TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢



2018年8月後半の全体運
(8/16から8/31まで)

今月の12星座占い
水星と火星の順行、運気の節目を発生させる多角形パターン
この占いを発表する頃は、お盆休みと夏休みで忙しい方々も多いと思われますが、今年の夏は猛暑だけでなく、様々な例外が発生しているようです。
水星と火星の逆行、そして爆発や突発的なトラブルを伴う火の気の配置が、せっかくの夏休みシーズンに様々なニュースやトラブルを運んできており、面倒事やいつもと違う状況への対処に追われている方々もいらっしゃるかと思われます。
そして既に開始している天王星の逆行という現象も決して侮れません。今回は84年ぶりに牡牛座に入って最初の逆行です。金融システムや株価等といった経済活動に激的な変化を発生させたり、今まで常識的で安定していたと思い込んでいた部分に思わぬ衝撃を与えることになるものと予想されます。
この天王星は今年の5月まで牡羊座に滞在していましたが、逆行が進み再度そこまで撤退するという予定を持っています。そのため、今回の逆行はいつもと違う大きな運気の変化を我々に体験させることとなるでしょう。
しかしそのような中にあっても、土星と天王星そして木星と海王星の120度という吉角は、皆様の日常の中に何かの希望を感じさせてくれているのではないでしょうか。土と水のエレメント(4大元素)で構成されたそれぞれの120度は、希望と現実を上手に組み合わせることで実現のチャンスを与えてくれます。

そして今月は次々と水星そして火星が順行に戻ります。
現状苦戦している方々は、このタイミングが恵みの雨となるような転換を、そして見直しや後戻りで困っていた状況には解決策をもたらしてくれるでしょう。ただし、逆行状態のスタートラインに戻るにはもう少し時間がかかるため、無理に焦らないように落ち着いて進むことをおすすめします。

これが8月後半の主な現象です。

継続:

 逆行火星の山羊座逆入座
 太陽と金星の45度

単体:

18日
 逆行水星と金星の60度
19日
 木星と海王星の120度
 水星の順行化
23日
 太陽の乙女座入り
26日
 太陽と土星の120度
 太陽と天王星の120度
 土星と天王星の120度
 魚座の満月
27日
 金星と冥王星の90度
 火星の順行化
28日
 水星と木星の90度

組み合わせ:

26日
 太陽月土星天王星のカイトパターン
 太陽月金星冥王星のトラペロイドパターン

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

一部を除き、久々に吉角が並ぶ嬉しい時期となる傾向です。
水星と火星の巡行化は様々な分野で滞っていたり間違っていた状況を正し、本来進むべき方向に進ませてくれる運気の後押しが期待できます。

26日には120度が3つありますが、これはグランドトラインを示しています。
土星と天王星の動きは鈍く、これよりも前にぴったりに近い角度を結んでいるのですが、それが26日頃に太陽が加わることで実際の効果が発揮される傾向です。
この組み合わせは土のエレメントに属しており、スムーズな世代交代やアナログとデジタルが上手に力を合わせて現実的な効果を発揮するという効果を持っています。
このグランドトラインは単なる幸運の三角形ではなく、今回の満月近辺ではこれらを含む2つの多角形パターンをほぼ同時に発生させるという、珍しい現象が発生します。
多少吉凶混合な部分はあるものの、この月末近辺は「運気の節目」と当サイトが呼ぶ大きな運気の転換点が起きる可能性を秘めています。

当サイトでは、この8月末近辺は運気が大きく動き出すポイントの一つとして捉えており、日常レベルだけではなく社会的にも大きな変化の兆しが動き始めるのではないかと想定しております。
大きな理想やアイデアがありながら、なかなか実行に移せないという状況に悩んでいるのなら、この月末近辺はそのチャンスが待っています。

