TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蠍座

蠍座 2017年6月後半の運勢

蠍座

6月後半の蠍座

木星が順行に戻り、そろそろあなたの「過去」「秘密」「隠遁」「深層意識」「孤独になる場所」等の状況に変化が発生し始めている頃かも知れません。
順行に戻りはしましたが、逆行から順行に転じるタイミングでは大きな変化やトラブルが良く発生するため、状況を安定させるにはもう少し時間がかかる可能性もあります。
そして蠍座にとってこの木星の位置は次の12年サイクルへの準備期間です。運が悪くても自暴自棄になるようでは次の運はやってきません。先々を見越した下積みが秋冬以降の運に繋がるという事を理解するのが賢明です。

海王星は17日頃から「逆行」という、天文学的に逆に進むかのように見える現象を発生させます。海王星は「恋愛・子供」「趣味・ギャンブル」「芸術・創作活動」等を司る領域を運行し、これらの件であなたに影響を与える可能性があります。
今までこれらの領域で深く関わっていた何かに対して、あなたの認識や先々の見通し等に甘い部分があったようです。今回の逆行はこの領域のどれかに関して、あなたが今まで気づかなかった「現実」に気付かせるかも知れません。
海王星の逆行は長期間続きますが、この期間中に落胆するのは簡単です。その現実とどう向き合い、未来に向かって何を取捨選択すべきなのかを考える必要があるでしょう。

この後半、金星は「対人運」「(ビジネス・個人を問わない)パートナー」「敵」「結婚」等を司る「牡牛座」を運行中です。
これは対人交渉能力や魅力が増す配置です。それはグループではなく1対1での関係で発揮されるため、恋愛運では相手がいる場合に運気アップを実感し易くなるでしょう。相手との価値基準の一致具合とあなたのペースに合わせられるかが重要なはずです。

21日頃にその金星は海王星と60度という吉角を結びます。
この配置もまた恋愛面で有利に働きます。蠍座本来の性格が強い方ほど苦手かも知れませんが、パーティーや人が集まる飲み会等では、自分からアプローチをすれば意中の相手と接近するチャンスが生まれる可能性があります。
しかし海王星は逆行しているため、憧れを抱いていた誰かの「素の状態」はあなたの予想と違っているかも知れません。
金運面ではギャンブルや投資で成果を上げやすい時期です。しかしこちらも逆行の影響があるため、認識の甘さを無くすよう事前調査をしておく方がよいかも知れません。収支報告や予算上限を見てしまうと現実に引き戻される可能性があります。

そしてこのタイミングでは、金星海王星に加えて木星と月も一緒に「YOD(ヨッド)」と呼ばれる特殊な二等辺三角形の配置を発生させます。
木星のテーマである「過去」「秘密」「孤独」等の分野ではあなたが自分の責任を果たしどうあるべきかを認識する必要がある事を示唆します。人によってはこの近辺でこれらを象徴するような出来事が発生するかも知れません。
この秋まで木星はこの場所を航行し続けますが、もしあなたが秋冬頃からずっと苦しんでいる場合、この時期が次の12年運気サイクルのための年末大掃除期間である事を理解していない可能性があります。様々なものを精算し、次のステップへ移行するための産みの苦しみであることを理解できれば、道が見え始めるはずです。

21日からは太陽と水星がほぼ同時に「蟹座」へ入座し、23日頃には水星とほぼ合致した状態で「新月」を発生させます。
「蟹座」の位置は「信念・信条」「学業・試験」「海外との取引や出張」「法律」「執筆・出版」「宗教」等を司っており、これらの分野のどれかに関係する計画やイベントが始まる可能性があります。
この新月には水星が関連しているため、読み書き話しに関する事や近距離への出張、雑務等が影響し多忙になるかも知れません。しかし、この時期は細部に気が回らず対応にミスも発生し易いため、最終チェック時は誰かの手を借りる方がよいかも知れません。
そして、蠍座の守護星である「火星」が新月発生位置である「蟹座」を一緒に運航しているため、この分野で多々エネルギーを消費する傾向です。
24日頃にはその火星と木星の90度という凶角が、そしてほぼ同時に火星と海王星の120度という吉角が同時に発生します。
木星との角度は、リスクを取ってチャレンジすることでチャンスが生まれる反面、エネルギーを注ぐあまり、体力を簡単に消耗してしまう可能性を示唆しています。それはあなたが一人で休める貴重な時間を奪い取るため、健康管理に注意すべきかも知れません。
また、この配置の影響によって、あなたのその姿勢と進め方には驕りや傲慢さがにじみ出る可能性もあります。それは陰であなたを快く思わない「隠れた敵」を無闇に増やしたり、上司や同僚から「いないほうが良い」と思われてしまう可能性すらあります。
海王星との角度は、意中の人や子供(又は目下の保護対象)そして誰かの「楽しみ」のために純粋な気持ちでその件にエネルギーを注ぐという姿勢を助ける配置です。通常は良い配置ですが海王星は逆行しているため、もしかするとあなたが目指すべき理想と現実は違うかも知れません。

前述の件とほぼ同時の24日には金星と冥王星が120度という吉角を結びます。
この配置はネットやソーシャルそして近場でお出かけした場所等での出会い運が良い事を示します。日々生活する近所などでも同様のチャンス運がアップし、人によってはその出会いは兄弟姉妹の助け等が関係するかも知れません。
もしこのチャンスを活かして出会えた場合、その人との相性は心身共に深く繋がる縁深い関係になれる可能性が高いでしょう。そしてそれは長く続く傾向となります。
金運面ではIT機器やネット決済等で収益を出すための方策を生み出したり、通販で高価な芸術品等を購入すると当たりを引きやすい配置です。それはパートナーの介在が必要だったり、誰かのために買ってあげることになる可能性もあります。

月末に近付くと、守護星である「冥王星」に関連した2つの凶角が待っています。
1つ目は水星との180度です。あなたが高度な技術や学問を必要とする分野、又は教育分野、若しくは法律や執筆出版、人によっては海外との取引等々に携わっている場合はこの角度の影響が顕著に発生します。
この配置は上記の分野で議論や口論を発生させることが多く、問題解決のプレッシャーを多々感じる事になるでしょう。物事の本質を見抜く目を与えられるのがこの時期ですが、心理戦や自分のやり方を相手に強制すると、逆に自分の首を絞める危険性があります。
2つ目はこれもまた蠍座の守護星である「火星」との180度で、これは来月初旬が本番ですが月末に近付くに連れて兆候が発生するものと思われます。
これもまた前述の分野に関係し、これらの現場で利権・権力・派閥争いが発生する可能性を示唆します。あなたがその競争に巻き込まれる可能性は高く、これらの状況で我を押し通した場合は立場の維持が難しくなるでしょう。
感情を抑え、計画や上司の指示通りに作業をこなし、必要であれば記録を取って淡々と進めるのが最も賢い選択です。決して挑発したり激昂しないようにして下さい。
なお、海外出張や旅行を予定している場合、出先では乗り物や会話手段、契約捺印に関するトラブルや事故に遭いやすい傾向のため、普段よりも警戒すべきです。

※4月中旬に発生した土星の逆行は
「収支」「価値観」「お買い物」運を司る領域で発生します。
この現象が長期に渡って起こす蠍座への影響は 現在公開中の「土星逆行特集」でご確認下さい。
土星逆行特集
土星逆行特集はこちら!


全ての星座に関係する「6月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い
「木星で見る2016-2017年の運気」も見てみる
木星で見る1年の運気
「逆行した木星の影響」も見てみる
逆行した木星の影響