TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 水瓶座

水瓶座 2017年6月後半の運勢

水瓶座

6月後半の水瓶座

木星が順行に戻り、そろそろあなたの「信念・信条」「学業や研究」「法律」「執筆・出版」「海外との取引や旅行」等の状況に変化が発生し始めている頃かも知れません。
順行に戻りはしましたが、逆行から順行に転じるタイミングでは大きな変化やトラブルがよく発生するため、状況を安定させるにはもう少し時間がかかる可能性もあります。

水星は17日頃に守護星の一つである土星と凶角を結びます。実際にはこの占いを発表する頃から既に現象が発生しているかも知れません。
仕事や職場、友人や同僚そしてソーシャル等でのコミュニケーションと書類・移動に関する行き違いや問題を発生させる配置です。一見この近辺では状況が良さそうに見えるかも知れませんが、このタイミングで捺印すると後々苦労する可能性があります。
そしてあなたの態度が意固地になっている可能性もあり、言動に注意しないと孤立や孤独感を味わうかも知れません。

海王星は17日頃から「逆行」という、天文学的に逆に進むかのように見える現象を発生させます。海王星は「金運」「収支」「価値観」等を司る領域を運行し、これらの件であなたに影響を与える可能性があります。
今までこれらの領域で深く関わっていた何かに対して、あなたの認識や先々の見通し等に甘い部分があったようです。今回の逆行は今まで見えていなかった現実を見せつけ、再判断を迫るかも知れません。
人によっては現実を見ることで落胆したり別の道を探そうとするでしょうが、目の前の現実への対応が必要な事に変わりはありません。

この後半、金星は「家庭・家族」「拠点・不動産」「様々な意味での身内」等を司る「牡牛座」を運行中です。
恋愛面では、互いの自宅でのデートや家族ぐるみでのお付き合い、又は落ち着いた雰囲気にご縁があります。外でお金を掛けない分、そこで過ごす際は贅沢な食事や嗜好品等で楽しめる傾向となるはずです。
金運としては特に派手さはなく、お金を掛ける対象は家族や家具そしてリフォーム系等の拠点改善に関するものとなるでしょう。

21日頃にその金星は海王星と60度という吉角を結びます。
金運面では、自宅や拠点を芸術性溢れるアイテムやグッズ等で飾りたくなるという衝動を与える配置です。綺麗に見せるための掃除という形で現れる場合もあります。
恋愛面では同様にコストを掛けた居住空間をアピールしたり、互いの自宅に招いたり同棲等の可能性がある運気です。
しかし海王星は逆行しており、金運恋愛運どちらの運気であっても想定したイメージがそのまま伝わる訳ではなく、粗が見えたり現実とのギャップが見え隠れする傾向です。
特に互いの価値観やお金の使い方については認識の甘さが後悔の元となるため、事前によく確認しておくほうがよいでしょう。

そしてこのタイミングでは、金星と海王星に加えて木星と月も一緒に「YOD(ヨッド)」と呼ばれる特殊な二等辺三角形の配置を発生させます。
射手座の守護星「木星」のテーマである「信念・信条」「学業や研究」「法律」「執筆・出版」「海外との取引や旅行」等の分野ではあなたが自分の責任を果たしどうあるべきかを認識する必要がある事を示唆します。人によってはこの近辺で象徴するような出来事が発生するかも知れません。
また、これは自分の家庭や家族又は置かれている環境、そしてあなたの金運や収支が色濃く関係するものとなるでしょう。もし、この木星のテーマで何かが上手く行っていない場合、あなた自身に何かの自覚や責任等が足りていないのかも知れません。

21日からは太陽と水星がほぼ同時に「蟹座」へ入座し、23日頃には水星とほぼ合致した状態で「新月」を発生させます。
「蟹座」の位置は「仕事・職場」「日常習慣」「怪我・病気・健康運」等を司っています。この下旬からはこれらに関することが日々の焦点です。
そしてこの配置では新月が発生するため、これらに関する新しい事が始まるでしょう。仕事であれば新しい業務担当や計画、健康であれば新しい体質改善習慣等が当てはまります。
ここでは水星が合致するため、捺印や確認等の事務作業、意思の疎通、近所への移動等といった事に時間を掛ける事になる可能性があります。
そして「火星」が新月発生位置である「蟹座」を一緒に運航しているため、この分野では多々エネルギーを消耗したり、その関係は吉凶混合傾向となります。
24日頃にはその火星と木星の90度という凶角が、そしてほぼ同時に火星と海王星の120度という吉角が同時に発生します。
木星との効果は、仕事や健康管理等に関する事が「海外」「高度な技術や学問」「執筆・出版」「法律」等に関係する可能性を示唆します。この運気ではリスクを取ってチャレンジしてみることが成功に繋がりやすい状況を作るでしょう。
しかし、これに掛ける時間やお金そして体力等はどんどん消費してしまいがちな傾向です。上限を決めておかないと消耗によって断念する可能性すらあります。
そしてあなた自身の役割や立場は重要であったとしても、それに対する姿勢や考え方には注意が必要です。もし傲慢さを少しでも出してしまうとその計画はトラブルで頓挫してしまうかも知れません。
海王星との効果は、この件があなたに良い金運を運んできてくれる可能性を意味します。
これは向こうからやってくるものであり、それをあなたがどう使うのかという目的は崇高で純粋かも知れません。又はお金の必要性自体が誰かの権利や思想を尊重するようなものなのかも知れません。
しかし海王星は逆行しており残念ながら理想と現実は違うようです。そしてあなたが目指そうとしているものの現状を良く確認すべき必要があるかも知れません。

前述の件とほぼ同時の24日には金星と冥王星が120度という吉角を結びます。
思わぬ隠れた場所から家庭や家族、拠点等に関する利益を上げたり恩恵を受けることができる配置です。それはもしかしたら先祖や血縁からの援助かも知れません。
家庭や環境で問題があったり窮地に陥った場合でも、この配置では助け舟がでることがあり、感謝を忘れないことでその運気を継続させられ、強い絆を再実感することができるでしょう。

月末に近付くと「冥王星」に関連した2つの凶角が待っています。
1つ目は水星との180度です。
水星の位置は仕事や職場環境、そして健康や日々の習慣等であり、これはそれらの分野で口論や議論を呼ぶという現象を発生させます。そして、今まで隠されていた問題や秘密を調査し判明させる力を持っています。
仕事に関して何かの問題を見つけたり、それについて対策を練る必要が発生するかも知れません。それらは深刻であることが多く今まで通りでは済まない可能性があります。
2つ目は「火星」との180度で、これは来月初旬が本番ですが月末に近付くに連れて兆候が発生するものと思われます。
これもまたビジネスで激しい権力や利権争いなどが発生する配置です。あなたが通院している場合は治療担当等の件に関してそれが発生するのかも知れません。
もしあなたのそばで発生した場合、今の職場や立場等が一変する危険性があります。相手に非があるように思えても決して自分から非難したり工作するような事は避けて下さい。
ルールに則った正しい姿勢と正しい防衛だけが、この運気から身を守る手段です。

※4月中旬に発生した土星の逆行は
「友情」「グループ」等を司る領域で発生します。
この現象が長期に渡って起こす水瓶座への影響は現在公開中の「土星逆行特集」でご確認下さい。
土星逆行特集
土星逆行特集はこちら!



全ての星座に関係する「6月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い
「木星で見る2016-2017年の運気」も見てみる
木星で見る1年の運気
「逆行した木星の影響」も見てみる
逆行した木星の影響