TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 魚座


魚座 2018年8月後半の運勢

魚座

8月後半の魚座

この占いを発表する近辺では、火星が山羊座に逆入座した影響が継続しています。
火星の位置は「友人・同僚・属する組織・社会環境」などを司る山羊座で、この位置の逆行火星は、友人や仲間そして属するグループや会社等の間で、個性が出せない状況が発生したり、疎外感という不満を発生させます。
誰かのミスや遅延そして共同責任などが気分を害するかもしれませんが、不満を漏らすことは解決の助けにはなりません。その関係を簡単に諦めるのではなく、あなた自身の周囲だけでも改善を試みましょう。あなたの大きな夢が達成できず止まっているように感じるかもしれませんが、火星が順行に戻るのはもうすぐです。

18日は水星と金星の60度というコミュニケーションに幸運を与える吉角が発生します。
水星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る獅子座で、金星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司る天秤座です。
これは仕事に必要な融資を受けたり、ローンで機材を購入するといった状況に有利となる配置を示しています。この時点では水星は逆行しており、職場環境や健康面で多少問題があるというケースもあるでしょう。もし状況的に何かが合致しないと感じられるのなら、水星が順行に戻る数日後のタイミングまで待ってみましょう。
なお、これは職場にいる異性と深い関係になれたり、既にそうなっている状況を示す場合もあります。

19日は木星と海王星の120度という吉角が発生します。
木星は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る蠍座で、海王星は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る魚座です。
あなたが宗教や学業に関連している場合、数値が絡まない分野であれば安定した運気が期待できます。信じる道を貫くという活動には追い風が吹きますが、その反面あなたの心の中には迷いも多くなるでしょう。
もしあなたが法律問題に関係している場合、個人の判断で進めてしまうと甘さや曖昧さが先々大きなトラブルに変化する可能性があります。法律だけでなく、学業や旅行等といった書類手続きに関連するものはプロの判断を仰ぐことが無難です。

同日19日は水星が順行に戻ります。
水星の位置は「仕事・職場・日常習慣・健康」などを司る獅子座であり、これらの分野では今まで宛先の間違いや遅延そして手戻りなどを感じていたかもしれません。
逆行時の位置に戻るのは来月ですが、この近辺から既に効果は感じられるはずです。そして、逆行から順行に戻る近辺のタイミングでは、突然の方針転換や問題が落ち着く等といった、運気変化のイベントが発生する可能性が高くなります。
職場環境におけるコミュニケーション、そして日々の生活習慣等では幾つか見直しが必要な状況があったかもしれませんが、状況は改善していくでしょう。
26日は幾つかの現象がほぼ同時に発生します。

・乙女座の太陽と山羊座土星の120度
・乙女座の太陽と牡牛座天王星の120度
・山羊座土星と牡牛座天王星の120度

上記はグランドトラインの発生を示しており、太陽は「対人・パートナー運・結婚・敵」の領域を、土星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」の領域を、天王星は「読み書き話し・移動・近隣親類」の領域に位置しています。
これらの吉角は、あなたの周囲にいる仲間や同僚そして距離が近い方々とのコミュニケーション量が増加する運気と、それがあなたの大事なパートナーとの関係を強固にするという傾向を示しています。
彼らとの繋がりの中で、あなたは何かの責任や義務を追加で背負う必要が発生するかも知れません。しかしそれは彼らから受ける恩恵のために必須なものでもあります。

また、これと同時に発生する満月の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る魚座です。満月が加わることでこのグランドトラインは「カイトパターン」という実現性を強化した幸運の配置となり、受け身ではなく正しい努力と攻めの姿勢が幸運に近づけるチャンスを大幅に増大させてくれます。
この位置の満月は、あなたの「意思」と「願い」を正しく要求し実行に移すことが幸運に繋がる事を示します。普段は誰かの事を気遣い控えめにしているかも知れませんが、ここはあなたの要求と目的を優先させ、あなた自身が積極的にリードするべきでしょう。
あなたにしかできないスキルや役割があるのなら、それを周囲のために進んで活かすという方法でも同様の効果が期待できます。

また、27日は金星と冥王星の90度という激しい凶角が発生します。
これは先程のカイトパターンとは反する「台形パターン」という凶角のみで構成された厳しい状況を示します。
金星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司る天秤座、冥王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」などを司る山羊座です。これはあなたの財産管理に注意すべき時期を示しています。忘れかけている財産や権利等も再度チェックすべきでしょう。
同時に仲間や友人達との力関係や嫉妬といった問題も発生しやすく、男女間の関係に絡んだお金の話になるというケースもあります。

この配置で何かの問題に迫られた場合、満月である月の位置、つまりは魚座の位置に関することが解決の鍵となります。この位置は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る魚座であり、あなたの意思と望む未来を自分の力で掴むという姿勢が重要となります。
あなたが自分で考えているよりも、あなた自身の価値や能力は非常に大きいという事に気づけば、この運気を乗り越えるのは難しくないでしょう。

同日27日は火星の順行化が発生します。
火星の位置は「友人・同僚・属する組織・社会環境」などを司る山羊座であり、カイトパターンと台形パターンが関連する冥王星の位置と同じ場所にあります。この分野における問題や不満はこの近辺を境に風向きが変わっていく事になります。
先程の多角形パターンと時期をほぼ同じくし、同じ山羊座で順行という現象が発生することは、火星が向きを変えることに関連して大きな変化が発生することを意味します。
ここから先は、あなたが目指す理想や夢を現実するために仲間達と再度協力しあいましょう。火星は凶角を控えておりその関係にはまだ幾つか問題があるかもしれませんが、あなたの意思と姿勢はこの領域に対する運気に大きな影響を与えてくれます。

28日は水星と木星の90度という発展のリスクを伴う配置が発生します。
水星は「仕事・職場・日常習慣・健康」などを司る獅子座、木星は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る蠍座です。
この配置は7月前半、8月前半と2回に分けて発生しました。今回が3回目で、その締めくくりとなる運気が発生する可能性があります。
職場環境における指示やコミュニケーション、書類チェック等に注意が必要な時期を示しています。また、職場や学業に関係する場所であなたの信念や独自ルールなどを見せてしまうと、それがきっかけで問題が発生しかねない点に注意しましょう。
学業や法律問題に関係している場合、この近辺では重要なニュースを受け取ったり、和解となる状況が発生することがあります。

全ての星座に関係する「8月後半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い