TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 牡牛座

牡牛座 2017年8月後半の運勢

牡牛座

8月後半の牡牛座

16日は幾つかの配置が混在して発生しており、簡単に言うなら中旬近辺は荒れ模様です。
まず前半に掲載させて頂いた金星・木星・冥王星のTスクエアという二等辺三角形の凶角が発生します。
これは「読み書き話し」「契約捺印」「仕事・職場」「法律・海外・学問」が絡んだ複雑な問題や厳しい状況への対処をしなければならない時期です。
守護星の金星は「契約捺印」「読み書き話し」等を司る領域にあるため、あなたにとって読んだり話すことや捺印等は不利になるか、深刻な状況を作り出すかも知れません。
何かが変わる、終わる、といった事を恐れるとこの件は悪化しますので、勇気を持って対応しなければならないでしょう。

16日は同時に太陽とドラゴンヘッドが獅子座で合致します。
この位置は牡牛座にとって「家庭・家族・不動産」等を意味する領域であり、合致はそれらの環境で受け取れる穏やかな幸運を意味します。
今まであなたが頑張ってきた、家族や不動産に関する頑張りが実を結んだり、協力者や同じ目標を持つ人との繋がりから助けが入ったりといった状況が期待できます。
同時期にトラブルはあるものの、この件はあなたの地盤に安定感をもたらしてくれるため、安心感を得られるはずです。

19日には守護星の金星が土星と150度という微妙な凶角を結びます。
金運面では、共有資産、税ローン債務遺産等に関係する手続きや捺印をする際には面倒な対応が必要になりそうです。意見や好みが合わない年上の相手をしたり、間を取り持ったり調整をしなければならない可能性があります。
恋愛面ではこれもまた年上からの邪魔が入ったり、既に深い関係になっている年上の相手と合わないことを悟ってしまう運気です。どちらの場合も会話や文章によってそれが発覚し、あなたの「調整能力」が乗り切る鍵となります。

22日は獅子座で新月が発生します。新月とドラゴンヘッドの位置が近いため、天文学的に日食という現象を発生させ、新月の効果を更に特徴的に強化します。
そしてこの位置は「家庭・家族」「不動産・拠点」等を司る領域です。今月前半に発生した満月も同じ獅子座であったため、今月の牡牛座は家庭環境のイベントや変化が多々発生している傾向だったのではないでしょうか。
そしてこの新月もまた、家庭や不動産等に関連します。しかし今回は簡単ではなく、自宅に関する何かの秘密や問題が露呈し、その対処に追われたり方向転換等をしなければならないかも知れません。それはあなたを驚かせるような情報も含まれているかも知れません。
一度問題が発生した場合は避ける事はできないでしょう。しかしこの件はあなたを大きく成長させる重要な要素が存在しているため、前向きに進んで下さい。

同日22日には太陽が獅子座を抜け、乙女座へ入座します。
この配置は恋愛運がアップする事を意味しており、デートや飲み会といった人が集まる場所にご縁が出やすい傾向になります。
また、同時に趣味やギャンブル等にも関係しているため、この時期からあなたは「楽しむ」事を満喫できるでしょう。
しかし太陽が位置する乙女座の守護星である水星は、既に同じ位置で逆行を開始しています。これらの分野で判子が必要であったり、デート等で移動する際には逆行の影響を受ける可能性があります。
捺印や契約事は先送りし、交通機関は迂回路や代替手段等を常に考えるのが吉です。
24日には守護星である金星と天王星が90度という凶角を結びます。守護星は現在「読み書き話し」「契約捺印」等を司る領域で、天王星は「過去・秘密」「隔離場所」等の領域で逆行しています。
恋愛面では、スマホやPCを通じた出会いのチャンスがアップしますが、この時期に出会う相手は人と変わっていたり、その関係自体が安定しないかも知れません。
金運面ではネットやソーシャルを通じて投資をしたり、IT等の最新技術にお金を掛ける事がNGとなりやすい傾向です。
また、人によっては「隠れていた事」や「過去」に関連した「驚き」のニュースを受け取る可能性もあります。

