速度がある状態で合致しており、この近辺で何かの計画に参加していたり運輸や交通等に関連しているのなら、非常に多忙となる傾向が想定されます。
この配置では状況判断に必要な情報や条件、問題点等は明確になる傾向が強く、曖昧さなどが判断の妨げになるようなケースはほとんど無いでしょう。その分、情は入りにくくなるため、親密な関係であったとしても多少厳し目に感じられるケースもあります。

2月前半に発生したばかりの角度ですが、今回は水星が逆行した上に前回とは星座が1つずつずれています。次のステップに移行しつつも、今までのような革新のために進めるというよりは、行き過ぎや誤解等によって混乱した状況を元に戻したり実用的に安定化させるためのフォローが多くなる傾向と思われます。
そして近々、もう1回だけこの配置は再発を予定しています。本当に急いで次に進めるようになるまで焦らない姿勢を保つ事が、良い結果に繋げられるでしょう。

■牡牛座火星と山羊座冥王星の120度(3/20)
この配置は情熱やエネルギーを極限まで活性化させる効果を持っています。
それは良くも悪くも「欲」を追求するという行動を生み出します。どちらの惑星も地のエレメント(4大元素)にあるため、この欲求はお金や地位そして守りを安定させるという傾向が強くなることが想定されます。
冥王星という惑星が影響すると、現実世界ではその効果によって物事が極端から極端へ走る事が多く、人の身ではエネルギーを制御することが難しくなることがあります。しかし火星と吉角を結ぶという今回のようなケースにおいては「全力を出し切る」「性能を限界まで引き出す」といったポジティブな形で発現し、全体的にプラスとして働いてくれます。

この配置が生み出すエネルギーは、特にスポーツや武道等といった身体を使う分野において効果が顕著となります。ベストスコアを生み出したり、残業や兼任等といったハードワークでも十分に成果を発揮しやすくなるという点が特徴的です。
また、火星が入座している位置によっては、肉体労働ではなく頭脳労働の形でその力が発生するかも知れません。
しかし全力を出し切った後のダメージや疲労は別の話です。この角度が過ぎ去った後は身体と精神のケアを考える必要がでてくるでしょう。

■魚座逆行水星と山羊座土星の60度(3/20)
現実的で的確な判断を助けるという効果がある配置です。
一般的なデスクワークと不動産・建築や社会構築に関連した分野に対して特に追い風が期待できます。
水星は魚座を運行しているため、大きなビジョンであったり直感などを優先するような傾向を持ちますが、土星の力はそのマイナス面をカバーし、理想と現実を程よくブレンドした着地点を見つけやすくしてくれるでしょう。

コミュニケーションでは実務的で誤解が無い内容が伝わりやすく、着実な学習と理解そして教育・指導等でもプラス効果が期待できます。
その分細部に拘りがでやすく、些細な事であってもリスクや心配の種として感じられることが多くなる可能性もあります。

今回は逆行した水星の影響により、一度固めたはずの概念を見直したり更に地固めを安定化させる事を目標として進めようとする傾向がプラスされます。
この配置は後1回再発を予定しており、こちらも一度固めが終わったと思い込んだ件に一部誤解や未解決の状況が存在する事を示唆しています。これらを3度目の配置で解決に向かわせるという事になるでしょう。

■太陽の牡羊座入り(3/21)
牡羊座に太陽が入る現象は、天文学における「春分」を意味します。

■水瓶座金星と牡牛座火星の90度(3/21)
男女の恋愛関係に問題を発生させやすい配置です。
この配置近辺では自我や情熱の強さが問題となる傾向があり、不公平さを感じてしまったり、自分を大事にして貰っていないという不満足な感情を誘発させるでしょう。
つまり、これはしばしば「好きなのに上手く行かない」という状況を生み出します。互いに成熟した関係であれば情熱と着地点のバランスを取って仲直りも難しくはありませんが、無駄に強がることは言うまでもなく逆効果です。
すでに安定した関係を続けている場合、この配置はさほど問題を発生させる傾向は少なく刺激を与えあって仲を深めるという効果が期待できます。

