TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢



2018年4月後半の全体運
(4/16から4/30まで)

今月の12星座占い
激しい火の気、金星の吉角、土星と冥王星の逆行開始
2018年度開け近辺に発生した「火星と土星の合致」が織りなす火の気は、社会環境に様々なトラブルを発生させているようですが、皆様の周囲では如何でしょう。
この「火星と土星の合致」という現象は約2年半毎に発生する周期的なものではありますが、先日土星が山羊座に入ってから初めての現象であり、火の気の対象となっている「何か」は、この位置に入ってから問題が発覚したり深刻化したものであるはずです。
この配置近辺では、責任と義務が存在しているのは理解しながらも、前に進み発展させたいという衝動を生み出します。それは大きなジレンマやストレスを感じさせたり、フラストレーションを膨らませる傾向となります。
実世界での区切りを発生させる効果を持つ「満月」と時期が近かった事も災いし、意地の張り合いや泥沼化しかねない状況となっていたのではないでしょうか。

残念ながらGWに近付くこの後半でも、前半よりも更に輪をかけて激しく厳しい火の気を発生させる凶角が待っています。
その領域は奇しくも「火星と土星の合致」が発生した領域と同じ「山羊座」です。そのため、4月の初旬近辺で厳しい火の気が発生していたりそれを体験した場合、その残り火はGW前に再度着火する危険性があります。
ただ今回の火の気は、火星土星の時とやや状況が違う点が幾つか存在します。

・水星が順行に戻っている事
・土星が逆行を開始している事
・冥王星が逆行を開始している事

これらの点は、最近発生した問題が単純に「そのまま悪化」する訳では無く、状況が変化したり別の側面が出てくるという事態を意味しています。それでも火の気が強すぎるため、それを吉に持っていくには極めて難しく、どうにか穏便に済ませるのが関の山でしょう。
殆どの場合、以前よりは何かの進展こそ見えるものの、更に深刻な問題や原因などが見つかって激しさを増したり作成変更を余儀なくされる、、といった状況にになるものと思われます。

まず水星が順行に戻っているため、手戻りや遅延そして移動に関する問題等といったトラブルは大きく減ることになるでしょう。情報混乱や手戻りはほぼ無くなるため、問題が多くても状況進展はスムーズに進むものと想定されます。

次に土星の逆行ですが、これは1年に1度発生する慣例的なものです。
しかし一度凶角を結んだ土星が逆行に転じるという事は、厳しく制限しすぎたルールや決まり事を見直したり、巻き戻して判断し直す必要性を意味しています。あなたが進めてきた責任と義務が正しく構築できたのかどうか、という点も関係します。
しかし土星は以前解説した凶の意を持つ恒星と接近しているため、その手戻りは決して楽なものとはならない可能性もあります。怠けてきた場合は厳しい状況になっているはずです。
既に合致し終わった火星はもう暫く再合致する事もないため、一度下した厳しい決定が覆ることはありません。それでも土星の逆行は、締めつけ過ぎたという状況を緩和したり、年長者として心情的に丸くなるという期待はできます。

冥王星の逆行もまた1年に1回発生する慣例的な現象です。
こちらは心の奥底に潜む恐れやトラウマ等への対処、そして誰かや何かとの行き過ぎた主従(支配)関係の見直させたり変容させる力があり、関係する場合は強烈な火の気を伴うという傾向があります。
ですが、これは出生のタイミングで冥王星が特別な位置や状況になっているか、現在の冥王星の位置が重要なポイントにいなければ大きな影響は受けないでしょう。
この合致タイミングには意味があり、今まで厳しく管理したり制御してきた(つもりだった)何かと仲違いや喧嘩別れがあったり、最悪の場合、今まで持っていた強い権利や立場を失うという厳しい状況に追い込まれる可能性もあります。今まで何かが強すぎてしまっていたのなら、今回はそれが解消されるかも知れません。
また、何度か当サイトで解説している「火の気」ですが、これが発生する近辺では喧嘩や諍いだけでなく、実際の火や鋭い刃物そして事件・事故等といった激しいトラブルが絡みやすいという点を念頭に置いておくべきでしょう。

