TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 射手座



射手座 2018年7月前半の運勢

射手座

7月前半の射手座

1日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が継続しています。
水星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る獅子座で、天王星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る牡牛座を運行しています。
学業や出版(ブログやソーシャル)等では、思わぬ発見や選択肢の多さが楽しさやチャンスを広げてくれるでしょう。効果機関は短いので即決がお勧めです。
もし法律や出張に関係している場合、予想を裏切る方向がマイナスの状況となる危険性があります。誰かの詭弁や工作を鵜呑みにしてしまわないように注意して下さい。また、これら全般における手続きや支払い等の機器操作、そして移動中のトラブル等も警戒して下さい。

5日は水星と火星の180度という凶角が発生します。
水星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る獅子座にあり、火星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る水瓶座に位置します。
あなたが信じる何かの分野(哲学・宗教・法律含む)で誰かとの議論や口論が発生しやすい時期です。執筆出版ブログに関係している場合は特に顕著となる傾向があります。
普段の生活であなたと様々な意味で距離が近い方々や、通勤通学中の喧嘩や怪我などにも注意して下さい。もしそのような問題に巻き込まれても、決して真正面から受けて立たない事が賢明です。

同日5日は太陽と木星の120度という吉角が発生します。
太陽は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る蟹座にあり、木星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蠍座で逆行しています。
これはローンを組んだり借り入れ等といった資金調達に適した時期を示しています。また、血縁に関係した方から援助や受け継ぐ等といった形で何かの資産等を受け取るというケースも想定されます。不動産等を扱っている場合もそれに絡む運気は良好です。
それらの運気やイベント等は、あなたの疲れた心を癒やし再チャージするための時間を作ってくれるかも知れません。パートナーがいる場合はその存在も助けになるでしょう。

8日は太陽と海王星の120度という吉角が発生します。
太陽は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る蟹座にあり、海王星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る魚座で最近逆行を開始したばかりです。
家族や先祖との繋がりが重要になる時期です。もしあなたの実家が新盆なら、お墓参りや親戚とのお付き合いといったイベントに顔を出すことになるかも知れません。
また、不動産や家族に関連した遺産やお金の話が発生しやすい時期でもあります。海王星は逆行しているため、曖昧な話が具体的になってくる可能性もあります。
これは先程の木星との角度を合わせると、幸運のグランドトラインを構成することになり、あなたの家庭環境・家族・パートナーとの親密な関係といった分野は嬉しい出来事が多くなるでしょう。
ただ、異性との関係は良いのですが、不動産や遺産・ローン等といった事象が発生している場合は数値のチェックを厳密にしましょう。
同日10日は木星が順行と呼ばれる見せかけの動きの変化を発生させます。
木星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蠍座で今まで逆行し続けていましたが、この秋に蠍座を抜けるまで順行を続けます。
あなたの守護星でもある木星がこの位置で逆行するため、古い習慣や慣れ親しんだ状況から変化しなければならないと感じながらもそこから抜け出せず、様々な部分で苦労していた可能性があります。
しかし、そろそろあなたの心と周囲に変化が出始めている頃ではないでしょうか。この秋には12年周期の始まりとなる運気の夜明けが待っており、そこに向けて無駄な物や不要な物を捨てて行かなければなりません。勇気を出して進んでみては如何でしょうか。

以下のバナーで2017年秋から始まった木星のテーマを再確認し、この秋までの活動の参考にしてください。

木星で見る一年の運気

12日は太陽と冥王星の180度という凶角が発生します。
太陽は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る蟹座にあり、冥王星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る山羊座で逆行を続けています。
これは財政的な問題に対処する必要がある傾向を示しています。誰かから受け継いだものに対する税金であったり、パートナーの金運に注意する必要があるかも知れません。
この近辺では、あなたに近い関係の誰かの考えや状況が大きく変化する可能性がありますが、変化を怖がるのではなく積極的に対策を講じることが吉に転化する鍵です。

同日12日は金星と天王星の120度という吉角が発生します。
金星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る乙女座にあり、天王星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る牡牛座です。
これは仕事運と金運が同時にアップする嬉しい配置です。昇進や転職のチャンスが発生したり、目上の方々から良い評価を貰える可能性があるでしょう。
また、IT業界や金融等に関連した分野で働いている場合、効果はより顕著に働く傾向があります。しかし効果期間は短いため、これが長く続くとは考えない事が賢明です。

13日は蟹座の新月が発生します。
この領域は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司りますが、今回は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る領域に位置する山羊座の冥王星と180度という凶角を結んでいます。
この位置の新月は、通常であれば財政を改善するための計画を立てたり、深い関係となっているパートナーと財産や権利の管理等といった話をすることに適しています。
しかし今回の冥王星は、財政状況にインパクトのある運気を発生させる可能性を秘めています。お金の管理や使い道そして誰かとの力関係について、妥協を必要としたり抜本的な解決策を必要とするかも知れません。こだわりよりも変化を求める事が吉を呼ぶでしょう。

14日は金星と土星の120度という吉角が発生します。
金星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る乙女座にあり、土星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る山羊座で逆行しています。
これは仕事運の安定化とそれに伴う金運を示します。目上の誰かはあなたを評価してくれるでしょうが、それを受け入れることは責任と重圧が待っていることも意味します。それを良しとできるのであれば、仕事運は文字通り安定するでしょう。
また、この配置もまた個人的な金運については問題がどこかに潜んでいる事を示唆しています。油断せずに細かく管理する事が運気維持に効果的です。

全ての星座に関係する「7月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い