TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢




2019年3月前半の全体運
(3/1から3/15まで)

今月の12星座占い
混乱と誤解の水星逆行、天王星の牡牛座再入座による革新
水星が幻想と混乱そしてイメージングの海王星と合致した2月後半は、情報や運輸そして流通といった面で問題を発生させていました。
愛情とお金を司る金星は土星と合致した後、すぐに冥王星と合致するという、厳しさと波乱を呼び起こすような配置を構成し、様々な分野で波乱を呼んでいたものと思われます。
天王星は牡羊座の29度という位置を運行していました。これは体制と反乱側の対立を煽る位置であり、物事に対する見方や考え方の違い、マイノリティ側の行動を後押しするという影響を社会全体に波及していました。牡羊座の天王星は他者に理解しがたい言い分を強行に推し進めるという性質があるため、意見を反映させるには難しい時期となっていたはずです。

このように2019年の2月は強烈とも言える激しさがあり、あまり安心して暮らせないような気分が続いていたかも知れません。そしてこの3月では別の形で激変が迫っており、単に今までのやり方や考え方で自分や大事な方々を守ることは難しくなってきています。
時代や状況に合わせ、今までの常識ではなく新しい手法や考え方を取り入れるという事が必要になってくるでしょう。しかしそれは相容れない誰かの考えをそのまま受け入れるという意味ではなく、あなた自身が納得・安心できることが重要です。
今は木星が射手座という拡大と冒険を助ける星座に位置しており、勇気を持って歩みだす一歩はあなた自身に嬉しい恩恵をもたらしてくれるというチャンスの1年でもあります。変化を恐れるのではなく、順応し発展する未来を望んでください。

■3月前半の主な配置
これが3月前半に発生する現象です。
一見吉角が多いながらも、前述通りこの3月は一部の方々及び特定の星座にとっては激動を体感する時期となる可能性も否めません。

01日
 山羊座金星と牡羊座天王星の90度
02日
 金星の水瓶座入り
05日
 天王星の牡牛座入り
06日
 魚座水星の逆行
07日
 魚座で太陽と海王星の合致
 魚座の新月
09日
 魚座太陽と山羊座土星の60度
11日
 牡牛座火星と魚座海王星の60度
13日
 魚座太陽と山羊座冥王星の60度
14日
 牡牛座火星と山羊座土星の120度
 魚座太陽と射手座木星の90度
15日
 魚座で太陽と逆行水星が合致

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:吉凶混合

まずなんといっても天王星が牡羊座を離れ牡牛座に入座するという現象が大きいでしょう。
この惑星は約7年周期で星座を移動し、それぞれの星座が持つ事象に革新と不安定さを発生させるという傾向があります。
前回この惑星が牡羊座に入ったのは、2011年3月11日でした。このときに何が発生したかは説明するまでもありませんが、この惑星は7年かけて思想や体制について様々な現象を引き起こしてきました。
天王星は昨年一度牡牛座に入座はしたのですが、逆行と呼ばれる見せかけの現象により一旦牡羊座へと逆戻りをするという動きを見せました。これによって通過や決済といった点では盛り上がり掛かった話が問題になるなどの難しい状況を生んでいました。
今回の入座は本番であるため、金融システムやIT産業、需要と供給管理と女性に関する件は大きな革新の時期を迎えます。個人レベルから社会的な通念に至るまでこの変化は大きな波となって目に映るでしょう。

そして魚座で水星が逆行し、誤解や混乱等によりやり直しや予定変更というトラブルが想定されます。この水星は月末までに海王星と合致する位置まで戻ってくるため、いつもの情報・流通・運輸以外にも混乱や誤解という点で面倒が多々あるでしょう。
ただ、その現象のマイナス面をサポートしてくれる吉角が多いのは救いですが、油断をしていると間違った方向に進んでしまう可能性も十分にあります。
2月中旬から下旬に掛けて発生した「水星と海王星の合致」の近辺で何かを決めた場合、それが誤解の元となるため、その頃の記録を見直して警戒することを推奨します。