前半に発生した火星土星の合致でも同様でしたが、火の気はピッタリとなるタイミングが過ぎてもすぐに安心はできません。その効果は尾を引くように暫く続くというケースが多々散見されているため、GW近辺でも油断しないことをお勧めします。
これが今月後半の主な配置です。

4月16日
 牡羊座の新月
 新月と天王星の合致
17日
 金星と冥王星の120度
 金星と木星の180度
18日
 太陽と天王星の合致
 土星が山羊座で逆行開始
20日
 太陽の牡牛座入り
24日
 冥王星が山羊座で逆行開始
25日
 金星の双子座入り
26日
 水星と土星の90度(3回目)
 火星と冥王星の合致
29日
 太陽と土星の120度
30日
 蠍座の満月

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:中角

主な現象を解説します。

■牡羊座の新月と天王星の合致(4/16)
今回の新月位置は牡羊座で発生します。
重なりすぎて見辛い部分もありますが、以下のホロスコープでは太陽と月が一致したすぐそばに天王星が位置しています。

ホロスコープ2018年4月後半

この新月は天空の魚座に位置する(黄道を30度で区切った星座ではなく、天空にある実際の魚座です)Al Pherg(アル・ペルグ)という恒星とほぼ合致しています。
この恒星は吉兆を多く含んでおり、魚座が示す海や水そして集合的無意識のような人の心を進化させる働きを持っています。抽象的な表現ではありますが、人々の心の中で今まで曖昧模糊としていた概念等が明確化されたり意識の変化を呼び起こし、何かが解決できたり進歩できるようになるかも知れません。
また、この恒星は「水が流れ出す」という象意(しょうい)をも保持しています。
古風な解釈ではそれを具体的な水として判断したかも知れません。そして現代でも同様に治水の問題として具現化する可能性があります。そして今回は天王星と合致しているため、現代的な解釈として見ると「情報が流れ出す」という事になるでしょう。
水星が順行に戻ったばかりという事もあり、様々な流通や情報処理そして意思疎通といった面で勢いの強い流れが発生するものと思われます。

合致する天王星は新月と多少ずれており、Vertex(バッテークス)というアンドロメダ座の恒星に合致しています。
この恒星は精神の病や心の底に深く根ざした問題を解決できるチャンスを発生させますが、天王星が合致すると予想しにくい極端な方向に走りやすく、他者に理解し難い心理を誘発させるという両面の性質があります。
これらを考慮すると、新しく始まる計画やイベント、宣伝等には非常に良い効果が期待できるものの、心の奥底に潜んだ本音や不満等が思わぬ形で周囲に広まってしまう危険性もあります。
それが周囲の共感を得られれば良いでしょうが、合致というエネルギーの強さと恒星の力は必ずしもそうなるとは限りません。

■金星と冥王星の120度(4/17)
金星 牡牛座 トライン 冥王星 やぎ座
金星と冥王星は凶角の場合厳しい火の気を発生させますが、吉角の場合は吉凶混合であったり、強力な運気を発生させるといったケースがあります。一応は吉ではあるのですが、必ずしも良い結果になるとは限らない点が曲者です。
男女関係においては、相手に対する情熱の掛け方や心の内に秘めた想いの強さがプラスに働くケースが多くなります。あなたがその被対象者である場合、誰かから受けている好意を悪用したり都合よく使ってしまうとトラブルの始まりとなる点には注意が必要です。
そして金運面では大きな利益を出せる可能性があるものの、逆に大きなお金が独占や分配といった点等で問題となるという状況も誘発しやすくなります。

どのケースであったとしても欲を出しすぎないように注意したり、多少思い通りに進まなくても気にしないようにすることが重要です。
男女を問わず対人関係においては、依存心が強く出てたり執着心が強く発揮されるため、関係に置ける不公平感や片思いが強くなる点にも注意が必要です。

