TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 射手座



射手座 2018年9月前半の運勢

射手座

9月前半の射手座

84年振りに牡牛座に入座し逆行を開始した「天王星の逆行(牡牛座)特集」を掲載しました。
12星座別の運気注意点も是非チェックください。
天王星の逆行(牡牛座)特集
天王星の逆行(牡牛座)特集はこちら


2日は順行に戻った水星が逆行時位置に到達します。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る獅子座で、今までこれらの分野で進まなかったり後戻りしていた件はスタートラインに戻ってきます。
逆行期間中は学業や出張・旅行そして異文化交流等で足止めされたり誤解が問題を発生させていたかも知れません。しかしすでに水星は加速を始めており、現実の進み方も同様になっていくでしょう。

6日は山羊座で長く逆行を続けていた土星がやっと順行に戻ります。
この位置は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司っており、もし今まで責任を感じたり義務に追われるといった問題があったとしても、やっと解消される傾向となります。
逆行期間中、あなたの価値観は誰かの意見に左右されたり、今までやってきたことが無意味に思えたりしていたかも知れません。しかしそれはあなたの更なる成長のために必要な時期であり、この先は再度あなた自身の価値基準を大事にすることが成功に繋がります。
以下のバナーからこの位置の土星の効果を再確認して下さい。

土星山羊座特集


7日は水星と土星が120度という吉角を構成します。
水星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る乙女座で、土星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る山羊座です。
乙女座に入ったばかりの水星と、順行に戻ったばかりの土星の組み合わせは、今まで止まって中々進まなかった新しい体制や、実現性と実利のある計画や契約そして議論等を生み出し、着実な発展を後押ししてくれます。
これは目上の方からの引き立てによって、責任と引き換えに昇進等の立場がアップする時期を示しています。土星は金運と価値観の位置にあるため、出費を減らし仕事を真面目にこなす事で、更にこの運気が強くなるでしょう。

同日7日は水星と天王星の120度という吉角も発生します。
水星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る乙女座で、天王星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る牡牛座です。
この組み合わせはITや最新技術そして重要な発見やニュースを見聞きするという現象を発生させます。それは遠い学術科学の話等とは限らず、日常的にも発生しうるでしょう。
これは土星と天王星の120度も相まって、グランドトライン(天空の大三角形)という幸運の配置を作り出します。水星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」なので、この近辺では目上との関係やあなたの個人的なビジネス、そして公務等といった点で良い成果を得ることができるでしょう。
ここで重要なのは殊勝な姿勢を保つことです。周囲や目上の方々に敬意を払って行動すれば運気はこの先多少の問題で崩れる可能性は低くなります。

9日は金星と火星の90度という金運と恋愛運に火の気を発生させる凶角が発生します。
金星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る天秤座、火星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る山羊座です。
これは仲間達との交際費、又は会社等の経費等といった点で、あなたの欲求や意思と折り合いが合わない状況を示します。足りない対象はあなたのお小遣いであったり、組織が決めていた予算かも知れません。
あなたが考える価値は他の方々とは違っている可能性があり、そこを無理に突破してしまうとこの先この分野で運気が落ちてしまうかも知れません。着点を見つけることが吉です。
10日は乙女座で新月が発生します。
この位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司っており、今回はその新月と海王星が180度という凶角を発生させます。海王星の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る魚座で、この新月と相反する海王星は不安と混乱を誘発させる効果があります。
この位置の新月は上司との関係やキャリアパスといった運気に新しい動きを発生させます。新しい仕事や責任、昇進や転職といった話にご縁が出やすくなったり、次の目標が見つかるというケースもあるでしょう。
反対側の海王星は家族と周囲がその目標に対してあまり乗り気ではないか、理解できていない状況を示します。あなた自身も含め周囲が不安になるかも知れませんが、明確な計画と強い意思が状況を好転させるポイントとなります。

11日は火星が水瓶座へ再入座します。
一旦逆行によって水瓶座を逆に抜けた火星ですが、やっとこの位置に戻ってきます。
ここは「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司っており、コミュニケーションや短距離の移動といった運気を活性化させる傾向があります。この位置は精神活動にも関係しており、アイデアは豊富に出てくるかもしれません。しかしこの先も火星は凶角が待っており、状況こそ変わるものの油断はできません。
様々な距離が近い方々との対人運は低下傾向で、仲が良くない場合は口論を誘発させる傾向があります。また移動時の怪我やトラブルにも遭う可能性がアップするため、安全運転や急がない危機管理が重要です。

同日11日は太陽と冥王星の120度という吉角が、また、同日に太陽と木星の60度という吉角が発生します。これにはもう一つ、12日には木星と冥王星の60度という吉角が合わさり、マイナーグランドラインという多角形パターンを構成します。
太陽は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る乙女座、木星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蠍座、冥王星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る山羊座です。
木星と冥王星の領域に関連した、収支や価値観と過去から引きずっている問題に関連したイベントは今回が3回目で最後の発生です。この締めくくりでは、それらの件に仕事の成果による助けが加わる事になり、良い形で終わらせられる可能性が高くなります。
あなたが真面目に仕事を続けている限り、この運気では昇進や転職によってそれらの件が大幅に解決することになるでしょう。但しこの配置でもまた殊勝な姿勢は重要であり成功したとしても鼻にかけないよう注意して下さい。

12日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蠍座、天王星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る牡牛座です。
何かが遅延したり先延ばしになっていないかどうかをチェックして下さい。特に仕事や職場環境に関する何かであったり、あなたの健康習慣に関係するものである可能性があります。
それがもし今まで手をかけていなかった場合、それは金運にマイナス影響を与える事になります。効果は短いものの、規模は大きくなる危険性もゼロではありませんので注意を。

13日は金星と土星の60度という堅実さをサポートする吉角が発生します。
金星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蠍座、土星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る山羊座です。
これは吉角でありながら、人付き合いをする気分が失せてしまう心理を誘発させます。終わっていない仕事や作業はこの近辺までに終わらせる必要がありますが、それができれば運気は安定するでしょう。
また、財政面では安定しているように感じたとしても隠れている問題には注意すべきです。安定させるために無駄を減らしたり、守りに入ることが運気に良い影響を与えるでしょう。

全ての星座に関係する「9月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い