TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 乙女座

乙女座 2017年12月前半の運勢

乙女座

12月前半の乙女座

月初から2日頃に掛けては幾つかの現象がほぼ同時に発生しています。

・金星の射手座入り
・火星と天王星の180度
・木星と海王星の120度

金星の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る領域であり、金星が入ると家庭や自宅環境を通じた恋愛運と金運にご縁が発生するようになります。家族を通じて異性との接近があったり、家庭的な愛情を感じられる機会が多くなるでしょう。また、過去の良かった時期を思い出すと家族との対人運がアップする傾向です。
金運面は家具やリフォームそして家族サービス等で出費する傾向となりますが、不動産等を持っている場合はそこからの利益が発生するケースもあります。

火星と天王星の180度は火の気が強く、鬱憤が突然爆発する可能性があります。
火星は「金運・収支・価値観」等を司る天秤座にあり、天王星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を示す牡羊座で逆行をしています。
これは金運面の突発的なトラブルを意味しており、あなた自身の財政状況とパートナーとの共有資産そして請求書等に関連した厳しい問題を引き起こします。それはあなたの仕事や健康状態に関係しており、あなたは我慢がきかないかも知れません。場合によっては大きな喧嘩や諍いといった状況に発展してしまう可能性もあります。
しかしこの件は感情で話をすると決して解決には至らないでしょう。情報を整理したり緻密に分析する等理路整然とした意見を出す必要があります。

この配置は土星と吉角を結んでいるため、後述の火星と土星の60度に解決のヒントが存在する可能性があります。併せて御覧ください。

木星と海王星の120度は理想を追い求め、協力し合う大切さを教えてくれます。あなたの夢や目標を進めるために良い時期です。
木星の位置は「読み書き話し・移動・兄弟姉妹」等を司る蠍座にあり、海王星の位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座です。
これはパートナーと親類縁者達の協力や助け合いが、日々の生活や人間関係に良い影響を与えてくれることを示唆しています。理想的なお付き合いはどうあるべきかという点についても考えさせられる出来事が発生するでしょう。

3日は太陽と海王星が90度という凶角を結びます。これは混乱と失望そして活力の低下等をしばしば引き起こす怠惰な配置です。
太陽の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る射手座にあり、海王星の位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座です。パートナーや身内そして家族との関係が理想から程遠く、そのギャップに失望したり不安になるという運気を発生させます。
あなたが目指したい理想的な形はあるのでしょうが、それは過度に美化されたり現実性に乏しいかも知れません。あなたが責任を全うする事で緩和できる可能性もあるため、正面から向き合うことが必要です。

3日はまた、水星の逆行という情報と流通に関する遅延やトラブルを引き起こす現象が発生します。この位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る射手座の領域であり、これらに関する事は大きな影響を受けてしまいます。
太陽と海王星の件等によって、あなたの家庭環境や不動産に関して進めていた計画は見直しや後戻りをしなければならないでしょう。終わったはずの問題が再度蒸し返されたり、面倒な手続きを再度行う必要があるかも知れません。
人によってはこの時期に離れて暮らしている家族や親類と再開したり、昔の記憶を辿って真実にたどり着く必要があるといったケースもあります。
そしてこの水星逆行はクリスマスの直前まで続きます。無理に焦って状況を戻そうとするよりも、手戻りによる時間の余裕を上手に使う方が上手く行くかも知れません。

4日は双子座で満月が発生します。
この位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域であり、この位置で満月が発生すると今まで頑張ってきた仕事の成果が良くも悪くも周囲に知れ渡ります。
あなたが頑張ってさえいれば、この時期は概ね良い見返りがありますが、厳しい状況にあるものは見切る必要があるかも知れません。これはまた転職やキャリアパス等にも関係しますが、双子の力は選択肢を増やしあなたを迷わせるかも知れません。
そして今回の満月には多々凶角が関連しており、幾つかの苛つくような問題がそれに付いて回るかも知れません。そして嘘や隠し事、何かを裏から思い通りにしようと考えてしまうと裏目にでてしまう可能性がある点に注意が必要です。
6日は先月発生した水星と土星の合致という現象が射手座で再度発生します。
これは水星が「逆行」と呼ばれる見かけ上の動きをすることによって発生するのですが、この配置によって、先月末行った決定事項や状況に大きな影響を与えます。
この2つの惑星の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る射手座であり、不動産に関する契約を考え直したり、年長者からの厳しい指摘や教訓を受け取るかも知れません。人によってはこの件に子供が関係する場合もあります。
しかし、経験者や年長者の意見や見解は非常に役立つものであり、水星の逆行による見直しがあったとしても、それはあなたの血肉となって役立てられるでしょう。

そしてこの「水星・土星の合致」は火星と同日に60度という吉角を結びます。
火星の位置は「金運・収支・価値観」等を司る天秤座であり、あなたの価値観や収入等に関するアイデアと行動の早さが問題を緩和し、良い方向に向かわせるヒントとなります。
この配置は家庭や家族そして不動産等から収入を挙げたり、ビジネスを立ち上げるという事に適しており、小さくても良いので何かのアイデアを出して実行に移すことが重要です。
60度という角度は能動的な行動が幸運を呼ぶ角度であるため、頑張り具合がそのまま運気の改善度合いに比例するでしょう。

9日は火星が蠍座に入座します。
この位置は「読み書き話し・移動・兄弟姉妹」等を司る領域であり、ここに火星が入ることによって収支の激しさは一段落し、代わりに心の動きが激しくなる運気に移行します。
これは日常生活や通勤通学といった移動の最中にコミュニケーションが多々増えるという運気も同時に誘発します。その最中に怪我をし易くなるという傾向も付いてくるため、普段よりも足元には注意がお勧めです。

10日は金星と海王星が90度という凶角を結びます。
金運と愛情運のどちらか又は両方で混乱や失望等を発生させる可能性があります。金星の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る射手座にあり、海王星は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座です。
これは家庭的な愛情を美化しすぎたり、理想と現実の違いから失望したり、誰かを信用できなくなってしまうかも知れません。
また、あなたの家族のためかも知れませんが、その遂行のためにあなたを何かの形で利用しようとする「誰か」がいないかどうかに注意して下さい。家庭や家族に絡んだ金銭問題はすぐに判断しないことも重要です。

13日は逆行中の水星と太陽が射手座で合致します。
この位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る領域であり、ここで合致する事で家族や不動産等に関係する書類手続き等の雑務、そして話し合いや相談といった情報交換で非常に多忙な時期となることをさしています。
水星は逆行しているため、それは後戻りややり直し等のために作業をする必要があるのかも知れません。場合によっては不動産の売買交渉等が絡む可能性もあります。

15日は逆行中の水星が、今度は同じ射手座で金星と合致します。この位置も前述の太陽と同じ射手座であり、ここで発生することにより家族との会話によって運気がアップすることを意味しています。
不動産や家庭に関した事は水星の逆行によって問題が存在しているかも知れません。しかしこの配置では良い着地点を見つけて解決するためのヒントが見つかる可能性があります。
以前一緒に住んでいた家族や住んでいた場所、そして関係する誰かと会話してみると良いアドバイスや道が見つかるかも知れません。

そして、これら一連の水星逆行による合致はやり直しや考え直しが必要でありながらも「前向き」に対応ができる可能性を示唆しています。
水星はクリスマス前に順行に戻り、来年にはこの逆行地点に戻ります。年末から来年に掛けてはリカバリーと再手続きをテーマにすることをお勧めします。

全ての星座に関係する「12月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い