■金星と木星の180度(4/17)
金星 牡牛座 オポジション 木星 蠍座
前述の金星冥王星120度と同時に発生します。
これは楽しい一時を過ごせたり高価で価値のあるものを入手できる運気を発生させます。
それには当然ながら出費が伴いますが、簡単に予算をオーバーしてしまわせるという力をも持っています。凶角でありながら、その効果が良い方向に働きやすい配置の一つです。
予算が許す範囲であれば、お付き合いやショッピングそしてデート等といった楽しい時間を過ごすことができる可能性が高いはずです。
これが対人や友人といった位置に関係している場合、友人を作ったり異性と接近するのは普段よりも簡単になるでしょう。パーティや飲み会そして人が集まる場所等におけるこの効果は一層強くなることが期待できます。

しかし反面、これは楽観的な気分を誘発したり怠け癖を生み出す効果を持っており、こちらの方が凶角としての本来の意味に近いようです。
この力は、大事な用事や役目があるのに遊んでしまったり、暴飲暴食を重ねてしまったり、不摂生な生活スタイルを発生しやすくさせる力があります。
当然ながらそんな事をしてしまえば、後々運気が厳しくなった際にどうなるかは言うまでもありません。予算を確認し、義務を果たしてから楽しむことができるのならこの近辺は良い思い出になるでしょう。

■太陽と天王星の合致(4/18)
太陽 牡羊座 コンジャクション 天王星 牡羊座
この影響は新月と天王星の影響とほぼ同一です。
ピッタリの重なるタイミングがここであり、新月に関連した影響は長めとなる傾向です。

また、この太陽と天王星は牡羊座から抜ける手前の位置に来ています。
太陽が牡牛座に移動するのは年に1回という良くあるものですが、天王星が牡牛座へ入座する現象は約84年振りであり、殆どの方が生まれて初めて体験する現象です。
牡牛座は価値観や資産という「お金」や「価値がある品々」を司っており、金融等も含めこれらの分野にITや革新的な思想に基づく大きな波の発生が予測されます。今年のGW開け以降にはそれらの兆候が顕著に見えてくることとなるでしょう。

■土星が山羊座で逆行開始(4/18)
土星 レトログレード やぎ座
土星の逆行は1年に1回発生します。
今回は山羊座に入ってからはじめての逆行であり、昨年発生した土星に関連した運気が変化する最初の時期です。組織や社会構成そして計画を実行した結果について、反省したり見直す必要が発生するものと想定されます。
以前の記事で解説した通り、逆行時の土星が位置するポイントには凶意の強い恒星が合致しており、この位置で逆行を開始するという点にも大きな意味を持ちます。

◇4月前半の「火星土星合致」より再掲:

また、この2つの惑星が合致する位置には「Facies」(フェイシーズ)という、射手座にある恒星が存在します。12分割された領域としては山羊座ですが、実際の天空にある星座では射手座に該当します。
この恒星は凶意の強い力を持っており、暴力や目に関した怪我等の意味を持ちます。

これらの点から、土星が山羊座に入ってから責任と義務という土星のテーマを疎かにしてきた場合、今回厳しい逆行期間を経験する方が発生する可能性があります。もしその場合、兆候は火星土星の合致の時点で既に見えてきているはずです。
各星座が影響する運気は、土星山羊座特集のページでご確認下さい。
山羊座土星逆行特集2018

■冥王星が山羊座で逆行開始(4/24)
冥王星1 レトログレード やぎ座
これもまた1年に1回逆行を発生させますが、冥王星の力は深く静かに進行します。
殆どの場合、それによって発生した運気を認識すらできない可能性があります。
この現象が感じられるような影響下にある場合、この逆行は誰かや何かを制御したり自分の意思に従わせるという欲求に「ストップ」を掛けます。
また、心の奥底に潜んだ恐れを現実のものとさせないように防衛反応を引き起こすというケースも良く発生させます。

この逆行期間では自らの「行動原理」「この場所にいるべき意義」等について「自覚」するべく努力し、「恐れ」に左右されない「心の制御」を学ぶための時間と捉えてください。
もしあなたがこれらの「件」に関わっていて、尚且つ「何か」を「恐れて」いる事に気付いているのであれば、その分野を「徹底的に研究」することが克服のヒントとなるでしょう。