しかし、この近辺で出会う方とは良さそうに思えても「何かが決定的に合わない」可能性があるため、相手を探している場合は時期をずらす方が良いでしょう。
飲み会や人が集まる場所では、発言内容によって口論や意見の相違による物別れ等の危険性もアップするので余り活発に人付き合いをしない事をお勧めします。

また、これは金運にも問題を発生させる傾向があります。
利益率が関係する金融関連では、あなたが求める分が戻ってくる事は低い可能性があります。それは数値云々というよりもあなたの心がどう感じるのかに関係しますが、恐らく満足できる事はないはずです。
ショッピングでも同様に満足できる可能性が低いため、欲しくても迷ったら止めておくという決心があなたの財政に良い効果を与えるでしょう。

■天秤座の満月(3/21)
今回の満月は天秤座で発生し、バランスや対人関係が主なテーマとなります。 ホロスコープ2019年3月後半

春分とほぼ同時に発生するこの満月は、新年度への移行というイベントに影響を与える事が想定されます。
月に影響を与える恒星はありませんが、太陽がギリギリ合致する恒星には精神面への混乱や目に関するマイナス影響を与える傾向があります。
水星がこの時点では未だ逆行中という事もあり、今回の移行には混乱が収束しにくい傾向が想定されるでしょう。
幸い、牡牛座に移動したばかりの天王星はそこそこプラスとなる角度に位置しているため、この混乱を防ぐヒントは天王星が位置する領域にあるものと思われます。

■水瓶座金星と射手座木星の60度(3/21)
楽観的な気分を発生させてくれる配置です。
この近辺では幸運に感じられる事が多く、物事に対して寛容さや余裕がある姿勢を作り出してくれます。
金運及び恋愛運でも概ね良い方向に動くことが多いため、楽しい時間を過ごせる機会が増えることになるでしょう。星座と配置構成によっては嬉しい出会いを誘発させるというケースもあり、相手を探している方にとっても良い時期となるはずです。

また、この配置はパーティなどのように人が集まる場所における盛り上がりを助ける効果があります。ちょうど卒業シーズンという事でもあり、これらの会場における後押しも期待できるものと思われます。
木星は法律にも関連しているため、もし法的問題に関与してしまっている場合はこの近辺の惑星効果の助けを借りるという手段も効果的です。

■魚座逆行水星と海王星の合致(2度目)(3/24)
コミュニケーションに混乱と誤解を、そして精神や思考に非現実よりのパターンを発生させるという問題のある配置です。
現実世界ではそれが伝達ミスや嘘そして裏切りなどのような面倒ごとにつながっていくため、この近辺では話し合いや契約などはお薦めできません。
海王星は薬や毒も司りますが、強い配置はたいてい毒としての側面が多くなり、精神や液体に関連した毒が効きすぎるという傾向も想定されます。

一部、創作作家であったりオカルトなどの分野に関してのみ、この配置はプラスとしての効果を発生させてくれます。ハリウッド映画のようなファンタジーであったり、空想文学や漫画などといったジャンルでは素晴らしい作品を生み出す後押しがあるでしょう。
占星術も含め、こういった分野の勉強や活動をしている方々には吉運ではあるものの、やはり誤解は発生しやすいため、フィクションで有ることを前置きすべきです。

そして、ここから4日後にこの近辺の位置で水星は順行に戻り、来月早々に再度この角度を再発させます。
ほぼ合致している状況で水星が順行に戻ることで、2月中旬から下旬に掛けて決定していた事が最終的な確定となりますが、水星が魚座を抜けるまでは油断しすぎずに慎重な姿勢を保つ方が賢明でしょう。

■金星の魚座入り(3/27)
魚座の金星は本音を隠し、精神的な愛情や共感の力を高めます。
金星が入座するとほぼ時を同じくして、牡牛座に入ったばかりの天王星と吉角を結ぶため、この現象は特徴的なものとなる可能性があります。
天王星が移動してから金星とこの角度を結ぶのは初めてなので、大きな運気変化に伴って金運や恋愛運で嬉しいサプライズを経験される方が多いかも知れません。効果期間は短いものの、天王星移動に伴う特徴的な変化として発生することが期待されます。

