TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 毎月の運勢



2018年5月前半の全体運
(5/1から5/15まで)

今月の12星座占い
真実と虚構の間、天王星移動の予兆
GWに入りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
4月に発生した激しい火の気は様々な領域で激しい議論や諍いを起こしており、皆様もそれらを多々耳にしているのではないかと思われます。この件は突然発生した訳ではなく、ある程度の期間燻っていたものが発火したケースが多かったはずです。
実はこの組み合わせはトラブルだけではなくスポーツやビジネス等で記録等を達成するという効果もあります。火星冥王星と吉角を結んでいた木星もその効果を助けてくれていたという点もあるでしょう。そのため、おおごとになる前に賢明な判断を下せた方は、火の気が強い時期を乗り切ってこのGWを穏やかに過ごせているはずです。
今回はGW近辺において目立つ角度の組み合わせがありませんが、4末に発生した満月と土星の吉角という効果があるため、争い事から遠ざかっている賢明な方々は安定した運気となるでしょう。

しかし意地を張ってしまったり選択を間違えた方々は、かなり厳しい体験をされただけではなく、GWという楽しめる時期にあっても気が気でない状態にあるかも知れません。
この「火星と冥王星の合致」という火の気は約2年と数ヶ月毎に一度発生するというサイクル的な側面もあるため、本来であれば「特別」という程ではありません。
ただ、今回は山羊座に凶の要素を持っている「火星・土星・冥王星」が揃い踏みとなっており、決して簡単に事が済む状況では無かった可能性があります。

それでも火の気という運気は単にトラブルを呼ぶだけではなく、大きな壁を突破して成功に近付くというプラスの側面も持っています。スポーツのような競技性があるもの、そして勝負が関係するビジネス等の分野ではこの影響が顕著であるため、成否が大きくわかれる傾向もあります。
人によっては、この厳しい状況にあっても何かの目標を成し遂げ、大きな成果を自分の物にできているという状況にある方もいらっしゃるかも知れません。
しかしこの火の気は制御が非常に難しく、大抵の方にとっては面倒なゴタゴタや一触即発の事態等に見えたのではないかと思われます。火の気は大抵の場合、発生した後しばらく尾を引く傾向があるため、くすぶっている火元には近づかない方が賢明です。
また、この件はいずれ揺り戻しが返ってくる可能性があるため、もし4月中に行き過ぎた言動をしてしまったのなら早目のフォローがお勧めです。

そしてゴールデンウィークを過ぎたこの5月でもその余波は多少残っており、5月病に掛かっている余裕は少ないかも知れません。
これが今月後半の主な現象です。
06日
 太陽と海王星の60度
07日
 水星と冥王星の90度
08日
 金星と海王星の90度
09日
 太陽と木星の180度
12日
 太陽と冥王星の120度
 水星と火星の90度
13日
 水星と天王星の0度
14日
 水星が牡牛座へ入座
 天王星と海王星の45度
15日
 牡牛座の新月

赤字:凶角 青字:吉角 紫字:中角

メジャーアスペクトと呼ばれる古典的な角度をピックアップしているため、この前半は一見現象が少ないように見えます。しかし運気が安定しているという訳ではなく、凶角が多い関係から余り安定しているとは言い難い部分があります。
木星と海王星が関係した影響により、曖昧さや不確定な状況を誘発させる傾向にある反面、冥王星の影響が物事の本質を鋭く貫く傾向が想定されます。この相反するような状況は、真実と虚構が入り混じったような世相を作る事になるでしょう。
当然ながら様々な意見が渦巻くことになるでしょうが、曖昧な情報や無駄な話に惑わされず、眼の前の責任や義務に注力することが望ましいのは言うまでもありません。