以下に主な現象を解説します。

■逆行水星と金星の60度(8/18)
水星 獅子座 レトログレード セキスタイル 金星 天秤座
コミュニケーションに節度や幸運そして好感度などを与える効果があります。
この近辺では話し合うことが様々な運気を引き寄せてくれるという傾向が期待できます。セールスや話術で仕事をしている方々は、この運気の後押しがもらえるでしょう。
また、今まで難しい状況にあった誰かとの関係を緩和させたり修復させたいと願うのであれば、この配置近辺はそのチャンスの一つとなるかもしれません。
また、これはビジネス取引の活性化という別の側面も持っています。金星はお金に関連しますが、同時に女性向けの商品や高級グッズ等も関係しますので、もしあなたがこれらの件に関わっているのなら巧みな話術を心がけてみてください。

ただ、ピッタリの角度が発生するタイミングではギリギリ水星が逆行しています。
順行に戻る直前であるためその動きは遅いため、あなたが売り手であっても買い手であっても、水星が順行に戻る前に確定してしまわないことが重要です。
水星がこの角度の配置を保ったまま順行に戻るということは、突然気が変わってしまったり、見込んでいた状況が変化する可能性を示唆します。もし方向転換しそうな雰囲気があるのなら、それを見越した行動と判断がおすすめです。

そして、水星がこの後順行に戻り、再度この配置を組みなおすタイミングが来月前半に待っています。
水星の方針転換は現実でも都合や考えを変化させるという効果があるため、場合によっては、条件が全て出揃って気が変わらなくなるまで待ってみる、という作戦も良いでしょう。

■木星と海王星の120度(8/12)
木星 蠍座 トライン 海王星 魚座
協調心と共感という平和に繋がる心理を誘発させ、安定した関係を作りやすくする効果を発生させる配置です。対人関係でこの配置が発生している場合、その誰かとは精神的な繋がりや安らぎといった良い効果が期待できます。
平和的な運気を発生させるがゆえに、余りこの配置の影響を感じにくいケースが多いかも知れません。慈善活動や困っている方々への協力であったり、それらの仕事に関係している場合は、援助が多くなったりといった追い風が期待できるでしょう。

この配置で問題が有るとすれば、向上心よりも共存を目指すという効果があるため、利己的な姿勢や行動は一部から快く思われない可能性がある点でしょうか。
知識や技術革新よりも、感情的に訴えかける事の方が通りやすくなるという点があるため、厳密な判断を必要とする環境においては注意が必要になるという点もあります。特に、指示一つで大きく人やお金が動く場合には情に流されない勇気も必要です。
また、厳密な管理が必要であったり数値が必要となる状況においては、ゆっくりとそれが希望から問題に変化してしまう可能性はあります。気づいたら立ち消えとなっていた、というケースもありますがその方が無難ではあるでしょう。

■水星の順行化(8/19)
水星 獅子座
バカンスシーズンに問題を発生させていた水星がやっと順行に戻ります。
もしあなたが、物や情報を「流す」「渡す」という仕事や活動に関係していたり、移動通信機器などを日常的に使用していたのなら、この影響を感じていたかもしれません。
しかし、この効果は悪いことばかりでもなく、水星が位置している獅子座が各星座で司っている分野において、過去にご縁があった方々や組織等と再会のチャンスを与えたり、後ろを振り返って過去から学ぶチャンスを与えるという効果もあります。

これが水星のスケジュールです。

水星逆行

逆行開始時点の位置に戻るのは来月です。
これは来月に入らないと今までの遅れを取り戻しにくい、という事を示していますが、順行に戻ることで移動や流通運輸に発生しやすかった滞りや宛先ミスといった件は早々に緩和されるでしょう。

しかし、もし逆行期間中に新しいビジネスや何かの計画を開始してしまったのなら、順行に戻った際にその考えに問題があったことに気づく可能性があります。逆行中に新しく契約したりビジネスを開始するのは問題があるケースが多いため、ハンコを押すタイミングをずらすなどといった調整をおすすめします。

