TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢




2018年6月後半の全体運
(6/16から6/30まで)

今月の12星座占い
火星海王星の逆行と再グランドトライン
土星と冥王星という厳しい運気を発生させる惑星との凶角が連続して発生した6月前半は、皆様に様々な形でプレッシャーやストレスを掛けていたものと思われます。
グランドトラインこそ発生したものの、それは確実性がない惑星で構成されている関係から、希望だけで終わってしまうという結果につながる可能性も否めません。木星は逆行しているという事もあり、単なる幸運というよりも教訓から学んだ事による部分が大きかった傾向が想定されます。
そして、そのグランドトラインの後で発生した「金星と冥王星の凶角」が、様々な領域でお金や愛情といった要素に波乱を引き起こしたものと思われます。冥王星が絡むと大抵の場合パワーバランスとどっちが上かという話になる事が多くなるため、それらに関連する事がテーマとなる事が想定されます。
また、これはお金や愛情といった物に関して感情を掻き立てる効果もあるため、激しい感情の波を経験した方もいらっしゃったかも知れません。

そのような中にあっても、中旬近辺に発生した新月は希望を見いだせるようなイベントや状況を体験できた方多いのではないでしょうか。
残念ながらこの6月後半は、全体的に厳し目の配置が多いのですが、今回もまた別の構成でグランドトラインがやってきます。
トラブルが多いさなかにあってもこのチャンスを掴む努力を惜しまないことが真の幸運に近づくための秘訣となるでしょう。

これが6月後半の主な配置です。
今回は現象が多く長めですが、どうかお付き合い下さい。

◇単体配置

継続
 天王星と海王星の45度
15日
 火星とドラゴンテイルの合致
16日
 水星と土星の180度
20日
 海王星の逆行開始
 水星と木星の120度
21日
 水星と海王星の120度
 太陽の蟹座入り
22日
 金星と火星の180度
23日
 太陽と天王星の60度
 水星と冥王星の180度
26日
 金星と木星の90度
27日
 火星の逆行開始
 太陽と土星の180度
28日
 山羊座の満月
29日
 水星の獅子座入り
30日
 水星と天王星の90度

◇多角形パターン

20日近辺
 水木海のグランドトライン

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

短期間ではあるものの今回もグランドトラインが発生しており、一部希望が持てる状況があるかも知れません。ただ、こちらも6月上旬のものと同様に厳密さよりも楽観的な気分や状況を発生させる傾向があります。
芸術や創作活動等では良いのですが、厳密さが要求される分野では問題に気づかないまま楽観的に過ごしてしまわないように注意した方が良いでしょう。
また、このグランドトラインが存在していいたとしても周囲に凶角や逆行が多いという点は、6月後半のトラブルの多さを象徴しているという傾向を示しています。
単なる1つの凶角であれば、それは日常生活への影響がマイルドになる可能性もありますが、今回の配置は特徴的なものが多いようです。そのため、あなたの目の前で問題が発生した際には判断や対応を慎重にしなければなりません。

以下に主な単体現象を解説していきます。

■火星とドラゴンテイルの合致(6/15)
火星 水瓶座 コンジャクション dragontail
この占いを発表する頃にはすでに影響が発生している可能性があります。
これは一部の環境において火の気を誘発する配置なので、本来であれば6月前半の占いで予告を記載しておくべきであったかも知れません。
このドラゴンテイルという名称は、実在の天体ではありません。太陽と月の軌道が交差し、日食や月食等を作り出す黄道上のあるポイントを仮想天体として扱うものです。

当サイトではドラゴンヘッド・テイルの特集コーナーがございます。
詳しくはこちらのバナーを御覧ください。
ドラゴンヘッド・テイルの特集コーナー
ドラゴンヘッド・テイルの特集コーナーはこちら
ドラゴンテイルは別名サウスノードという呼び方もあり、簡単に言えば凶意をもたらす惑星のような扱いとなっています。
当サイトでは「自らの行動や発言の結果によるマイナス運」を司るという位置づけと解釈しております。この位置と火星が合致するという事は、以下のような現象と心理を誘発するものと想定しています。