そして水星と天王星が合致することによって、昨年から実用化が進んでいる最新技術にもまた再度瞬間的な追い風が吹くことが予想されます。
この天王星は間もなく牡羊座を抜ける直前であり、物の価値や通貨等に関する概念や扱いが大きく変化する兆候が見え始めています。
既に電子マネーや仮想通貨等は社会に影響を与え始めていますが、2018年以降は、それらが常識化したり既存の制度に大きな変化を発生させるという状況が起きる可能性は高いでしょう。
天王星が前回牡羊座を運行していた1934年から1941年頃までの歴史を紐解いて見れば、その際の激変から今回の状況もある程度予想できるかと思われます。以前と違うのは、天王星の影響範囲がITと革新技術に関係しており、更に爆発的に加速する情報管理やインフラの構築が進むという点です。

そして体制や常識に対する反逆的な思想もまた天王星の領分です。
当サイトでは、この惑星の本質は「満たされない心」と判断していますが、それを文明に向ければ技術が発展し豊かになります。しかし体制に反発して良い社会がやってくるかどうかは最新技術の発展よりもなかなかに難しく、牡羊座が持っている勇気や強硬な姿勢だけでは実現は困難であったはずです。
その概念は間もなく終わりを告げ、牡牛座が司るお金や豊かさの概念、食料や地球環境という部分を焦点として世の中を変えようという行動や人々が増える事になるでしょう。

以下に主な現象を解説して行きます。

■太陽と海王星の60度(5/6)
太陽 牡牛座 セキスタイル 海王星 魚座
人様に対する共感の心を発生させやすくする配置です。
慈善行為や公共性のある活動を誘発させ、助け合いの精神を評価するという動きが強くなるため、普段よりもそれらの事象に追い風が吹きやすくなるでしょう。
誰かとの精神的なつながりを実感したり、深淵な目標を持つ計画等が始まったり、無から作り出す創作活動等にも良い運気を与えてくれる事になるはずです。
また、将来に向けた計画に希望が持てたり、可能性を感じられるというケースもあるでしょう。これらは曖昧であるが故に可能性を感じるという点がメリットでもありデメリットでもあります。進むのは良いのですが、現実的なお金や制限は良く把握する必要があります。

また、これは元々オカルトや占いといった非科学的な事象に対して影響すると言われており、科学的な事象には余り影響を与えないとされてきました。
しかし当サイトでは、海王星が持っている占い以外の世界への影響範囲として「メディア関係」を提唱しております。
それは印象操作であったりイメージ戦略が重要であれば業界の種類を問いません。マスコミ、映画、CG、遊園地等といった「夢を魅せる」ものが該当すると考えています。
今回は吉角であるため、これらの分野ではプラスに働く要素が期待できるものと考えて頂いて良いでしょう。

■水星と冥王星の90度(5/7)
水星 牡羊座 スクエア 冥王星1 やぎ座
精神状態と思考能力に鋭い影響を与える凶角です。
この配置を上手に使うことができれば物事の本質を見抜き、隠された何かを発見し、難問と言われる問題を解決するためのヒントを見つけることができるでしょう。
しかし凶角を使うのはそう簡単ではありません。この配置はしばしば批判による舌禍を招いたり、更には「密かに陥れようとする誰かがいる!」と騒ぎ立てるような思考状態を誘発してしまいます。
この近辺では客観的な判断ができないと、人様の意見など一切耳に入らず意固地になってしまうだけでしょう。

この配置のように冥王星が関連すると、力関係(パワーバランス)の事象が関係することがあります。水星の場合は議論や分析といった物事の真髄に近づく事象に影響しますが、冥王星の力は極端から極端に移動します。
あなたの思想や、目的を達成するための手段が極端過ぎてしまえば、相手に理解してもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。逆に反感を買う危険性があるという事も理解しなければなりません。

実際にこの近辺では、誰かを強引に説得しようとしたり、自分の意見が正しく誰かが間違っている、といった主張をする方が発生する事になる傾向が想定されます。
この配置は説得力を増強させるという力があるため、理路整然とした主張であれば共感は得られるでしょうが、その行為によって行き着いた未来が幸せに繋がるとは限りません。
もしそのような状況に巻き込まれてしまった場合、できるだけ互いの立場を理解しあい、言い争いではなく着点を見つける努力が解決への道です。
なお、現代社会においてこれは機密を伴う契約に関する問題が発生したり、その機密やデータ等の盗難そして裏切りという状況を発生させるケースもあります。

