TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蟹座

蟹座 2017年12月前半の運勢

蟹座

12月前半の蟹座

月初から2日頃に掛けては幾つかの現象がほぼ同時に発生しています。

・金星の射手座入り
・火星と天王星の180度
・木星と海王星の120度

金星の位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る領域であり、金星が入ると職場や病院そして学業に関する場所で人気運がアップするという効果があります。
金星は恋愛運も司る惑星ですが、この配置ではロマンスといった概念からはやや遠く、同僚や仲間といった関係から淡い感情になるケースが多いようです。
ここでの金運は普段している仕事の出来栄えが関係し、極端な変化はしづらい傾向にあります。上司や同僚達との関係を重視し健康習慣を改善する事をお勧めします。

火星と天王星の180度は火の気が強く、鬱憤が突然爆発する可能性があります。
火星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る天秤座にあり、天王星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を示す牡羊座で逆行をしています。
これは身内や家族そして仕事等の拠点に関係する誰かがトラブルを発生させたり、それに対してあなたの感情が爆発する可能性を示唆しています。しかしあなたの怒りは家族にはすぐに理解できないかも知れません。
この件は、あなたの仕事と共有資産、又は税務やローン等に影響を与える可能性が考えられます。パートナーと呼べる誰かとの人間関係にも影響するため、あなたは決して感情に感情をもって応えないように注意することをお勧めします。

この配置は土星と吉角を結んでいるため、後述の火星と土星の60度に解決のヒントが存在する可能性があります。併せて御覧ください。

木星と海王星の120度は理想を追い求め、協力し合う大切さを教えてくれます。あなたの夢や目標を進めるために良い時期です。
木星の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る蠍座にあり、海王星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る魚座です。恋愛運や子供運では純粋な動機や姿勢で相手との関係を理想化する傾向となるでしょう。それはあなたが貫くべき信念を達成するために必要なことであり、誰かを説得する必要があるかも知れません。
そしてこの件は仕事運や職場環境等にも関係しており、同僚や上司達との連携や助け合いが先々の理想実現に必要不可欠となるでしょう。

3日は太陽と海王星が90度という凶角を結びます。これは混乱と失望そして活力の低下等をしばしば引き起こす怠惰な配置です。
太陽の位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る射手座にあり、海王星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る魚座です。これはあなたが目指す仕事の理想と現実のギャップによって失望する事を意味する配置です。
それはあなたの管理の甘さや現実の把握が行き届いていないことが原因であり、目標が遠ざかる感覚があるかも知れません。しかしまだ挽回の余地はあり、ここですぐに最終決断をしない事をお勧めします。

3日はまた、水星の逆行という情報と流通に関する遅延やトラブルを引き起こす現象が発生します。この位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る射手座の領域であり、これらに関する事に関係する事に影響を与えます。
現実と理想のギャップ運気がある通り、あなたの仕事の目標や職場環境に関する件は見直しと後戻りが必要になるようです。それは目測から大きくずれてしまった計画を軌道修正し、再度進み始めるために必要な「準備期間」を意味します。
この件は一朝一夕で解決することはありません。現状を分析し、自分の手がとどく範囲の目標再設定をしなければなりませんが、それは時間が掛かる可能性が高いでしょう。
この水星逆行はクリスマスの直前まで続きます。無理に焦って状況を戻そうとするよりも、手戻りによる時間の余裕を上手に使う方が上手く行くかも知れません。
また、この後水星は逆行しながら幾つかの惑星と角度を結びます。これらの影響は後述してありますのでそちらもご確認下さい。

4日は双子座で満月が発生します。
この位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る領域であり、この位置で満月が発生すると多忙な状況に疲れた心と身体を休める必要が発生します。
仕事に関しては何かの一区切りが付くかも知れませんが、同時にあなたの健康面にも問題が発生する可能性があります。これはストレスを感じやすい配置であり、そういった意味でも休息と再チャージは重要となります。
また、過去の問題や隠していたことが発覚して深刻な状況になる可能性があるため、それらに対処しなければならないケースもあります。