■太陽と土星の120度(8/26)
太陽 乙女座 トライン 土星 レトログレード やぎ座
■太陽と土星の120度(8/26)
太陽 乙女座 トライン 天王星 レトログレード 牡牛座
■太陽と土星の120度(8/26)
土星 レトログレード やぎ座 トライン 天王星 レトログレード 牡牛座
3つ同時に120度が発生するというこの現象は、幸運の印でもあるグランドトライン(天空の大三角形)を示しています。
また、土星と天王星の120度という効果は実は既にじわじわと発生しており、この夏はすでに周囲でその結果を実感されている可能性があります。遅い惑星同士である土星と天王星の吉角は、スムーズな世代交代や正当な責任に伴う昇進や報酬といった、ポジティブな社会的成長を促す効果を持っています。
この配置が発生すると、知らず知らずの間に便利になっていたり、置き換えや交代があったとしてもその状況が混乱を生むこともなく自然に受け入れられるという状況を体感することが多くなるはずです。
あなたの周囲で既にそのような状況を見聞きしていたりそれに関連できているのなら、この配置を運気に活用することができるでしょう。ただ天王星は逆行しているため、この逆行が心理面に影響させる不安感や独立心に恐れが無くなる点は考慮すべきと思われます。

この近辺のホロスコープがこちらです。

ホロスコープ2018年8月後半

これがもし通常のケースであれば、土のエレメント(4大元素)のグランドトラインとして、「現実性」のある幸運のチャンスとだけ、記載していたかもしれません。
しかし今回は単なる幸運の配置だけにとどまらず、満月が加わることによって、実現に対するチャレンジ精神が刺激されるというパワフルな効果が期待できる配置になっています。
詳細は次の満月の項を御覧ください。

■魚座の満月と複数の図形パターン(8/26)
月 魚座 オポジション 太陽 乙女座
今回の満月は魚座です。
26日の夜に発生するため、その影響は次の日以降に持ち越されるケースも想定されます。
これが満月近辺のホロスコープです。
ホロスコープ2018年8月後半

今回の満月は同時に発生している「グランドトライン」(天空の大三角形)に付随する形で発生し、専門用語でいう「カイトパターン」という、いわゆる西洋の凧の形に進化した形状をしています。
これはグランドトラインに「現実性」と「チャレンジ精神」を与えることによって、現実味を持った吉相として重宝されており、最近続いていた厳しい運気を吹き飛ばすような嬉しい状況が期待できます。
当サイトでは何度か解説していますが、実は単体のグランドトラインだけの場合、120度という性質の関係から、幸運でありながらも穏やかで安定した日々が過ぎていくだけ、、、、というケースが多くなります。
しかしここに満月という180度の凶角が加わると、壁に立ち向かい現実を変えるというチャレンジ精神が付与され、実現性を大きくアップさせるという効果があります。カイトパターンはより現実性の増した嬉しい幸運が発生しますが、そのためにはそれを掴もうとする「意思」や「正当な欲求」が必要となる点に意識して下さい。
このカイトパターンのエネルギーは凧という名称があるものの、実際には「弓矢」の形として認識されます。弦を引いた先にその効果が集中する傾向があり、今回の例で言えば、月が位置している「魚座」の領域という事になります。
この魚座の領域にエネルギーが集中するため、あなたの星座における「魚座」が示す領域が今回の幸運をもたらす部分となるでしょう。

一方で、この配置には幾つかの凶角が絡んでいるという問題もあります。
これは先程のグランドトライン、そして満月と同じ日時を「別の視点」から見るように色付けと対象を変更した画像です。

ホロスコープ2018年8月後半

太陽、月、金星、冥王星が互いに凶角を結んでいます。
金星と冥王星は90度を示し、愛憎と金銭に関する厳しい運気を発生させます。そしてこの2つの惑星は満月と45度、135度という幾何学的なトラペロイドパターン(台形)を構成しています。
このパターンは凶角のみで構成されており、現実の壁となかなかそれを超えられない苛立ちを誘発させるという、あまり嬉しくない効果を持っています。
このパターンではエネルギーの流れは主に月と金星に行きますので、この2つの位置が管轄する天秤座と魚座が示す項目に注意して下さい。天秤座の位置は厳しい状況にあるため、天秤座生まれの方々だけではなくこの位置が重要な場所に来る幾つかの星座も同様に問題を感じる可能性があります。

新月満月の近辺でこのような「幾何学図形」を描く場合、誰かの運命に激的な変化が発生したり、社会的に影響を与えるようなニュースを見聞きする可能性が高くなります。
今回はカイトパターンとトラペロイドパターンが共存している非常に珍しい形です。一方ではチャレンジ精神と実力に溢れた成功する方々が、もう一方では厳しい現実や利害が相反するという摩擦を発生させ、感情を顕にするという二極化した状況が想定されます。

