TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢

2018年1月前半の全体運
(1/1から1/15まで)

今月の12星座占い
天王星の順行と太金冥のステリウム、60度の集中発生
あけましておめでとうございます!
本年もANGEWORKの西洋占星術を宜しくお願い致します。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。
去年の後半に土星が山羊座に入り、クリスマス近辺からその影響を肌で感じられている方もいらっしゃるかと思われます。
土星が関連する分野は「努力と責任」が必要であるため、この惑星が運行している領域では制限や問題を感じる可能性があります。
しかし、その土星の領域にトラブルが少ないように思えたり何かの安定感を感じられている場合は、あなたが今まで何かの責任を全うしてきた証拠と言えるでしょう。
土星が与える制限の差は人によって様々ですが、この制限を嫌なものとして忌避するのではなくそこから学び強くなる事によって嫌なものからあなたを支えてくれるものに大きく変化する可能性があります。
今回の土星サイクルでそれをやり遂げた場合、あなたの人生で同じ問題と状況が発生する確率はかなり低くなるものと考えて頂いて間違いありません。30年後に再度この位置に土星が来る時にはあなたが責任者となり大きな役割を持っている可能性もあるでしょう。
土星の山羊座運気は始まったばかりです。今年がまずその本番一発目と認識し進まれることをお勧めいたします。

■2018年最初の運気
これが1月前半に発生する主な配置です。
年始早々特徴的な配置が多く、仕事始めから様々な動きが予測されます。

2018年01月02日
 蟹座の満月
 太陽と海王星の60度
 月と海王星の120度
 天王星の巡行化(牡羊座)
05日
 木星と土星の45度
07日
 火星と木星の合致(蠍座)
09日
 太陽金星冥王星の合致(山羊座)
 火星と冥王星の60度
 金星と木星の60度
 太陽と木星の60度
10日
 太陽と火星の60度
 金星と火星の60度
11日
 水星が逆行時点の地点まで到達
12日
 水星の山羊座入り
13日
 水星と土星の合致(3回目)
14日
 金星と天王星の90度
15日
 太陽と天王星の90度

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:中角

まず新年早々満月が発生し、同時に天王星が順行に戻ります。
もしこれが新月であれば新年の抱負立案等に最適だったはずでしょう。しかし今回は満月であるため、何かが終わったり完成したりする事柄に向いています。2017年から続いていた何かの件に決着が付いたりその目処が付くかも知れません。
また、太陽金星冥王星のステリウム(惑星が3つ以上重なる現象)は恋愛運と金運を中心に吉凶混合の荒波を発生させます。

去年発生した水星と土星の合致が3回目に達する件も見逃せません。中旬には突発的な変化を発生させる天王星の凶角もあります。これらの強烈な配置の連続は、1月前半が吉凶混合の非常に変化が激しい運気となる事を意味しています。

それでも9日から10日まで掛けた吉角の配置は様々な問題を緩和したり解決に導けるものばかりです。セクスタイル(60度)という吉角が多いため、その吉運効果を発生させるには、積極的且つ前向きな姿勢が必要です。手をこまねいて見ているのではなく、参加や自発的な努力が開運の鍵です。

主な現象について解説していきます。

■蟹座の満月(01/02)
太陽 やぎ座 オポジション 月 蟹座
満月は物事を完成させたり終わらせたりします。
去年発生した新月近辺で始まった事象、又はその時に始まった問題等が、この近辺で解決したり終わらせる目処が付く可能性があります。
また、一部の科学者が指摘する通り感情を高ぶらせるという効果もあるようです。占星術的に見るのなら、太陽と月は対立する180度という状態にあり、月が司る感情を高ぶらせ自分が行ってきた事の結末を目の前に見せるという意味があります。

しかし今回の満月の影響は2018年に入った後に必ず発生するとは限りません。星々の動きは現実世界のスケジュールによって多少左右する事があり、人によっては12月一杯で何かが完了するという状況となっていたかも知れません。
これが今回の満月近辺のホロスコープです。