主な配置を解説します。

■山羊座金星と牡羊座天王星の90度(3/1)
天王星が牡羊座を抜ける直前に、金星と凶角を結びます。
この組み合わせは金運と恋愛運等について突発的な変化を発生させやすく、お互いギリギリの位置で凶角を結ぶため、牡羊座天王星のテーマである体制への反乱やマイノリティ側の強烈な意見表明といった点が激しくなる危険性があります。
もし現状を改革したい強烈な欲求を持っている場合、短期間のみその効果が想定されます。ですが金星がすぐに水瓶座に移動するため、甘い判断と強い衝動は後悔に繋がるかも知れません。
星座によっても違いはありますが、親密なパートナーとの関係や高価なアイテムの購入欲求といった分野でこの効果がしばしば発生します。

金運面では星座によって影響度合いが違うものの、金運の突然の低下が発生するケースが多くなります。安易な判断で出費をしてきた場合はこの近辺で厳しい状況に追い込まれる事もあるでしょう。
そしてその後で天王星が次の星座に移動するという事は、突発的発生した状況は元には戻らず、考え方やアプローチを大きく変えていかないと先が難しい事をも示しています。

ただ、一見恐ろしいようにも見えるこの配置ですが、安定を望む気持ちを持っているのであれば、この配置はさほど影響しません。
もし信頼できる相手がいる場合は、できる限り常識の範囲内でサプライズをすると良いでしょう。そのちょっとした驚きが日常生活に潤いと新鮮さをもたらしてくれます。その場合でも無駄にならないよう、実用性や節約などを心がけると吉です。
そして、この星座同士の組み合わせで次に発生するのは84年以上先となります。金星天王星の凶角自体は今後も起きますが、今までと同じ状況にはもうならないでしょう。

■金星の水瓶座入り(3/2)
前日に凶角を結んだ金星がすぐに水瓶座へ移動します。
このような動きをする場合、その凶角が引き金となって状況の変化が発生したり心境に変化が起きる、というケースがあります。
ここに入る金星は恋愛と友情の板挟みのような状況を発生させやすく、グループでのお付き合いという枠からなかなか抜け出せない事も多くなるようです。

■天王星の牡牛座入り(3/5)
今月は長い間牡羊座を運行していた天王星が牡牛座に再度入座します。
去年一度牡牛座に入ったものの、逆行という現象によって一旦牡羊座まで戻っていた天王星ですが、この度再度この牡牛座に入りました。そしてもう牡羊座には約84年後まで戻ってくることはありません。

最近まで天王星はこのようなスケジュールで運行していました。
天王星逆行スケジュール

特に一度入ってから逆行して牡羊座に戻るまでの間、盛り上がりかかった仮想通貨等のシステムは一気にトーンダウンし厳しい状況が続いていたものと思われます。
この再入座がこの状況に対する改善の機会にはなるでしょうが、すぐにそれらが高い値をつけるという意味ではありません。ここからは今までの問題を整理整頓し、社会のために役立つ形で再編されて出発し直すという事になるでしょう。
現時点において決済システムにおいては、様々な業者がしのぎを削る発展の兆候を感じられている方々も多いかと思われます。こちらは混乱こそあるものの、この7年間を通じて新しい決済の常識として受け入れられていくことが予想されます。

また、今回の天王星の入座に伴って水星が逆行し魚座では新月と海王星が合致するという稀有な状況が発生するという点は、今回の牡牛座移行にトラブルと見直しが伴う可能性を示唆しているようです。
牡羊座の天王星は反体制思想を強くしますが、プラスに使えば革新的な技術と思想を社会に広めることができます。この近辺ではその決算が行われ、これらの業界や状況に大きな波が発生することが想定されます。
抜ける直前には金星と90度という凶角を結ぶため、その波はあまり嬉しい形で発生しないかも知れません。単に不運だという理解よりも、考えや方法を変えなければならない時期に入っていると捉えると、大きなプラスのヒントとなるでしょう。