同、24日は火星と土星が120度という吉角を結びます。そしてすぐ翌日の25日には土星が数ヶ月ぶりに順行化します。
土星が位置する場所は「税ローン債務遺産」に関連する場所です。これらに関する責任や義務等が変化し、頑張ってきた結果を見せてくれるのがこの配置です。
金運面では不動産等の取引や自宅環境の改善、それに絡んだローンや債務が満了したり、そこから恩恵を受けられるでしょう。もし不動産やローン等に関連した仕事をしている場合もこの近辺では運気が上々です。

26日もまた幾つかの現象が同時に発生しますが、こちらは中旬と違い変化や発展を意味するものが多いようです。
守護星である金星は蟹座を抜け、獅子座へ入座します。そして火星はその獅子座でドラゴンヘッドと合致します。これは家庭・家族・不動産に関連した運気が活性化する配置です。
この時期は自宅を掃除したり、模様替えを行うこと等が家庭運と恋愛運アップに繋がる事を意味します。人によってはここで家庭的な愛情を求める気分になるかも知れず、その場合はデート場所も自宅を選択すると良いでしょう。
もし今後のキャリアパスに不安や問題があるのなら、あなたが今までお世話になってきた方々に相談してみましょう。彼らからきっと良い答えが得られるはずです。

乙女座へ移動した太陽は、同、26日に逆行してきた水星と乙女座で合致します。
この近辺では過去に出会った友人や飲み仲間、昔の彼氏彼女の事を思い出してみましょう。彼らとの楽しかった思い出や経験が、現在の恋愛運や創作活動に関する重要なヒントを与えてくれます。
場合によっては実際に再会する機会が発生するかも知れません。もし、あなたがこの時期迷いを振り切れないようであれば、勇気を出して会ってみる事をお勧めします。

27日には木星と土星が60度という吉角を結びます。速度が遅かった関係もあり、既に効果はじわじわと発揮されていたかも知れません。
この配置はあなたの仕事内容と共有資産に対して互いに良い影響を発生させます。パートナーの資産を仕事のために使ったり、仕事の成果が互いの資産となるかも知れません。
現在行っていることを継続して努力していけば、資産を増加させるための長期計画としてあなたに大きな恩恵をあたえてくれるでしょう。

31日には逆行中の水星が獅子座へ逆入座します。
あなたは先月頃、集中が必要な仕事をしていたり家庭や不動産等に関係した面倒な処理をしていたのではないでしょうか。逆行中の水星がここに戻ることで、家族等に関係した事は一部のやり直しが必要になる可能性があります。
しかし疎遠になっていた家族と再会したり、古い家屋を綺麗したりリフォームには適しています。ただし水星は逆行しているため会話の行き違いには注意し、契約や判子が必要な事(改装業者に頼む等)は来月まで待った方が良いでしょう。
なお、人によっては人生設計等に関係するキャリアパスの問題になるかも知れません。

同時に守護星の金星は土星と135度という苛立ちを誘発する凶角を構成します。
金運面では、もしあなたが不動産の仕事をしていたり、リフォーム等にお金を掛けている場合、誰かとの共有資産やパートナーとの資産の使い方等で問題が発生するでしょう。
対人運では、身内や家族と呼べる年配の方との関係に問題が出るかも知れません。どちらのケースでも時間を掛けて理解を深める努力が必要な事を意味しており、それを怠ると単なる意見の相違で嫌な空気になるだけでしょう。

※4月中旬に発生した土星の逆行は
「共有資産」「遺産」「税金」「深い異性関係」「死」などを司る領域で発生します。
この現象が長期に渡って起こす牡牛座への影響は、 現在公開中の「土星逆行特集」でご確認下さい。 土星逆行特集
土星逆行特集はこちら!


全ての星座に関係する「8月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い
「木星で見る2016-2017年の運気」も見てみる
木星で見る1年の運気
「逆行した木星の影響」も見てみる
逆行した木星の影響