ただ、今回は吉角もある関係から解決ポイントが存在しており、それはカイトパターンの終点である月がある「魚座」です。この位置が司っている領域が問題の助けや解決の元となるヒントを多々保持しており、あなたの星座におけるこの分野を注視して下さい。

■金星と冥王星の90度(8/27)
金星 天秤座 スクエア 冥王星1 レトログレード やぎ座
先程のトラペロイドパターンを構成する凶角の一つです。
金星と冥王星という惑星の組み合わせは、主に金運と愛情運に強烈な影響を発生させます。このメインキーワードは「嫉妬」と「力関係」であり、同性異性立場に関係なくその効果対象となる可能性があります。
恋愛面では意中の誰かをあなたの思い通りにしたいという欲求が爆発しやすくなったり、好きなのに上手く行かないという厳しいマイナス効果を持っています。
既に親密となっている関係では、分担等の不公平さが際立つという効果もあるため、そこもまた感情的に拗れやすくなるものと思われます。
金星は女性を表すため、昨今問題となっている女性の権利や待遇に関する主張は、残念ながら強い感情が優先された極端なものとなる可能性もあります。格差が生み出す問題でもあり、具体的な解決には程遠い状況となるかも知れません。

そして金運面では強欲が原因でトラブルを発生させやすくなります。
この配置はお金や物そして権利等について「どうしても自分のものにしたい」とか「手放したくない」といった強烈な感情を呼びやすくなります。
個別星座の配置でこれらがお金に関する領域にある場合は、吉凶入り乱れた大きな運気の波が発生しやすくなるため、理性的な判断を心がけるようにすべきでしょう。

なお最も注意すべき部分は別にあり、現実では一見幸運に見える状況でも裏でこっそりと効果が発揮されるという、非常に厄介な性質が隠れている点が難儀です。
そのためこの時期に始まる新しい異性関係やお金が絡んだ話があったとしても、鵜呑みにせず用心すべきでしょう。それには何かの罠やトラブルの火種が隠れている可能性があり、うっかり関わるとその後強烈な運命に巻き込まれてしまいかねません。

■火星の順行化(8/27)
火星 やぎ座
この占いを発表する中旬頃は、火星が逆行を継続しています。
火星の逆行は欲求不満や怒りの蓄積などを誘発しやすく、ドラゴンテイルとの合致や天王星との90度という凶角の効果もあいまって、厳しい運気を発生させています。そして火星はエネルギーと共にトラブルを呼び込むという効果もあります。以前運行していた山羊座に戻る事によって、今年の春頃に体験した問題を再発させている可能性があります。
もし逆行期間中に喧嘩腰になってしまったり、暴力や犯罪そして強硬な姿勢をとっていた方々はその行動の責任を取らなくてはならないでしょう。
また、逆行はどの惑星であったとしても、手戻りや遅延をさせることで問題の本質を浮き上がらせ、正しい道へ再度導くという効果も持っています。「急がば回れ」ということわざはこの惑星の動きの時期に生まれたのではないかと憶測してしまうほど、この言葉が現象の本質の一つを的確に表現しているという点を理解すると、逆行時期にすべきことが自ずと見えてくるようになるでしょう。

しかしその逆行も月末近辺には終わりを告げます。
以下がスケジュールです。

火星逆行

順行に戻る前は「停滞」という、地球から見て黄道の位置に停止しているように見える現象が発生しますが、逆行から停滞に移る時期が状況が変化する直前の静けさといった雰囲気を生み出すため、それを感じ始めたらことが動く直前と捉えるべきでしょう。
激しい惑星が順行に戻るのは喜ばしいことではありますが、惑星が逆行または順行に転じる際は非常に大きな「運気の波」「揺り戻し」等が発生します。突然の方針転換、申請や要求の差し戻し、誰かの心変わりといった件はこれらのタイミングで発生することが多く、このまま続くとは思わないことが賢明でしょう。