■魚座金星と牡牛座天王星の60度(3/28)
金運や恋愛運に思いがけないチャンスを発生させる吉角です。
性別や関係を問わず、人付き合いに驚きや刺激という兆候を誘発させる効果があるため、出会いを探している場合や、この配置が対人関係に絡む場合は友人や知り合い等が増えるという効果が期待できます。
この領域が金運に関連している場合は思い切った行動が利益に繋がるという可能性もあります。しかしどのケースであってもこの効果期間は短いため、同じ戦法は1回しか続かないものと考える方が賢明でしょう。

反面、この配置は吉角でありながら不安定さも誘発するケースがあります。
元々慎重な性格の場合、千載一遇のチャンスだと思えるのなら短期決戦でその関係が良い形で実るケースがあります。
しかし元々安定よりも自由を好む場合は、この時期にその力が顕著に働いてしまうが故に長続きのしない火遊びとなる傾向が大きくなるかも知れません。

なお、天王星が牡牛座に再入座してから初めて金星がこの配置を結ぶため、過去からのご縁というよりは、新しい出会いであったり未来に向けて関係を改善するといった傾向になる事が予想されます。
水星がここで順行に戻るという事もあり、これからの7年周期の始まりとして良い区切り時期となるため、この近辺でのチャンスは有効に活用されることを推奨します。

■水星の順行化(3/28)
年末の多忙な時期に影響を与えていた水星がやっと順行に戻ります。
水星逆行スケジュール

順行に戻った後でやってくる水星と他の惑星群のアスペクト(角度)再発は、逆行時の調整や細かい問題の詰め等のために存在している、と御認識頂くことが良いと思われます。
ここから4月17日に逆行到達ポイントまで戻るため、新年度になってようやくリカバリが終わりいつもどおりの流れが戻ってくるでしょう。
また、逆行地点に到達した後は同じ日に牡羊座に入座するという動きを予定しています。これは問題解決によってスムーズに次のステップに移行できることを示しています。新年度の始まりである4月1日とは多少時期がずれている関係から、年度移行に必要な手続きなどが多少遅れるかも知れません。

なお、今回は掲載しておりませんが、この近辺では冥王星とドラゴンヘッドが180度という凶角を結びます。この影響は人によって非常に厳しいものとなる事が予測され、社会的な問題となっている件に何かの決着が付いたり、大きな事件が発生する可能性もあります。

■火星の双子座入り(3/31)
火星の動きが早く、牡牛座を抜けて双子座に入ります。
この惑星が通過する領域では情熱とエネルギーを必要とする事が多いのですが、移動速度の速さは現実世界のスケジュールの急ぎ度合いにも関係してきます。
今回は月末にこの効果が発生するため、実際の予報は4月前半の全体運に記載させて頂きます。

■2019年新年度の主な配置
31日
 火星の双子座入り(実質4月から効果発生)
02日
 魚座水星と海王星の合致(3度目)
05日
 牡羊座の新月
07日
 魚座水星と山羊座土星の60度(3度目)
10日
 牡羊座太陽と山羊座土星の90度
 魚座金星と海王星の合致
11日
 魚座水星と山羊座冥王星の60度(3度目)
 射手座木星の逆行開始
12日
 魚座水星と射手座逆行木星の90度(3度目)
13日
 魚座金星と山羊座土星の60度
 牡羊座太陽と山羊座冥王星の90度
15日
 牡羊座太陽と射手座逆行木星の120度

水星が順行に戻ったことで、3度目の効果が多々発生します。
今まで逆行によって手戻りややり直しを迫られていた件に関して、やっと正規の手段で進めることができるようになるはずです。ただ、新年度になってこの影響が発生する以上、年度移行はスムーズには行かないかも知れません。
また、木星が早くも逆行を開始し、年間テーマを見直すように考える必要が出てくるため、この2019年の春は難しい判断を迫られることが増えるでしょう。

新年度もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2019年3月後半の星座別運勢
(3/16から3/31まで)