この先牡牛座に移ることで、この星座が持つ地母神としての側面は女性や母そして生み出し育むという概念全般に変革を与えていくことになります。飽食を続け無駄な生産を続ける社会や育成を忘れてしまったかのような現在の文化や教育、土地や生き物に対する敬意を持たない精神はこれからその洗礼を受けることになることも想定されます。
天王星のように遅い惑星が星座を移動する際は、政治や文化そして勢力図が大きく書き換わる「運気の節目」「運気の移行期」となります。簡単に言えば個人レベルでは激変が発生し、長く続いた事が変化しやすいという事を意味します。
なお、牡牛座に入った天王星が今後7年間でどのような影響を発生させるのか、については 特集ページを設けてあります。(前回の記事から追記があります)
天王星牡牛座特集

■魚座水星の逆行(3/6)
この多忙な時期に水星が逆行し、情報・通信・流通等に混乱と後戻りを発生させます。
入学就職シーズンという事もあり、この近辺で引っ越しや異動などを予定している方々は警戒が必要です。物事が予定通りに進む可能性は低く、手戻りと考え直しといった面倒な作業が発生する傾向となります。
魚座の逆行は、他の星座よりも混乱や誤解が個人レベルから社会情勢に至るまで影響が大きくなることが想定されます。更に星座の29度という際(きわ)の位置は深刻な状況を誘発することが多く、過去の問題が再発したり次のサイクルへの移行が進まず反転させたりするなど、あまり嬉しいことは少ないようです。

回避するためには、逆行に入る前に終わらせてしまったり、迂回路をいくつも準備しておいたり、遅延を計算に入れたスケジュールを組むといった策があります。全てをカバーするのは難しいでしょうが、不幸中の幸いのように最小限化することは可能なはずです。
この占いを発表する時点から、既に物事が遅く進みにくい状況を感じているかも知れませんが、二重三重にチェックを掛けておいたり常に用心する姿勢があなたや周囲を助けることになるでしょう。

ちなみに水星は今回このようなスケジュールで運行します。
水星逆行スケジュール

長期スパンで計画に参加している方々は、3月末近辺まで混乱がなかなか収束しない可能性があるという点を頭に入れておく事を推奨します。

なお、この位置に合致するペガサス座のScheat(シェアト)という恒星は病気に関連する事項が多く、肺やカビ等に関連した病気等を誘発させたり、移動時の事故等を誘発させる傾向があります。
魚座29度というギリギリの位置で逆行するというこの現象は、一連のサイクルの終わりに後戻りをさせるという意味もあり、まだ終わらせるべきではない事象を3月末までに考え直させる事になるでしょう。

■魚座で太陽と海王星の合致(3/7)
人の精神面を強化し、弱い立場の方々に対する同情や共感といった、人として重要な心理を誘発する配置です。
また、生命や心を弱める働きがあるため、星座の位置構成等によってはその優しさに漬け込まれるような危険性もあります。もしあなたが元々内向的な性格であると感じている場合、この近辺では自分の世界に閉じこもるほうが幸せに感じるでしょう。

今回は新月と同時に発生し、奉仕やボランティアといった分野に大きな始まりというイベントが発生する傾向があります。

■魚座の新月(3/7)
今回は魚座で新月が発生します。
以下がその近辺のホロスコープです。

ホロスコープ2019年3月前半

特徴的な点は新月と海王星が合致し、ステリウム(複数の惑星が近い距離で黄道上に位置する現象)となっていることです。そのため新月による始まりは、前述した太陽と海王星の合致という吉凶混合の混乱が伴うことが想定されます。
水星は逆行を開始したばかりで同じ魚座という事もあって、ほぼ同時期と見なすことができ、新月の混乱はこの水星逆行が大きく関連することは間違いありません。この近辺で始まったことは、しばらくの間混乱と誤解を招くため補填や調整が必要となるはずです。

