TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢

2017年6月後半の全体運(6/16から6/30まで)

今月の12星座占い
海王星の逆行による現実への対応、火星が放つ火の気の予兆
木星が順行化した事により対人関係で様々な変化が発生した6月前半でした。
戻った際の木星の位置は「悪意」「争い」「トラブル」を司る悪名高い恒星のすぐ近くです。残念ながら、気に入らない相手に対する妬みや蔑み、陰謀等の悪意を向ける行為が増えていると思われます。
しかし、相手に向けた悪意は天秤座の鏡面効果によって時間を掛けて跳ね返ってきます。相手の立場を無視したり、自分だけの身勝手な言い分を通そうとする場合、そのツケを自分で支払う事になるでしょう。
天秤の守護星は金星なので「女性」と「金銭」に関する事も同様です。また、木星とドラゴンヘッド、テイルは凶角を結んでいるため、そのツケはこの先受け取るはずだった幸運が破棄されるという形になるかも知れません。
この問題を避けるには、何より常に鏡の法則で自分と相手の関係を気にすること、そして互いの善意と思いやりをもって解決することです。占い師である私個人から見ても難しい道である事は明白ですが、一人一人の努力によって地道に解決すべき問題です。

そしてこの前半は相も変わらず火の気が強い傾向がありましたが、残念ながら後半から下旬に掛けてまたもや悪化する気配があります。
この火の気は主に権力や利権に絡むものですが、火星と冥王星が関連する場合は刃物や事故、爆発等の事件性がある現象が発生する場合もあるため注意が必要です。
また、海王星が逆行する事により、一部の方々は感受性が過敏になったり現実に辟易するような気分になる傾向もあり、各々気の引き締めが必要な時期とも言えます。

これが6月後半の主な配置です。

・太陽と土星の180度(凶角:6/16日頃)
・木星と海王星の150度(微妙な凶角:YODを発生させ月末まで継続)
・太陽と金星の45度(凶角:6/28頃まで)
海王星の逆行開始(6/17頃:夢から現実に引き戻す効果)
・金星と海王星の60度(6/21頃:吉角)
・太陽と水星が同時に蟹座入り(6/21頃)
蟹座の新月(水星を交えたステリウム:6/24頃)
火星と木星の90度(凶角:6/24頃)
火星と海王星の120度(吉角:6/24頃)
金星と冥王星の120度(吉角:6/24頃)
・水星と冥王星の180度(凶角:6/30頃)
・火星と冥王星の180度(凶角:7/1頃・影響は6月下旬から末に掛けて開始)

一見数が多く分かり辛いのですが、ポイントは海王星の逆行がある17日頃と、新月がある24日以降を中心に連続で発生する凶角が多い配置です。

この24日には新月がある点から、この後半は24日近辺から末に掛けてがウィークポイントとなるでしょう。
今回も複雑なので配置を準備しました。
これが6月後半の影響度グラフです。
占い惑星グラフ2017年
月末に掛けて更に火の気が強くなる点に注意して下さい。

■海王星の逆行開始
(17日頃)
海王星の逆行も1年に1回発生しますが、これは我々の曖昧な認識を止めさせ、一旦現実に引き戻す効果を与えます。
そして生来内向的な傾向が強かったり、周囲からの目に対してナイーブな性格の場合、この時期にはそのアンテナが不必要に活性化し過ぎてしまう可能性もあります。
この惑星は世代的な影響が色濃く、出生時に逆行していればその影響も顕著ですが、そうでなければ余り気づきにくいかも知れません。

そして言うまでもなく、誰しも現実と向き合うのは辛いものです。
しかし夢を見させる「海王星」という惑星の逆行は、その夢を見る時間を奪い、問題に立ち向かって解決を促すかのように「現実」をまざまざと見せつけます。
人によってはさほど影響を感じない可能性もありますが、映像関係の業界、誰かに夢を見させる商売、そして個人レベルでは「現実を見ないように」自分に言い聞かせているような場合、この配置は逆風や精神の耽溺(たんでき)を発生させます。
もしこの期間にそんな気分になったとしても、それは嫌がらせで発生しているのではありません。今置かれている現実を足がかりにして、更にもっと先の夢を見せるべく立ち止まらせているだけです。

