TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 天秤座



天秤座 2018年7月前半の運勢

天秤座

7月前半の天秤座

1日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が継続しています。
水星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る獅子座で、天王星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る牡牛座を運行しています。
この配置は、あなたが属する会社や社会生活におけるコミュニケーションに問題を発生させやすい配置です。これらの場所での発言内容や、IT機器等の操作には注意が必要です。誰かと共同で財務管理をしている場合は特にPC操作やウイルス等を警戒して下さい。
この近辺ではお付き合いでストレスが溜まりやすい可能性もあります。あなたが本来目指したり属するべき場所は今いるところではないかも知れません。

5日は水星と火星の180度という凶角が発生します。
水星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る獅子座にあり、火星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る水瓶座に位置します。
あなたが属している会社や普段接する社会環境では、要らぬ問題を引き起こす誰かがいるかも知れません。関わってしまうとあなた自身がその渦中に引きずり込まれてしまうため、できるだけ無難な姿勢を維持し、対策は裏から手を回す等といった方法をお勧めします。
また、恋愛運は低下傾向です。相手との都合が合わないか趣味の違いが喧嘩の元になりやすいため、この近辺は相手に合わせる位が丁度よいでしょう。

同日5日は太陽と木星の120度という吉角が発生します。
太陽は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る蟹座にあり、木星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る蠍座で逆行しています。
この配置は殊勝な姿勢を貫く限り、仕事や公務などでの立場が安泰化したり発展のチャンスがある事を示しています。調子に乗らず、周囲に感謝を忘れなければ仕事運は良好です。
多少の支出があったとしても、この時期は心配が少ない可能性があります。余ったお金があるのなら使うよりも投資(お金またはあなた自身のスキルなど)に回すことが先々更に運気を運んできてくれるでしょう。

8日は太陽と海王星の120度という吉角が発生します。
太陽は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る蟹座にあり、海王星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る魚座で最近逆行を開始したばかりです。
これもまた、仕事の成果に関する嬉しい状況を示すものの、こちらはあなた一人が目立つというよりも共同体制による成果の達成といった要素が強くなります。数値が関連する業務では確認ミスなどに注意が必要ですが、センスやデザインといった分野では特に追い風が期待できるでしょう。
先程の木星との角度を合わせると、仕事運と金運を含めた幸運のグランドトラインを構成することになり、この近辺の仕事運は好調さが期待できます。
同日10日は木星が順行と呼ばれる見せかけの動きの変化を発生させます。
木星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る蠍座で今まで逆行し続けていましたが、この秋に蠍座を抜けるまで順行を続けます。
木星がこの位置で逆行してから、予期しない出費や価値観の変化などにより、あなたの安心感は不安感に取って代わっていたかもしれません。それでもあなたの金運は深刻とまではなっていないはずでしたが、財政状況の安定化が気になっていたのではないでしょうか。
しかしそんな状況や気分はもう終わりを告げます。この先は収支のバランスを安定させ、基盤を強固なものにすることを目指して下さい。

以下のバナーで2017年秋から始まった木星のテーマを再確認し、この秋までの活動の参考にしてください。

木星で見る一年の運気

12日は太陽と冥王星の180度という凶角が発生します。
太陽は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る蟹座にあり、冥王星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る山羊座で逆行を続けています。
これはあなたが目指す理想を実現するという事について、目上や周囲から反対されていたり、何かの壁があって進みにくい状況を示しています。
上司との関係に問題がある場合、この近辺ではそれに反抗してもあなたが不利になる傾向が強いでしょう。ここで無理に変えようとするのではなく、今はその変化を受け入れつつもチャンスの時期を待った方が賢明です。

同日12日は金星と天王星の120度という吉角が発生します。
金星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る乙女座にあり、天王星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る牡牛座です。
これは親密な男女関係が始まるチャンスを示していますが、金星の位置は臆病さも示しているため、あなたの心の中で終わるか密かに進むかの二択が想定されます。
金運面ではパートナーから嬉しい援助を貰える可能性もありますが、使い道を間違いやすいため慎重に考えるのが賢明です。

13日は蟹座の新月が発生します。
この領域は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司りますが、今回は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る領域に位置する山羊座の冥王星と180度という凶角を結んでいます。
これはあなたのキャリアに大きな変化が発生する傾向を示しています。これが普通の新月であれば、転職や昇進のチャンスとみなすでしょう。今回は冥王星と凶角を結んでおり、あなたに取って転機となる可能性が想定されます。
それは決して簡単ではなく、深刻な会話が付随するかも知れませんが、リスクとチャンスが表裏一体となっておりあなたの決意次第では大きな発展も不可能ではありません。

14日は金星と土星の120度という吉角が発生します。
金星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る乙女座にあり、土星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る山羊座で逆行しています。
これは新しい事をするよりも、貯まった仕事や義務を少しずつ片付ける時期を示します。恋愛運と金運は安定していますが、派手さに欠ける面があるでしょう。
また、これは家族や身内に対する責任を遂行する時期を示します。大抵の場合はあなたの役割を普通に行うだけでしょうが、立場によっては不動産契約や家族への援助といった形で具現化するケースもあります。

全ての星座に関係する「7月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い