TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 牡羊座

牡羊座 2017年12月前半の運勢

牡羊座

12月前半の牡羊座

月初から2日頃に掛けては幾つかの現象がほぼ同時に発生しています。

・金星の射手座入り
・火星と天王星の180度
・木星と海王星の120度

金星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等であり、金星が入ると日々の生活に疲れ、自由と冒険を欲するようになります。恋愛面はやや浮足立つ傾向となるため、相手がいる場合は堅実な判断をする方がお勧めです。相手を探しているのなら思い切った行動と判断が出会いと接近のチャンスを増やしてくれるでしょう。
遠い位置への旅行や出張等にも縁が発生しやすくなるため、仕事内容によっては出費が移動に関連するでしょう。執筆や出版そしてブログとソーシャルで何かの広報を行っている場合、そこから受けられる収入や利益等が増加する傾向でもあります。

火星と天王星の180度は火の気が強く、鬱憤が突然爆発する可能性があります。
守護星の火星は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る天秤座にあり、天王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を示す牡羊座で逆行をしています。パートナーや配偶者そしてビジネスに関係する誰かがあなたに反発したり感情をぶつけてくる可能性があります。
脊髄反射をしたくなるかも知れませんが、迂闊な反撃はあなたに厳しい運気を与えてしまうかも知れません。冷静に考えて対策を練るといった戦略を取りましょう。
この配置は土星と吉角を結んでいるため、後述の火星と土星の60度に解決のヒントが存在する可能性があります。そちらを併せて御覧ください。

木星と海王星の120度は理想を追い求め、協力し合う大切さを教えてくれます。あなたの夢や目標を進めるために良い時期です。
木星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る蠍座にあり、海王星の位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る魚座です。親密な関係となっているパートナーや大事な家族達と財政改善に向けた相談をしてみましょう。
この運気でも財政状況に関してはまだ曖昧になっている部分があるかも知れません。しかし彼らの協力体制のありがたさを再認識できるはずです。

3日は太陽と海王星が90度という凶角を結びます。これは混乱と失望そして活力の低下等をしばしば引き起こす怠惰な配置です。
太陽の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る射手座にあり、海王星の位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る魚座です。
これは学業や法律そして執筆等に関係した分野において混乱と失望を発生させる事を示唆しています。あなたの状況把握や認識の甘さは無関係ではない可能性が高く、その場合は決して責任逃れをしないように注意して下さい。

3日はまた、水星の逆行という情報と流通に関する遅延やトラブルを引き起こす現象が発生します。この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る射手座の領域であり、これらに関係している場合は特に注意や迂回等の対策が必要となる可能性があります。
海外出張や法律に絡んだこと、執筆や出版等に関係した事が特に影響を受けやすく、あなたがこれらに関係する場合は手戻りとなる可能性を考慮すると良いでしょう。
この水星逆行はクリスマスの直前まで続きます。無理に焦って状況を戻そうとするよりも、手戻りによる時間の余裕を上手に使う方が上手く行くかも知れません。
また、この後水星は逆行しながら幾つかの惑星と角度を結びます。これらの影響は後述してありますのでそちらもご確認下さい。

4日は双子座で満月が発生します。
この位置は「読み書き話し・移動・兄弟姉妹・親戚」等を司る領域であり、この位置で満月が発生すると近所や親戚達との関係に時間を割く必要が発生します。また、細々とした用事や責務が多々押し寄せるという傾向もあるため、上手なバランスを取らないと心身共に疲れ切ってしまうかも知れません。
あなたは最近様々な困難に立ち向かい上手に乗り越え対応して来ましたが、そろそろ自分の体力やスケジュールと相談しなければならないようです。急ぐ事よりもより良い方向に向ける事を考えてみて下さい。

