TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 乙女座

乙女座 2018年2月後半の運勢

乙女座

2月後半の乙女座

16日は水瓶座で新月が発生します。この位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司っており、この位置の新月は職場や毎日のルーチンの無駄や問題を片付け、刷新すべきタイミングである事を示唆しています。
身体と仕事にダメージを与えていた悪習慣を排し、快適で新しい日々を始める事を目指すとよいでしょう。
また、新月と水星の合致はこれらに関係する事柄にコミュニケーションの多忙さや事務手続き等といった作業を付随させる可能性があります。または、これらに関連した嬉しいニュースを見聞きし、それによって何かを決めるといったケースも考えられます。
但し、各惑星と木星凶角効果の残滓「肥大・誇張」はこれらにリスクを与えています。気を引き締める事がこの先の堅実な発展に重要となるでしょう。

同、16日は金星と土星の60度が発生します。
金星の位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座、土星の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座です。
これは恋愛運と金運が大きく関連する運気であり、仕事の関わりやビジネスそして投資等の相手がそのまま男女関係となる可能性があります。特にこれはこの近辺で出会い繋がる関係にその傾向が高くなるでしょう。
また、誰かの子供がその件に関連する場合、その関係や契約などには責任や義務などが大きく関わってくるかも知れません。

17日は太陽と水星が「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る水瓶座で合致します。
これは前述の新月の効果に近く、これらの分野に関わっている場合はコミュニケーションと書類チェック等で多忙になる可能性があります。
この位置の合致は、職場での慌ただしさと重要なニュースが入る可能性を示唆しています。健康状態が気になるのであれば、この時期は精密検査に適しているため、確認しておくことが望ましいでしょう。

同、17日は火星と海王星が90度という凶角を結びます。これは情報混乱や自信喪失等といった問題を発生させる面倒な配置です。
火星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る射手座、海王星は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座にあり、家族とパートナーの関係に悩む可能性があります。あなたは本当にここが自分の居場所なのかという迷いが生じるかも知れません。しかし過去を良く思い出しすぐに結論を出さない事が賢明です。
なお、自宅での怪我や薬の誤用そして水周りの事故等にも注意して下さい。
19日は太陽と水星が「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座に入座します。
この位置にこれらの惑星が入ると、1対1の関係となっている誰かと協力が必要になったり、話し合いや相談をする時間が大きく増える事になるでしょう。
これは否応なしに会話の相手というものを必要とする時期であり、一人で考えたり検討してしまうと目的が達成できない恐れすらあります。ここでは今までの状況に対してバランスを取るという動きが発生する可能性もあり、1対1の関係となっている相手との距離や力関係を調整することになるかも知れません。

22日は水星と土星が60度という吉角を結びます。これは現実的な思考や判断を必要としたり、知識と経験が問題解決に必要となる状況を発生させる傾向があります。
水星は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座、土星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座にあり、パートナーの関係に真剣さが求められます。
この近辺では真面目な態度や話題であるほど運気に好影響を与えるでしょう。特にパートナーと契約したり決め事を固めるには良い時期です。また、投資やギャンブルは了承を貰った上で堅実なものに絞ると吉です。

同、22日は金星と海王星が「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座で合致します。この配置は恋愛運において理想を投影させたり、金運面での混乱等を発生させます。
この近辺では、あなたは意中の異性に対するイメージを間違って理解している可能性があります。この近辺では現実をしっかり把握し確認することが難しく、後になってからその問題が吹き出して「こんなはずでは」という気分になるかも知れません。
既に気心を良く理解しているパートナー(1対1の関係ならビジネス個人性別問わず)であれば、その関係は理想に近づいたと感じる可能性もあります。

25日は金星と火星が90度という恋愛と金運に問題を発生させる凶角を発生させます。
金星は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座、火星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る射手座です。
これは同性したり配偶者がいる場合、家庭内の不和と喧嘩を示す厳しい運気です。役割分担の不公平さや意見の衝突などといった件はあなたを悩ませる事になるでしょう。
もし関係を続けたいと願うのであれば、譲歩すべき部分は相手ではなくあなたの側にあるはずです。この近辺で出会う相手とも似たような関係になる可能性はあり、時期をずらす等といった工夫も考える事が賢明です。

26日は水星と海王星が「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座で合致します。
これは判子が必要な契約、そして誰かとの約束事が混乱し問題となる時期です。この近辺では一旦決めた何かに対して互いの認識が違っている可能性が高く、この近辺ではサインや捺印は避けることをお勧めします。
結婚に絡んだ約束や決め事もご法度です。配偶者やお付き合いしている相手とも下手な事を言わない方が賢明でしょう。理解しているはず、、と考え始めたらそれは黄色ではなく赤信号です。

全ての星座に関係する「2月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い