TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 牡牛座



牡牛座 2018年10月後半の運勢

牡牛座

10月後半の牡牛座

16日は蠍座で逆行する金星と水星が合致します。
どちらの惑星も「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置にあり、問題がある誰かとの関係を修復したり改善するチャンスの時期です。過去に一度疎遠になってしまった方との再会やご縁ができるといった状況が発生するケースもあります。
しかしこの先金星は、天王星との180度という厳しい凶角を2度発生させる予定になっており、問題が全て片付くにはもう少し時間が必要です。相手の立場や自由を尊重できるかどうかが鍵となるでしょう。

19日は蠍座水星と魚座逆行海王星の120度という吉角が発生します。
水星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置にあり、海王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る位置で逆行しています。
これはパートナーや友人達との親交が深まる時期を示しています。しかし海王星の逆行は、あなたが思い描いた理想と現実の違いを見せてしまうかも知れません。
吉角であるため概ね吉ではありますが、この配置は利害が発生しない関係でのみ幸運を発生させるという傾向があります。厳密な取り決めやお金そして考え方等が絡むとギクシャクしてしまうかも知れません。

20日は蠍座水星と水瓶座火星の90度という凶角が発生します。
水星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置にあり、火星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る位置です。
この近辺では、仕事仲間や目上の立場とのコミュニケーションには注意しましょう。あなたの思わぬ一言が誰かにマイナスイメージを与えたり、意見の違いが雰囲気を悪くしてしまう可能性があります。
特にあなたが属する組織や上司が絡む話の場合は、何かの問題があったのならすぐにあなたが折れることが重要です。着地点を見つけて無難にやり過ごすことを考えましょう。

24日は蠍座太陽と牡牛座逆行天王星の180度という突発的な変化を発生させやすい凶角が発生します。太陽は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置、天王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る位置で逆行しており、以前運行していた牡羊座に逆接近している最中です。
1対1の関係にある誰か、またはあなた自身が、今の関係のまま続けるには問題があると考えているかもしれません。縛られるよりも自由が欲しかったり、一度決めたはずの取り決めでは上手くいかないことに気づいている可能性もあります。
これは極端な言動と運気変化を誘発するため、先々を考えた判断が賢明です。

25日は蠍座逆行金星と山羊座土星の60度という吉角が発生します。
金星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置、土星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る位置です。
1対1の関係にある誰かとの関係が成熟したり、実務的になる傾向を示します。これは恋愛運にも関係しており、その誰かが大事な異性である場合はその関係はロマンスというよりも眼の前の現実と生活を堅実にこなす必要性があることを意味します。
決して楽しい運気ではないものの、足元とその関係を固めるために重要であり、法的問題の解決や遠出の用事といった形で発現する傾向があります。
特にこの後半で発生する誰かとの関係は、信念や学業そして離れた場所にある誰かといった存在がその助けとなるでしょう。
同日25日は牡牛座で満月が発生します。
この満月は牡牛座で逆行する天王星と合致しており、この満月の力は普段であれば予想しにくい気づきの誘発や思わぬ変動を引き起こす可能性を示唆しています。
満月と天王星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る領域であり、この近辺ではあなたの心は突然の変化を発生させる可能性があります。今の状況に我慢ができず、独立したりあなた自身のやり方でことを進めたいという衝動に駆られるでしょう。
人によっては誰かとの関係がこれ以上続くことが嫌になるかも知れません。しかし感情的になって考えてしまうと道を間違える危険性もあります。
決心が続くかどうか、という点も踏まえてメリットデメリットと先々の事は計算に入れておく事が賢明です。

27日は蠍座太陽と逆行金星の合致が発生します。
満月が発生したばかりであり、この影響も満月の運気に関連して繋がる可能性もあります。
どちらの惑星も「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置にあり、パートナーを見つけその誰かと関係を強めることに適しています。
金星は逆行しているため、既に身近な距離にいる誰かよりも、過去に一度ご縁があった方が運気に関連するかも知れません。しかしなまじ知っているが故になあなあで進めるのは宜しくないため、改めて新鮮な気持ちで臨みましょう。

28日は蠍座の太陽と山羊座土星の60度という安定と堅実さが有効となる吉角が発生します。
太陽は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置、土星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る位置にあります。
これはパートナーとの契約や約束といった点に現実的な話が必要となる状況を示しています。土星が位置する場所は法的問題や学業等に関連しており、目上の意見や経験に基づいたアドバイスをもらう事が確実性をアップさせることを意味します。
学業で論文を書いたり執筆作業といった高度な件に関係しているのであれば、この運気は後押しをしてくれるでしょう。出張や法律に関する件でも有利に働く配置です。

29日は蠍座水星と木星が合致し、楽観的で発展性のある運気となります。
どちらも「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置にあり、この位置もまた仲間やパートナーと決めごとや約束を交わしたり、誤解や問題を解決させるために良いタイミングを示しています。
木星が入るため楽観的な視点が入る傾向が想定され、これが互いに厳密なチェックを後回しにさせるという効果がある点には注意が必要です。
しかし前述の太陽と土星の60度という配置がこれをサポートしてくれる可能性があるため、年長者や目上の意見そして現実的に物事を見るようにすることで良い方向に進められるでしょう。

31日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蠍座、天王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る牡牛座です。
性別個人ビジネスに関係なく大事な1対1の関係となる誰かがいる場合、その関係が揺らぐ可能性があります。今まで良好であれば問題はありませんが、悪化気味の場合は相手が自由を求めて現在の関係を解消したいと考えているかも知れません。
天王星はあなたの星座を運行しているため、常識から外れた奇抜な言動は相手を引かせてしまいます。常識的な対応と判断が解決のヒントとなるでしょう。
今回はどちらの惑星も逆行しており、前回発生したタイミングと比較しても強い影響が懸念されます。しかし天王星の影響は瞬間的で気まぐれとも言える状況を発生させるという点を考え、先々を見越した判断をお勧めします。

全ての星座に関係する「10月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い