TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蟹座



蟹座 2018年6月後半の運勢

蟹座

6月後半の蟹座

16日は水星と土星の180度という凶角が発生します。
水星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蟹座にあり、土星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る山羊座で逆行しています。
これは、大事なパートナーや仲間達とのコミュニケーションが大きく不足している状況を示します。この配置は遅延や怠惰を発生させるため、あなた自身が努力して動かないと改善が難しいのですが、相手に責任転嫁しないよう注意が必要です。
また、重要な問題とそうでない点の区分けは、他の誰かに任せるべきでしょう。

20日は海王星が逆行と呼ばれる見せかけの動きを開始します。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る魚座で、学業や出張そして旅行といった分野で、あなたが信じていたり理想と考えている目標を見直す必要性が生じます。
学び直したり、やり直すという行動ができればそれは長い時間の後であなた自身を助けることになるでしょう。しかし憶測や甘い想定と現実の違いを理解できないと、それは苦しみの元となってしまう可能性もあります。
法律や学業等でも、曖昧な認識や中途半端な状態のままで事を進めると落とし穴が待っており、頭の中で考えた希望ではなく現実で判断しなければなりません。

同日20日は水星と木星の120度という吉角が発生します。
水星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蟹座にあり、木星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る蠍座で逆行中です。
これは社交や飲み会等といったお付き合いの場におけるコミュニケーション運気が活性化する運気を示しています。身近な位置に子供がいる場合、彼らと遊ぶ時間が増えたり、あなたの世話が不要になるような成長に感心するかも知れません。
もし投資やギャンブルをしている場合、この近辺では良いリターンを得られたりお得な対象を見つけられる可能性があります。

21日は水星と海王星の120度という吉角が発生します。
水星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蟹座にあり、海王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る魚座で逆行を開始したばかりです。
これはあなたが信じる分野や学業等において、あなたが発する文字や言葉が誰かの共感を得るための助けとなる運気を示しています。数値が必要な分野では余りよくありませんが、文学や印象が重要な分野では効果が大きいでしょう。
しかし海王星は逆行しています。あなたが話す事や信じる事が後で覆る可能性があるため、曖昧なままで進めてしまうことはお勧めできません。

22日は金星と火星の180度という凶角が発生します。
金星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る獅子座にあり、火星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る水瓶座を運行しています。
財政面では大きな出費を示しています。共同で財産や権利などを管理するようなパートナー(個人ビジネス問わず)がいる場合、彼らからの要求が発生するかも知れません。
また、これは個人レベルでは無駄遣いを示す典型的な配置でもあります。その瞬間だけは欲しいという欲求があるでしょうが、後で冷静になってから考えると不要であったり失敗したと考える傾向があるため「本当に必要かどうか」をフラグとして判断して下さい。

23日は太陽と天王星の60度という吉角が発生します。
太陽は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蟹座で、天王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る牡牛座を運行しています。
属しているグループや会社等といったコミュニティとの関係は、予想が付かない方法に突然変化する可能性があります。大抵の場合は既存の顔ぶれが変わったり、独立して別の場所に行く等といったものなる傾向が想定されます。
もし自由や個性を認めてくれる場所が欲しいという心の動きに気づいたら、積極的に自分から動いてみて下さい。予想していなかった嬉しい驚きが待っているでしょう。

同日23日は水星と冥王星の180度という凶角が発生します。
水星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蟹座で、冥王星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る山羊座を運行しています。
この近辺では、誰かの考えを変えようと説得したり、説得されたりするという状況が発生するかも知れません。しかしそのどちらであっても間違った未来と結果に結びつく可能性が高く、焦った決断と行動は避けるべきでしょう。
また、大事な仲間やパートナーに対して、話していないことが多々あるのではないでしょうか。それもまた大きな問題を呼ぶため、情報公開と正直さは重要です。
26日は金星と木星の90度という凶角が発生します。
金星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る獅子座で、木星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る蠍座を運行しています。
これは贅沢になって暴飲暴食をしたり、無駄な出費を発生させる典型的なパターンの一つです。上記にある木星が司っている分野のどれかがその原因となる可能性があります。
恋愛面では相手に対する過剰な期待感であったり見栄を張りたいという欲が、金運面だけでなくその関係自体も歪ませてしまう危険性があります。何かの責任が必要なら自制をする強い意思が問題を遠ざけてくれるでしょう。

27日は火星が逆行と呼ばれる見せかけの動きを開始します。
この現象により、ローンや税金そして共有財産に関する状況はやり直しを必要としたり、予想を超える支払いに対応しなければならない可能性があります。もし一人で対処できないのなら、プライドは捨てて誰かの手助けを素直にお願いすることが賢明です。
また異性のパートナーがいる場合は、互いの不一致を改善することが難しくなっている可能性もありますが、その原因は今すぐには発見・理解ができないかも知れません。
この火星はドラゴンテイルと合致しているため、焦ったり感情をむき出しにしてしまうと、問題が解決するばかりか状況は更に悪化するだけです。

また、現在火星は水瓶座を運行していますが、この後火星はつい最近発生した火星と天王星の90度という凶角を再発させ、山羊座まで戻る予定です。
これにより、一旦収まり掛けたはずの突発的なトラブルが再発する可能性があります。最近この分野で問題を経験していたのであれば、それに再度対処する必要があるでしょう。
 
同日27日は太陽と土星の180度という凶角が発生します。
太陽は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蟹座で、土星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る山羊座で逆行しています。
これはパートナーとの関係が冷え込んだり、あなたが期待した人ではない事に落胆するといった、対人運の低下を示す時期です。これらの件であなたは孤独感を大きく感じることになるかも知れません。
目上の立場からは説教やお叱りを受けるというケースもあり、それは精神面だけでなくストレス等による肉体への影響も懸念されます。自制しアドバイスに従う事が賢明でしょう。

28日は山羊座で満月が発生します。
この位置は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る領域であり、ここで満月が発生すると、1対1の関係になにかの区切りや運気の節目を発生させます。
満月の位置には土星が合致しており、今までのあなたの言動次第ではパートナーとの関係が冷え込んだり今後続けることが困難となる可能性があります。
もし一度そうなってしまった場合、元の信頼を取り戻すのはかなり難しいでしょう。助け合えないようであれば、互いにもっと先の事を考えなくてはならないはずです。
緩和の可能性があるとしたら、それはいつもお世話になっている同僚や組織等といった社交関係の友人、仲間達等の存在です。彼らに仲裁や協力をお願いしてみましょう。

30日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が発生します。
水星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る獅子座で、天王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る牡牛座を運行しています。
あなたの収支管理には計算ミスや不測の事態に対する警戒心が欠如している可能性があります。それは単純な計算だけとは限らず、支出のタイミングに収入が間に合わないといったものになる可能性もあり、金運は突発的に不安定となるでしょう。
それはあなたが属している会社や仲間達からくる収入や財産そして支払いに関する可能性があり、事前に収支を確認したり用心することをお勧めします。

全ての星座に関係する「6月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い