TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 山羊座


山羊座 2018年8月後半の運勢

山羊座

8月後半の山羊座

この占いを発表する近辺では、火星が山羊座に逆入座した影響が継続しています。
火星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る山羊座で、この位置の逆行火星はあなた自身の考え方や姿勢をネガティブにしがちです。誰かと自分を比較したり、あなたの本来の実力以上に見せようとするほどジレンマや怒りが増えるばかりです。
この逆行期間中は人様はもちろんのこと、あなたという自分自身とも戦う必要はありません。休息を十分に取りつつ、勝利の意味が薄い戦いは避け、目の前の現実的な事を優先してください。それが守れればこの時期は大きな成長の糧に変化するでしょう。間違った行動をしてしまうと、周囲からの評価とプライドに傷が付いてしまうかもしれません。

18日は水星と金星の60度というコミュニケーションに幸運を与える吉角が発生します。
水星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る獅子座で、金星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る天秤座です。
融資やローンそして高額商品の購入や遺産に関連した話が持ち上がる時期を示しています。そして上司からの覚えが良い時期でもあるため、しばしばこれは昇進や転職に伴う収支増加という状況を作り出します。水星は逆行から順行に戻る直前であるため、話が通らない等の問題があるのなら、間もなくそれは風向きが変わるでしょう。

19日は木星と海王星の120度という吉角が発生します。
木星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」などを司る蠍座で、海王星は「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る魚座です。
これは個人の利益よりも周囲との協調や共存といって方向性が重要視される運気を示しています。それはあなたが属しているグループや組織等といった場所で発生するでしょう。
もしあなたが仲間達に尽くす形になったとしても問題ないと考えるのであれば、この近辺では深い絆で安定した運気を過ごせるはずです。しかしそうでない場合は相手に伝えるメッセージに注意が必要です。それは誤解を広げてしまい、仲間達はそれを当然のように受け取ってしまうかもしれません。

同日19日は水星が順行に戻ります。
水星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司る獅子座であり、これらの分野では今まで宛先の間違いや遅延そして手戻りなどを感じていたかもしれません。
逆行時の位置に戻るのは来月ですが、この近辺から既に効果は感じられるはずです。そして、逆行から順行に戻る近辺のタイミングでは、突然の方針転換や問題が落ち着く等といった、運気変化のイベントが発生する可能性が高くなります。
利や財産そしてパートナーとの関係といった件は逆行中にあなたの手を煩わせていた可能性がありますが、ここからは関係が正常化していくでしょう。
26日は幾つかの現象がほぼ同時に発生します。

・乙女座の太陽と山羊座土星の120度
・乙女座の太陽と牡牛座天王星の120度
・山羊座土星と牡牛座天王星の120度

上記はグランドトラインの発生を示しており、太陽は「学業・法律・海外・執筆・信念」の領域を、土星は「外見・個性・スキル・存在意義」の領域を、天王星は「恋愛・子供・趣味・投資」の領域に位置しています。
これらの吉角は、あなたの知的好奇心を満たすための(比喩も含めた)旅を活性化させるという運気を発生させます。最近あなたは異性関係や子供、又は投資した件について責任を持つ必要が出ているかも知れません。それらの件はこの運気と一部反する点があるものの、受け入れる事によって有り余る恩恵を受け取れるはずです。

また、これと同時に発生する満月の位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る魚座です。満月が加わることでこのグランドトラインは「カイトパターン」という実現性を強化した幸運の配置となり、受け身ではなく正しい努力と攻めの姿勢が幸運に近づけるチャンスを大幅に増大させてくれます。
この位置もまた、学びという要素が入っておりあなたが理解し話すという点が重視されます。これは乗り物等の移動手段やスマホなどの通話機器も関係しており、これらの道具はこの運気に関係するかも知れません。なお、人によってはそれが住居近隣又は親類の方々とのご縁やお付き合いという形で発現するケースもあります。

また、27日は金星と冥王星の90度という激しい凶角が発生します。
これは先程のカイトパターンとは反する「台形パターン」という凶角のみで構成された厳しい状況を示します。
金星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る天秤座、冥王星は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る山羊座です。
この配置は簡単に言えば権力闘争や何かのハラスメントを意味します。嫉妬心、猜疑心等といったことを目上の誰かから受ける可能性があり、主に異性の誰かとの問題が大きくなる傾向があります。

この配置で何かの問題に迫られた場合、満月である月の位置、つまりは魚座の位置に関することが解決の鍵となります。この位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る魚座であり、情報管理をしたり学び賢くなること、コミュニケーションを増やしたりその道具を使うこと、距離が近い方々に相談すること等がポイントとなるでしょう。

同日27日は火星の順行化が発生します。
火星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る山羊座であり、カイトパターンと台形パターンが関連する冥王星の位置と同じ場所にあります。この分野における問題や不満はこの近辺を境に風向きが変わっていく事になります。
先程の多角形パターンと時期をほぼ同じくし、同じ山羊座で順行という現象が発生することは、火星が向きを変えることに関連して大きな変化が発生することを意味します。
今までどこか自信をなくしていたような状態にあったあなたの心は、この近辺から元に戻っていく事になります。この先火星は凶角を予定しており全てが変わるという程ではありませんが、望む方向に進もうとする強い意思は運気に大きな影響を与えます。

28日は水星と木星の90度という発展のリスクを伴う配置が発生します。
水星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司る獅子座、木星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」などを司る蠍座です。
この配置は7月前半、8月前半と2回に分けて発生しました。今回が3回目で、その締めくくりとなる運気が発生する可能性があります。
ローンや税金、財産等といったあなたの財務は一見問題がないか余裕があるように見えるかも知れません。しかしできるだけ細かい条文に目を通し、細かい確認をすることが無用なトラブルや失敗を避ける事になるでしょう。
また、グループやコミュニティ等の参加や交流も増える傾向にありますが、会話内容では誤解が発生しやすい時期でもあります。できれば話半分で聞くのがお勧めです。

全ての星座に関係する「8月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い