TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 魚座

魚座 2017年10月後半の運勢

魚座

10月後半の魚座

16日は太陽と土星が60度という吉角を結びます。
太陽の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る領域であり、土星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域です。
これは資産管理や長期財政計画等で、あなたが責任と義務をもって遂行する必要がある時期です。好きな事をする時間を減らすため仕事の時間が増えますが、それはあなたの信頼をアップさせてくれます。
人によっては何かの資産や権利を継承してあなたが責任を持つ立場になったり、独立や転職に有利に働くケースがあります。
仕事の結果が実用且つ現実的な対処ができていたり、目上との男性や権力を持つ方からの憶えが良くなるといった効果があります。必要であれば積極的に経験者や目上の男性にアドバイスを貰うと良いでしょう。

17日は水星が蠍座に入座します。水星の位置は「学業・法律・海外・信念」等を司る領域です。
ここに水星が入ることにより、初心に返って何かの学問や法律等に関することを学び直したり、マスターするための機会が発生します。この期間では浅く広くではなく、他者が余り知らないような深い情報を得られたり、あなたのスキルや精神は大きな成長を遂げる可能性があります。
このサイクル期間では、あなたの視点は細かい分野よりもより広範囲な戦略的な視点を持って物事を判断するようになるでしょう。その分、細かいミスには注意が必要です。
また、この配置では相手に突き刺さるような鋭い言葉をうっかり言ってしまう可能性もあるため、発言には節度を持ちましょう。

18日は水星と木星が合致します。水星の位置は前述どおり「学業・法律・海外・信念」等を司る場所です。
合致という現象は制御が難しいことが多いのですが、吉星である惑星の組み合わせなので幸運が強くなる傾向にあります。
これはまた海外を意味するため、海外の方々とのメッセージのやり取りや取引があるかも知れません。人によってはこの期間中に旅行や出張等を経験するケースもあります。
しかし、この配置は細かい点を見落としがちになる事が多いようです。もしこのサイクル期間中に法的な件に関わったり捺印署名の必要がある場合は、必ず専門家にチェックを貰ってリスクを理解することがお勧めです。

20日は天秤座で新月が発生します。この位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係・死と再生」などを司る領域です。
この位置の新月は、既に親密な関係となっているパートナーとの関係が深まったり、先々においてそのような関係に至る相手とのお付き合いが始まる事を示唆します。
この配置はローンやその返済、そして金融商品等といった長期資産に関する計画の立案や開始にも適しています。あなたはバランスを気にして不相応なものは購入しないと思われるため、衝動買いの心配は無いでしょう。
また、この新月は反対側にある牡羊座を運行中の天王星と180度を結び、同時に海王星と135度という苛つきを誘発する角度をも結びます。
以前激変のあったこの領域に関して新しい事が始まるという事は良いのですが、それには予測できない驚きや問題が関係する可能性があるでしょう。

22日は火星が天秤座に入座します。この位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司る領域です。
ここに火星が入ることにより、人間関係のバランスという点についてあなたは悩む可能性が高くなる傾向があります。同じ場所の新月によって何かの始まりは意味しているものの、これは対人運気のダウンという難しい配置です。
また、パートナーや家族等で共有管理をしている財産やその管理権限等でのトラブルも発生しやすい時期です。何かの関係が終わるというケースもあるため、共通の収入という項目では常に注意が必要です。
23日は太陽が蠍座に入座します。
ここに太陽が入ることにより「学業・法律・海外・信念」に関係する事が日々の焦点となる運気に切り替わります。
これも水星の配置同様、海外との取引が焦点となったり、高度な学問を学んだりそれらの議論を重ねるという効果がある配置です。執筆や出版等にも関係しており、現代ではブログやソーシャルメディアでの人気記事といった形で具現化するケースもあります。あなたが読み書きする文章や学問、そして海外の文化はあなたを退屈させる事はないはずです。
また、最近木星が入ったこの分野に関係する領域であることは意味があります。この時期、この星回りがあなたを次のステージに変化させようとしている点に気付けると、運気が大きくアップするでしょう。

24日は水星と海王星の120度という吉角が発生します。水星の位置は「学業・法律・海外・信念」で、海王星の位置は「外見・個性・存在意義」の領域です。
これはあなた自身に関係する事や個性を活かした事を執筆したり、出版することに適した配置です。前述どおり、現代ではブログ等のケースが多くなるでしょう。
また、日常に飽きているあなたの心を掻き立てるような海外の文化や商品等を探したり、創作活動に勤しむ事も非常に有効です。
しかしこの分野は本来緻密な計算やチェックによって恩恵を受けられる場所です。法律が絡んだり契約などが必要な場合、この近辺での締結は避けることが無難です。

26日は太陽と木星が蠍座で合致します。この領域は「学業・法律・海外・信念」などを司る領域です。これは今回太陽と水星が入っているこれらの分野において、様々な発展が期待できる幸運の配置です。特に海外の文化や取引に関わっていたり、学問に関係していたり、法律関係に従事している方には運気の後押しが吹いてくれるでしょう。
この近辺で始まった事やプロジェクト等は長期間に渡ってあなたに恩恵を運んできてくれる可能性があるので、惜しまずに努力し進む事がお勧めです。
そして今回の木星蠍座移動を頑張って乗り越えた方には、ご褒美を与えるかのように変化による恩恵を受け取ることができる配置です。しかし頑なに変化を拒んでいる場合、この現象はあなたに問題の拡大という形で降りかかる可能性もあります。

28日は金星と冥王星の90度という厳しい凶角が発生します。これは恋愛運と金運に強烈な運気を発生させる事が多く、警戒することがお勧めです。
金星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等の領域にあり、冥王星は「友人・同僚・属するグループ」などを司る領域にあります。
これは何かの収入や力関係において厳しい状況を発生させる配置です。特に親密な関係となったパートナーとの財産等に絡んだ話は拗れる可能性があります。
この金星の位置は、9月から10月に掛けて激変を発生させた天秤座の位置でもあります。あなたがこれらの件でまだ変化を拒んでいる場合は、厳しい状況に追い込まれる可能性もなくはありません。

同、28日はその冥王星と水星が60度という吉角を結ぶため、金星と組んだ凶角は解決するための道が存在している事を意味しています。
水星は「学業・法律・海外・信念」等を司る領域を運行しており、ここに関係した事はそのヒントとなるか対処すべき場所である事を意味しています。特に、あなたが学問や法律を学んで賢くなるという事は、あなたに有利となって働く事になる可能性大です。
前述の水星が関連する分野に関する調査や見解といった事が、解決に向かうための重要な要素となるかも知れません。この配置は熟考や綿密な調査を後押しする事があるため、良く調べる事をお勧めします。

※4月中旬に発生した土星の逆行は
「成果」「世間体」「目標」等を司る領域で発生します。
この現象が長期に渡って起こす魚座への影響は 現在公開中の「土星逆行特集」でご確認下さい。
土星逆行特集
土星逆行特集はこちら!



全ての星座に関係する「10月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い
「木星で見る2016-2017年の運気」も見てみる
木星で見る1年の運気
「逆行した木星の影響」も見てみる
逆行した木星の影響