TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蠍座



蠍座 2018年5月前半の運勢

蠍座

5月前半の蠍座

06日は太陽と海王星の60度という吉角が発生します。
太陽の位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る牡牛座、海王星の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る魚座です。
これは恋愛運に良い効果を発揮させる配置です。この近辺で出会う相手とは、何かのご縁で結ばれているような特別なイベントに関係するかも知れません。
ゲームやスポーツ等の趣味、又は投資やギャンブルに関係する件は、この運気に関係する可能性があります。人によっては子供が関係するかも知れません。

07日は水星と冥王星の90度という凶角が発生します。
水星は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る牡羊座、冥王星は「読み書き話し・移動・兄弟姉妹」等を司る山羊座であり、冥王星は逆行に転じたばかりです。
これは厳しい仕事の負荷状況を示す事があります。もしあなたがデスクワークをしているのなら、その傾向が強くなるでしょう。
また、これはあなたの体力だけでなく、精神面に大きなストレスを掛ける可能性を示唆しています。思い込み過ぎや悲観的な視点で物を見ないように注意が必要でしょう。

08日は金星と海王星の90度という凶角が派生します。
金星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る双子座、海王星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る魚座です。
これはローンや税務そして仕事から得られる収入判断が曖昧であったり、予測が当てにならない時期を示しています。
月々の支払い額を把握して置かないと、後々じわじわと厳しくなってくる可能性があります。そのため、大きな額のお金の動きに関わる事はジャンルを問わず敬遠しておくことが望ましいでしょう。

09日は太陽と木星の180度という凶角が発生します。
太陽は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る牡牛座、木星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蠍座で逆行を継続しています。
これは1対1の関係となっている誰かの我侭やその理不尽な言動によるトラブルを誘発しやすい配置です。また、それはあなたの利害とどこか一致しているのかも知れません。
客観的に見ても問題がある場合、これをそのまま野放しにすることはあなた自身も誰かから酷評されかねない事態を意味します。諌める勇気を持つべきでしょう。
12日は太陽と冥王星の120度という吉角が発生します。
太陽は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る牡牛座、冥王星は「読み書き話し・移動・兄弟姉妹」等を司る山羊座であり、冥王星は逆行に転じたばかりです。これはあなたの人生に必要となる重要な誰かとパートナーシップを結べる時期を示しています。
そしてそれはコミュニケーションやソーシャル等での発言等が鍵となる傾向がありますが、その相手は意外と近い位置に存在している可能性があります。場合によっては通勤通学の経路に関係していたり、親戚や兄弟等からのご縁となるケースもあります。

同日12日は水星と火星の90度という凶角も発生します。
水星は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る牡羊座、火星は「読み書き話し・移動・兄弟姉妹」等を司る山羊座です。
これは通勤通学や近場のお出かけ時等での運行トラブルや怪我、そして会話の時に口論が発生しやすい時期を示しています。デスクワークの場合はハードワークや書類ミスを引き起こすというケースもあります。
この近辺ではどんなに焦っても急がない事が重要です。無理な駆け足や決断は、せっかくのスピードを台無しにしてしまうかも知れません。

13日は水星と天王星が合致します。
この位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る牡羊座で、どちらの惑星もこの星座を抜ける直前の状態です。これは職場環境における混乱や突然の変化、そして多忙な状況を示しています。また、あなたが事務処理の場合はIT機器の操作ミスや置き忘れ、そしてアップデートトラブル等にも注意が必要となるでしょう。
この位置は健康にも関係しており、これが治療という面で同様の混乱となるケースもありますが、間もなく天王星はこの位置を抜けるため、長い間続いた状況は変化が待っています。

14日は水星が牡牛座へ入座します。
この位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司っており、水星がここに入ると1対1の関係となる誰かとのコミュニケーションの重要性がアップします。
実際には、相談や議論といった形で具現化することが多く、それは口頭だけでなくメールやメッセージ等になるケースもあるでしょう。
この位置は間もなく天王星が入る予定であり、個人・ビジネス・性別を問わずあなたのパートナー運は大きな変化が待っています。

15日は牡牛座の新月が発生します。
この位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る領域であり、前述のパートナーという1対1の関係において、始まりや見直しといったイベントが発生する傾向があります。
この近辺では、パートナーの有無に関係なくあなたに必要な人とその関わり方について考える良い機会であることは間違いありません。
しかしこの位置は凶意を示す恒星がほぼ合致しており、この位置が示すもう一つの意味である「敵」や「ライバル」といった存在が立ちふさがっているケースも考えられます。
ここで無理に変化を考えなくても、間もなくこの位置に入る天王星はこの先あなたの対人運を大きく変化させてくれるでしょう。

全ての星座に関係する「5月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い