■金星と海王星の90度(5/8)
金星 双子座 スクエア 海王星 魚座
恋愛運や金運に関して、不正確なイメージ(虚像)を作り出してしまったり、自分で作り出していたイメージと現実の差が見えてしまいがっかりするという心理を誘発させます。
また、海王星は「イメージ」に関係しており、恋愛や金運そしてイメージ戦略に関係する分野で真実とは違う姿を見せようとする効果もあります。それらの力は現実の世界で「嘘」「誇張」「詐欺」といった形で現れる傾向となるでしょう。
美味しい話や曖昧な計画には乗らず、現実的に可能性が低いことが簡単に起きるはずがないと身構える位が堅実で安全です。

また、誰かに甘えたり依存する関係はこの配置近辺で悪化しやすい傾向があります。
互いの信頼関係を確かめ、誠実な対応ができるのなら回避する事も可能でしょうが、不公平な関係をそのままにしてしまうと、さらに厳しい状況になる危険性があります。
万が一、親切心や同情心を愛情と履き違えてしまうとそれは泥沼化してしまい、なかなか切り離すことができなくなってしまうかも知れません。

以上の点からこの近辺では下手な譲歩や曖昧な判断をしない事をお勧めします。
海王星の力は薬やお酒等にも関係します。使いみちを誤ったり、お酒に逃げるような行動もまた状況を悪化させるばかりか、健康面や金運にも問題を発生させやすくなるため、律する姿勢の重要さを教訓として学べる時期となるはずです。

■太陽と木星の180度(5/9)
太陽 牡牛座 オポジション 木星 蠍座
これは木星の力によって楽観的心理を誘発させますが、その根拠は的外れなことが多くチャレンジ精神は失敗に繋がりやすいという罠が存在します。
当然ながら何事にもリスクは存在するのですが、この近辺ではそれが見えにくくなってしまうようです。

ここで重要なのは、木星の効果がマイナスに出やすいという点です。
本来であれば拡大・発展させる効果はメリットの方が大きいでしょう。しかし木星は未だ逆行を続けているため、その拡大効果によるデメリットは順行時よりも更に危険性が増加しているものと考えるべきです。
無駄に自信を付ける心理を誘発させるため、抱えているものが自分自身のキャパシティを超えてしまっているのかも知れません。

この時期は謙虚さを学ぶ事、そして、自分や誰かの判断や行いは正当性があり一切問題が無い、などと思い込まないということが重要です。
何かを発展させたり開始したい、と感じたりそのような計画に関係した場合は、実は既に大きくコストオーバーしているのかも知れない、という慎重さをもって状況を判断すると良いでしょう。

■太陽と冥王星の120度(5/12)
太陽 牡牛座 トライン 冥王星1 やぎ座
物事の本質を把握させようとする力が働きやすい配置です。地位と権力といったパワーバランスに関する変化が発生しやすい時期でもあります。
この近辺では表面的な判断や捉え方は歓迎されないケースがあり、専門的な考え方や無駄無く目的に到達するための姿勢が評価される傾向となる可能性があります。

そして現在冥王星は逆行しており、この配置はつい最近発生した強い火の気に無関係ではありません。120度という角度は安定化をももたらすのですが、その件で荒れた状況の揺り戻しとしてこの角度が働く可能性もあります。
先月に強い火の気が発生した結果、冥王星が逆行している山羊座の位置の領域に関係する事象において、曖昧だった何かが解明されたりその反省が活かされるような動きとなるでしょう。

