TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 魚座

魚座 2017年12月前半の運勢

魚座

12月前半の魚座

月初から2日頃に掛けては幾つかの現象がほぼ同時に発生しています。

・金星の射手座入り
・火星と天王星の180度
・木星と海王星の120度

金星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域であり、金星が入ると仕事を通じて良いご縁ができたり人の目に触れる場所での人気運がアップします。収入アップやキャリアアップのチャンス、そして次のチャレンジへの希望が見えるでしょう。
恋愛運としてみた場合、自分よりも年上だったり目上の存在に惹かれるという心理が働きやすくなります。金運面では仕事をそつなくこなし、上司から良い評価を受けるという点で収入に繋がる可能性があります。
人によっては配偶者から恩恵を受けたり、社会的に地位の高い人とのご縁ができるというケースもあります。

火星と天王星の180度は火の気が強く、鬱憤が突然爆発する可能性があります。
火星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る天秤座にあり、天王星は「金運・収支・価値観」等を示す牡羊座で逆行をしています。
これは共有財産や親密なパートナーとの間に突然のトラブルや金銭問題が発生する可能性を示唆しています。お金の使い方・財産やローン等の支払い・請求書や税金などの話はパートナーと意見が合わない可能性が高いでしょう。
最近のあなたは収支について何か我慢を続けていたか、パートナーの価値観に不満を持っていたかも知れません。一見、現状は問題無さそうに見えたとしてもそれは隠れていたり表面から見えていない可能性もあります。
お金に関する精密機器の操作、という点ではPCやスマホでの操作ミスにも注意です。特に金融取引や値段設定等といった操作時には必ず一呼吸置いて再確認する事を忘れないようにしましょう。またPCや機器のメンテも一緒に行っておくことがお勧めです。

この件に関して感情で会話したり、諦めて現実論を無理に出そうとしないようにしましょう。良く考えて対策を練るといった戦略を取り、時間を置くことがお勧めです。
この配置は土星と吉角を結んでいるため、後述の火星と土星の60度に解決のヒントが存在する可能性があります。併せて御覧ください。

木星と海王星の120度は理想を追い求め、協力し合う大切さを教えてくれます。あなたの夢や目標を進めるために良い時期です。
木星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る蠍座にあり、海王星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る魚座です。高度な技術や勉強が必要な分野であったり、法律や海外に関する事はあなたのスキルや存在価値が必須であり、あなた自身の価値を見直せる良い機会になるかも知れません。
仲間や同僚と互いに助け合い、あなたの目指す理想や信念に沿った形で学んだりプロジェクトを進めることができるでしょう。

3日は太陽と海王星が90度という凶角を結びます。これは混乱と失望そして活力の低下等をしばしば引き起こす怠惰な配置です。
太陽の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る射手座にあり、海王星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る魚座です。
これは仕事の進め方や現状でている成果に対して、あなたが満足していないか実力が足りないのではないかと不安になってしまう心理を誘発させます。この近辺ではモチベーションが下がるため、効率は中々上がらないでしょう。
この近辺では新しい方法を模索せず、今までの方法を踏襲して地道に作業しましょう。新しいビジネスは問題が多いため、競争するには難しいかも知れません。

3日はまた、水星の逆行という情報と流通に関する遅延やトラブルを引き起こす現象が発生します。この位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る射手座の領域であり、これらに関する事が影響を受ける可能性があります。
今までの作業は目的や要件と何かが食い違っているかもしれません。早めに確認を取り軌道修正をしておくことが賢明です。人によっては以前の仕事をやり直したり、昔の職場に戻るといったケースもあります。
ビジネス面ではマーケティングや顧客へのアピール方法が古くなってきている可能性が考えられます。情報収集と再検討を開始すると良いでしょう。
なお、この時期はあなたが成し遂げた今までの成果を整理し、目指したい方向と合致しているのかどうか?をゆっくり検討する事がお勧めです。

この水星逆行はクリスマスの直前まで続きます。無理に焦って状況を戻そうとするよりも、手戻りによる時間の余裕を上手に使う方が上手く行くかも知れません。

4日は双子座で満月が発生します。
この位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る領域であり、この位置で満月が発生すると仕事とプライベートのバランスを取る必要が発生します。家庭や家族そして不動産等に関する件は、何かの結論が出たり問題解決ができる可能性があります。
これはキャリアパスや身の振り方といった事に対する鏡としての役割を持っている位置でもあります。今までの成果を見直し、自分の人生と次に向かう方向についてこれでよいのかどうかを一旦止まって考える必要があるかも知れません。
双子座の位置はその目標に複数の選択肢があることを示唆しています。先々が曖昧であればその迷いもまだ問題にはならないでしょう。