ホロスコープ2017年1月前半

山羊座に入ったばかりの太陽や金星等と反対方向に位置するこの月は、山羊座土星に関する運気における対立関係という状況を浮き彫りにする可能性があります。
180度という角度は、パートナーや何かの相互関係の立場の違いを表面化させる傾向があります。この運気に影響された関係では互いに考えていることが違っており、思いやっているとは限りません。
しかし考えや認識の違いがあるにも関わらず、今は互いが必要になるという難しい状況を解決しなければならないでしょう。
この解決については次項の吉角が参考となります。

■満月と海王星の吉角(01/02)
太陽 セキスタイル 海王星
月 トライン 海王星
満月は「太陽と月の180度」を意味します。
今回は満月が発生した近辺において、海王星が太陽に対し「60度」を、そして月に対し「120度」を結びます。
これはどちらも吉角であり、イメージや印象に関係した事象、そして芸術や映像を中心としたビジネス等にプラスの影響を与えます。先程の問題に関する解決策や緩和の道はこの海王星が握っている可能性があります。
これは共通の夢や目標を定めたり、相手を思いやる心が鍵となるでしょう。マイナスだけでなく今まで良かった事を確認し直すことが重要です。

更に、角度のオーブ(許容範囲)を緩めに設定すれば、これは緩やかなグランドトライン(大三角形)+オポジション(180度)が組み合わさった「カイト」という吉運を発生させる天空図パターンとみなすこともできます。

ホロスコープ2017年1月前半

互いに納得できる道を見つけるヒントとなるのは、海王星と火星木星の合致というこの2つの要素です。
海王星との吉角は思いやりと共感する心が平和的な解決に導く事を意味し、火星と木星の合致はリスクを敢えて取ってチャレンジする姿勢が助けとなることを意味します。

■天王星の順行化(01/02)
天王星 牡羊座
牡羊座で長期間逆行していた天王星が、新年早々順行に戻ります。
これはITや最新技術そして反骨精神等に影響を与える傾向があります。ITや最新技術の開発が遅延したり、後戻りせざるを得ない問題が多かったかも知れません。思想面では心のなかで主張の整理が付かず混乱や言動の不一致に拍車が掛かったり、自立するための試みなどが失敗しやすかった可能性もあります。
しかしそれらの問題は、天王星が順行に戻る事によって方向転換する事になるでしょう。順行化は年始早々に発生するため、これは仕事始めからその影響が見える可能性も十分にあります。但し、中旬に太陽と金星が凶角を結ぶため、逆行期間中には難しかった事を突然始めるとトラブルが待つことになるでしょう。

最新技術やITに関係する仕事にも影響を与え、1月の仕事で会社の方針が大きく決められたり止まっていた計画が始まる等といった事になるケースも考えられます。
思想面では反骨精神が活発化する可能性が考えられます。天王星は勇敢な牡羊座にあるため周囲を恐れぬ行動が続くかも知れませんが、今年の春にはその傾向にも変化が見られることになるでしょう。

なお、天王星は暫く牡羊座に留まるという事もあり、今回は天王星順行に関する特集ページは準備しておりません。2018は天王星が牡羊座から牡牛座に移動するため、そのタイミングで「天王星牡牛座特集コーナー」の公開を予定しております。

■火星と木星の合致(01/07)
火星 コンジャクション 木星 蠍座
積極的な姿勢やチャレンジ精神を後押しする発展運気です。
人によっては何かの計画やビジネスの立ち上げ又は儲け話といったお誘いなどがあるかも知れません。しかし最初に聞く話は氷山の一角である可能性が高く、状況や役割等を良く把握した上で参加することで良い方向に持っていける可能性があります。
発展するものは大抵リスクを取る必要があるため、責任を取ったり最後まで面倒を見る覚悟が無い場合はこの近辺で手を出さないことが賢明です。

また、ビジネスや法律に関する争いがある場合、この近辺では攻めに転じることで勝利に近付くことが可能です。不当な戦法で相手に勝とうとした場合、その件は火種のみがさらに大きくなるという危険性があります。
この配置はスポーツや競技など、身体を激しく使う分野への影響も顕著です。これらに関係している方々は運気の後押しが貰えたり、好成績を出しやすくなるでしょう。
反面、一度火がついたものを止めることは難しくなるというマイナス面もあります。制御ができなくなる可能性もあるため、常に監視や注意が必要になるはずです。

