TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢




2019年2月後半の全体運
(2/16から2/28まで)

今月の12星座占い
金星冥王星の激化、誤解と混乱の再発予定
2月前半は激しい火の気が発生する配置があったため、強烈な運気の変化を体感されたり、ニュースで嫌な出来事を見聞きされたのではないでしょうか。
火の気は激しい感情を引き起こし、刃物や火という物理的な面においてもその威力を引き上げる効果があります。誰かが気に食わないといった日常生活の小さなものから、国家間の争いに至るまで様々な範囲でこの効果が影響しており、この先も遺恨を残す可能性が懸念されるでしょう。

天王星は来月には牡羊座を抜けようとしていますが、この際の位置を運行する天王星はあまり望ましくない影響を発生させています。
元々この位置は常識や体制への反乱、そして理解し難い思想や主義主張を増長しやすくさせる効果があります。火の気を持つ火星がこの天王星と今月中旬頃に合致した関係から、社会的に大きな影響を発生させました。
これはアルバイトが行う悪戯や、国家レベルの決定事項に対する反発といったものまで含め、平穏な生活に挑戦し破壊するかのような要素が存在します。
また、これには後先を考えずに衝動的に行ってしまう効果もありますが、後悔してからは遅いという危うさがあるにも関わらず、その最中には周囲が全く見えないという点が特徴的でもあります。

反面、革新的な最新技術を発明・発案するには最適な時期でもあり、この力は科学の発展のために使うと一気にブレイクスルーが期待できます。
ただ、天王星はもう牡牛座に移行する直前です。反発心や反体制に関する件は今までと同じようには行かず、防止策などが整備されたり制限が掛かることによって鳴りを潜めるか方向が変化する傾向が想定されます。
そして技術面においては、革新よりも実用化や安定化が重視される傾向が強くなるため、可能であればこの近辺で方針や技術固めをしておく必要はあるでしょう。

そしてこの2月後半は別の激しさと、混乱の予兆が控えています。
これが2月後半の主な配置です。

そしてこの2月後半は別の激しさと、混乱の予兆が控えています。
これが2月後半の主な配置です。

18日
 山羊座で金星と土星が合致
 水瓶座太陽と牡羊座天王星の60度
19日
 太陽の魚座入り
 魚座で水星と海王星が合致
20日
 乙女座の満月
 魚座水星と山羊座土星の60度
23日
 山羊座で金星と冥王星が合致
 魚座水星と射手座木星の90度
25日
 魚座水星と山羊座冥王星の60度
27日
 魚座太陽と牡牛座火星の60度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

今回は吉凶混合がバランスよく配置されたように見えるかも知れません。
しかし金運恋愛運に波を起こす激しい配置が一つ、そしてこの先逆行現象によってトラブルを引き起こす可能性がある配置が一つ存在します。
せっかく一度沈静化したかのように思えたこの2月ですが、別件で発生する激しい状況は一部の方々にとって注意が必要となるため油断ができません。

そして、来月水星は逆行を控えています。
この現象によって、2月後半に発生する幾つかの現象は来月に再発することになります。
今回発生する水星関連の現象についてはここで終わらず、再調整の必要があるかも知れないという点を心に留めておくと良いでしょう。

以下に主な現象を解説します。

■山羊座で金星と土星が合致(2/18)
恋愛運や対人運等では孤独感を、金運面では欠乏感を発生させる配置です。
土星は責任と義務そして時間がキーワードとなるため、今までこれらを軽視してきた場合、重く感じられるケースがあります。逆にその責務を遂行してきたのなら、面白みこそ無いものの安定感や堅実さを感じられる時期となるでしょう。
元々仲がよい状態にあったとしても、この配置の影響を受けるような場合は、愛情や友情よりも実利(利益や都合)といった点を優先する傾向となるケースが多くなります。

この配置一つだけではそこまで酷い状態になるケースはあまりありませんが、ここ数年は土星と冥王星が同じ山羊座で近い位置に接近しており、孤独感を払拭するかのように激しい感情へと移行するという傾向も想定されます。
誰かや何かを頼ったり自分の側が利益を得ることを中心に考えていると、この配置は厳しい運気となる可能性もあります。この近辺で発生するイベントは重要なヒントを反面教師の形で教えてくれる事もあるため、冷静に分析する事が賢明です。