そして今回の満月には多々凶角が関連しており、幾つかの苛つくような問題がそれに付いて回るかも知れません。そして嘘や隠し事、何かを裏から思い通りにしようと考えてしまうと裏目にでてしまう可能性がある点に注意が必要です。
6日は先月発生した水星と土星の合致という現象が射手座で再度発生します。
これは水星が「逆行」と呼ばれる見かけ上の動きをすることによって発生するのですが、この配置によって、先月末行った決定事項や状況に大きな影響を与えます。
この2つの惑星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る射手座であり、何かの約束をしたり締結した件について、もう一度現実的に状況判断をしなければならないかも知れません。
それは職場のルールであったり、ビジネス上の契約であったり、公の立場で約束してしまった事のどれかである可能性があります。水星の逆行は過去の記録と照らし合わせるか、昔の職場に関した記録等といった、後戻りをする必要があることを示唆しています。
また、水星の逆行と土星は、しばしば遅延や壁を造り出します。ビジネスで遅延は問題が大きくなりますが、この件は遅れてでも確認を取る必要があるでしょう。

そしてこの「水星・土星の合致」は火星と同日に60度という吉角を結びます。
火星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る天秤座であり、この火星の位置はこれらに関する問題の根本原因を見つけたり、これらで古く良くないものを刷新するという行動の後押しをしてくれます。
この件は知識や経験そして技術が必要となる難しいものであるかも知れません。それでも火星と土星の吉角は、困難を乗り越えて成功に接近させてくれます。土星が入るためそれは長期スパンで対応するものとなる傾向があるでしょう。
水星土星の合致という前述の件は、資産やパートナーに関する問題解決の努力、そして長期的に仕事を頑張る姿勢が運気を緩和させたり改善してくれるという点に留意して下さい。

9日は火星が蠍座に入座します。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る領域であり、ここに火星が入ることであなた自身が見知らぬものに対して学ぶ事に対して積極的になるといった心理を誘発する効果があります。
それは高度な勉強や理解に乏しかった事の学び直し、または海外に関する事やお金に関することかも知れません。人によっては海外に旅行という名目で文化を学びに行くといったケースもあるでしょう。
しかし執筆や出版そしてネット上で離れた人達とは意見が合わない可能性があります。あなたの信念はあなた自身で貫くようにすることがお勧めです。

10日は金星と海王星が90度という凶角を結びます。
金運と愛情運のどちらか又は両方で混乱や失望等を発生させる可能性があります。金星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る射手座にあり、海王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る魚座です。
恋愛面では周囲に知れ渡った異性との関係で、失望を感じてしまうかも知れません。仕事で成功している人が全てにおいて素晴らしいひととなりであると勘違いしない事が大事です。
ビジネスでは仕事に関係している誰かとの関係が拗れやすくなる傾向があります。あなたの存在価値やスキルを言葉巧みに利用しようと考えている誰かがいるかも知れません。ビジネスは対価で労働を買うのが基本ですが、公平性の確認は必要でしょう。

13日は逆行中の水星と太陽が射手座で合致します。
この位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域であり、ここで合致する事で仕事や公務等に関するコミュニケーションや確認の必要性が多々発生します。それはあなたを非常に多忙にし、状況によっては書面の確認や捺印等が絡むかも知れません。
水星は逆行しているため、何かのリテイクや行き違いといった事を何度か話し合う必要があるのかもしれません。この位置は仕事に関係している以上、そのミスはおおごとになってしまうため気を抜かないようにしましょう。

15日は逆行中の水星が、今度は同じ射手座で金星と合致します。この位置も前述の太陽と同じ射手座であり、ここで発生することにより仕事に関した遅延や問題をコミュニケーションによって円滑に解決できるチャンスが発生する事を意味します。
仕事に必要な出資やアイデア等に関しても、この近辺では良い策を出し合って解決に向かうことができます。ここでの鍵は一人で進めないこと、会話の量を増やすことです。
今まであなたがしてきた成果が改めて認識されたり、改めて良い形で契約を検討して貰えるかも知れません。しかしこの時点でもまだ水星は逆行しているため、この件はもう少し時間を掛ける必要があるでしょう。

そして、これら一連の水星逆行による合致はやり直しや考え直しが必要でありながらも「前向き」に対応ができる可能性を示唆しています。
水星はクリスマス前に順行に戻り、来年にはこの逆行地点に戻ります。年末から来年に掛けてはリカバリーと再手続きをテーマにすることをお勧めします。

全ての星座に関係する「12月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い