火星はこの直後に冥王星と合致し、山羊座の位置に関した欲求や衝動が大きな火の気を呼ぶことを示唆しています。
そしてこの近辺では木星は冥王星と60度という吉角を結んでいます。不当な扱いを告発したり、恐れを克服するための努力は大きな成果を上げることが期待できます。
これらを鑑みると、今回の冥王星逆行と火星との合致は支配や管理体制という点を中心に大きな変化を発生させ、それには火の気が伴う可能性がありそうです。
※「冥王星の逆行」は毎年1度は発生する現象である点、数年は山羊座に冥王星が留まる点から、現状では冥王星の逆行特集コーナーは予定しておりません。

■水星と土星の90度(4/26)
水星 魚座 スクエア 土星 レトログレード やぎ座
これは精神にストレスを掛けたり、深刻な心理を誘発させる配置です。
今年に入って三度目の現象であり、この星座の位置と角度としては今年最後です。最初に発生したのは2月前半であり、水星逆行で再発生し、今回再々度の発生となりました。
2月に発生したこれらに関連するような現象が一旦見直し又はやり直しとなり今回やっと完結を見る、、という流れに進むものと考えて下さい。水星と土星の星座ははじめから同じであるため、同じ問題が蒸し返される事になるはずです。
もしあなたが2月に何かの問題が発生したり対処の必要が発生したのなら、今回も同様の対応をしなければならない可能性があるでしょう。

◇2月前半の記事から再掲加筆:

この配置近辺では孤独感を感じたり、一人で何かを耐えたり待たなくてはならないといった状況をも発生させるケースがあります。
最初から否定的な考えが発生しやすいため、アイデアや解決策の実行等は間違って伝わっているか、最初から受け付けてもらえない可能性があります。
この近辺で何かの契約やビジネス話などが来た場合は余程用心して掛からないと、高い勉強代を払うことになるかもしれません。
この近辺では斬新さや最新の手法などは使わず、知恵と経験そして現実的な方法のみを頼りにして下さい。説明や会議等では誤解を受けやすいため、回りくどい言葉を使わず第三者のチェックや専門家のアドバイスを乞う等の対策をお勧めします。

しかし幸いにも、この配置の効果もまた短めとなる傾向があります。
もし厳しく苦しい気分を感じたとしても、長く続くと悲観しないように注意して下さい。
そしてこの近辺では孤独に感じたとしても決して諦めない事です。専門的な知識と経験が武器になるため、誰を頼るべきかという判断を間違えないようにしましょう。

■火星と冥王星の合致(4/26)
火星 やぎ座 コンジャクション 冥王星1 レトログレード やぎ座
非常に火の気が強い運気を発生させる配置です。
約2年半周期で発生し、野心と様々な欲を活性化させる効果を持っています。日本では凶悪な事件に発展する機会は少ないでしょうが、大きな話では利権が絡んだ争いが、小さな話では我侭や意地の張り合いという火種を蒔く効果があります。
人によっては誰かと競争して勝ち取らなくてはならなかったり、自分が目指す目標を達成するためになりふり構わず挑戦しなくてはならないかも知れません。
今回の発生は山羊座ですが、山羊座と土星が示す社会的な権利や義務そして公の立場が優先されるといった傾向があります。また、各星座が示す山羊座の領域が今回注意すべき分野となるでしょう。
寛容さの欠片も無い厳しい決断を下す必要性に迫られるという場合も有るでしょうが、それは誰かの恨みを買ってしまう可能性もあります。火の気がもたらす刃物や暴力といった事象が簡単に誘発しやすい事を忘れないようにしましょう。
この力は誰かや何かに向けるのではなく、職務の遂行やスポーツの記録達成等に向けることで大きな成功に変化します。しかし激しすぎる火星の力は怪我やトラブルそしてハードワークによる体力消耗を発生させやすく、制御は決して簡単ではありません。

