TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 乙女座



乙女座 2018年7月前半の運勢

乙女座

7月前半の乙女座

1日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が継続しています。
水星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る獅子座で、天王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る牡牛座を運行しています。
これはあなたの精神面の不安を煽ったり、不眠を発生させる効果があります。天王星が示す領域において心当たりがあるのなら、過去にあなたが行った言動を振り返って確認しておきましょう。
また、この近辺では情報が錯綜する可能性がありますが、慌てて行動すると間違った結果に繋がる可能性があるため、冷静さを持つべきです。

5日は水星と火星の180度という凶角が発生します。
水星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る獅子座にあり、火星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る水瓶座に位置します。
これは仕事運と健康運の低下を示します。職場の誰かがあなたに敵対的な姿勢を取っているかも知れませんが、可能であれば正面から付き合わない事が賢明です。
また、仕事の指示や計画の何かは根本的に間違っている可能性があります。それはあなたの責任にされてしまう危険性もあるため、記録を残す等の自衛手段をお勧めします。

同日5日は太陽と木星の120度という吉角が発生します。
太陽は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る蟹座にあり、木星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蠍座で逆行しています。
これは近い距離にいる方々や、友人または属する会社の仲間たちとの関係が発展したり改善される、社会運アップの時期を示しています。
これはしばしば財政運にも影響を及ぼし、良い収入に繋がるという現象を発生させます。木星は間もなく順行に戻るため、コミュニケーション上の問題があった場合はその足枷が外れたり、無理があった状況が元の形に戻るでしょう。

8日は太陽と海王星の120度という吉角が発生します。
太陽は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る蟹座にあり、海王星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座で最近逆行を開始したばかりです。
これは仲間や社会環境における発展と、人間関係での絆の深まりを示しています。先程の木星の配置と合わせるとグランドとラインになり、周囲の人間関係が元になる大きな幸運や穏やかな日々の運気が期待できます。
海王星は逆行を始めたばかりであるため、誰かに対して過度な理想を期待するよりも、ありのままの姿を尊重し無理のない関係を構築できるでしょう。
同日10日は木星が順行と呼ばれる見せかけの動きの変化を発生させます。
木星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蠍座で今まで逆行し続けていましたが、この秋に蠍座を抜けるまで順行を続けます。
最近まで、あなたは自分の考え方や学習効率そして近い位置にいる方々との関係などがうまく行っていないと感じていたかもしれません。過去に立ち返って以前お付き合いがあった方々と再会をしたという方もいらっしゃる可能性もあります。
この時期からはそういった心配も薄れ、あなたのスキルやコミュニケーション能力は本来の状況を取り戻して行くでしょう。

以下のバナーで2017年秋から始まった木星のテーマを再確認し、この秋までの活動の参考にしてください。

木星で見る一年の運気

12日は太陽と冥王星の180度という凶角が発生します。
太陽は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る蟹座にあり、冥王星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座で逆行を続けています。
この近辺では、あなたの友人や仲間達の状況が変化しているかも知れません。あなたが日々接している社会環境では、彼らを巻き込んだ騒ぎが発生している可能性があります。
あなたがそれに直接関わる必要はありませんが、手助けする事は後々あなたに良いお返しが返ってくる事になるはずです。

同日12日は金星と天王星の120度という吉角が発生します。
金星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る乙女座にあり、天王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る牡牛座です。
これはあなたの人気運がアップし、友人や知り合いが増える時期を示しています。彼らとの交流が、あなたの知見を広げたり収入の可能性をアップさせてくれるでしょう。
これは恋愛運としてみた場合、旅行先や出張などでの出会い運アップを示しています。あなたが学業や執筆出版、海外文化等に関連している場合はその傾向が顕著となるでしょう。

13日は蟹座の新月が発生します。
この領域は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司りますが、今回は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域に位置する山羊座の冥王星と180度という凶角を結んでいます。
会社の仲間や友人達との関係がこの近辺では重要になるでしょう。この位置の新月は仲間たちとの交流だけでなく、新しくグループや組織等に参加したり彼らと計画を立てて活動を開始する等といった事に適しています。
反対側にある冥王星は、あなたの存在やスキル等といった点が仲間達の助けになったり、協力体制が突破口を開く可能性を示唆しています。良い形で協力ができれば、その見返りもまた大きくなるはずです。

14日は金星と土星の120度という吉角が発生します。
金星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る乙女座にあり、土星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座で逆行しています。
これは恋愛運として見た場合、大人びた考えや外見にイメージチェンジしたり、好みとなる相手が年上となる傾向を示します。子供の存在が近い位置にある場合、その責任や義務といった話しが出るかも知れません。
金運として見た場合は投資に関係する傾向がありますが、土星は安定を求めるため投機やギャンブルよりも実利を求めるかも知れません。既に投資をしている場合、この近辺で成果を受け取れる可能性もあります。

全ての星座に関係する「7月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い