■太陽金星冥王星の合致(01/09)
太陽 コンジャクション 金星 コンジャクション 冥王星 やぎ座
惑星が3つ以上重なる現象を「ステリウム」と呼び、特別な効果があります。
太陽と金星、太陽と冥王星、金星と冥王星の合致はそれぞれ1年に1回程度起きるものであり、それほど珍しくはありません。
しかし今回は3つの惑星がほぼピッタリと重なり、土星が入座したばかりの山羊座で起きるという点に意味があり、確率としてはレアな部類に入るものと考えて良いでしょう。

これが合致近辺のホロスコープです。

ホロスコープ2017年1月前半

これは金運と愛情運を中心に、良くも悪くも強力な運気を発生させる可能性があります。
愛情の金星に極限の冥王星が重なるだけでも、意中の異性に対する情熱を大きく強化し恋愛ドラマが繰り広げられる事になります。更に太陽が加わることでその決断や言動は、その情熱を燃やした人と受け取った人の運命を大きく変えていく事になるでしょう。
しかし情熱の使い方を間違えると、これは愛憎がもつれた修羅場と化す非常に危険な性質を持っています。大半の方々はこの凶意の影響を被る可能性は低いと思われますが、たまたまそういった状況に巻き込まれる場合もあるため、各星座運気では発生することを前提にして記載してあります。

また、金運面で見ると、これは大きな利益を獲得したりビジネスを立ち上げるのに適した時期ですがリスクも極めて高くなります。さほど効果時間は長くありませんが、今までのお金の使い方が一変するようなレベルの運気変化が起きやすいでしょう。
冥王星が関わる配置は一見静かに始まったとしてもその中身は強烈であり、一度動き出したら簡単には止められません。暴れ馬を乗りこなせないと落馬が待っていますが、手綱を制御できれば人が羨むような成果を手にすることができます。

■火星と冥王星の60度(01/09)
火星 セキスタイル 冥王星
良くも悪くも非常に強力な影響を持つ配置です。稀に凶意を発生させるケースもありますが、概ね吉角とみて間違いないでしょう。
これは目標に向かって集中し困難を乗り越える必要とチャンスを同時に発生させます。この近辺で大きな壁にぶち当たった場合、一見それは先がないかのような難しさがあるように見えますが、実際には乗り越える事が可能なものです。
60度という角度は積極的な姿勢によって吉運を発生させるという傾向があるため、目の前にチャンスがあったとしてもそれはチャレンジしなければならないでしょう。勝敗が関係するような事なら勇気を出してぶつかる事が吉運に近付くヒントです。
これは日々の雇われ仕事以外にビジネスや公務そして金融にも影響します。冥王星が関わっているため、それは当事者と一部の方以外には隠されているかも知れません。それでも一旦動き出したが最後、それは止めることが出来ないほどの影響を持つようになるはずです。

また、この配置はスポーツや競技等といった激しい事象を後押しします。
寒い季節ですのでウィンタースポーツ系にも関連すると思われますが、記録を残すには良いタイミングとも言えます。しかしスポーツに限らず怪我や極度の疲労といった副作用には注意が必要となる点に留意して下さい。

■複数の吉角群(9日~10頃)
前述の太陽金星冥王星の合致は、権力と愛欲を欲する場合非常に厳しい運気を作り出します。通常であれば対策を立てることは難しいのですが、今回はそれを補うような配置が存在しています。しかも今回は複数の吉角が連続するという稀有な状況です。
数が多いため、まとめてご紹介します。

太陽 セキスタイル 火星
 太陽と火星の60度
太陽 セキスタイル 木星
 太陽と木星の60度
金星 セキスタイル 火星
 金星と火星の60度
金星 セキスタイル 木星
 金星と木星の60度

この連続60度という現象ですが、これらには共通点があります。
左側の太陽と金星は「山羊座」に位置する事、そして右側の火星と木星が「蠍座」である点です。そして全て「60度」という吉角である点も共通項目です。
この運気は9日から10日をジャストとして連続的に発生し、この前後の数日単位で長めの効果を発生させます。個別の運気としては相違がありますが、簡単に言うのならこれらが引き起こす運気は恋愛運と金運を中心とした幸運の多い時期です。

