TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 水瓶座


水瓶座 2018年8月後半の運勢

水瓶座

8月後半の水瓶座

この占いを発表する近辺では、火星が山羊座に逆入座した影響が継続しています。
火星の位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」などを司る山羊座で、この位置の逆行火星は一人で過ごす時間にあまり落ち着けなくなるという心理効果を発生させます。
悪夢を見たり恐怖心が増幅されてしまうという事がしばしば発生するため、逆行期間中は心理面と健康面に負担が掛かる傾向が想定されます。
孤独を極端に怖がったり、何かに情熱が持てなくなるというケースもあります。本音を素直に出し、適度な運動と発散という常識的な行動が安定に近づく鍵です。良くわからない理由で遅れたり邪魔が入るのなら、根本的な判断に間違いがないかどうか考えてみましょう。

18日は水星と金星の60度というコミュニケーションに幸運を与える吉角が発生します。
水星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る獅子座で、金星は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る天秤座です。
この配置は契約、約束、結婚等といった1対1の関係間に発生する「決めごと」と「交渉」に役立つ運気を発生させます。また、法律や互いの信念といった件がこれに絡んだとしても、問題は大きくなりにくいでしょう。
水星は逆行から順行に転換する直前であり、もしも一部問題があるのならもう少しだけ待ってみると風向きが変わるかも知れません。

19日は木星と海王星の120度という吉角が発生します。
木星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る蠍座で、海王星は「金運・収支・価値観・安心安全」などを司る魚座です。これは仕事運がアップする嬉しい運気であり、芸術や文化に関連する場合はさらに運気が後押しされるでしょう。
反面、今の仕事とやりたい仕事の乖離を感じているか、この先に進む方向を迷っている可能性があります。それは給与であったり価値観等も関連しますが、明確な値として定まっていないのではないでしょうか。
これは協力者や資金その他が足りないが故に発生するケースがあり、人によっては別の道を模索すべく職業を変化させるケースもあります。が、その先が固まっていない場合は節約を心がけておくことが無難です。

同日19日は水星が順行に戻ります。
水星の位置は「対人・パートナー運・結婚・敵」などを司る獅子座であり、これらの分野では今まで宛先の間違いや遅延そして手戻りなどを感じていたかもしれません。
逆行時の位置に戻るのは来月ですが、この近辺から既に効果は感じられるはずです。そして、逆行から順行に戻る近辺のタイミングでは、突然の方針転換や問題が落ち着く等といった、運気変化のイベントが発生する可能性が高くなります。
1対1の関係となる誰かとの間には、見直しや交渉といった面倒な状況に対処する必要があったかもしれませんが、この先はその関係を再度進展させることができるでしょう。
26日は幾つかの現象がほぼ同時に発生します。

・乙女座の太陽と山羊座土星の120度
・乙女座の太陽と牡牛座天王星の120度
・山羊座土星と牡牛座天王星の120度

上記はグランドトラインの発生を示しており、太陽は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」の領域を、土星は「過去・秘密・精算・隔離場所」の領域を、天王星は「家庭・自宅・身内・不動産」の領域に位置しています。
これらの吉角は、あなたの家族と財産そして安心と安全という生活基盤に直結する何かを安定化させてくれるという嬉しい効果があります。ただ、今までよりも更に誰かに対する責任が増えているのかも知れません。そして親密な関係にある誰かとお金や生活スタイルまで話し合う必要が発生しているという可能性もあります。
それでもこの運気はあなたにその見返りを十二分にかえしてくれるでしょう。

また、これと同時に発生する満月の位置は「金運・収支・価値観・安心安全」などを司る魚座です。満月が加わることでこのグランドトラインは「カイトパターン」という実現性を強化した幸運の配置となり、受け身ではなく正しい努力と攻めの姿勢が幸運に近づけるチャンスを大幅に増大させてくれます。
この位置の満月は文字通り「お金」と「価値観」の扱いに関するイベントを発生させます。大事な誰かと使い道や節約そしてどのブランドやメーカーの品々を選ぶのかという話がでてくるかも知れません。一見面倒に見えても、この調整はあなたと誰かを助け、先々の幸運を約束してくれるでしょう。

また、27日は金星と冥王星の90度という激しい凶角が発生します。
これは先程のカイトパターンとは反する「台形パターン」という凶角のみで構成された厳しい状況を示します。
金星は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る天秤座、冥王星は「過去・秘密・精算・隔離場所」などを司る山羊座です。これは海外旅行や文化交流、法的な面等で問題を発生させたり、制限等を受けるケースを示しています。冥王星の位置は過去を示しており、古い悪習や記憶等を捨てる必要がある可能性をも示唆します。

この配置で何かの問題に迫られた場合、満月である月の位置、つまりは魚座の位置に関することが解決の鍵となります。この位置は「金運・収支・価値観・安心安全」などを司る魚座であり、あなたと誰かの価値観を一致させること、出費すべき対象の話をしっかりと進めることなどが問題を遠ざけ幸運に近づける事を示しています。

同日27日は火星の順行化が発生します。
火星の位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」などを司る山羊座であり、カイトパターンと台形パターンが関連する冥王星の位置と同じ場所にあります。この分野における問題や不満はこの近辺を境に風向きが変わっていく事になります。
先程の多角形パターンと時期をほぼ同じくし、同じ山羊座で順行という現象が発生することは、火星が向きを変えることに関連して大きな変化が発生することを意味します。
この先は過去の反省から学び、人が見ていなくてもその姿勢を正す事をお勧めします。この先火星は凶角を控えており、過去の問題はすぐに全て解決はしないかもしれません。しかしこの近辺で決心した事は大きな運気の助けとなる可能性があります。

28日は水星と木星の90度という発展のリスクを伴う配置が発生します。
水星は「対人・パートナー運・結婚・敵」などを司る獅子座、木星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る蠍座です。
この配置は7月前半、8月前半と2回に分けて発生しました。今回が3回目で、その締めくくりとなる運気が発生する可能性があります。
1対1の関係となるパートナーと、以前行った約束や契約の再調整をしなければならない時期を示します。会社でも同様に重要な立場や状況の変化があったり、それに関連した会議や相談が発生するというケースがあります。
相手が本当に望んでいる事と口に出ていることは違っている可能性があり、しつこい位に確認しておくことが無難でしょう。

全ての星座に関係する「8月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い