TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 天秤座

天秤座 2017年6月後半の運勢

天秤座

6月後半の天秤座

木星が順行に戻り、そろそろあなたの「個性」「自我・自分に対する自信」「自分だけのスキル」「外見や身だしなみ」等の状況に変化が発生し始めている頃かも知れません。
順行に戻りはしましたが、逆行から順行に転じるタイミングでは大きな変化やトラブルが良く発生するため、状況を安定させるにはもう少し時間がかかる可能性もあります。

海王星は17日頃から「逆行」という、天文学的に逆に進むかのように見える現象を発生させます。海王星は「仕事・職場環境」「日常習慣」「怪我・病気・健康運」等を司る領域を運行し、これらの件であなたに影響を与える可能性があります。
今までこれらの領域で深く関わっていた何かに対して、あなたの認識や先々の見通し等に甘い部分があったようです。今回の逆行はあなたが見ようとしていなかった現実を明確に浮き上がらせるでしょう。
この逆行は長期間続きますが、それを見て単純に嫌になるのか、克服して更に先の夢を見ようとするのかは自分次第です。

この後半、守護星である「金星」は「共有資産」「税・ローン・債務」「遺産・死」「深い男女関係」等を司る「牡牛座」を運行中です。
恋愛運では前述の通り親密な関係にご縁が発生するケースが多く、恋愛を通して自己を変容させたり何かの真実に到達する場合があります。
金運では財政の改善(小遣いではなく財産や資産)ができたり、先祖やパートナーからの支援で補填できたりといった、誰かからの援助を受けられる幸運の配置です。

21日頃にその金星は海王星と60度という吉角を結びます。
あなたの日々の仕事振りやその成果等をアピールすると、縁者やパートナー等からの支援を受け取れる可能性があります。この力が恋愛面で働く場合は職場の同僚と深い関係になる可能性があります。それは同じ悩みを抱えていたり、共感できる性格であったりと心の繋がりが重視される傾向です。
しかし援助を貰えたとしても、この時点で既に海王星は逆行しています。あなたの目指した形での協力やお付き合いではないかも知れません。
人によっては病気や入院時のサポートをパートナーから受け取るケースもあります。

そしてこのタイミングでは、金星海王星に加えて木星と月も一緒に「YOD(ヨッド)」と呼ばれる特殊な二等辺三角形の配置を発生させます。
木星のテーマである「個性」「自我・自分に対する自信」「外見」等の分野ではあなたが自分の責任を果たし己がどうあるべきかを再度認識する必要性を示唆します。人によってはこの近辺でこれらを象徴するような出来事が発生するかも知れません。
そしてもし、この木星のテーマで何かが上手く行っていない場合、あなた自身に何かの自覚が足りていないのかも知れません。

21日から太陽と水星がほぼ同時に「蟹座」へ入座し、23日頃には水星とほぼ合致した状態で「新月」を発生させます。「蟹座」の位置は「ビジネス」「仕事の成果」「世間体」「公の立場や顔」等を司っており、良くも悪くも今までの努力や仕事等の成果が評価される時期に移行します。
新月は物事の始まりを意味するため、頑張ってきた方は成果が認められて次のプロジェクトへの参加ができたり、転職面でも有利となるはずです。
この新月には水星が関連しているため、高度な学問や学業関係そして海外等に関連した契約等が関係する場合もあります。この蟹座では火星も一緒に運航しているため、もしかするとビジネスでは体力を消耗するような出来事が既に発生しているかも知れません。
24日頃にはその火星と木星の90度という凶角が、そしてほぼ同時に火星と海王星の120度という吉角が同時に発生します。
木星との角度は、リスクを取ることによるビジネスチャンスを意味します。
最近あなたはビジネスに多々エネルギーを注ぎ、そして成果を上げているでしょうが、この時期は仕事の進め方に注意する必要があります。リスクを取って新しい方法を試すのは良いのですが、早とちり等のうっかりミスを発生させる危険性があります。そしてこの件では体力を消耗しがちになるため、休息を重視して下さい。
そしてあなた自身が「自分がいないと」という驕り高ぶりを見せてしまえば今の立場は一気に危うくなってしまうでしょう。指示や計画に準拠し謙虚な姿勢を忘れずに。

海王星との角度は、仕事に理想と崇高な目的を持って進めることができ、勝負に強く成果が出やすいという幸運な状況を示す配置です。あなたの手助けで現状の問題や状況が良い方向に行くのなら、多少の損をしても構わないという考えをお持ちかも知れません。
しかしこの時期の海王星は逆行しています。理想と現実は乖離する可能性があるため、思ったような方向に行かなくても幻滅しないようにして下さい。また、相手の状況が本当に手助けを必要としているのかどうか、再確認して置いた方が良いでしょう。
また、職場のライバルには簡単に勝てるかも知れませんが、思いやりを持った形で接することが相手とのトラブルを避ける秘訣となるでしょう。

前述の件とほぼ同時の24日には守護星である金星と冥王星が120度という吉角を結びます。
これもまた、金運と恋愛運では吉兆を示すものです。
家庭や不動産そして拠点に対してリフォームや環境の改善をすることで、あなたの資産価値を上げることができるタイミングです。人によっては先祖や家族の繋がりを再確認し、そこから恩恵を受けることができるかも知れません。
恋愛面では相手の有無に関係なく、親密な関係へのご縁がアップする時期です。そしてそれは自分の拠点(家庭やオフィス等々)近辺で運気がアップするか家族との繋がりがご縁で発展する可能性があります。

月末に近付くと、冥王星に関連した2つの凶角が待っています。
1つ目は水星との180度です。
この時期、あなたの鑑識眼はビジネス感覚やその質において、他者の追随を許さないレベルの状況にあるようです。もしあなたが調査や解析といった知識や証明そして書類等を扱うデスクワーク系と通信運輸系の分野に携わっている場合、その影響は顕著になります。
しかしこの配置は職場環境や公の場で激しい議論や口論を誘発する配置です。あなたの態度次第ではありますが、表立って敵対はしないものの「隠れた敵」を作り今後の仕事に不利となる可能性もあります。
2つ目は火星との180度で、これは来月初旬が本番ですが月末に近付くに連れて兆候が発生するものと思われます。
これも火星と木星の配置と同様、ビジネスに問題を発生させる配置です。あなたの地位や利権等を脅かす状況が発生するかも知れない配置です。これに対して単純に反応し感情で応対した場合不利になることは言うまでもありません。
正しいルールと手順で相手の主張を退けるようにする事が最適です。もし、その場所にいる必要がなくなったと思ったのなら次の仕事場を探す事を考えるという手もあります。面接や履歴書を送る場合は強気のアピールでも問題はありません。

※4月中旬に発生した土星の逆行は
「意思疎通」「近距離への移動や近所」「契約」「兄弟」等を司る領域で発生します。
この現象が長期に渡って起こす天秤座への影響は 現在公開中の「土星逆行特集」でご確認下さい。
土星逆行特集
土星逆行特集はこちら!


全ての星座に関係する「6月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い
「木星で見る2016-2017年の運気」も見てみる
木星で見る1年の運気
「逆行した木星の影響」も見てみる
逆行した木星の影響