TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 魚座

魚座 2017年6月後半の運勢

魚座

6月後半の魚座

魚座の守護星の一つでもある「木星」が順行に戻り、そろそろあなたの「共有資産」「税務・ローン・債務」「先祖・遺産・死」等の状況に変化が発生し始めている頃かも知れません。
順行に戻りはしましたが、逆行から順行に転じるタイミングでは大きな変化やトラブルがよく発生するため、状況を安定させるにはもう少し時間がかかる可能性もあります。
魚座にとって木星は影響が強いため、年間テーマについて良くお読み頂いてからご自身の境遇に当てはめて理解される事を推奨します。

これもまた魚座の守護星である「海王星」は17日頃から「逆行」という、天文学的に逆に進むかのように見える現象を発生させます。海王星は「自我」「生い立ち」「外見」「自分自身のスキル」等を司る領域を運行し、これらの件で影響を与える可能性があります。
これらのどれかに関して、あなたの認識や先々の見通し等に甘い部分があったようです。今回の逆行は今まで見えていなかった現実を見せつけ、再判断を迫るかも知れません。しかし「現実」は悪いことだけとは限らない点に注意して下さい。
人によっては現実を見ることで落胆したり別の道を探そうとするかも知れません。また、自分のファッションスタイルやイメージチェンジに迷うケースもあります。

この後半、金星は「意思疎通」「ソーシャル」「移動・通話手段」「契約・捺印」「兄弟姉妹」等を司る「牡牛座」を運行中です。
恋愛面ではこの配置は大きな幸運ではありませんが、日常レベルでの楽しい会話や生活ができる配置です。しかしこの場所は「重複」「二人」等を示す位置でもあり、気になる異性が一人ではないのかも知れません。
当然ながら心が揺れ動く事は後々問題を自分で呼び込むだけなので、どこかで心を決めなければなりません。一度決まってしまえば心が動く可能性は少ないでしょう。

21日頃にその金星は守護星の海王星と60度という吉角を結びます。
もしかすると、あなたは自分の個性を表現するための「キャラクター」を演じていたり、自分自身に対する「自己評価」を思い込みで決めつけてしまっているかも知れません。
この配置はネットやソーシャル等を通じて、誰かとの距離が接近したり会話を楽しめる運気を示しています。しかし海王星が逆行し始めた今、そのキャラを維持するのが困難だったり、自分の決めつけとは違った自分を見せることになる可能性があります。
それは客観的に判断できる「現実」であり、良いか悪いかは今まで自分を向上させるための努力次第で変化します。また、人によっては兄弟姉妹がご縁で異性と出会えたり接近できるチャンスがあるケースも考えられます。

そしてこのタイミングでは、金星海王星に加えて木星と月も一緒に「YOD(ヨッド)」と呼ばれる特殊な二等辺三角形の配置を発生させます。
木星のテーマである「共有資産」「税務ローン債務」「先祖・遺産・死」等の分野ではあなたが自分の責任を果たしどうあるべきかを認識する必要がある事を示唆します。人によってはこの近辺でこれらを象徴するような出来事が発生するかも知れません。
そしてもし、この木星のテーマで何かが上手く行っていない場合、あなた自身に何かの自覚が足りていないのかも知れません。守護星の影響は大きいため、本来進むべき道なのかどうかはよく考えてみて下さい。

21日からは太陽と水星がほぼ同時に「蟹座」へ入座し、23日頃には水星とほぼ合致した状態で「新月」を発生させます。
「蟹座」の位置は「恋愛・子供」「趣味・ギャンブル・投資」「芸術・創作」等を司っており、これらの分野のどれかに関係する計画やイベントが始まる可能性があります。
この新月には水星が関連しているため、読み書き話しに関する事や近距離への出張、雑務等が影響し多忙になるかも知れません。また、この位置の「子供」は本当の子供と、あなたの中に済んでいる「童心」の両方を示します。趣味に没頭するなど「楽しむ」事が重要です。
そして、蠍座の守護星である「火星」が新月発生位置である「蟹座」を一緒に運航しているため、この分野で多々エネルギーを消費する傾向です。
24日頃にはその火星と木星の90度という凶角が、そしてほぼ同時に火星と海王星の120度という吉角が同時に発生します。
木星との角度は、年間テーマに関する分野においてエネルギーを注ぐあまり、体力を簡単に消耗してしまう可能性を示唆しています。これらに関して先程「本来進むべき道」と表現しましたが、それは何かに勝つために攻撃するのではなく、防御する事の方が正しい可能性が高いでしょう。
また、この配置の影響によって、あなたの姿勢と進め方には驕りや傲慢さがにじみ出る可能性もあります。やって当たり前の事を「やってあげている」と思ってはいけません。
魚座の守護星である海王星との角度は、前述の「蟹座」の位置の分野のどれかに関して、純粋で崇高な目的のために行動し、あなたの大事な誰かのために「守る為の戦い」を始めることを意味します。
それは物や利益など目に見える事が目的なのではなく、精神的なものであったり自分の経験から来る反省が込められているのかも知れません。
しかし守護星はこの時点で既に逆行しています。あなたが考える理想と現実は違ってくる可能性が高いでしょう。そしてそれはあなた個人の立ち位置やスキル、存在理由や外見性格等が大きく影響します。しかしそれに落ち込んだり悩んだりする必要はなく、その現実をよく把握し素直に判断すれば良いだけです。

前述の件とほぼ同時の24日には金星と冥王星が120度という吉角を結びます。
金星の配置は交渉事、近距離への出張や移動、ソーシャルや営業、兄弟姉妹等から利益をもたらしてくれる配置であり、それを通じて属する組織や同僚たちへの貢献ができることを意味します。そしてこの利益の元となるのは高級品や贅沢品、もしくは金融商品に関係するものである可能性があります。
これらの仕事やイベント等を通じて知り合ったり協力しあえる方とは、互いの情熱を良い形で刺激し合うことができ、長いお付き合いを続けられるでしょう。

月末に近付くと「冥王星」に関連した2つの凶角が待っています。
1つ目は水星との180度です。
「恋愛・子供」「趣味・ギャンブル・投資」「芸術・創作」等の分野のどれかで、議論や口論を誘発する配置です。これは芸術や創作分野では曖昧なものに対する緻密な指定などがあったり、深刻な問題への対策で意見が別れるといった形で発生するかも知れません。
それはあなたが属する組織や友人、同僚達との間で発生する可能性があり、人によってはかなり険悪なムードになるかも知れません。

2つ目は「火星」との180度で、これは来月初旬が本番ですが月末に近付くに連れて兆候が発生するものと思われます。
これもまた前述の水星と同じ分野で「権力・利権」に関する争いや戦いを誘発する配置です。どちらの意見を優先するのかという話はそのまま上下関係にも影響するため、これに巻き込まれたり当事者だった場合、同僚や組織との関係がかなり難しくなるかも知れません。
そしてこの争いの結果は不毛なもので、勝敗に関係なく立場や状況を破壊し一変させてしまうでしょう。もしこういった件に関わってしまった場合、自分からは攻撃せずルールに準拠した防衛をすることが秘訣です。

※4月中旬に発生した土星の逆行は
「成果」「世間体」「目標」等を司る領域で発生します。
この現象が長期に渡って起こす魚座への影響は 現在公開中の「土星逆行特集」でご確認下さい。
土星逆行特集
土星逆行特集はこちら!



全ての星座に関係する「6月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い
「木星で見る2016-2017年の運気」も見てみる
木星で見る1年の運気
「逆行した木星の影響」も見てみる
逆行した木星の影響