■水瓶座太陽と牡羊座天王星の60度(2/18)
予想が付かない嬉しい驚きと楽しい時間を提供します。
PCやスマホ等も含む新しい技術や発明品、又は興味を持った分野等にチャレンジしたり自由を求めて行動する事にも適しています。
同じ日に発生している金星と土星の合致という現象と比較すると、この配置は正反対の事を言っているように聞こえるかも知れませんが、これらの惑星の組み合わせは別の星座で発生しているため、責任や義務を感じる分野とは別の分野で発生する事象となります。
普段のサイクルとは違ったスケジュールとなったり、気分転換ができる時期となる可能性もあるでしょう。創作活動やIT等といった最新技術に関する発明や工夫、そして個性や趣味嗜好等を追求するにも良い時期です。
しかしこの効果期間は短めであるため、この状況が長く続くとは考えない方が無難です。
そして天王星の位置は牡羊座ギリギリにあり、主義や思想そして宗派等といった点においても総決算となるようなイベントが発生するものと思われます。

■太陽の魚座入り(2/19)
この位置の太陽は他者への共感を体感させる傾向があります。
精神性を強くし、利益だけではなく弱者やマイノリティへの救済を社会的に意識させるという力があるため、慈善的な考えや活動が評価される傾向があります。
この太陽は魚座に入ってすぐに満月を発生させ、反対側にある乙女座の潔癖さや完璧主義等がこれに影響するため、女性の視点に基づいた変化を誘発させるでしょう。
しかしその考えに同意しない相手に対して辛辣になる可能性もあるため、理解を得るための努力や表現手段をどうするかという点は重要です。

■魚座で水星と海王星が合致(2/19)
コミュニケーションに混乱と誤解を、そして精神や思考に非現実よりのパターンを発生させるという問題のある配置です。
現実世界ではそれが伝達ミスや嘘そして裏切りなどのような面倒ごとにつながっていくため、この近辺では話し合いや契約などはお薦めできません。
海王星は薬や毒も司りますが、強い配置はたいてい毒としての側面が多くなり、精神や液体に関連した毒が効きすぎるという傾向も想定されます。

一部、創作作家であったりオカルトなどの分野に関してのみ、この配置はプラスとしての効果を発生させてくれます。ハリウッド映画のようなファンタジーであったり、空想文学や漫画などといったジャンルでは素晴らしい作品を生み出す後押しがあるでしょう。
占星術も含め、こういった分野の勉強や活動をしている方々には吉運ではあるものの、やはり誤解は発生しやすいため、フィクションで有ることを前置きすべきです。

来月は水星が逆行し、この再合致の位置まで水星が戻ってきます。
満月のタイミングでこの現象が発生し、その後ここまで戻ってくるということは、この近辺で話した事やイベントなどは誤解や混乱を発生させ、大きな問題になりやすいという事を示しています。
この近辺での説明や話し合い、プレゼンや契約事項等は十二分に注意して確認をしておかないと、来月になってから手戻りで時間を取られてしまうかも知れません。

■乙女座の満月(2/20)
今回の満月は乙女座で発生します。
天文学的にはスーパームーンとなっており、占星術的には意見が分かれる部分もありますが、効果が強めと考えて頂く事で良いかも知れません。
これがその近辺のホロスコープです。

ホロスコープ2019年2月後半

乙女座にあるこの満月は、感情を高めたり物事を完成・完了させる効果があります。
満月が天王星と120度という吉角を結ぶため、自由や権利そして反骨思想といった分野を謳歌する方が増えるかも知れません。
ITや最新技術という点に向けることができればそれは良いのですが、天王星は火星と合致したばかりであり、体制への反発心を増長させてしまうという傾向も想定されます。
マイノリティ側がメジャー側に強硬な意見を出す傾向もありますが、それはこの近辺がピークであり、今までと同じ方法で先に進むことは難しくなるはずです。