 ・現在の境遇や状況に納得が行かず、怒りを抑えられない
 ・怒るべき相手を間違え、(例えば)周囲に撒き散らす
 ・結果、更に悪循環に陥る

火星とテイルの位置は獅子座であり、獅子座が持っている要素である、個人のプライドや独善的な行為そして男女関係ロマンス等々、、、といった「獅子座のダークサイド」面の要素が影響して発生する傾向となるでしょう。
また、これはPCやスマホを利用したネット上でも同様で、過激過ぎる発言や扇動等はこの後自分自身に跳ね返ってくる危険性があります。

そして更に重要な点としては、この件はすぐには収まらないという事です。
火星はこの後半に逆行を予定しており、テイルと合致してそのまま通り過ぎるはずが、ほぼ合致状態のまま向きを変えてしまいます。
逆行という現象は速度を保ったまま鋭く向きを変える訳ではなく、その前後において地球からは速度が落ちたり止まっているように見える事になります。
そのため、本来ならばある程度の期間で終わるはずのこの凶角が暫く続いてしまうという点が最大の問題点です。
あなた自身が自制心を制御してこういった状況を避けたとしても、周囲にいる問題が多い誰かや、日々のニュース等では否が応にもそれを見てしまう事になるかも知れません。

■天王星と海王星の45度(継続)
天王星 牡牛座 セミスクエア 海王星 魚座
この現象は前回から継続しています。
マイノリティ側の主張は感情的になりやすく、解決に向かうことは困難となる傾向です。
イメージ戦略が必要な業種や業界、創作活動、思想や少数側の立場や権利に関する分野では引き続き混乱と問題が続くことになりそうです。
が、海王星の逆行という現象がこの件に変化をもたらす可能性があります。これは理想や夢を打ち砕き現実を見せる効果があるため、多数派に対する無闇な言動がそのまま跳ね返ってくる可能性があります。
正しい手順と主張で進めない限り、問題が悪化するだけになるという点を理解すればこれらの問題は緩和されていくでしょう。

■水星と土星の180度(6/16)
水星 蟹座 オポジション 土星 やぎ座
ネガティブで悲観的な思考パターンを呼び起こしやすい配置です。
期限日を遅延してしまったり、進まない状況が続いてイライラするというケースを具現化してしまうという現象も確認されています。
この時期には年長者に相談したり反抗する事、そして長期に渡る重要な契約締結や投資等の判断を避けるべきでしょう。この問題に関連した年長者が周囲にいる場合、相手は厳しい姿勢を見せることが多くなるはずです。

土星が関連すると厳しい現実の壁が立ちはだかることが多いため、これを吉に転化するのはそう簡単ではありません。
むしろ、問題を慎重に考え分析し、迂回するための方策を検討したり無理をしない事で、未来において失敗に至る可能性を減らすことができるでしょう。この配置では突飛な行動や伝統ルールを無視した行動はお勧めできず、常識的な判断が必要となります。

■海王星の逆行開始(6/20)
海王星 レトログレード 魚座
これは1年に1回、周期的に発生する現象で、今回は11月下旬まで逆行を継続します。
以下がスケジュールです。
海王星の逆行開始

今回逆行した位置に戻るには、来年を待たなければなりません。
この海王星は人に夢を見せたり感受性を豊かにする惑星ですが、曖昧な認識を一旦現実に引き戻す効果を与えます。
そして生来内向的な傾向が強かったり、周囲からの目に対してナイーブな性格の場合、この時期にはそのアンテナが不必要に活性化し過ぎてしまう可能性もあります。
この惑星は世代的な影響が色濃く、出生時に逆行していればその影響も顕著ですが、そうでなければ余り気づきにくいかも知れません。

言うまでもありませんが、誰しも現実と向き合うのは辛いものです。
しかし夢を見させる「海王星」という惑星の逆行は、その夢を見る時間を奪い、問題に立ち向かって解決を促すかのように「現実」をまざまざと見せつけます。
人によってはさほど影響を感じない可能性もありますが、映像関係の業界、誰かに夢を見させる商売、そして個人レベルでは「現実を見ないように」自分に言い聞かせているような場合、この配置は逆風や精神の耽溺を発生させます。
もしこの期間にそんな気分になったとしても、それは嫌がらせで発生しているのではありません。今置かれている現実を足がかりにして、更にもっと未来に向けた正しい方向に向かう夢を見せるべく立ち止まらせているだけです。