■水星と火星の90度(5/12)
水星 牡羊座 スクエア 火星 やぎ座
思考能力を加速させ、判断を焦らせる効果がある凶角です。
しかしこの配置近辺ではその急ぐ姿勢がマイナス効果を発生させやすく、判断ミスや性急すぎる姿勢、そして口論を引き起こしやすいという問題があります。
水星が意味する読み書き話し(手足)に関する火星という惑星の火の気という判断で見ると、これらの怪我や事故にも注意した方が良いでしょう。
このサイトで何度か紹介させて頂いている「火の気」は実際の火だけでなく、争いの「火」種、そして刃物によるトラブル、事故等も意味しています。

移動時に注意するのはもちろんですが、これは舌禍により仲違いを引き起こすという効果があります。互いに利害や考えが一致しにくく、妥協点を見つけ出す事も難しいでしょう。
ビジネスの交渉や議論そして法的問題では感情的になりやすく、当然ながらそのような態度はトラブルを悪化させるだけとなる可能性があります。
ですが、幸いにも太陽と冥王星の120度という物事の本質を見抜く角度が存在しているため、プロに任せるという事が何よりも助けとなるはずです。

この近辺における教訓としては、溢れ出すエネルギーや衝動がある場合は一人で発散できるスポーツ等に向けておき、不満があっても今は言わないという点です。
この近辺では、口は災いの元ということわざを心の隅に置き、主張すべき意見は整然とまとめてから口にだすようにしましょう。

■水星と天王星の0度(5/13)
水星 牡羊座 コンジャクション 天王星 牡羊座
これもまた思考能力や判断を急かせる効果のある配置です。
天王星は直後に牡牛座に抜けてしまうため、この組み合わせは今後84年間再発することはなく、貴重なタイミングと言えなくもないかも知れません。
これはITや最新技術を促進させたり、人々の興味を湧かせる効果も期待できるため、この時期の新商品等は面白みやワクワク感が多くなる傾向が想定されます。
しかしPCやスマホそしてWebサービス等はトラブルが発生しやすく、継続してサービスを提供しなければならないような場所では、ちょっとした変更が大問題に発展するというケースもあります。
今回水星は順行しているため、長期的な問題には発展しない可能性がありますが、決して油断はしないほうが賢明でしょう。
特に水星が示すメッセージやメールといった意思伝達に関しては、突然のニュースといった形で情報を知ることになる可能性もあります。見落としに注意して下さい。

また、天王星が関係すると、その効果は大抵短く結果は予想がしにくい傾向となります。
予測が付きづらい以上長期判断には向いておらず、驚きだけを提供して効果が消えてしまうというケースもよくあります。
この位置は牡羊座を抜けるギリギリの位置であり、この近辺で発生する事象は、2011年の春に天王星が牡羊座に入り、この5月に抜けるという現象との関連性が考えられます。
間もなく天王星は牡牛座に抜けようとしており、84年周期の新しい時代とその思想についてすぐそこまで来ていることを実感できる可能性は高いでしょう。

■天王星と海王星の45度(加筆修正再掲)(5/14)
天王星 牡羊座 セミスクエア 海王星 魚座
これは去年の夏から秋頃にかけて発生しました。
以下、その際の記事から再掲します。

理想と現実を乖離(はくり)させる配置です。自分勝手な理想のイメージや思想を押し付ける戦略は成功せず、体制に反発する考え方は自らの首を締める力を持っています。
海王星は逆行しており、理想や未来を変えようとする目標とは違う「現実」を見せつけ、文字通り「現実的な対応」「柔軟さ」を迫ります。
天王星もまた逆行しており、革新的な技術を追う事や、既存の体制や常識に反逆する思想という「考え方そのもの」を疑ってしまったり、その考えを筋道立ててコントロールする事ができなくなるという力を持っています。
どちらも夢を描いていた「未来」と「現実」の違いに気付き、考え直さざるを得なくなるという点では一緒です。これも前述の「障壁」であるため、同様の注意が必要です。