また、ほぼ同時に水星と土星の60度という吉角が構成されており、太陽と同じ魚座では海王星と合致したばかりの水星が運行しています。
これは自由や拡大のチャンスを求める心が盛り上がる一方で、それが混乱や誤解の始まりであったり、何かの制限や責任・義務等について考える必要がある、という2つの側面を持っています。

そして満月における月の側では2つ恒星が合致しています。
おおぐま座のPhecdaという恒星はさほど月に対する影響はありませんが、しし座のRegulusという恒星は、独立心・自立心という心理を誘発させ、主に女性の心理に対してこの効果を発動させます。
フェミニストや女性の社会的地位向上のために活動されている方々はこの影響を大きく受けることが想定され、世界中で平等に関するニュースを見聞きする事になると思われます。
女性を示す金星は土星と合致し、社会的な地位に対する向上と堅実さを示していますが、その後冥王星と合致するため、感情的にならないよう注意は必要です。
そして同じ星座では水星と海王星が合致しており、来月には水星が逆行して海王星の位置まで戻ってきます。この満月近辺における情報のやり取りには誤解や混乱を招く要素が存在しているため、明確なメッセージ性を持つように心がけると良いでしょう。

■魚座水星と山羊座土星の60度(2/20)
現実的で的確な判断を助けるという効果がある配置です。
一般的なデスクワークと不動産・建築や社会構築に関連した分野に対して特に追い風が期待できます。
水星は魚座を運行しているため、大きなビジョンであったり直感などを優先するような傾向を持ちますが、土星の力はそのマイナス面をカバーし、理想と現実を程よくブレンドした着地点を見つけやすくしてくれるでしょう。

コミュニケーションでは実務的で誤解が無い内容が伝わりやすく、着実な学習と理解そして教育・指導等でもプラス効果が期待できます。
その分細部に拘りがでやすく、些細な事であってもリスクや心配の種として感じられることが多くなる可能性もあります。

水星はこの後逆行し、この配置が再発する予定となっています。
そのためこの近辺で発生した堅実に見える話には調整が入る可能性も否めません。それでも建設的に進むことはほぼ間違いなく、悪い方向には行かないはずです。
この近辺でこういった話が出た場合は、近々再調整が必要になるかも、、、という気構えを持って進めておくと良いでしょう。

■山羊座で金星と冥王星が合致(2/23)
恋愛・愛情運と金運に極端な行き過ぎを発生させやすい配置です。
愛情の欠乏による欲求であったり、その裏返しのような行動が伴いやすく、しばしば男女間の激しいドラマを作り出す要因となる傾向があります。金星は女性を司る惑星であるため、女性の視点や女性をターゲットとした事象は良くも悪くも強烈なものとなるでしょう。
金運面でも同様に欲が元になって様々なトラブルや強烈な言動が周囲を巻き込んで騒動になるといった形で具現化しやすく、警戒が必要となります。

そして、これは魅力やお金などに起因する不平等な権力や関係を誘発します。
これらに関することは我慢していても仕方がありませんが、正面から反発するだけでは解決が難しいことがあります。現代社会では録音や録画による証拠といった情報が、不平等な関係を正すための有効な手段として存在しているため、そういった対処を考えるべきです。
これを読んでいる読者の方々におかれましては、この近辺において嫉妬や激情などといった感情も含め、決して誤った方法を取らないよう心がけることを推奨します。

■魚座水星と射手座木星の90度(2/23)
急速な拡大と発展が発生し、細かい問題を考えずに目的を優先とするような心理を誘発させる効果があります。
水星はコミュニケーションと移動そして学習などに関連するため、星座などの構成によっては独善や傲慢といった印象を他者に与えてしまうという可能性もあります。この惑星群がお金に関連した場所に存在する場合は、無駄な出費や借り入れに注意してください。
木星は吉星であり支配星座に位置することから嬉しい発展効果が期待できますが、過度に楽観的な思考パターンを生み出しやすいという点、そして90度の組み合わせの場合はその幸運と思える拡大が一部仇となるケースがあるという点から、当サイトでは念の為凶角扱いとしています。