海王星は液体や薬・編集された映像・改変された記憶も司ります。
現実にがっかりするのは良くあることなので仕方ない部分があるにせよ、現実の苦しみを逃れるために、思い出やお酒・薬等に頼ってしまうと、海王星逆行の暗黒面をそのまま進んでしまうだけです。
海王星の逆行があなたに強く影響されるようであれば、妄想に逃げずに逆風に立ち向かうか、心が苦しくなるものを避けて精神面のバランスを取って生活するか、という策が考えられます。

今回の逆行は前述した「天王星と海王星」の45度という配置にも影響を及ぼし、夢や理想を見ていたはずなのにどこか違う場所に来てしまったと感じさせるという効果を発生させる可能性があります。
逆行は見直しややり直しそして考え直し等といった現象を誘発するため、マイノリティ側の主張する理想と現実の乖離に気付き始める方々が増加するという傾向が想定されます。

■水星と木星の120度(6/20)
水星 蟹座 トライン 木星 蠍座
精神面に楽観的な心理を誘発させたり、研究や知識の蓄積に追い風を与える配置です。法律やビジネス上の契約という点でも有利に働くケースを増加させる傾向があります。ポジティブな考えや計画を発生させやすいため、概ね幸運を感じる時期となるでしょう。
問題に対する前向きな解決アイデアを出せたり、見通しが良くなる事によって心理面へのストレス緩和といった影響が想定されます。
もしあなたが法律や学習そして出版等に関係している場合は、その追い風を実感しやすいかも知れません。話し合いや説得といった行動に関しても同様の傾向があります。
木星は逆行しているため幾つかの手戻りや成長のために学ぶべき課題は多いでしょうが、これらがコミュニケーションに関する場所にある場合は嬉しいニュースを受け取るというケースがあります。

■水星と海王星の120度(6/21)
水星 蟹座 トライン 海王星 魚座
逆行したばかりの海王星が水星と吉角を結びます。
これは想像力を掻き立て、イメージングの世界に追い風をもたらします。感受性が強い方々はこの配置が発生すると心の中の世界が広がるように感じるかも知れません。
小説や物語等といった、創作が必要な世界に関係している方々にとっても追い風が吹く運気なので、出版や映像が関係する業界は調子が良くなるでしょう。

しかし、会計や実務といった厳密な管理が必要な業界、又は個人であってもお金の管理等には余り向いていない配置です。
これらの惑星がお金や仕事に関連する位置に来ている星座であれば、甘い見通しや状況把握は後で問題になる事が多いため注意すべきでしょう。
また、海王星が逆行するタイミング近辺でこの角度を結ぶため、実現性の少ない理想ではなく、実現性を伴ったものとなる傾向があります。それは夢が敗れるようなマイナスな思考ではなく、ゆっくりと現実に目覚めるようなものとなる傾向が想定されます。

■水木海のグランドトライン(6/21)
水星 蟹座 トライン 木星 蠍座 海王星 魚座
水星は木星・海王星と120度を結び、木星と海王星は6月上旬に120度を結びました。
これらの現象は天空に大きな三角形を描くことから、古来より「グランドトライン」と呼ばれ、吉兆として喜ばれる傾向があります。
これが今回グランドトライン近辺のホロスコープで、水のエレメントで構成されています。
ホロスコープ2018年6月後半

各々の吉角の組み合わせが更に冗長されるという効果が期待できますが、これらの組み合わせはどうしても確証が無く憶測という側面が強いため、期待はできるものの確実性にやや難があるという特徴があります。
そのため、これらの期待を背負って進む場合は見えていなかった問題をクリアしていく必要があるという点に注意してください。幾つかの凶角がピッタリとなっている点もあり、良い方向に進めるにはチャンスを現実に変えるための努力が必要となるはずです。

また、120度という幸運は向こう側からやってくる事が多いため、運気を享受できることは多いものの、何もせずに過ごしてしまうと穏やかな時期がそのまま終わってしまうという可能性もありえます。
惑星が2つも逆行しているため単なる幸運となる可能性は低く、過去に立ち戻ったり原点に帰る事そして単なる理想ではなく現実的な判断が必要となります。
また、この三角形の中で最も早い惑星は水星であるため、これが支配する知性や精神そして学問や流通等の創作などがこの配置におけるチャンスを発生させるヒントとなるでしょう

