TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 乙女座



乙女座 2018年9月前半の運勢

乙女座

9月前半の乙女座

84年振りに牡牛座に入座し逆行を開始した「天王星の逆行(牡牛座)特集」を掲載しました。
12星座別の運気注意点も是非チェックください。
天王星の逆行(牡牛座)特集
天王星の逆行(牡牛座)特集はこちら


2日は順行に戻った水星が逆行時位置に到達します。
この位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る獅子座で、今までこれらの分野で進まなかったり後戻りしていた件はスタートラインに戻ってきます。
あなたの星座の守護星である水星がこの位置で逆行するという現象は、あなたにいつも以上に深刻な状況を発生させていたか、モチベーションを下げるような心理を誘発させていたかも知れません。
引きずっている問題や終わらない仕事は片付け、湧き出たアイデアを書き留めて次のサイクルに備えましょう。すでに水星は加速を始めており、現実の進み方も同様になっていくはずです。

6日は山羊座で長く逆行を続けていた土星がやっと順行に戻ります。
この位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司っており、もし今まで責任を感じたり義務に追われるといった問題があったとしても、やっと解消される傾向となります。
この領域は、あなたが「楽しむ」事柄を司っています。その楽しみの対価を支払うという厳しさを感じていたのなら、この先は努力を積み重ねて楽しむことができる事を探してみると良いでしょう。
以下のバナーからこの位置の土星の効果を再確認して下さい。

土星山羊座特集


7日は水星と土星が120度という吉角を構成します。
水星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る乙女座で、土星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座です。
乙女座に入ったばかりの水星と、順行に戻ったばかりの土星の組み合わせは、今まで止まって中々進まなかった新しい体制や、実現性と実利のある計画や契約そして議論等を生み出し、着実な発展を後押ししてくれます。
投資やビジネス等は堅実なものに絞ることが重要です。この近辺ではあなたの思考や判断の焦点が実務的になるため、対人運としてはやや低下傾向であり、ちょっとした冗談等は周囲を引かせてしまうため、余計なことは一切言わないことが賢明です。

同日7日は水星と天王星の120度という吉角も発生します。
水星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る乙女座で、天王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る牡牛座です。
この組み合わせはITや最新技術そして重要な発見やニュースを見聞きするという現象を発生させます。それは遠い学術科学の話等とは限らず、日常的にも発生しうるでしょう。
これは土星と天王星の120度も相まって、グランドトライン(天空の大三角形)という幸運の配置を作り出します。水星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」なので、この近辺では天王星が位置する領域に関係する何かにおいて、嬉しいニュースを受け取ったり効率的で実務的な環境を作り出せる可能性があります。
人によっては多忙な時間となるかも知れないものの、その成果は努力を補って余りあるものとなるでしょう。

9日は金星と火星の90度という金運と恋愛運に火の気を発生させる凶角が発生します。
金星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る天秤座、火星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座です。
この組み合わせはデートやお買い物等に関する出費が多くなる散財運気を示します。後になって無駄が多いことが判明しますが、この近辺では気づきにくいでしょう。
火星は恋愛の位置を示すためデート等での散財を示す事もあります。どのケースであっても、あなた自身の強い欲求をどう満たすのかがポイントとなっていますが、ここで欲を抑えることができれば財政面への影響は発生しにくくなります。
10日は乙女座で新月が発生します。
この位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司っており、今回はその新月と海王星が180度という凶角を発生させます。海王星の位置は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る魚座で、この新月と相反する海王星は不安と混乱を誘発させる効果があります。
この位置の新月はあなたを元気づけさせ、何をするにも活発で積極的な心理を誘発させます。アイデアを思い立ったらすぐに実行し周囲に披露したくなるかも知れません。
しかし反対側の海王星は、元気が出たと思ったらすぐに落ち込ませたり、進みたい方向を何度も迷わせるという効果を持っています。可能であれば、この新月では芸術創作や占い等といった海王星が関係する分野にすることで、その問題を緩和することができるでしょう。

11日は火星が水瓶座へ再入座します。
一旦逆行によって水瓶座を逆に抜けた火星ですが、やっとこの位置に戻ってきます。
ここは「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司っており、この位置の火星は日々の仕事を多忙にさせる効果があります。しかしこの先も火星は凶角が待っており、状況こそ変わるものの油断はできません。
同僚や上司等との人間関係には問題が発生しやすく、職種によっては職場での怪我や事故等にも注意が必要です。なお、この位置は転職を示すケースもありますが、病気や入院の危険性を示す場合もあります。健康管理と周囲の協調は優先事項と心得ましょう。

同日11日は太陽と冥王星の120度という吉角が、また、同日に太陽と木星の60度という吉角が発生します。これにはもう一つ、12日には木星と冥王星の60度という吉角が合わさり、マイナーグランドラインという多角形パターンを構成します。
太陽は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る乙女座、木星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蠍座、冥王星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座です。
木星と冥王星の領域に関連した、地域社会や血縁に関係した方々や子供に関係したイベントは今回が3回目で最後の発生です。この締めくくりでは、太陽の位置であるあなた自身の存在価値やスキル等によって解決したり、決着を見る事になるでしょう。
勇気を持って矢面に立ち、周囲のメンバーをリードすることができればあなた自身の立場や今後の運気も大きく発展する事になります。できるかどうかを考えるよりも前に進む気構えが幸運を招きます。

12日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蠍座、天王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る牡牛座です。この位置は様々な意味で距離が近い方々との関係に、トラブルを発生させる運気を示します。かれらの姿勢や態度は容認しがたく、開放されて自由になりたいと願うでしょう。
また、ネットを通じてビジネスや取引、そして金融処理等をしている場合は、操作ミスや金利等の落下に警戒が必要です。どのケースでも効果期間は短いため対処は可能でしょう。

13日は金星と土星の60度という堅実さをサポートする吉角が発生します。
金星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る蠍座、土星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座です。
距離の近い方々との関係は馴れ合いよりも実務的なものとなる傾向があります。それには誰かの子供が関係している可能性がありますが、関係には責任か義務が伴うでしょう。
ビジネス面では投資に興味が出る可能性がありますが、この配置は大きな額よりもリターンが確実に見込めるものが向いています。ネット等を通じて申し込みや管理が可能なものがこの配置には良いでしょう。

全ての星座に関係する「9月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い