TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蟹座


蟹座 2018年8月後半の運勢

蟹座

8月後半の蟹座

この占いを発表する近辺では、火星が山羊座に逆入座した影響が継続しています。
火星の位置は「対人・パートナー運・結婚・敵」などを司る山羊座で、この位置の逆行火星は、1対1の関係となっている誰かとの間に深刻な我の張り合いを発生させます。
また、逆行は欲求不満を発生させるため、大事な誰かがあなたの努力を評価していないと感じているか、あなた以外の誰かに目が向いていることもまた原因の一つかも知れません。
ここで終わらせたはずの話を蒸し返したりすると、和解どころか更に険悪になってしまったり、協力者が居なくなってしまうでしょう。妥協と再交渉の姿勢を自分から見せる事が運気緩和に繋げる鍵です。

18日は水星と金星の60度というコミュニケーションに幸運を与える吉角が発生します。
水星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る獅子座で、金星は「家庭・自宅・身内・不動産」などを司る天秤座です。
これはビジネスやお買い物といった活動にチャンスと活気を与える嬉しい配置です。それは身内や家族と呼べる誰かの協力によってもたらされるでしょう。
しかし水星は順行に戻る直前なので、話を急いでしまうと落とし穴が待っています。順行に戻ってから改めて進める事をお勧めします。

19日は木星と海王星の120度という吉角が発生します。
木星は「恋愛・子供・趣味・投資」などを司る蠍座で、海王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る魚座です。
これは同じ学業を目指す仲間との活動や、出張や旅行等で移動した先で、投資又は恋愛運アップのチャンスが発生しやすくなる運気を示しています。人によってはその件に子供などが関係する話となるかも知れません。
また、芸術創作であったり趣味関係でも嬉しい一時を体感することができるでしょう。しかし、この近辺において投資又はギャンブルの結果はあぶく銭として消えてしまう傾向もあります。ビジネス等でも明確さが必要なものはあなた自身の厳密な確認が必須です。

同日19日は水星が順行に戻ります。
水星の位置は「金運・収支・価値観・安心安全」などを司る獅子座であり、これらの分野では今まで宛先の間違いや遅延そして手戻りなどを感じていたかもしれません。
逆行時の位置に戻るのは来月ですが、この近辺から既に効果は感じられるはずです。そして、逆行から順行に戻る近辺のタイミングでは、突然の方針転換や問題が落ち着く等といった、運気変化のイベントが発生する可能性が高くなります。
お金の使い道に関してはやっと問題を緩和する方針が見えてきた、という状況にあるかもしれません。元の位置に戻る来月まではリカバリーに徹することが良いでしょう。
26日は幾つかの現象がほぼ同時に発生します。

・乙女座の太陽と山羊座土星の120度
・乙女座の太陽と牡牛座天王星の120度
・山羊座土星と牡牛座天王星の120度

上記はグランドトラインの発生を示しており、太陽は「読み書き話し・移動・近隣親類」の領域を、土星は「対人・パートナー運・結婚・敵」の領域を、天王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」の領域に位置しています。
これらの吉角は、パートナーや友人同僚達との共同戦線によって、嬉しい発展のチャンスがある事を示しています。仲間達に対する責任や義務を引き受ける代わりに、彼らからの協力と成功への道標が手に入るでしょう。

また、これと同時に発生する満月の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る魚座です。この位置は高度な学問や学業そして執筆出版等といった事象が関係しており、これらの領域に関連した何かが、この満月における重要な運気転換の元となる事を示します。
満月が加わることでこのグランドトラインは「カイトパターン」という実現性を強化した幸運の配置となり、受け身ではなく正しい努力と攻めの姿勢が幸運に近づけるチャンスを大幅に増大させてくれます。

また、27日は金星と冥王星の90度という激しい凶角が発生します。
これは先程のカイトパターンとは反する「台形パターン」という凶角のみで構成された厳しい状況を示します。
金星は「家庭・自宅・身内・不動産」などを司る天秤座、冥王星は「対人・パートナー運・結婚・敵」などを司る山羊座です。冥王星は火星が逆行している領域と同じ位置にあり、1対1の関係となる誰かとの問題が、あなたの人生そのものの運気が激動状態にある可能性を示しています。
この配置で何かの問題に迫られた場合、満月である月の位置、つまりは魚座の位置に関することが解決の鍵となります。この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る魚座であり、自分の信念を貫くことや学業等、これらの領域に関連する事のどれかが改善のヒントとなる可能性があります。

同日27日は火星の順行化が発生します。
火星の位置は「対人・パートナー運・結婚・敵」などを司る山羊座であり、カイトパターンと台形パターンが関連する冥王星の位置と同じ場所にあります。この分野における問題や不満はこの近辺を境に風向きが変わっていく事になります。
先程の多角形パターンと時期をほぼ同じくし、同じ山羊座で順行という現象が発生することは、火星が向きを変えることに関連して大きな変化が発生することを意味します。
そして、1対1の関係となる誰かの言い分をある程度飲んで、妥協するポイントを見つけ出す必要があるでしょう。この先火星は凶角を予定しており、パートナーの力関係や共有資産の問題はすぐに終わらないかもしれません。しかし交渉の窓を開くということが緩和と改善に繋がる鍵となるはずです。

28日は水星と木星の90度という発展のリスクを伴う配置が発生します。
水星は「金運・収支・価値観・安心安全」などを司る獅子座、木星は「恋愛・子供・趣味・投資」などを司る蠍座です。
この配置は7月前半、8月前半と2回に分けて発生しました。今回が3回目で、その締めくくりとなる運気が発生する可能性があります。
この近辺では投資やビジネスのチャンスが発生しやすい傾向があります。チャンスが来ていると感じるかも知れませんが、そこには抜けや落とし穴が多々潜んでいます。
この時期の出費はどの分野であっても後々あなたに大きな負担となるため、負担は最小限に抑え、細部や契約書等を曖昧な認識のままで進めない事が重要です。

全ての星座に関係する「8月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い