■金星と火星の180度(6/22)
金星 獅子座 オポジション 火星 水瓶座
これは男女関係に火花をもたらす配置です。
火の気の一種ではありますが、単体での効果は強烈なものではありません。
相反する関係である男女や立場の違い等といった分野に反発と磁力という、対立する関係が持つドラマや矛盾とも言える効果を発生させます。
互いに違う性質を持つものは、惹かれ合ったり反発するという磁力のような法則がこの配置近辺で顕著に発揮される可能性があります。

愛情が深い状況であればさほど効果は大きくなく、むしろ互いの関係に新鮮味や惹かれ合う要素を追加する傾向となるので心配しないようにしてください。もしすでに関係が難しくなってしまっている場合、愛憎が絡んで様々なドラマを体験する事になるかも知れません。
そしてこの近辺での異性との出会いは、どこか折り合いが付かない要素を互いに持つというケースが多くなります。それは「好きなのにうまくいかない」という状況をしばしば発生させる傾向があります。

ただ、今回はドラゴンヘッド・テイルとほぼ合致した形で180度が構成されます。
これは火の気を呼ぶ配置の一つであり、人間関係と言動の結果が口論や暴力そして争いといった形で発生する傾向があります。
この少し後に火星が逆行する事を踏まえると、この近辺で異性に対して我を張ったり、相手の気を引こうとして逆の行動を取ったりする事が、その関係を難しくしてしまうという危険性を示しているようです。

これがその近辺のホロスコープです。
ホロスコープ2018年6月後半

金星はドラゴンヘッドと合致しているので、愛情に溢れた運気となっています。
獅子座にあるため、金星の効果が恋愛運に直結する牡羊座や獅子座は周囲からの人気運も高くちやほやされるような状況かも知れません。しかし反対側にある火星はそれを快く思わないでしょう。
それをどうにかしようとして気を引こうとしたり、あからさまに嫉妬するような行動を見せてしまうと、この近辺では事が大きくなってしまうかも知れません。
この後火星が逆行するということは、その関係を諦めたり気持ちが変わってしまう、という事を示す可能性があります。これを避けるには、嫉妬ではなく絆を深めるための別のアプローチを見つけたり、平常心を保ち様子を見ることです。

■太陽と天王星の60度(6/23)
太陽 蟹座 セキスタイル 天王星 牡牛座
予想が付かない驚くような出会い、(良い意味で)全体運の予想が付かない変化、状況の突発的な革新などを発生させる配置です。この近辺において、まだこの世に存在しないようなシステムや技術などにチャレンジしているのなら、短期間で攻めの姿勢を取ることが成功に近づく秘訣となるでしょう。
そしてこれは最新技術やIT等といった分野に習熟したり、勉強する事に適している時間でもあります。ですがこれは仰々しい技術革新とか学問といった縁遠い話だけではありません。PCやスマホのちょっとした機能をマスターしたいと思ったのなら、この時期はスムーズに進む可能性が高いという事になるでしょう。

これが個性やスキルに関連する位置の星座であれば、独特の個性を発揮して周囲に認められたり、大きく運気が変化する可能性もあります。
この配置は「自分で動く事により幸運を受け取りやすい60度」というこの角度と相性がよく、短期決戦で望むことで効果が発揮されやすくなるでしょう。

■水星と冥王星の180度(6/23)
水星 蟹座 オポジション 冥王星1 やぎ座
研究や解析、問題、隠し事、思想の強要、裏で進められる計画等々、デスクワークに関する事象を活性化させるという効果が想定されます。そして冥王星は逆行しており、先に進むための学びや研究というよりは、過去の件を扱う傾向が多くなる可能性があります。
これらの件はどうしても議論や激しい口論を呼ぶ事が多く、ネット等での意見の応酬は激しいものとなる危険性があります。それらは尾を引く傾向があるため、やりすぎは自分自身に返ってくるかも知れません。
冥王星が絡むことで、誰かの考え方や判断を押し付けるという、非常に問題のある言動が活性化されてしまう傾向があります。極端な言葉を使うなら「洗脳」という事になるのでしょうが、誰かの勝手な意見に振り回されないよう注意する必要があるでしょう。

