TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蟹座



蟹座 2019年2月後半の運勢

蟹座

2月後半の蟹座

■山羊座で金星と土星が合致(2/18)
 [金星:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [土星:対人・パートナー運・結婚・敵]

パートナーとの関係はロマンスよりも責任や義務そして実務的な面が強くなる傾向となる時期を示します。ビジネスであればこれはお固い話が中心となるだけで済むでしょうが、異性の場合は、色あせた生活に近くなるかも知れません。
しかしこの配置は互いの成熟と意識の変化を促す効果もあります。ほんの少しだけ距離を置いて互いの重要さを実感させる位が丁度良いでしょう。

■水瓶座太陽と牡羊座天王星の60度(2/18)
 [太陽:共有資産・税ローン債務遺産・男女関係]
 [天王星:仕事の成果・公の立場・キャリアパス]

現在抱えている税金やローンなどを改善するために、余剰金などを返済に当てて一括で支払える機会が発生しやすくなります。それが仕事の成果報酬から来たものであれば、今のうちに払ってしまうと後々楽になるでしょう。
この近辺において仕事で出会う方々はユニークで刺激的な仕事をしている可能性があり、普段の生活とは違う気分転換となる傾向も想定されます。どのケースにおいても効果期間は短くなる傾向があり、返済などは急げるなら急ぐほうが良いものと思われます。

■太陽の魚座入り(2/19)
 [太陽:学業・法律・海外・執筆・信念]

あなたの知見を広げ、可能性や理想を追求するサイクル期間です。
興味のある分野や学問を学び、海外や異文化などに触れる機会が増える傾向となります。
また、あなた自身のものの見方や常識といった点がクローズアップされ、人様との違いについて認識する時期となるかもしれません。

■魚座で水星と海王星が合致(2/19)
 [水星:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [海王星:学業・法律・海外・執筆・信念]

学問や出張は混乱やミスが多くなるため注意が必要となる時期です。宗教やオカルトに関連した勉強などに限り、この配置の後押し効果が期待できます。
あなたがこうあるべきと考えていた常識や物事に対する考え方は、この近辺で発生するイベントによって揺らぐことになる可能性があります。
もし法律問題に関連してしまっている場合、この近辺の状況は先行きが見えず混乱したものとなるでしょう。

また、来月水星は逆行し、この位置まで戻ってきます。この近辺における様々な「情報」と「言葉」はあなたに誤解と混乱のトラブルを運んでくる危険性があることを示しているため、何事にも用心してかかることを推奨します。

■乙女座の満月(2/20)
 [太陽:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [月:読み書き話し・移動・近隣親類]

この位置の満月は何かの話し合いに結論が出たり、学んでいた事を終わらせたりするといった運気傾向を発生させます。
あなたの仕事の成果を示す位置を運行する天王星と吉角を結んでいるため、この件は思わぬ嬉しい形になるでしょう。
それに伴って様々な書類やメール、メッセージといった手続きや連絡等の手間は発生するかも知れません。この位置は紙とペンを意味する関係から、移動通信手段やビジネス等で何かの契約を結ぶ話がでるケースもあります。

■魚座水星と山羊座土星の60度(2/20)
 [水星:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [土星:対人・パートナー運・結婚・敵]

高度な学問の再勉強、仕事での出張、そして法的問題の解決や誰かとの考え方の違いを埋めることに適した時期です。執筆活動やブログでも良い記事を生み出しやすいでしょう。
その件は1対1の関係となる、個人ビジネスを問わないパートナーの存在が欠かせない可能性が高く、それらの件で話し合ったり契約捺印などの話が発生しやすくなります。

しかし水星は来月逆行し、この近辺で発生したイベントは調整が必要になる可能性があります。
どのようなケースにも対応可能なように想定し、先々のスケジュールに余裕を持たせておくと、あなた自身の評価アップにも繋がります。

■山羊座で金星と冥王星が合致(2/23)
 [金星:対人・パートナー運・結婚・敵]
 [冥王星:対人・パートナー運・結婚・敵]

この近辺における恋愛運・愛情運・対人運は激しい運気となっており、依存関係やハラスメント等の可能性が想定されます。
これは個人ビジネスを問わないため、お付き合い・結婚・契約等の話をする際には相手の事を良く理解するまで一度待っておく方が無難であるものと思われます。契約等の場合は、その関係が不公平になってしまう傾向も想定されます。
あなたが譲歩すれば良いと考えるかも知れませんが、互いのためになる妥協点を探さないと問題が大きくなるだけであるため、再考を推奨します。

■魚座水星と射手座木星の90度(2/23)
 [水星:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [木星:仕事・職場・日常習慣・健康]

旅行や出張等では予定を回りきれなかったり、職場環境の変化または仕事量が多すぎてまとめきれない傾向が想定されます。学業面では量が多く把握しきれなかったり、相手に誤解を与えるかあなた自身が理解できないかも知れません。
ものに対する見方や考え方は相手に間違った印象を与えるため、読み書き話しの際にはすべて明確にすべきです。敢えて目的と成果を絞り、無駄に混乱し拡大するような状況を厳密にすると良いでしょう。

来月水星が逆行することによって、この配置の効果は再発したり終わったはずの状況が蒸し返される可能性もあります。先々を考えた対応と言動を推奨します。

■魚座水星と山羊座冥王星の60度(2/25)
 [水星:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [冥王星:対人・パートナー運・結婚・敵]

旅行や出張、遠方の文化との交流があなたの意識に大きな変化を与える時期です。
実際に出かけなくてもネットや執筆出版・ブログ等といった分野においても同様の効果が期待できるでしょう。
これらの変化はあなたの(個人・ビジネスを問わない)パートナーの言動にも左右される傾向があり、互いの関係にも変化が生じていく傾向が想定されます。互いのものの見方や考え方という点について積極的に話し合うことが推奨されます。

この配置もまた、来月の水星逆行によって再発を予定しています。
2月から3月にかけて、世の中の物事は様々な要素で混乱させられたり、誤解が発生しやすい状況となるでしょうが、固定観念があったり表面だけを見てしまうと真実には辿り着けません。惑わされずに見極める姿勢を持つべきでしょう。

■魚座太陽と牡牛座火星の60度(2/27)
 [太陽:学業・法律・海外・執筆・信念]
 [火星:友人・同僚・属する組織・社会環境]

仲間たちや友人との関わりの場において、あなたの考え方や物の見方をはっきりと言うと、意見が通ったり理解されやすい時期です。一緒に学んだり旅行・出張等の機会があると、周囲との絆が深まるでしょう。
また、あなたのキャリアアップや利益のために彼らの力を借りやすい時期でもあります。困ったことがあったり人手が必要なことは無理に一人で行わず、素直に助けをお願いすると協力を得られやすいでしょう。

全ての星座に関係する「2月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い