山羊座と蠍座という組み合わせは、これらが滞在する領域において堅実で深い関係とその成果を要求する事が多くなるという傾向があります。
しかしこれらの連続する吉角は、嬉しい気分と未来への希望を発生させる可能性が高くなるはずです。60度という角度は前向きな姿勢や積極的な参加を必要とし、逃げの姿勢では幸運が殆どやってこないというケースもあります。
従って、この近辺は手放しで喜べる運気、、という訳にはいかないかも知れません。ですが、人生と毎日を良くしようと頑張っている読者の皆様なら「幸運」「チャンス」と受け取れるでしょう。この時期は少しでも好機が見えたら逃さない事が重要です。

■水星の山羊座入り(01/12)
水星 やぎ座
水星は1月10日に逆行地点に到達しますが、それまでは射手座を運行します。
これは去年逆行開始時(11月下旬から末頃)に止まってしまった状況に戻って、やっとスタートラインに立てるという事を意味します。後戻りの影響はかなり大きくリカバリーや調整等でかなり時間がかかってしまったはずです。

また、今回の水星は特徴的な動きを見せています。

12月23日
 巡行化
1月10日
 逆行開始地点への到達
1月12日
 射手座への入座
1月13日
 土星との合致

特に逆行開始地点に到達した後の変化が顕著です。
これらの動きは、逆行という影響による後戻りの終焉、リカバリーが終わった後、反省を踏まえた新しいステージに移行する事、去年発生した目上と交わす厳しい条件に関する決着、という流れるような運気の変化を意味しています。
また、山羊座に水星が入ることで、物事に対する姿勢や考え方は現実的且つシビアに判断するようになります。これは射手座で甘く見ていた状況が逆行によって後戻りが発生した事による反動が大きいでしょう。

■水星と土星の合致(3回目)(01/13)
水星 コンジャクション 土星 やぎ座
これは去年11月末頃に発生しました。
この配置は以下のような影響を発生させます。

[2017年11月後半から抜粋]
これは深刻で真剣な話し合いをしたり、それらの問題に対処するための熟考を必要とさせる配置です。憶測や希望はこの近辺で入り込む余地がありません。現実的で論理的に考え、黙々と対処をしなければならない傾向があるでしょう。
射手座の位置は本来楽観的で冒険を望む気分を誘発しますが、法律や何かを学び直すといった事として発現する可能性が考えられます。
そして土星は年長者や経験等も意味するため、目上の方からの身になるアドバイスや指示、契約や決め事そして伝統や慣例の遵守などが絡む可能性もあります。
悲観的な心理を誘発し易い傾向がありますが、ここでのポイントは「困難を糧とする」事や「長期的に物を見る」ことです。他の配置よりも比較的吉に転化させやすい傾向があるため、頑張る価値はあるでしょう。

11月に水星は土星と合致した直後に逆行という現象を発生させ向きを変えました。そして12月には逆行状態で土星と再合致し、そして順行に戻った今回が最後の再々合致(3度目)です。
この連続現象は、去年の段階で保留になったり調整が必要になるという判断を下された厳しい件が、今回で完結する事を意味しています。
前回の合致は射手座であったため、その星座が持つ楽観的な見通しがあったかも知れませんが、現実はそうはさせてくれなかったようです。山羊座に移動して最後の合致をするため、その星座が持つ社会ルールの厳しさを実感する結末になるでしょう。この運気は場合によって誰かとの離別を表すかも知れません。
ですが、もしこの厳しい状況に立ち向かい着地点を見つけて打開策を探す努力を継続していた場合、あなた自身が大きく成長し安定した結果を見ることができるはずです。