しかしこの配置を上手に使うと、大半の人が知らない物事の真実や、隠された秘密にたどり着ける可能性があります。
調査研究といった頭脳労働系の職業に関係しているのなら、この配置では壁に当たったらチャンスと考えるのも良いかも知れません。会話ではなく情報と分析がこの配置近辺での要素となるはずです。

■金星と木星の90度(6/26)
金星 獅子座 スクエア 木星 蠍座
この配置は、遊ぶこと、楽しむこと、人様とのお付き合い、異国文化等といった未知の事に触れ親しむ事等に適しています。
凶角でありながら一見良い事に見えるかも知れませんが、実は綿密な管理といった点では凶角の効果が発揮され、不必要に出費が拡大したり曖昧さを発生させてしまいます。
星座や状況等、場合によっては怠惰さが問題を拡大するケースもあり、義務より楽しさを優先してしまう傾向がある場合は要注意であるかと思われます。

対人運や恋愛運でも問題があり、出会のチャンスや社交性という点での拡大が期待できるものの、振る舞いが相手にマイナス印象を与えたり、あまり馬があわない方々と無駄な時間を過ごしただけとなってしまう可能性もあります。
それは結局のところ、人との付き合いにおいて疎外感をもたらしたり、楽しかったはずの時間の価値を見出すことが難しいという事になるかも知れません。
木星は逆行中であるため、過去や経験則から学び活かすという事もまたポイントとなるでしょう。人は人、自分は自分という大前提を貫いた上で上手なお付き合いをすることが、この配置での秘訣です。

■火星の逆行開始(6/27)
火星 レトログレード 水瓶座
火星が久しぶりに逆行に転じます。
この惑星の逆行は、熱意や欲求そしてモチベーションといった行動の結果を見直すべく、我々に状況変化を促すという効果があります。
しかし火星の逆行は怒りや欲求不満、そして意思が疎通できない事による焦りと苛立ちを普段よりも誘発させてしまいやすいという効果が存在します。人によっては火星がもたらす熱や激しさそしてスリルが足りず、宜しくない言動をしてしまう場合もあるようです。
これは一種の火の気の元でもあり、満足できなかった心を開放させる下地を準備してしまうような部分があります。

今回のスケジュールはこのようになっています。
火星の逆行開始

火星のような火の気を発生させる惑星の逆行は、運行している水瓶座の領域でやり直しや見直し等だけではなく、難しい状況を発生させる事が多いようです。さらに今回の逆行はそれに加えて別に厄介な配置を引き起こすという点が問題です。

皆様はつい最近発生した「火星と天王星の90度」という火の気を伴う現象を憶えておられるでしょうか。人によっては、杜撰(ずさん)な管理が突然のピンチを招いた可能性もあります。
突発的なトラブルを引き起こしたこの凶角ですが、一旦落ち着いたように見えたにもかかわらず、今回の逆行によって再発してしまいます。
これは火星単体で発生するものではなく、天王星の逆行もほぼ同時に起きる事によって引き起こされるという点が特徴的です。
この凶角が発生した近辺で厄介なトラブルを経験し、それがやっと終わったと思っているのであれば要注意です。残念ながらその件には再度対処する必要があるかも知れません。

また、火星は現在水瓶座を運行していますが、山羊座まで戻る予定になっており、これもまた吉凶様々な効果を発生させるとともに、一旦終わったはずのトラブルを蒸し返す事になりそうです。

■太陽と土星の180度(6/27)
太陽 蟹座 オポジション 土星 やぎ座
義務や責任といった件を深刻化させる配置です。
土星は逆行中という事もあり、今までの行動が問われるというケースが多くなるでしょう。この位置が仕事やお金に関連する場合は、難しい舵取りや義務を果たすという点で大変になるという方もいらっしゃるかも知れません。
また、この配置は心理的にストレスをためやすくなったり、追い込まれたような気分になるという事が多くなります。
土星は厳しさと同時に孤独感を与える事が多く、一人で抱え込んでしまうことは解決から遠ざかる可能性もあるため、悲観的なまま状況を止めてしまわないことが重要です。