海王星は液体や薬そしてお酒、又は編集されたり改ざんされた映像、そして改変された記憶も司ります。
現実にがっかりするのは良くあることなので仕方ない部分があるにせよ、現実の苦しみを逃れるために、思い出やお酒・薬等に頼ってしまうと、海王星逆行の暗黒面をそのまま進んでしまうだけです。
海王星の逆行があなたに強く影響されるようであれば、妄想に逃げずに逆風に立ち向かうか、心が苦しくなるものを避けて精神面のバランスを取って生活するか、という策が考えられます。

■金星と海王星の60度
(吉角:6/21頃)
この配置では美意識を強化します。こういう表現は抽象的に聞こえるかと思われますが、具体的には、恋愛面で意中の人やアイドルそして有名人等に憧れる気持ちを強くする効果があります。この恋愛効果は盲目さや映像イメージそして印象操作等の効果が発揮されやすい傾向にあります。
金運面では未来の希望を漠然と見せてくれたり、芸術的なものそして精神的人道的なものから金運を運んでくれるという効果があります。
また、海王星は本来の魚座にいるため、思想団体や政治活動等への参加等を誘発させるため、それらの活動が普段より活発化する事も想定されます。
しかし今回は海王星が逆行した状態で構成されるため、結果が良い方向に向かうとは限りません。感受性が強くなりすぎるため、主張内容に矛盾が生じて上手く行かないか、現実を見せられて落胆する可能性もあります。
海王星は映像やイメージ操作にも関係するため、それらを活用したり自分の主観で印象を変えようとすると、粗が目立ったり逆効果になる危険性もあります。

■木星を頂点としたYOD(発音「ヨッド」)
(6/20頃)
これはドラゴンヘッド並に聞きなれない言葉のはずです。
YOD(ヨッド)とは、60度1個と150度2個を組み合わせた二等辺三角形の事を指します。今回は木星と海王星が長い間構成し続けている150度に加わって発生します。
占い師によっては「神の指」という表現をし、「宿命的な人生」や「悲劇的な状況」を創り出すという解釈をされる事もあるようです。
当サイトとしては、これはある程度特徴的な出来事が発生する可能性はあるものの、一部で言われているような「宿命的で悲劇的な出来事」「神の意思で動く人生」といった効果には疑念が残るという解釈をしています。
当サイトではYODを「今の自分にできる役割を果たす」という時期が来るものと捉えています。その役目は大きくても小さくても関係ありません。自分の役割を正しく果たす必要があるというだけの事です。
全体運気ではYODはそこまで重視しづらいものがありますが、今回はYOD発生時に特徴的な現象が発生したので敢えて取り上げてみました。

これがYOD発生時のホロスコープです。
本来二等辺三角形を構成する3つの惑星だけで良いのですが、今回は月も参戦しています。

YOD発生時のホロスコープ

この三角形は逆行が終わったばかりの木星、逆行に入ったばかりの海王星、金星と月で構成されています。
YODのエネルギーは鋭い頂点に向かうため、この時期は年間木星テーマについて役割を果たす必要がある事を意味しているようです。木星の天秤座は対人関係という共通のテーマがあり、金星が絡む事でそれは「女性」の立場や役割とお金の問題も絡んできます。
逆行している海王星は「都合の良い夢や曖昧さ」を諦めて、現実を改善するための具体策を出すように求めて来ます。今回はゲストに月が入る事で、各々が親から貰った身体と、その健康状態も影響します。
憂鬱さを作り出し兼ねない木星と海王星の凶角ではありますが、このタイミングで木星テーマに於ける各自の役割を考えてみては如何でしょうか。上手く行っていないのなら、これらの件を自分に当てはめて考察、実行すると風向きが変わる可能性があります。