また、この配置は「思わず口が滑る」という危険な側面を持っており、同日に発生している金星と冥王星という強烈な配置に拍車を掛けています。これらが発生する星座は互いに違うため、直接的というよりは別の領域に影響が飛び火するという可能性を意味します。
リスクを軽視する甘い考えと余計な一言が、その人の立場を揺るがしたり先々の雲行きを怪しくしてしまうかもしれません。この近辺では気を引き締める姿勢が問題を遠ざける秘訣となる事をご記憶下さい。

この配置もまた、水星の逆行によって再発を予定しています。
今回が1回目となるため、ここで発生した事象は良く記憶しておいた上で同じ轍を踏まないよう心がける事を推奨します。

■魚座水星と山羊座冥王星の60度(2/25)
精神に集中力を与え、知性に鋭さを与える配置です。
物事に対する姿勢は浅くいい加減なものではなく、深さや本当かどうかという点にシフトしやすいため、表面だけの曖昧なやり取りは好まれないでしょう。
その分、研究職に従事する方々や物事を深く調査するような業務・役割がある方々などにとっては嬉しい追い風が期待できます。

冥王星は物事の本質を貫くため、水星のコミュニケーションやメッセージなどという効果は他者の判断を揺さぶる説得力を持つという効果があります。
しかしこの効果はマイナスに使うことも可能という側面があります。水星の精神や知性を、もっともらしい言葉と強制力で相手を無理に変化させるという、心理戦や弱めの洗脳に近い影響力を発生させることもできなくはありません。
冥王星は一度目覚めさせてしまうと、トランプのジョーカーのように止めることができない隠れた力を持っています。一度その変化が起きてから収拾に困らないよう、発する言葉がもたらす結果を考えて行動することが望ましいでしょう。

この配置もまた、水星の逆行によって再発を予定しています。
上手に使うことができれば非常に運気好転にも役立つため、この近辺で発生したイベントを記憶することも重要です。

■魚座太陽と牡牛座火星の60度(2/27)
情熱と意欲を高め、目的を達成するための後押し効果がある配置です。
太陽が入ると全体運に関連するケースが多くなりますが、火星は競争が必要な分野であったり医療等という刃物を扱う分野等に関係します。
この近辺は、多少強引であったとしても強気な方が成功に近づける可能性が高くなるでしょう。逆に引っ込み思案な姿勢や態度は歓迎されないかも知れません。

■3月前半の主な予測
来月は大きな状況変化が待っています。
天王星の牡牛座入りが本番化し、84年振りに金融システムと地球が生み出す産業などの大規模な変化の時期に突入します。
このような大きな運気の切り替わりの際には、大きな企業の売上が低下したり今まで流行ってきたものが衰退したり忘れられ、新しい文化や流行りが発生しつつあるといった兆候が見受けられます。

これが3月前半の主な配置です。

01日
 山羊座金星と牡羊座天王星の90度
02日
 金星の水瓶座入り
05日
 天王星の牡牛座入り
06日
 魚座水星の逆行
07日
 魚座で太陽と海王星の合致
 魚座の新月
09日
 魚座太陽と山羊座土星の60度
11日
 牡牛座火星と魚座海王星の60度
14日
 牡牛座火星と山羊座土星の120度
 魚座太陽と射手座木星の60度
15日
 魚座で太陽と逆行水星が合致

激変はこれだけに留まらず、まず水星が魚座ギリギリの位置で逆行を開始し、その後太陽と合致します。この逆行位置の恒星は水星に対して悪影響が大きく、誤解や病気そして文書や交通などに関連したトラブルを発生させる傾向があります。
天王星の牡牛座移行本番とほぼ同時に逆行が発生するという現象は、この移行による大きな状況変化に対して非常に難しい問題が伴う傾向を示しています。金融システム等の移行のためには、既存の仕組みや古い体制をしっかりと見直して臨む必要があるでしょう。
今月中旬頃に大きなトラブルを経験している場合、この移行に伴って運気の大幅なダウンを発生させやすい点も要注意です。
そして直後に発生する新月は海王星と合致しており、これもまた混乱を伴うとともに病気に関連したマイナスの要素を孕んでいます。普段よりも健康には注意を払い、迂回や後戻りに備えておくことがこの先のあなた自身を助ける事になるでしょう。

来月もANGEWORKの占星術をよろしくお願い致します。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2019年2月後半の星座別運勢
(2/16から2/28まで)