ただ、その問題を解決するためのサポートも幸いなことに存在しており、吉角を結ぶ火星と土星という存在がそれに当たります。
今まで培った経験や知識をもたらす山羊座の土星、そして現実的で実利を重視した視点で物事を進めようとする牡牛座の火星、この2つがそのヒントとなるでしょう。
水星が順行に戻るまでの間は油断できませんが、長期視点でプロジェクトを開始する場合はそれらの吉角の効果を重視することで混乱を最小限に留めることができるはずです。

■魚座太陽と山羊座土星の60度(3/9)
義務と責任、時間を掛けた知識と経験が役立ち評価される配置です。
曖昧さや軽さそして革新的な分野は、この配置ではあまり役に立たないかも知れません。堅実さと既に決定された方針が物事を進めるために重要なポイントとなる傾向があります。
長期的な目標や指針を掲げ、着実に遂行しようとする計画があるのなら、この近辺では後押し運気が多々期待できるでしょう。
土星は時間を示すため、それは簡単に達成できるようなものではないでしょうが、60度の持つ積極性や前向きさという点を出すことができれば、深刻な問題の解決であったり、先々の安定した成長が望めます。
星座の配置によっては楽しい事をすることに罪悪感を感じるかも知れません。そのような心理を感じたのなら、趣味や付き合いを後回しにしてでも用事や義務を優先する事が良いでしょう。

■牡牛座火星と魚座海王星の60度(3/11)
精神的な繋がりや絆を強め、男女のロマンスを強化する配置です。
また、この配置が発生している時期は、勝負の中にも崇高で高い精神性のあるスポーツや競技といった分野にご縁や人気が発生しやすく、それらに関わることも運気に良い影響を与えてくれます。

慈善活動や奉仕精神といった分野を活性化させやすく、ビジネスであったとしても困っている方々のためになる事をしている場合、この運気の後押しや社会的な評価といった点で有利になることが想定されます。
星座の配置構成や一部の環境においては、弱者側の立場を安定させるために強い主張をするという形で具現化するケースもあるかも知れません。
海王星の位置では水星が逆行している関係上、誤解と混乱という点には注意が必要です。正すべき相手や方向を間違えたり、綺麗事を並べて実態が伴わないといった状況も想定されるという点をご記憶されることが良いかと思われます。

■魚座太陽と山羊座冥王星の60度(3/13)
野心の強さと努力に比例したチャンスを発生させる強力な配置です。
社会的な地位、経済的な恩恵、異性との関係等、人の欲が関係するものならほぼこの配置の管轄であり、この近辺における強い意思は目標到達の近道となるでしょう。
しかし冥王星は極端且つ極限的な力を持っており、誰かに対して徹底的に厳しい対応をしてしまった場合、その反動もまた非常に厳しい形で返ってくる可能性があります。この配置は利己的に使うのではなく、全員の利益や人道的に間違っていない方向に使うべきでしょう。

また、冥王星の力は隠された秘密を暴いたり、研究によって問題を解決する等といった、状況を根本から変化させるという効果があります。
それは必然的に慣れ親しんだ状況を激変させ、不要になった何かを掃除するという結果に繋がる事となるはずです。それは物質だけとは限らず、あなたの心や記憶であるケースも考えられます。

■牡牛座火星と山羊座土星の120度(3/14)
情熱とエネルギーを目標達成のために使いやすくなり、計画実行に適した時期です。
火星の力は多少安定化するものの、土星の制御と現実性によって目標を絞ることができたり、忍耐力でゴールに向かって進むための力を与えてくれます。
もしこの近辺において、難しく厳しい環境を耐え、解決に向かうことが必要な状況にあるのなら、この配置は大きなチャンスと助けの力を発生させるでしょう。
星座の配置構成によっては肉体に対して頑丈さとタフネスさを与えるため、肉体労働やスポーツ等のような分野でも同様の効果が期待できます。