そして今回の満月には多々凶角が関連しており、幾つかの苛つくような問題がそれに付いて回るかも知れません。そして嘘や隠し事、何かを裏から思い通りにしようと考えてしまうと裏目にでてしまう可能性がある点に注意が必要です。
6日は先月発生した水星と土星の合致という現象が射手座で再度発生します。
これは水星が「逆行」と呼ばれる見かけ上の動きをすることによって発生するのですが、この配置によって、先月末行った決定事項や状況に大きな影響を与えます。
この2つの惑星の位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る射手座であり、仕事で締結した契約条項や、就業上の取り決め等を再度考え直したり、権限を持つ目上の方々と再度話し合いをする必要が発生します。
それは再度あなたに多少ながらもプレッシャーを与えるかも知れません。この配置はこの後再度発生しますので、結論を急がないことも大事です。

そしてこの「水星・土星の合致」は火星と同日に60度という吉角を結びます。
火星の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る天秤座であり、家族や身内そしてあなたが過ごす拠点や不動産等が、水星土星の合致によって引き起こされる運気の助けになることを意味しています。
60度という角度は積極性によって運気が構築されるため、仲間や家族への助けは早めのうちに素直に助けを乞う事がお勧めです。この時期の仕事やビジネスに於ける成功は身内のサポートに掛かっているといっても過言ではありません。

9日は火星が蠍座に入座します。
この位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域であり、ここに火星が入ることで恋愛運そして趣味運が活発化します。実際にはあなたが出会いや遊び等に関して積極的になるという心理が働きやすくなるでしょう。
何かを造り出したり芸術等に関係している場合は、創作意欲が湧き出し作品を多々産み出せるという効果もありますが、根を詰めすぎないように注意が必要です。
この配置は創作以外にも遊びや恋愛そして子供等にエネルギーを注ぎすぎて疲れ果ててしまうという現象を引き起こします。仕事が疎かとなるというケースも良く発生するため、エネルギーの調節と加減を常に気にかけて下さい。

10日は金星と海王星が90度という凶角を結びます。
金運と愛情運のどちらか又は両方で混乱や失望等を発生させる可能性があります。金星の位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る射手座にあり、海王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る魚座です。
職場環境での人間関係や恋愛運、又はそれらから得られる利益等は理想から程遠い状況になってしまった事を実感したり、それが元に不安に駆られるかも知れません。
職場や学業学問に関係した場所で意中の相手がいる場合は、何かの弱みを知られていたり同情心から関係が発展するかも知れません。しかしそれには過剰な理想化や誤解が含まれているため、それらの関係は早晩見直しが必要になるものと思われます。

13日は逆行中の水星と太陽が射手座で合致します。
この位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る領域であり、ここで合致する事で仕事や健康に関する件で多々コミュニケーションの必要性が発生したり、仕事に関連した書類チェックや捺印といった雑務が発生します。
これもまた多忙さを表しており、遊びたい運気の中で作業も押しているという状況を発生させるでしょう。水星の逆行は何かのやり直しや見直しによって発生する面倒事をも意味しており、面倒でありながらも避けることは困難であると思われます。

15日は逆行中の水星が、今度は同じ射手座で金星と合致します。この位置も前述の太陽と同じ射手座であり、ここで発生することにより会話によって対人関係をアップさせられるという効果を発生させます。
そしてこれは職場や仕事の繋がり、場合によっては治療先等の施設で良い人間関係を構築できる運気をも意味しています。友達や仲間となる人達に出会えるかも知れません。
これは重い話よりも当たり障りのない軽めの会話に適していますが、会話が人間関係の良好化と楽しい一時を作ってくれるでしょう。

そして、これら一連の水星逆行による合致はやり直しや考え直しが必要でありながらも「前向き」「楽天的」に対応ができる可能性を示唆しています。
水星はクリスマス前に順行に戻り、来年にはこの逆行地点に戻ります。年末から来年に掛けてはリカバリーと再手続きをテーマにすることをお勧めします。

全ての星座に関係する「12月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い