TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 乙女座



乙女座 2019年1月前半の運勢

乙女座

1月前半の乙女座

01日は火星が牡羊座に入座します。
火星は支配星座に回帰した状態となるため、この惑星による現実世界への影響と効果が強くなる傾向が想定されます。
この位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司っており、親密な関係にあるパートナーとの関係、共同で管理する財産や税金等にエネルギーを使う時期となります。
人によっては健康面に注意すべき時期にもなるでしょう。この位置の火星は金運面で幾つかの問題を発生させやすく、守りに入る方がよいかも知れません。

02日は山羊座で太陽と土星の合致という義務と責任が重要となる運気が発生します。
これらの惑星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域にあり、恋愛運と趣味運そして投資やビジネス等に冷え込みや停滞化といった運気を発生させます。
自分から何かをしようとするモチベーションを下げる配置でもあり、年始の初めは億劫な気分になるかも知れません。年長者のアドバイスを貰ったり、真剣に相談をお願いするといった行動が運気を良い方向に変化させるでしょう。
派手さよりも堅実さを重視することがこの運気を活用するためのポイントでもあります。

05日は水星が山羊座に入座します。
この位置もまた、前述の「恋愛・子供・趣味・投資」の領域に属します。
やぎ座に位置する水星は飲み会等といった社交運においてコミュニケーションを増加させたり、趣味等に費やす時間を増やす運気傾向を示します。文字を中心とした創作活動や芸術といった分野にもご縁が出やすくなります。
人によってはビジネスや投資等への興味が湧くというケースもありますが、どのケースにおいてもあなたから話すより、人の話を注意深く聞く事をお勧めします。

06日は山羊座で新月が発生します。
これも同様に「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域であり、この位置の新月は社交運と恋愛運に始まりのイベントを発生させます。また、この位置は創作活動やあなたが楽しめる分野を司るため、新月近辺は何かと楽しみが多くなるでしょう。
この分野では幾つか制限や極端な変化という配置が別に存在しているため、楽しい事と厳しいことが混在した状況となる事も予想されます。
また、この新月は吉凶を含む恒星と合致しています。積み上げて来たものがきっかけとなって発展するチャンスがあるものの、大きなリスクも孕んでいます。
堅実さと真面目な姿勢があれば、この近辺で発生するイベントはあなたにとって発展の始まりの時期となる可能性が高くなります。

同日06日は牡羊座で逆行を続けていた天王星が順行に戻ります。
この領域は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司っており、今までこの位置の天王星はパートナーの財産、税金やローン等といった分野について、あなたに不安や混乱を発生させていた可能性があります。
しかしそのような状況はこの近辺を境にして終息します。そしてあなたの本能が求めているものを理解し、正しく発散できるようになるでしょう。
また、去年の春頃にやり残した事や一旦終わってしまった事がある場合、ここから3月までの期間がその最後のチャンスとなります。後悔しないように計画を進めてください。
07日は金星が射手座に入座します。
この領域は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る領域であり、この冬に木星が入った年間テーマの場所でもあります。
この位置を金星が運行する期間中は、家族や家庭に起因した恋愛運と金運が発生しやすくなります。自宅環境を整理整頓・美化し、家具などを高価なものに新調したり、自宅で趣味等を楽しむこともできるでしょう。

08日は山羊座の水星と牡羊座の火星の90度という性急さを誘発する凶角が発生します。
水星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る位置、火星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る位置に入ったばかりです。
社交運と恋愛運は喧嘩が発生しやすい荒れ模様です。これは主にお金と価値観に関する事で発生しやすく、その話題をできるだけ出さないという事が重要です。
趣味や子供に関する運気も同様に問題が発生しやすい傾向ですが、焦って問題をすぐに解決しようとすると更に悪化しかねません。冷静且つ長期視点を忘れないことが秘訣です。

11日は山羊座で太陽と冥王星が合致します。
これらの惑星の合致は強烈な経験や強すぎる絆という吉凶を今後の運気にもたらす可能性が強く、緻密な状況判断と力の調節に十分な注意が必要です。
この領域は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域であり、恋愛運と社交運において極端な変化を発生させます。誰かを説得したいのならこれは良い配置ですが、望んだ結果を手に入れるための代償は非常に高く付くかも知れません。もし相手に対して強すぎる感情を持っていると、これは強烈な現実として返ってきてしまいます。
また、ビジネスや投資そして趣味運では成功か失敗かの両極端といった二面性があり、物事の本質を見抜けるかどうかが成功に近づくためのポイントとなるでしょう。

13日は山羊座で水星と土星が合致します。
これはしばしば否定的な精神状態や思考パターン、精神集中と論理思考を必要とする傾向があります。
この2つの惑星の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域であり、前述の太陽と土星、太陽と冥王星がそれぞれ合致した後で更にこの水星と土星という連続した現象となっています。吉凶混合の傾向が非常に強く、人によっては波乱の傾向も想定されます。
これは恋愛運と社交運に停滞した状況を発生させる配置です。責任や義務が面倒であったり、子供という存在が問題の焦点となるケースもあります。
人付き合いの場では自分を出すことが難しくなり、木を見て森を見ないような認識が発生しやすくなります。この近辺は聞きに徹しつつ全体的に物事を捉えるようにしましょう。

この前半において山羊座で発生した一連の流れを考えると、乙女座とっては、恋愛運や社交運そして投資運を中心として、大きなイベントと運気の変化が発生する時期として考えることができます。
現実的な制限や力のコントロール等、難しい点は多いでしょうが、あなたの自己表現と楽しむという行動について重要な転換点となる可能性を秘めています。誰かに言われたからではなく、自分の意思で事を進めることができると、チャンスが大きく広がるでしょう。

14日は射手座の木星と魚座の海王星が90度という発展の可能性と共に混乱を呼びやすい凶角を結びます。
木星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る位置、海王星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置にあります。木星が入座し年間テーマとなったこの領域ですが、混乱や楽観視による問題が発生しやすく、注意が必要です。
パートナーと過ごす自宅や不動産において、水回りの問題が発生しやすい運気です。また、それらの購入をする際には問題が隠れていたり誇大表現が入っているかも知れません。
意見を聞くべきは直接の相手やパートナーではなく、第三者がお勧めです。

全ての星座に関係する「1月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い