TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 乙女座



乙女座 2019年2月後半の運勢

乙女座

2月後半の乙女座

■山羊座で金星と土星が合致(2/18)
 [金星:恋愛・子供・趣味・投資]
 [土星:恋愛・子供・趣味・投資]

これは恋愛運と社交運に停滞を発生させる配置です。
趣味でのお付き合いや子供との関係といった点でも同様にその関係はなかなか盛り上がらず、無理をしても場が白けてしまうだけでしょう。この近辺では人様とのお付き合いにおいては大人しくしておく事が賢明です。
また、投資やビジネス等においてはお金を掛けたくなる気分が出たとしても、堅実なジャンル以外は良い結果に繋がらない傾向があり、リスクが少ない対象が無難です。 創作活動などをしている場合は、作風が古くなりがちな点に注意を。

■水瓶座太陽と牡羊座天王星の60度(2/18)
 [太陽:仕事・職場・日常習慣・健康]
 [天王星:共有資産・税ローン債務遺産・男女関係]

職場環境で刺激的な気分が味わえる時期傾向を示します。
大抵の場合、今の環境に新しいIT機器が導入されたり、業務シーケンスなどの面において新鮮な配置構成に変化するという傾向が想定されます。
それらは共同で管理する資産として扱われたり、減価償却などの支払い方法を選択することになるでしょう。快適なワークスタイルは、あなたと周囲のモチベーションを大きくアップさせてくれると思われますが、効果期間は短めなので慣れがでるかもしれません。

■太陽の魚座入り(2/19)
 [太陽:対人・パートナー運・結婚・敵]

1対1の関係にある誰か(個人ビジネスを問わず)に対する運気が焦点となる時期です。
信頼関係を築き、互いの立場を尊重できるパートナーの存在は、人生において必ずどこかで必要になってくるものです。
相手の反応や挙動を通して自分自身の理解を深めるべき時期でもあり、どのように相手に見られているかという点も重要となるでしょう。

■魚座で水星と海王星が合致(2/19)
 [水星:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [海王星:対人・パートナー運・結婚・敵]

1対1の関係にある、個人ビジネスを問わない誰かの発言や姿勢には注意が必要です。
何かを隠しているか、その言葉がいつも真実とは限らないかもしれません。特に紙にハンコを押すような契約や結婚などのような分野では、この時期の締結は推奨できません。
時間をかけて相手の信頼度を確かめるだけの慎重な姿勢を持つことが、あなた自身を助けることになるでしょう。

また、来月水星は逆行し、この位置まで戻ってきます。この近辺における様々な「情報」と「言葉」はあなたに誤解と混乱のトラブルを運んでくる危険性があることを示しているため、何事にも用心してかかることを推奨します。

■乙女座の満月(2/20)
 [太陽:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [月:外見・個性・スキル・存在意義]

この位置の満月はあなたの感情を表に出しやすくするという効果があります。
今まで黙って何かを我慢するようなことが続いていたのなら、この近辺ではハッキリと言ってしまう機会があるかも知れません。
親密なパートナーに予期せぬ波乱を巻き起こしていた天王星は、間もなくその位置を離れようとしており、そろそろ無駄な柵(しがらみ)を外して行動すべき時期を教えてくれています。
乙女座であるあなたは勝算の無い無謀な行動はしないでしょうから、一度計画を立てて決心したことは計算通りに進むはずです。本当に望んでいる事は明確な意思がなければ簡単には手に入らないということを心に刻んでおいてください。

■魚座水星と山羊座土星の60度(2/20)
 [水星:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [土星:恋愛・子供・趣味・投資]

これはコミュニケーションに明確さと実務的な成果を与えてくれる配置です。
1対1の関係にある誰かと交渉したり、契約または捺印が必要な処理を行う機会が発生しやすくなります。常にハンコが要るとは限らず、約束という形になるケースもあります。
投資にも向いている時期ですが、恋愛運と社交運は低めです。冗談は通じず周囲の顰蹙(ひんしゅく)を買う可能性もあるため、真面目な話に終始することが良いでしょう。

そして水星は来月逆行し、この近辺で発生したイベントは調整が必要になる可能性があります。
どのようなケースにも対応可能なように想定し、先々のスケジュールに余裕を持たせておくと、あなた自身の評価アップにも繋がります。

■山羊座で金星と冥王星が合致(2/23)
 [金星:恋愛・子供・趣味・投資]
 [冥王星:恋愛・子供・趣味・投資]

恋愛運・社交運が非常に激しくなる時期です。
意中の異性との関係は盛り上がるかも知れませんが、その分お金や力関係等といった点が難しく、公平ではない依存状態になる傾向が想定されます。あなたが意思を示さない限りは続いてしまうかも知れません。
また、投資やギャンブルは大勝ちか大負けかの二択傾向があり、余剰金以外での賭けはあまり推奨できません。

■魚座水星と射手座木星の90度(2/23)
 [水星:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [木星:家庭・自宅・身内・不動産]

対人運と家族運は拡大と同時にその制御が難しくなる時期です。ビジネス等で契約取り決め等の場合、条件の調整が必要になるかも知れません。個人レベルでは、家族または1対1の関係にある誰かが望むことを拡大解釈しがちな運気であるため、勝手に察したり又は察してほしいという姿勢では収束しない傾向が想定されます。
不動産に関する契約や取引でもこの傾向があるため、家具の購入から土地・建物に関連する事まで、契約内容と条件は何度も話し合う必要があるでしょう。誇大広告や過剰な期待という点をどのように明確にするか、という点に注力してください。

来月水星が逆行することによって、この配置の効果は再発したり終わったはずの状況が蒸し返される可能性もあります。先々を考えた対応と言動を推奨します。

■魚座水星と山羊座冥王星の60度(2/25)
 [水星:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [冥王星:恋愛・子供・趣味・投資]

個人ビジネスを問わない1対1の関係や対人運において、機密情報か秘密にしていることが重要な運気を発生させる時期です。
誰かが誰かに何かを隠しているため、それが原因で状況が不公平になっているかも知れません。それを表に出すべき時期は調整しなければなりませんが、隠している側は非常に有利にことを進めることができるでしょう。
吉角ではありますが、情報の使い方や言葉使いを間違えると顔を合わせるときに緊張感を生んでしまいます。正論と証拠を常に持つことが幸運の鍵です。

この配置もまた、来月の水星逆行によって再発を予定しています。
2月から3月にかけて、世の中の物事は様々な要素で混乱させられたり、誤解が発生しやすい状況となるでしょうが、固定観念があったり表面だけを見てしまうと真実には辿り着けません。惑わされずに見極める姿勢を持つべきでしょう。

■魚座太陽と牡牛座火星の60度(2/27)
 [太陽:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [火星:学業・法律・海外・執筆・信念]

個人・ビジネスを問わず1対1の対人運が活性化する時期です。
仕事の契約であったり、個人的な約束の取り付け、人によっては血縁に関する紙と捺印といった話がでる可能性があります。相手とは価値観や考え方などが一致する傾向が強く、積極的な姿勢で話を進めることができるでしょう。
また、この近辺では用事や仕事での出張または旅行がある場合、そのイベントがあなたとパートナーとの間に深い絆を結ぶ思い出となる傾向もあります。

全ての星座に関係する「2月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い