TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蠍座



蠍座 2019年1月前半の運勢

蠍座

1月前半の蠍座

01日は火星が牡羊座に入座します。
火星は支配星座に回帰した状態となるため、この惑星による現実世界への影響と効果が強くなる傾向が想定されます。
この位置は「仕事・職場・日常習慣・健康」などを司っており、日々の仕事にエネルギーを必要とする時期を示します。大きなプロジェクトに関わったり残業等が多くなり、健康面にも負担が掛かるでしょう。
この位置はそのまま健康にも影響するため、悪習慣をやめてライフスタイルを改善する事にも適しています。発熱や神経系統の病気には特に注意してください。

02日は山羊座で太陽と土星の合致という義務と責任が重要となる運気が発生します。
これらの惑星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る領域にあり、周囲とのコミュニケーションに停滞や遅延といった状況を発生させやすくなります。これはビジネス契約等をしている場合、非効率さや停滞化等が深刻な問題として具現化するケースもあり、年始からあまり心が休まらないかも知れません。
日々生活する社会環境においては、年長者との集まりやイベント等にご縁が出やすくなり、彼らとの会話は重い内容となる傾向が想定されます。

05日は水星が山羊座に入座します。
この位置もまた、前述の「読み書き話し・移動・近隣親類」の領域に属します。
やぎ座に位置する水星は本来の位置にある事もあって、非常に多忙で忙しい運気を発生させます。メッセージ等で連絡を取り合ったり近場への移動をしたりと、年始から非常に忙しくなるでしょう。
頭の回転も早くなるためアイデアや解決策等が多々湧き出るかも知れませんが、情報を整理し冷静な判断をしないと後々その情報の中で混乱するかも知れません。相手の意見を理解する努力と姿勢が問題を避けるコツです。

06日は山羊座で新月が発生します。
これも同様に「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る領域であり、この位置の新月は情報量と移動頻度を大きくアップさせる効果があります。あなたの精神と頭脳を活性化させる効果もあるため、何かの勉強を始めたり、IT機器や移動機器等の購入や買い替え等にも適した時期となっています。
また、日々生活する環境で顔を合わせる方々、血縁関係にある方々とのご縁も多くなるため、彼らとの関わりを大事に交流を深めると良いでしょう。
しかしこの新月は吉凶を含む恒星と合致しています。積み上げて来たものがきっかけとなって発展するチャンスがあるものの、大きなリスクも孕んでいます。
堅実さと真面目な姿勢があれば、この近辺で発生するイベントはあなたにとって発展の始まりの時期となる可能性が高くなります。

同日06日は牡羊座で逆行を続けていた天王星が順行に戻ります。
この領域は「仕事・職場・日常習慣・健康」などを司っており、今までこの位置の天王星は仕事のスケジュールや負担等が突発的に変化したり、日常習慣や健康問題によって不安が発生していた可能性があります。
しかしこれからはそのような問題は鳴りを潜め、日々のルーチンを効率的に改善しITを正しく利用して仕事を遂行することができるようになるでしょう。
また、去年の春頃にやり残した事や一旦終わってしまった事がある場合、ここから3月までの期間がその最後のチャンスとなります。後悔しないように計画を進めてください。
07日は金星が射手座に入座します。
この領域は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る領域であり、この冬に木星が入った年間テーマの場所でもあります。
この位置は文字通り金運がアップする嬉しい傾向を示します。収入アップや融資等での幸運そして高価な品々に興味が出るかも知れません。恋愛運では精神面よりも物質的であったり収入や贅沢さなどが優先される心理傾向が働きます。

08日は山羊座の水星と牡羊座の火星の90度という性急さを誘発する凶角が発生します。
水星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る位置、火星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る位置に入ったばかりです。
日々生活する環境にいる方々等との会話、出勤や通学そしてお出かけ時には注意してください。怪我や喧嘩に巻き込まれやすい運気のため、穏便さと安全を第一に心がけると不運を遠ざけます。
また、仕事運及び健康運も低下気味です。誰かに頼ったり助けて貰う事は難しい可能性が高いため、自分で判断し動く必要があるでしょう。

11日は山羊座で太陽と冥王星が合致します。
これらの惑星の合致は強烈な経験や強すぎる絆という吉凶を今後の運気にもたらす可能性が強く、緻密な状況判断と力の調節に十分な注意が必要です。
この領域は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る領域であり、日々の生活で関わる方々とのコミュニケーション、ソーシャル等でのメッセージのやり取りにおいて、真剣で重い状況が発生するかも知れません。
この位置は勉強にも関連しており、物事の本質や核心に迫るような方法で進めるのであれば非常に大きな成果を収めることができるでしょう。

13日は山羊座で水星と土星が合致します。
これはしばしば否定的な精神状態や思考パターン、精神集中と論理思考を必要とする傾向があります。
この2つの惑星の位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る領域であり、前述の太陽と土星、太陽と冥王星がそれぞれ合致した後で更にこの水星と土星という連続した現象となっています。吉凶混合の傾向が非常に強く、人によっては波乱の傾向も想定されます。
これは日々生活をする環境で接する方々とのお付き合いが面倒で億劫になったり、心にプレッシャーをかけられる状況が発生しやすい運気を示します。メッセージも含め、この近辺では周囲と会話する機会が減るかも知れません。
ビジネスや仕事では消極的な姿勢を見せると相手にマイナス印象を与えてしまうため、営業職等に就いている場合は特に注意が必要です。なお、法律や建設等といった土や社会に纏わる分野を勉強するには良い時期です。

この前半において山羊座で発生した一連の流れを考えると、蠍座にとってはコミュニケーションや移動手段そして何かを学ぶという点について重要なイベントと運気の節目が発生する傾向が想定されます。
血縁等を含む日々顔を合わせる方々にお世話になっている事、そしてあなたの心の在り方一つで状況を変化させられる事を理解するとこの運気を大きくプラスに変化させる事ができるようになるでしょう。

14日は射手座の木星と魚座の海王星が90度という発展の可能性と共に混乱を呼びやすい凶角を結びます。
木星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る位置、海王星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る位置にあります。木星が入座し年間テーマとなったこの領域ですが、混乱や楽観視による問題が発生しやすく、注意が必要です。
これは金運面において楽観視や曖昧な認識が問題を発生させる配置です。特にビジネスや投資そしてギャンブル等に甘い考えを持たないよう注意しましょう。業務であれば会計監査等を入れて数値を明確にすべきです。
また、意中の異性が金銭を要求してくる場合、要注意である可能性が高い事を示します。

全ての星座に関係する「1月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い