冥王星が関連するとその配置や組み合わせの惑星等に関係なく、対象や概念といったものが大きく変容するという現象がしばしば発生します。
この力を上手に使うと、生まれ変わったかのような素晴らしい変化が待っていますが、自分の思い通りでないと気が済まないといったような拘りは非常に危険です。
余りに意地を出しすぎると、その強さが仇となって全てを失ってしまう、、、ということすらあり得るという事を忘れない事をお勧めします。

■太陽と土星の120度(4/29)
太陽 牡牛座 土星 レトログレード やぎ座
全体運に安定をもたらす運気です。
とは言え、土星は時間を掛けて構築してきた成果や実績に関する惑星であるため、昨日今日に始まった事に関してはこの運気は働きません。
長い時間を掛けて努力し培ってきたことに焦点を当て、その努力の継続を表彰してくれるが如く、幸運を運んできてくれるという効果を発生させます。

土星や時間や年齢を意味しており、年配の方の経験や知恵そして土の要素が入るような分野であったり現実的な対策は学ぶ側にとって非常に貴重なものとなるはずです。
そして企業内部や仕事等においてはノウハウの譲渡、世代間の業務引き継ぎ、高度な政治判断などが上手に進む時期です。もしあなたが責任や権限を持っていて、今まで地道に努力を続けていたのなら、この星回りは様々な形であなたに味方をしてくれます。

ただ、今回は土星が逆行しています。
その安定度はあなた自身の責任と義務をしっかりとやり遂げてきたかどうか?という点に関係します。今回は特に頑張り度合いに比例してその効果が発揮されるでしょう。

■蠍座の満月(4/30)
太陽 牡牛座 オポジション 月 蠍座
太陽 牡牛座 トライン 土星 レトログレード やぎ座
月 蠍座 セキスタイル 土星 レトログレード やぎ座
今回の満月は蠍座で発生します。
当日は月曜日ですが、暦の上では昭和の日なので祝日です。この時点では既にGWに入っているという方もいらっしゃるかも知れません。
満月は物事の完成や完了を助けるため、平日出社の場合は休みに入るまでにそれを達成しようとする動きを起こす場合もあります。そうなるとGW前の締切を頑張る必要があるというケースも考えられるでしょう。

ホロスコープ2018年4月後半

満月を構成する太陽は土星と120度を、月は土星と60度を結びます。
満月近辺で発生する物事の区切りもまた、責任と義務をしっかりこなしてきたのであればGWに向けて安定をもたらしてくれるものと想定されます。
そうでない場合、土星に合致する凶意のある恒星の影響と蠍座という激しい性質を持った効果が、厳しい責任問題を引き起こすかも知れません。
このGWを安心して過ごせるかどうか?は、土星と冥王星が逆行する山羊座の領域において、努力や精進を重ねたかが重要なポイントとなるでしょう。

■5月の簡易予測
GWを含む5月は以下のような配置が待っています。
06日
 太陽と海王星の60度
07日
 水星と冥王星の90度
08日
 金星と海王星の90度
09日
 太陽と木星の180度
12日
 太陽と冥王星の120度
 水星と火星の90度
13日
 火星と天王星の90度
 水星と天王星の0度
14日
 天王星と海王星の45度
15日
 牡牛座の新月

大きなニュースとして、中旬以降には天王星が牡羊座を離れ、牡牛座に入座します。これは後で逆行して再度牡羊座に戻るものの、約84年振りとなるこの現象は世相に多々影響を与えることは間違いありません。
この配置は金融や財政、高価な品々そして個人的な価値観や安心安全に繋がる事柄に劇的な変化を発生させる可能性があります。
また、星座移動の近辺で天王星は月と水星の2つと合致を果たし、その変化がIT等の最新技術に大きく関係することを示唆しています。
但し火星が同時に天王星の支配星座である水瓶座に入り、90度という凶角を結ぶ関係から、自由を求める権力との闘いやITシステムサービスのミスやトラブルが発生し、状況は激しいものとなり、明るい未来とまでは言い切れないようです。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年4月後半の星座別運勢
(4/16から4/30まで)