TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蠍座


蠍座 2018年8月後半の運勢

蠍座

8月後半の蠍座

この占いを発表する近辺では、火星が山羊座に逆入座した影響が継続しています。
火星の位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る山羊座で、この位置の逆行火星は交渉やコミュニケーションそして移動などにトラブルと遅延を発生させ、あなたの精神にストレスと怒りをためやすくする傾向があります。
住居近隣や親類縁者などとの関わりも問題が出やすくなります。人によっては通信機器や移動手段などといったアイテムの故障やトラブルが発生する場合もあるでしょう。
この時期は考える速度を敢えて遅く慎重にし、機器類の新調を避けたり遅延させることが状況を緩和させるコツです。

18日は水星と金星の60度というコミュニケーションに幸運を与える吉角が発生します。
水星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る獅子座で、金星は「過去・秘密・精算・隔離場所」などを司る天秤座です。
この近辺では目上の立場にある誰かから、内々に嬉しいオファーをもらえるかも知れません。しかしあなたはそれに対して必ずしもOKを返すとは限らない可能性があります。水星はこのあと順行に戻るため、オファーをくれた目上の方の考えや都合が変化するという可能性もあり、ある程度柔軟に話を聞くということが良いでしょう。

19日は木星と海王星の120度という吉角が発生します。
木星は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る蠍座で、海王星は「恋愛・子供・趣味・投資」などを司る魚座です。
これは恋愛運、子供運、趣味運等において穏やかな幸運と将来への希望を実感できる時期を示しています。身近に意中の異性や子供等といった相手がいる場合、彼らの精神的な絆が深まり人間関係が良好化する傾向が期待できます。
投資やギャンブル等でも効果が期待できるものの、厳密な金銭管理には向いていない配置であるため、こちらはそこそこが望ましいでしょう。

同日19日は水星が順行に戻ります。
水星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る獅子座であり、これらの分野では今まで宛先の間違いや遅延そして手戻りなどを感じていたかもしれません。
逆行時の位置に戻るのは来月ですが、この近辺から既に効果は感じられるはずです。そして、逆行から順行に戻る近辺のタイミングでは、突然の方針転換や問題が落ち着く等といった、運気変化のイベントが発生する可能性が高くなります。
この逆行期間中に長引いた仕事を終わらせ、休息が取れたのならあなたの仕事運は再度活性化していくでしょう。
26日は幾つかの現象がほぼ同時に発生します。

・乙女座の太陽と山羊座土星の120度
・乙女座の太陽と牡牛座天王星の120度
・山羊座土星と牡牛座天王星の120度

上記はグランドトラインの発生を示しており、太陽は「友人・同僚・属する組織・社会環境」の領域を、土星は「読み書き話し・移動・近隣親類」の領域を、天王星は「対人・パートナー運・結婚・敵」の領域に位置しています。
これらの吉角は、働いている会社組織や参加しているグループ、友人等といった関係を通じて、あなた自身にステップアップのチャンスが訪れる事を示しています。さらなるキャリアを目指して転職したり、有意義なグループの輪に入るといった機会は有効に活用すべきでしょう。地位の向上には責任がつきものである点はお忘れなく。

また、これと同時に発生する満月の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」などを司る魚座です。満月が加わることでこのグランドトラインは「カイトパターン」という実現性を強化した幸運の配置となり、受け身ではなく正しい努力と攻めの姿勢が幸運に近づけるチャンスを大幅に増大させてくれます。
意中の異性とのお付き合い、趣味や投資・ギャンブル、子供の存在といった件はあなたの励みでもあり、この近辺でモチベーションをアップさせる元となるかも知れません。

また、27日は金星と冥王星の90度という激しい凶角が発生します。
これは先程のカイトパターンとは反する「台形パターン」という凶角のみで構成された厳しい状況を示します。
金星は「過去・秘密・精算・隔離場所」などを司る天秤座、冥王星は「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る山羊座です。この組み合わせは、あまり表に出しにくい話題やお付き合い等にご縁が発生しやすくなる時期を示します。

この配置で何かの問題に迫られた場合、満月である月の位置、つまりは魚座の位置に関することが解決の鍵となります。この位置は「恋愛・子供・趣味・投資」などを司る魚座であり、前述の分野のどれかは、問題を緩和したり先に進む力となってくれるでしょう。

同日27日は火星の順行化が発生します。
火星の位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る山羊座であり、カイトパターンと台形パターンが関連する冥王星の位置と同じ場所にあります。この分野における問題や不満はこの近辺を境に風向きが変わっていく事になります。
先程の多角形パターンと時期をほぼ同じくし、同じ山羊座で順行という現象が発生することは、火星が向きを変えることに関連して大きな変化が発生することを意味します。
そして火星はあなたの星座の守護星でもあり、影響は決して低くありません。積極的にコミュニケーションを取り、書物や人様の行動から吸収しましょう。火星はこの後も凶角を予定していますが、積極的な姿勢と行動は先々の運気を大きく変えていくでしょう。

28日は水星と木星の90度という発展のリスクを伴う配置が発生します。
水星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る獅子座、木星は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る蠍座です。
この配置は7月前半、8月前半と2回に分けて発生しました。今回が3回目で、その締めくくりとなる運気が発生する可能性があります。
様々な場所でのスピーチそして交流の機会がありますが、失言や誇張そして誤解を与えるような言葉を発してしまうと立場が厳しくなる可能性があります。
あなた自身は純粋な気持ちで話しているのかも知れません。が、この配置は事実と異なる事を喋ってしまったり約束できない事を口に出してしまう危険性があります。些細なリスクも見逃さない現実的な姿勢がトラブルを避けてくれるでしょう。

全ての星座に関係する「8月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い