TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蠍座



蠍座 2018年7月前半の運勢

蠍座

7月前半の蠍座

1日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が継続しています。
水星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る獅子座で、天王星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る牡牛座を運行しています。
これは仕事のミスや周囲から適正な能力を持っているかどうかを疑われる可能性を示しています。IT機器の操作であったり、重要機密の漏えい、又はウイルス等といったトラブルには十分注意して下さい。
パートナーとの関係では、仕事の情報をうっかり話してしまったり、余計な一言が運気を下げてしまう可能性があります。会話や通信手段等での連絡ミスも警戒して下さい。

5日は水星と火星の180度という凶角が発生します。
水星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る獅子座にあり、火星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る水瓶座に位置します。
これは家族や家主との会話、そして仕事の姿勢や職場での発言に注意が必要な配置です。穏便さを心がけておけば問題はありませんが、強気に出てしまうと立場や居場所といった状況が不安定になりかねません。
火星は逆行しているため過去の事が問題になる可能性も想定されますが、冷静さや忍耐力があれば深刻にはならないでしょう。

同日5日は太陽と木星の120度という吉角が発生します。
太陽は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る蟹座にあり、木星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蠍座で逆行しています。
これはあなたのチャレンジ精神を助け成功に近づけるという効果を持つ嬉しい配置です。あなたが学業や出版そして法律等に関連しているなら、その傾向は顕著となるでしょう。
そして木星の位置はあなたの魅力をアップさせ、強運を作り出す効果があります。ビジネスを立ち上げたり理想の実現に挑んでいるのなら、これは幸運の時期となるでしょう。

8日は太陽と海王星の120度という吉角が発生します。
太陽は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る蟹座にあり、海王星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る魚座で最近逆行を開始したばかりです。
これもまた、理想と信念の実現のために運気の後押しが期待できる配置です。見知らぬ文化交流や出張旅行といった事がそのチャンスを引き寄せる鍵となるでしょう。
先程の木星の配置と合わせると幸運のグランドトラインを構成するため、あなたが信じる道を貫くには非常に良い時期です。旅行や宗教といった事がその達成に関係したり、それがきっかけとなって幸運を体感する等の傾向が想定されます。
同日10日は木星が順行と呼ばれる見せかけの動きの変化を発生させます。
木星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る蠍座で今まで逆行し続けていましたが、この秋に蠍座を抜けるまで順行を続けます。
この位置に木星が入ってから、やっと暗い道が明るくなって運気が開けた、、はずが、なぜか調子が出なかったり思い通りに進まないといった状況に戸惑っていたかも知れません。
しかしそんな調子の悪さもやっと終わりを告げます。引っ込み思案にならず、是非素のあなたを出して行動してみて下さい。去年の秋に体感したような運気の変化を再度実感することができるはずです。

以下のバナーで2017年秋から始まった木星のテーマを再確認し、この秋までの活動の参考にしてください。

木星で見る一年の運気

12日は太陽と冥王星の180度という凶角が発生します。
太陽は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る蟹座にあり、冥王星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る山羊座で逆行を続けています。
これはあなたの信念が大きく変化しやすい時期を示しています。今まで信じていたものがもう頼れなくなったり、当てにできないかも知れません。しかし拘りが強すぎてしまうと先々の運気まで落ちる危険もあるため、少しだけ柔軟さを保ってみましょう。
海外旅行や出張等は事故にあいやすい運気でもあるため、海外ではなくても遠出する際には注意して下さい。

同日12日は金星と天王星の120度という吉角が発生します。
金星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る乙女座にあり、天王星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る牡牛座です。
これは対人運と友人運が瞬間的にアップする状況を示しています。引き抜きやお誘い等といった話に遭遇できたら迷わずOKを出しましょう。それは後々あなたの金運や仕事運にも良い運気を及ぼしてくれるはずです。
恋愛運として見た場合、これは異性を含めた仲間からの人気を示す事があるため、友達としての関係になる傾向があります。

13日は蟹座の新月が発生します。
この領域は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司りますが、今回は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る領域に位置する山羊座の冥王星と180度という凶角を結んでいます。
この位置の新月は自由と冒険の旅に出たくなる心理を誘発させます。いつもの新月であれば、これは知見を広げる楽しい時間となる可能性があります。
しかし、反対側にある冥王星は、あなたの信念や譲れない何かに対する問題を深刻にしてしまうかも知れません。守護星は逆行しているため、頑固に何かが変わることを拒みたくなるかも知れませんが、運気を下げてしまう危険性もあります。
可能ならトレードオフや妥協策といったものを視野に入れて話し合う事が賢明でしょう。

14日は金星と土星の120度という吉角が発生します。
金星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る乙女座にあり、土星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る山羊座で逆行しています。
これはあなたが属する組織やグループそして友人達との関係が安定化する傾向を示します。それと共にお付き合いの幅は狭まり、絞られることになるでしょう。
あなたと距離が近い方々との関係も同様の傾向がありますが、義務や責任などが追従するケースもあるため、やや面倒に感じるかも知れません。

全ての星座に関係する「7月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い