その際、当サイトでは思想又はIT戦略に関係した、印象操作やイメージ戦略を必要とする分野で問題や向かい風が発生する可能性がある、と記載しました。
今回は両方とも順行しているため前回程波乱が酷くはならないでしょう。それでも前回と同じ領域で発生するため、再度同じことが繰り返される傾向が想定されます。
そして、牡羊座を運行する天王星が間もなく牡牛座に抜ける直前のため、この配置はかなり長期間再発せず、今回が一旦の締めくくりとなって次のステップに移行するでしょう。
ここでの教訓は、主義主張を通す際に公平な議論及び姿勢で対応しないと、相手に通じるどころか自分を不利にしかねないという点です。45度という角度は逆張りで失敗するという現象も発生させるため、突飛なアイデアや対策では解決しないものと思われます。

■牡牛座の新月(5/15)
太陽 月 コンジャクション 牡牛座
今回は牡牛座で新月が発生します。
間もなく天王星が牡牛座に入ろうとしている点からも、この位置で新月が発生する事には重要な意味があると捉えて頂いて間違いはありません。
これが影響を受ける分野は、人の価値観、贅沢品、ショッピング等といった「お金」に関する事であったり、地球や環境そして食料とそれに関連する生き物という物質的なものになるでしょう。
これが新月近辺のホロスコープです。

ホロスコープ2018年5月前半

他の惑星との大きな絡みこそ無いものの、この新月はペルセウス座のCapulus(キャプルス)という恒星、そして同星座のAlgol(アルゴル)という恒星にも接近しています。
前者は首に関連し、特別な気象現象を発生させやすくしたり、取引や決めごとにおける虚構や嘘という解釈をされるケースがあります。木星の効果も発生させるため、法的取引や海外ビジネスにも関係するかも知れません。
後者は神話に登場するメデューサの頭に該当し、不幸や暴力そして精神面に影響を与えると言われてきました。また、薬物やアルコールそして心が依存する症状等が関連するものと思われます。
今回の新月とほぼ重なるという現象は、この中旬に幾つかの面倒な状況が発生したり、一部では不幸とも取れる現象の発生の可能性を示唆しています。
しかし、この牡牛座には間もなく天王星が入る予定であり、この領域ではこの先大きな変化が発生する時期がすぐそこまで来ています。困難は伴うかも知れませんが、それを乗り越えた際の恩恵はその苦労を補って余りあるものとなるでしょう。

■後半の大まかな予測
5月後半は以下のような配置が待っています。

16日
 天王星の牡牛座入り
 火星の水瓶座移動
 火星と天王星の90度
19日
 金星の蟹座入り
20日
 金星と天王星の60度
23日
 水星と海王星の60度
 水星と木星の180度
 木星と海王星の120度
24日
 太陽と火星の120度
26日
 水星と冥王星の120度
 金星と土星の180度

後半は天王星が牡羊座を抜けて牡牛座に入るという、社会情勢に大きな影響を与える転換点が待ち受けています。
天王星はこの後一旦逆行して牡羊座に戻る予定があるため、完全に抜けきったわけではありません。しかしここから2026年まで牡牛座を運行する期間は、お金に絡んだ事象の突発的な変化が発生したり、ITをベースにした金融変革の波が社会に浸透していく時期となるでしょう。
現在金融機関であったり税務やローン等といった業界に属する方々は既に厳しい状況にあるかと思われますが、古いシステムや既得環境は改革の必要に迫られるかも知れません。

■獅子座のドラゴンヘッド特集
獅子座のドラゴンヘッド特集
幸運を運んでくる人間関係が分かる
「獅子座のドラゴンヘッド特集」はこちら!

■1年の運気
9月からスタートした12星座別に1年の過ごし方分かる「木星で見る1年の運気」を掲載中です。気になる時に是非読み直して頂き、運気向上にお役立て下さい。

↓木星の効果はこちらからご覧頂けます。 木星で見る1年の運気

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載

2018年5月前半の星座別運勢
(5/1から5/15まで)