今回の満月には多々凶角が関連しており、幾つかの苛つくような問題がそれに付いて回るかも知れません。そして嘘や隠し事、何かを裏から思い通りにしようと考えてしまうと裏目にでてしまう可能性がある点に注意が必要です。
この近辺では情報の正確さ、正直さ、慎重さなどが重要です。満月と海王星の凶角は情報の混乱を意味するため、自分一人で抱え込まず素直に助けを請いましょう。
6日は先月発生した水星と土星の合致という現象が射手座で再度発生します。
これは水星が「逆行」と呼ばれる見かけ上の動きをすることによって発生するのですが、この配置によって、先月末行った決定事項や状況に大きな影響を与えます。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る領域であり、先月あなたは年長者や権威者との話し合い、または何かの契約や法的な手続きに関係したかも知れませんが、その件を再度やり直したり考え直す必要がある事を示唆しています。
壁が邪魔をして進まなかった事、何かのしがらみで達成できなかった事があれば、この期間中に見直してみましょう。また、12月後半に水星が順行に戻る事によって、今年中に三度この合致が発生する事になります。その時にやっとやり直しによる方向性や契約等が固まるという流れが期待できます。

そしてこの「水星・土星の合致」は火星と同日に60度という吉角を結びます。
火星の位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る天秤座であり、パートナーとの協力体制によって学業や法的そして執筆等の分野で成果を上げる事ができる配置です。交渉し、積極的な努力とハードワークが成功の秘訣となるでしょう。
反面、これらの件は舌禍を呼びやすい点に注意が必要です。何か気に障ることがあっても一呼吸置いて考えるという選択が、問題を抑え幸運に導いてくれるでしょう。
水星のこの位置はスピーチやアナウンス、公的な場での発言や執筆等にも関係しているため、多数の人が目に付く場所では情熱と知的さがあなたの人気をアップさせてくれます。

9日は火星が蠍座に入座します。
この位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る領域であり、これはパートナーとの関係や共同財産について真剣に考え、それらの改善にエネルギーを注ぐ必要がある時期であることを意味します。
最近の牡羊座は出費が増えている傾向にあるため、出費を確認しお金の使い道を考える必要があるかも知れません。しかし運気はゆっくりとアップしてきており、上手な運用や財産を増やす方向で考える事が賢明です。

10日は金星と海王星が90度という凶角を結びます。
金運と愛情運のどちらか又は両方で混乱や失望等を発生させる可能性があります。金星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る射手座にあり、海王星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る魚座です。
恋愛面では、意中の誰かに対してあなたが勝手に作った理想的な姿や何かの誤解があるようです。現実を目の当たりにしてしまうと、幻滅してしまうかも知れません。逆に同情心と愛情を勘違いしないことも重要です。
金運面でも同様で、何かの収支に対して皮算用的な期待をしすぎないように注意しましょう。お酒や薬等も効果と副作用をしっかり把握して管理しましょう。

13日は逆行中の水星と太陽が射手座で合致します。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る領域であり、ここで合致する事で学業又は出張等について多忙な時間を過ごす傾向の運気となるでしょう。
これは執筆や出版そしてコミュニティをも意味する場合があるため、それらに関わっている場合も細々とした作業や担当等で忙しくなる可能性があります。書類締結等の必要があるかも知れませんが、細かいミスに注意を。

15日は逆行中の水星が、今度は同じ射手座で金星と合致します。
この位置も前述の太陽と同じ射手座であり、ここで発生することにより学業や法的な問題を改善するチャンスが発生します。もし執筆や出版に関係している場合は良い成果を出したりその内容によって人気運の向上が期待できます。
水星が逆行中である点から、以前あなたが失敗した何かの手続きや学業等に関する事をリトライし良い成果を出すためのチャンスである可能性が高いでしょう。

そして、これら一連の水星逆行による合致はやり直しや考え直しが必要でありながらも「前向き」「楽天的」に対応ができる可能性を示唆しています。
スケジュールとして見た場合、水星はクリスマス前に順行に戻り、来年にはこの逆行地点に戻ります。何かを学ぶ事、文章を書いたり出版したりネットで公開すること、法的な事に関する事はこの12月に軌道修正し良い方向に向ける事ができるでしょう。

全ての星座に関係する「12月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い