また、この火星が順行に戻るタイミング近辺で先程の満月・多角形パターンが発生するということは、この惑星の順行がそれと無関係ではないことを示しています。吉凶共に激しい今回の満月は、壁や問題を簡単にあきらめず情熱を注ぐことで受け取れるという類の性質を持っています。
今回発生する土のエレメント(四大元素)で構成されたグランドトライン・カイトパターンは、現実の問題に立ち向かい克服することが幸運を招くことを示しています。モチベーションを上げて進む勇気を与えてくれるのはこの火星であり、火星が順行に戻る近辺でパターンが発生するということがそれを物語っています。
困難にくじけるのではなく、その中にこそ発展のヒントが眠っているという事を忘れないようにすることをおすすめします。

ただ、この火星が順行に戻り水瓶座に再入座する来月は、火星が関連する以下の凶角が待っているという点は別途注意事項でもあります。

 ・金星と火星の90度
 ・火星と天王星の90度
 ・火星とドラゴンテイルの合致

2つは今まで2回発生していました。
今回で3回目となり、この配置として見た場合は事実上の最後となります。これらの件は過去2回の発生時に何らかの問題を感じさせていた可能性がありますが、今回が事実上の最後のタイミングです。

■水星と木星の90度(8/28)
水星 やぎ座 スクエア 木星 蠍座
凶角ではありますが、一見吉角のような効果を持つ配置です。
長期計画やこの先の見通し等といった長い目で判断するような分野に、楽観的な心理と曖昧な判断基準を作り出すという力があります。
計画の大枠等に関しては「上手く行きそう」「可能性がある」と感じさせるのがこの角度のプラスポイントです。木星という惑星が元々吉を運ぶ惑星であるが故に、拡大と発展というチャンスを感じさせてくれます。

しかしこれはそもそも90度という「挑戦」を意味する凶角でもあります。
その計画や方向性は一見問題なく進みそうに見えたとしても、細かい部分において「抜け」「落とし穴」が存在する可能性があります。水星が逆行に入っているという事もあり、その抜けは計画そのものを止めてしまう程の重要性が潜む傾向が想定されます。
もしあなたが何かの計画を主導する立場の場合、実働部隊の方々が何かを懸念しているなら用心が必要です。進めることばかり気にかけて、大事な協力者の声に耳を傾けないと失敗の確率が大幅にアップしてしまいかねません。

そしてこの配置は一度7月の前半と8月の前半に発生しており、今回がこの一連の流れにおける最後の発生という事で締めくくりのイベントとなる可能性があります。
できない約束を安易にしてしまわないように注意し、細かい条件を全て頭に入れればそのチャンスは現実になっていくでしょう。

■9月前半の大まかな予測
8月末に起きた多角形パターンは、新学期や第2四半期の始まりにも少なからず影響を与えるものと想定されます。
火星が順行に戻った関係から、一部のビジネスやスポーツなどの分野は特に忙しい変化が発生するものと予想されます。

継続:
 山羊座土星と牡牛座天王星の120度
 太陽と金星の45度

02日
 獅子座水星が逆行時位置に到達
06日
 山羊座土星の順行化
 水星の乙女座入り
07日
 乙女座水星と山羊座土星の120度
 乙女座水星と牡牛座天王星の120度
09日
 天秤座金星と山羊座火星の90度
 金星の蠍座入り
10日
 乙女座の新月
 新月と海王星の180度
11日
 火星が水瓶座へ再入座
 水瓶座火星と魚座海王星の45度
 太陽と冥王星の120度
 太陽と木星の120度
12日
 金星と天王星の180度
 木星と冥王星の120度

事前効果発生:
 火星と天王星の90度(3回目で最後)
 火星とドラゴンテイルの合致(3回目で最後)

土星が順行に戻り、責任そして義務を果たし耐えるという時期はやっと終わります。
今まで培ったノウハウや正しい努力が報われ始め、経験と権力などという力を活かし社会の役に立てるチャンスが発生します。
また、順行に戻る近辺ではその惑星を含んだグランドトラインも発生し、この夏の波乱を乗り越えた方々にご褒美を与えてくれるかのような運気が期待できます。
問題は多いものの、それにも負けない幸運とチャンスが控えている9月に向けてがんばりましょう。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年8月後半の星座別運勢
(8/16から8/31まで)