しかしこれは事を急ぐべき時期ではありません。
年長者や経験者からのアドバイスや歴史などから学び、持久戦を想定した賢い判断を持つ方々だけがその恩恵を受け取ることが可能となります。
そのため、この近辺やこの運気が関係するイベント・計画等においては、激しい状況を経験したのなら必ず休息を十分に取る必要もあるという点が重要となります。

■魚座太陽と射手座木星の90度(3/14)
これは気分を楽観的にさせたり積極性をアップさせる効果がありますが、楽観の根拠は薄く単純にリスクを上げてしまう吉凶混合の効果があります。
先々の運気が良いように感じたのならそれは危険信号かも知れません。この配置近辺で羽目を外してあとで後悔するのはよくある失敗ケースの一つです。
太陽の全体運を、木星がマイナス方向に拡大させるため、時間が経ってからこの時期の行動や努力が無駄になったと思い出す事になるというパターンもあります。何かを積極的に大きくしたいという欲求を感じたのなら「それは本当に必要か」「今すぐでなければ駄目か」を何度も確認してから進めて下さい。
星座の配置構成によっては、これが財政面に大きなマイナスを発生させるケースもあるため、先を考えた慎重さは重要です。

節度と伝統、そして法律を重視することがこの時期に学べる重要な教訓です。
大きなチャンスが来ている可能性があるのなら、拡大解釈していないかどうか、誇大表現になっていないかどうか、法律的に問題ないかどうかがチェックポイントです。
木星は本来の星座に位置しているため多少の失敗でも最悪の事態とまでは行かないかも知れませんが、水星が太陽と同じ魚座で逆行しているため、誤解で罠をチャンスと混同しないようにすべきという事を心がけると良いでしょう。

■魚座で太陽と逆行水星が合致(3/15)
この現象は1月末頃に一旦発生していました。その際に発生した多忙さや手続き等といった話が、この時期に戻ってきます。
逆行している水星は、一度決定したはずの判断に調整を必要とするでしょう。1月末の頃に慎重な姿勢と判断ができなかった場合、この時期はそのリカバリという作業が発生する傾向が想定されます。

この配置は元々情報・流通・運輸を拡大迅速化させる効果があります。読み書き話しと移動に関する頻度は普段よりも多くなり、個人レベルではおしゃべりやメッセージそしてお出かけ等といった形で具現化させます。
これもまた逆行の影響が強くなるがゆえに、誤解や混乱の元となる情報が蔓延しないようその出処と信憑性には注意してください。

■3月後半の主な予測
後半はこのような配置が待っています。

16日
 魚座逆行水星と射手座木星の90度
17日
 魚座逆行水星と山羊座冥王星の60度
18日
 魚座逆行水星と牡牛座火星の60度
20日
 牡牛座火星と山羊座冥王星の120度
 魚座逆行水星と山羊座土星の60度
21日
 太陽の牡羊座入り
 水瓶座金星と牡牛座火星の90度
 天秤座の満月
 水瓶座金星と射手座木星の60度
24日
 魚座水星と海王星の合致
27日
 金星の魚座入り
28日
 魚座金星と牡牛座天王星の60度
 水星の順行化


後半になっても天王星が牡牛座に移行した影響はまだ強く、この惑星の動きに関連したニュースが様々な形で散見されるでしょう。
水星の逆行影響も非常に強い状態にありますが、フォローが期待できる吉角が多い上に月末近辺には順行に戻り、新年度移行前に混乱や誤解は収束に向かいます。
しかし元の地点に戻るまでにはもう少し時間が掛かるため、新年度までアフターケアが必要になるでしょう。

3月後半もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!


占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2019年3月前半の星座別運勢
(3/1から3/15まで)