しかしこの配置で発生した壁や問題、そして責務等について努力し成果を挙げたり責任を果たすという努力は、その後大きく報われる可能性があります。
責任ある地位について成功する方々は、こういった配置で問題に出会った場合、負けずに努力を続けてその成功を掴むという運命を辿るため、単に嫌がるのではなく状況を良く分析し目上の立場の方々が望むことを把握するようにすれば、厳しい中にあっても道が開ける可能性が高くなるでしょう。

■山羊座の満月(6/28)
太陽 蠍座 オポジション 月 やぎ座
今回の満月はやぎ座です。
これが今回の満月ホロスコープです。
ホロスコープ2018年6月後半

特徴的なのは、満月と逆行中の土星が合致している点です。
逆行中の土星は責任や義務という問題から逃れていた場合、それを後ろから追いかけて追求するという働きがあります。この満月で月が土星と合致するという事は、それらの件で厳しい心理を経験する方々がいる可能性を示唆しています。
土星は収縮させ、冷えさせる効果があり、月と合致する土星は精神面と肉体の両方に抑圧や萎縮といった効果を発生させます。特徴的な配置であるがゆえに、普段よりもこの効果を体感したり大きな影響を被る方が増えるかも知れない点に注意が必要です。

しかし、オーブ(許容範囲)的に多少のズレはありますが、牡牛座を運行中の天王星が120度という吉角を結びつつある点は幸いです。この角度がぴったりになるのはまだ先ですが、じわじわと影響は感じてきているはずです。
これらは思いがけない展開と、古いものを捨て去って新しい体制へ変化する際のスムーズな移譲や移行を示します。満月は完成や終わりを示しますが、革新とイレギュラーの天王星が良い角度で合わさるため、オーブの関係で多少効果は薄くても終わった事による新しい始まりも期待できるかも知れません。

■水星と天王星の90度(6/30)
水星 獅子座 スクエア 天王星 牡牛座
これは知性と精神に刺激を与え、独特のアイデアを発案させたり、くすんだ灰色の日常から脱出したくなる気分を誘発させる配置です。伝統とルールそして厳密さを求められる作業では余り良い効果を発揮しませんが、革新が求められる場所は突飛なアイデアがプラスとなって働く可能性があります。
現代社会ではIT機器の操作ミス、ウイルスやハッキング等の被害、ネットサービス等のメンテナンス等といった現象がこの配置で発生する傾向が多くなるようです。それ以外にも流通や運輸等という、何かの「流れ」に関係する分野でもルールから外れた事をすると、大きな問題を引き起こすかも知れません。

また、この近辺では瞬間的でありながら月と海王星が凶角を多々結ぶという、余り嬉しくない状況が発生するようです。以下がその近辺のホロスコープです。
ホロスコープ2018年6月後半

月は物事が発生する最終的なキーとなって動くことが多く、瞬間的であったとしても、このような配置が発生する際は注意することが無難と思われます。
マイナス面が別のトラブルと結びつく、という現象が想定されるため、単純な操作ミスやIT周りの問題が飛び火してしまいやすい点がこの配置の懸念点です。
思想に関する事やIT機器の操作、新しい機器等の扱いや契約等には多々問題が潜んでいる可能性があるため、この近辺での安易な操作と判断には注意をお勧めします。

■7月前半の大まかな予測
来月はこのような配置が待っています。

 火星とドラゴンテイルの合致(ほぼ継続)
05日
 水星と火星の180度
 太陽と木星の120度
08日
 太陽と海王星の120度
10日
 金星のおとめ座入り
 木星の順行化
12日
 太陽と冥王星の180度
 金星と天王星の120度
13日
 蟹座の新月
14日
 金星と土星の120度

◇多角形パターン

金星土星天王星のグランドトライン

120度が多めである傾向から、動きの早い惑星が加わって多角形パターンを描くケースが多くなっています。
木星が順行という現象を発生させるため、去年の秋から続く
木星蠍座のテーマ はこれがいよいよ本番であり、今年の秋までラストスパートとなっていくでしょう。
中旬に発生する新月は冥王星と対立する角度が構成されており、吉凶混合の強烈な状況変化をもたらす可能性があります。もし特定の分野で極端な考えを持っていたり、歪んだパワーバランスや権力が存在する環境ではその影響が顕著となるかも知れません。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年6月後半の星座別運勢
(6/16から6/30まで)