TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 牡牛座



牡牛座 2018年6月後半の運勢

牡牛座

6月後半の牡牛座

16日は水星と土星の180度という凶角が発生します。
水星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蟹座にあり、土星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座で逆行しています。
学業や法律であったり、あなたが信じるなにかの概念では、あなたの考えが周囲と合わないか、否定されてしまいかねない時期です。それは誤解かあなたの頑固さが原因で発生しているものですが、「正しい言葉で伝えるところから始める」ことが賢明です。
また、親類縁者や住居近隣との関係は冷え込んだりトラブルになりやすく、顔を合わせないで済むのならそれが無難でしょう。

20日は海王星が逆行と呼ばれる見せかけの動きを開始します。
この位置は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る魚座で、あなたが属するグループや会社といった社会環境では、あなたが抱いていた夢や理想と現実との乖離を認識してしまう事になるかも知れません。
逆行期間は暫く続くため、居心地の悪さを体感するケースもありそうです。あなたが目指す環境はあなた個人の力で切り開く必要があるという事を把握すると問題が緩和していく事になるでしょう。

同日20日は水星と木星の120度という吉角が発生します。
水星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蟹座にあり、木星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蠍座で逆行中です。
これはパートナーや仲間そして隣人達との仲違いであったり、法律上の問題を解決するチャンスの時期を示しています。そのような状況に巻き込まれているのであれば、この近辺は専門家へアドバイスを求めるのがお勧めです。
また、学問に関係した事や日々の移動そしてコミュニケーション面でもプラスとなる事が多くなるでしょう。

21日は水星と海王星の120度という吉角が発生します。
水星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蟹座にあり、海王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る魚座で逆行を開始したばかりです。
これは、仲間や友人達とのコミュニケーション運気がマイルドな幸運となる運気を示しています。ただし、彼らとお金や権利そして厳密な証明等の話をしないことが前提です。
あなたが話す言葉であったり彼らに向けたメッセージが、共感を呼んだりあなた自身の評価をアップさせてくれるでしょう。ただ海王星は逆行しているため、あとで撤回とならないような内容が無難です。

22日は金星と火星の180度という凶角が発生します。
金星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る獅子座にあり、火星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る水瓶座を運行しています。
仕事運として見た場合、周囲との軋轢が発生したり敵対する方が多くなる危険性を示しています。この近辺で誰かを扇動したり改善計画を立てることはその成否に関係なくリスクが高くなるでしょう。
恋愛運としてみた場合、意中の誰かとの関係は余り表に出にくく、自宅や家族との関係のようなものとなる傾向がありますが、愛情と相手への不満が同居するかも知れません。

23日は太陽と天王星の60度という吉角が発生します。
太陽は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蟹座で、天王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る牡牛座を運行しています。
これはあなたの能力をアップさせるために、PCやスマホといった技術系の知識を深める事に適している時期を示しています。大げさな意味ではなく、今まで疎かにしていた部分だけでもしっかりと覚えるだけの事です。
親しい方々との関係や、コミュニケーション手段が大きく変化する可能性もありますが、それらは概ね良い方向に働くでしょう。

同日23日は水星と冥王星の180度という凶角が発生します。
水星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蟹座で、冥王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座を運行しています。
この近辺では、誰かと話す際の内容に注意して下さい。そこには本音と建前が巧妙に隠されている可能性があります。重要なニュースやメッセージを見た場合も、同様にそこに秘められた本質を見抜かないとチャンスを逃す可能性があります。
また、あなたが信じる何かを無理に主張しすぎると状況が悪化するため、譲歩と交渉という余裕を持ちましょう。
26日は金星と木星の90度という凶角が発生します。
金星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る獅子座で、木星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蠍座を運行しています。
大事な誰かとのお付き合いや、家族との関わりが増える傾向運気ですが、それは予算と心理的な許容範囲を超えやすい傾向があります。互いに相手に何かを期待し過ぎているようなら、逆にその関係を続ける事に辟易してしまうかも知れません。
また、不動産や自宅拠点等にお金をかけたり移動するような場合、予算枠を超えたり無駄になってしまう判断をしてしまう心理を誘発させる傾向があるため、財布の紐は締めましょう。

27日は火星が逆行と呼ばれる見せかけの動きを開始します。
最近あなたは仕事が多忙で成功の兆しが見えていたかも知れませんが、ここで一旦その状況を見直す必要に迫られるかも知れません。失敗という意味ではなく、方向がズレてきている可能性があるため、一旦巻き戻して軌道修正を行う必要があると考えて下さい。
最近になって転職活動、仕事の環境、ビジネス等の編成や計画を実行していたのなら、それはこの逆行で手戻りをすべき問題が隠れている事を示します。上司や周囲に不満は言わない事が賢明です。それは進言ではなく反逆とみなされるかも知れません。

そして現在火星は水瓶座を運行していますが、この後火星はつい最近発生した火星と天王星の90度という凶角を再発させ、山羊座まで戻る予定です。
これにより、一旦収まり掛けたはずの突発的なトラブルが再発する可能性があります。最近この分野で問題を経験していたのであれば、それに再度対処する必要があるでしょう。

同日27日は太陽と土星の180度という凶角が発生します。
太陽は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蟹座で、土星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座で逆行しています。
これは身近な環境やそれに関わる方々との関係が冷え込みやすい運気を示します。予定の遅れがあったり、年齢などが上の立場からの要求等で面倒な気分になるかも知れません。
学業や出張等・旅行等でもこの時期は制限や遅延等が発生する傾向があります。もし法的問題に関わっているのなら、予定を守らないと厳しい状況になるでしょう。

28日は山羊座で満月が発生します。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る領域であり、ここで満月が発生すると、これらの分野で完成や完了といった現象が発生しやすくなります。出張であれば帰宅となり、話し合いや問題が合意に近づく事になるでしょう。
しかしそれは全て円満になるというよりも、信じていたものに対する疑念や失望等といった心理を誘発する事になるかも知れません。土星と合致した満月は、あなたに制約を課したり憂鬱さを与える可能性があります。
この件は、あなた自身の自由と意思そして常識に囚われない物の見方や考え方が解決策を握っている可能性があります。もし困ったらその事を思い出してみて下さい。

30日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が発生します。
水星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る獅子座で、天王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る牡牛座を運行しています。
これは家族との間における疎外感であったり、家族からの独立心が発生しやすい状況を示しています。家族とのコミュニケーションや情報共有ではトラブルとなる傾向でしょう。
また、不動産等の売買や処理をあなたの判断や裁量でPC操作している場合、この近辺では判断ミスや操作ミスに注意して下さい。

全ての星座に関係する「6月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い