■蟹座の新月
(6/24頃)
今回は太陽と水星がほぼ同時に蟹座へ入座し、直後に新月を発生させます。
そのため、「太陽・月・水星」がほぼ合致する「ステリウム」という現象を発生させます。
これが新月のホロスコープです。

ステリウム時のホロスコープ

新月は占星術的に見ても太陽と月が合致して発生する現象です。
多少時間がずれると以下のように惑星が近い場所で均等に並びます。

惑星並び時のホロスコープ

これは蟹座を中心に多忙かつ情報や書類に関する新しい計画や出来事が始まる事を意味します。すぐ隣に火星がいるため、火星が影響を及ぼす分野(全体・各星座毎で各々意味が違いますが)にもそれが影響します。
蟹座の新月は守護星である月の影響も強く、家族や仲間との「絆」を重視したり、そして身内や目下の誰かを「育てる」「守る」といった「強い感情」を伴って始まる事になるでしょう。

■火星と木星の90度(凶角:6/24頃)
■火星と海王星の120度(吉角:6/24頃)

木星と海王星がほぼ正確に150度を結んでおり、間に火星が入ることで天空に変則三角形を描き出します。

火星と木星の効果はビジネス等に発展のチャンスを与える配置のため、リスクを取って勝負を賭けやすい時期ではあります。しかし傲慢さや性急さをも与える配置であり、戦略を必要とする勝負での判断ミス、そして早とちりによるミスがマイナス面です。
そして同時にこの時期のエネルギーは簡単に使い果たす傾向にあります。熱狂に歯止めが掛からない場合、あっという間にその資源や軍資金そして体力を使い果たしてしまうかも知れません。当然ながら、事故や怪我も発生しやすくなります。
蟹座の火星は水でありながらも感情が激しくなります。そして木星が航行する天秤は風であり煽る効果も持っています。この効果がマイナスに働けば「心」と「現実」の火の気が簡単に拡大するため、火の管理には注意したほうが良いでしょう。
(火の気の拡大は早いのですが、火星は通常速度で抜けていくため鎮火も早いはずです)
また、火星は蟹座を運行中でありその蟹座のシンボルは守り育む事です。
火星の影響による何かを守るための「戦い」という行動は、火星が意味するもう一つの要素である「医療」(現実には通院や入院、そして刃物を使う手術等)という形で実現する場合もあります。

同時に火星は海王星との吉角も結んでいます。
これは深層意識から来るインスピレーション、又は人類共通の理想といった崇高な目標に向ける意欲を活性化させるという配置で、物質的な事よりも精神的・道徳的な何かを達成するための活動が活発化する可能性があります。
そしてこの角度は慈善活動や保護等の意欲を誘発させる力をも持っています。
海王星は逆行を開始した状態で角度を組むため、これらに関係している方は思いもしなかった「現実」を目の当たりにして一念発起するのかも知れません。

■金星と冥王星の120度
(吉角:6/24頃)
先月後半、金運と愛情運に極端な変化を発生させたこの2つの惑星ですが、今回は主にプラス方向へその変化を発生させます。
恋愛面に働く場合は異性との関係が良くも悪くも深くなる傾向にあり、そのご縁は一旦繋がると簡単には切れにくくなります。この時期に出会ったり付き合ったりした場合はお互いに何かの糸で繋がっているような感覚があるかも知れません。
しかし冥王星は現在逆行しているため、人によってはその繋がりが切れる事を「恐れる」余り臆病になったり、維持するために「強迫観念的」になる場合もあります。
金運に向く場合、これは贅沢品が欲しくなったり金融商品の売買や投資等で利益を上げることができる時期である事を意味します。
これもまた、何かの脅迫的な衝動が発生して購入や売買に繋がる可能性がありますが、冥王星が吉角の場合は多少危ない橋を渡っても致命的にはなりにくいケースがあります。