■太陽と天王星の90度(01/15)
太陽 スクエア 天王星
これは予想を裏切られたり、突発的な問題に遭遇するという運気を発生させる凶角です。人生の方向性や生き方そしてライフワーク等といったものに関係しますが、太陽が位置する領域によってその発生に違いがあります。
残念ながら嬉しい驚きにはならず、計画を大幅に変更したり調整をしなければならないという事態に戸惑ったり慌てる事になるでしょう。
その原因は大抵の場合準備や研究が不足している事です。
あなたや誰かが今まで疎かにしてきた事が問題となって少しずつ膨らみ、そして破裂するのがこの近辺です。もし慎重に様々な問題を予測し潰してきたのなら、この近辺ではさほど慌てる事はありません。
油断していた事を棚に上げて、上手く行かない事に怒ったり泣いたりしても状況が変わることはないでしょう。もし手立てがあるとすれば、その変化に積極的に順応したりバッサリとした決断をすることですが、油断分のツケは支払う必要があります。

この天王星はITや最新技術そして反骨精神にも関係しています。
PCやスマホの故障や操作ミスによるトラブル、権力に反抗する事によって生まれるトラブルには十分注意しなければなりません。IT機器に関連した問題の場合、自力でどうにかしよう、等と考えてしまうと更に悪化する可能性があります。
どのケースにおいても個人的な判断をすべきではありません。可能な限り専門家の助けを検討すべきでしょう。

■金星と天王星の90度(01/14)
金星 スクエア 天王星
先程の太陽と天王星の凶角に続けて発生します。
太陽が主にライフワークや進むべき方向等に問題を発生させるのに対し、こちらは恋愛や金運に関して大きく影響するという違いがあります。今回、前述の太陽天王星90度もこれとほぼ同時に発生するため、両方の問題が同時にやってくると見て間違いありません。

既にあなたにパートナーと言える相手がいる場合、その相手に対して不満があったり飽きている場合はこの配置が強烈に働くでしょう。痴話喧嘩になったり違う相手に気持ちが移ってしまっているというケースもこの角度がよく発生させる事象です。
逆に信頼しあっている関係の場合、この配置はさほど影響を与えませんので安心してください。相手を探している場合は、突然の出会いというチャンスがアップする可能性もありますが、出会った人に自分自身を良い印象へと持たせることは難しいかも知れません。

金運面ではITに関する商品、またはネット通販等に関するトラブルが予想されます。予算面でも厳しい状況になる可能性があるため、財布の紐を締めるべきでしょう。
金融やビジネス等における突発的な問題も発生しやすく、ここに至る前からリスクは回避しておく方がお薦めかと思われます。

◇2018年の運気動向について(12月後半から再掲)
2018年は天王星が牡牛座に移動し「通貨」や「価値観」そして「美術芸術品・高級品」の概念が革新します。しかし秋には天王星が一旦牡羊座に逆入座してしまうため、それはすぐに常識にはならないかも知れません。
既にビットコイン等が有名化していますが、まともな形で活性化するのは来年からになる可能性大です。そして、銀行や証券会社又は信用商売等といった業種にも天王星の力による改革の波が迫ることになるでしょう。
また、2年半振りに火星が土星や冥王星と合致し、強烈な火の気だけではなくビジネスにも勝ち負けが明確化されるような状況が発生することが予想されます。
そして2018年11月には木星が射手座に回帰し、去年秋から沈静化気味の運気となっている射手座生まれの方々にとって「夜明け」を感じるような状況が到来します。
また、2018年は山羊座を中心として強力な配置が多々あるため、不動産や堅実なビジネスが発展を遂げる傾向となるものと思われます。

■1月後半の予測
01月16日
 金星と天王星の90度
 木星と冥王星の60度
17日
 山羊座の新月
 新月と金星の合致(オーブ:2度)
18日
 火星と天王星の150度
 水星と火星の45度
 金星の水瓶座入り
20日
 太陽の水瓶座入り
25日
 水星と冥王星の合致
26日
 火星の射手座入り
28日
 水星と海王星の90度
30日
 水星と海王星の45度
31日
 水星の水瓶座入り
 獅子座の満月

月末に発生する満月は影響が大きく、重要な運気転換点の一つとなる可能性があります。
また、惑星の星座移動が多々発生するため、状況がガラッと変化するという傾向となるでしょう。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年1月前半の星座別運勢
(1/1から1/15まで)