■水星と冥王星の180度
(凶角:6/30頃)
知性が鋭くなり、対策を生み出す力と隠された秘密を暴き出す力を与える配置です。
不正行為や秘密の情報を証明・開示したり、入り組んだ問題の根幹に到達させる効果があるため、何かを深く探っていくような仕事(捜査・調査・分析・心理学)では良い成果を上げやすい時期でしょう。
反面、冥王星が凶角で絡む時は「強烈」で「極端」そして「脅迫的」な力も影響します。冥王星の逆行は「何かの破綻」を「恐れる」余り強迫観念的な行動を仕向けます。
誤った方向に力を使えば思考や心理状態を極限まで追い込んだり、お金や統計等数字に関わる場面では破綻するような状況をも作り出してしまいます。
天王星同様、冥王星もその影響は短期間しか続きません。しかし冥王星の効果は激しく、判明した秘密が暴かれた結果、その件では大きな破壊と再生が行われて運気や状況が一変するでしょう。

■火星と冥王星の180度
(凶角:7/1頃・影響は6月下旬から末に掛けて開始)
ピッタリの角度は来月ですが、火星が蟹座に入った頃から既にその影響が僅かずつであっても発生し始めている可能性があります。
先月から元々火の気が強い状況が継続していましたが、この配置も非常に強烈です。野望・成功欲・権力欲等々の闘争本能を煽り争いを誘発させる配置です。
これもまた冥王星の逆行があるため「地位や利権を失う」という、理解しやすい「恐怖心」が心の奥底で影響している可能性があります。
この運気に当てられて、自分に反するものは全て敵と見なしたり、道理が通らない誹謗中傷や名誉毀損等のような「攻撃」をした場合、簡単に敗者の境遇に追い込まれる可能性があります。逆に相手の攻撃に対しては正しく反撃し、防衛しなければなりません。
この力を正しく使うことができれば、困難を乗り越えライバルを退け勝者になれるチャンスを与えてくれます。しかしその手段は法律や手続きに準拠した正しいものである必要があり、どのような挑発・威嚇・工作も全て敗因の一つになってしまいます。
これもまた、水星の件と同様に状況を一変させてしまう力があり、細心の注意と感情制御、そして心の余裕が求められる難しい配置です。

そしてこれらの権力闘争に関係しない立場にあったとしても、この角度は突発的な事故・火災・爆発や犯罪を発生させる事があるため、「火の元」「刃物」の管理には注意されることをお勧めします。火の気が強い運気に冥王星が入る場合、火のエネルギーが圧縮されるため(様々な意味での)「爆発」がキーワードとなる点に注意して下さい。 また、この水星・火星と冥王星の180度のタイミングでは、水星と火星も合致します。
そのため、移動手段(車・電車・飛行機・その他)を使用した際の事件や事故、そしてIT機器や情報通信系でのトラブルも起こしやすく、送信前の一呼吸と再確認がトラブルを防いでくれるでしょう。

7月には以下のような現象が待っています。
・火星と冥王星の180度(凶角:7/1頃から)
・天王星と海王星の45度(凶角:7/5頃から)
・金星と冥王星の135度(凶角:7/7頃)
・山羊座の満月(冥王星と合致:7/9頃)
・太陽と冥王星の180度(凶角:7/10頃)
・海王星を頂点とするYOD(吉凶混合:7/13頃)
・火星と天王星の90度(凶角:7/15頃)

今月から始まっているかも知れませんが、来月早々も火の気が強いため身の回りの刃物や可燃物や事故等に注意して下さい。
そして満月は冥王星と合致し、感情の爆発を誘発しやすくなっています。
吉角が無いわけではありませんが、かなり荒れ模様の運気となるでしょう。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2017年6月後半の星座別運勢(6/16から6/30まで)