TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 山羊座



山羊座 2018年7月前半の運勢

山羊座

7月前半の山羊座

1日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が継続しています。
水星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る獅子座で、天王星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る牡牛座を運行しています。
この近辺では税務や債務等に関して、債権者側からチェックが入るかも知れません。投資等といった点の法律等を曖昧なままにしておかないことが重要です。
また、投資やギャンブルそして人付き合いに対しては、お金を出すのなら上限を設けて目的を絞ることがお勧めです。これらに関する支払いやIT機器操作等でも突発的なトラブルが発生しやすく、確定前に一呼吸置きましょう。

5日は水星と火星の180度という凶角が発生します。
水星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る獅子座にあり、火星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る水瓶座に位置します。
この近辺は金運全般が低下する傾向があります。手元のお小遣いもそうですが、一番問題となるのは残高やローンそして税金といった資産系の管理でしょう。
火星が逆行しているため、過去のお金の使い方が今になって問題になる可能性があります。まずは支出を見直し節約する体制を整えましょう。

同日5日は太陽と木星の120度という吉角が発生します。
太陽は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蟹座にあり、木星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る蠍座で逆行しています。
これは1対1の関係となる相手との繋がりが幸運を発生させる嬉しい配置です。ここでいうパートナーは彼氏彼女、配偶者、親友やビジネスパートナー等を示しており、それは一人だけとは限りません。
この近辺では、あなたの理想を実現するために必要な専門スタッフ等との出会いも期待できます。これら周囲にいる方々との協力体制もまた幸運に近づく重要な要素となるでしょう。

8日は太陽と海王星の120度という吉角が発生します。
太陽は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蟹座にあり、海王星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る魚座で最近逆行を開始したばかりです。
これもまた、パートナーとの関係の良好化を示しています。相手に対する印象は最近少し変化したかも知れませんが、それはあなたが今まで誤解していただけであり、本質が見えるようになってきているはずです。
先程の木星との角度を合わせると、幸運のグランドトラインを構成することになり、対人運は非常に良好と言えます。大事な誰かに対する有り難みや重要さといったものをこの近辺では実感することができるでしょう。
同日10日は木星が順行と呼ばれる見せかけの動きの変化を発生させます。
木星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る蠍座で今まで逆行し続けていましたが、この秋に蠍座を抜けるまで順行を続けます。
最近まであなたが属している会社の環境や友人達との関係は問題が多かったかも知れません。人によっては古巣に戻ったり旧友との関係が復活していた可能性もあります。
しかし木星が順行に戻った事により、あなたを取り巻く環境の不安定さは終わりを告げ、再度彼らとの関係を深めていくことができるようになります。仲間との交流や親睦を楽しんでは如何でしょうか。

以下のバナーで2017年秋から始まった木星のテーマを再確認し、この秋までの活動の参考にしてください。

木星で見る一年の運気

12日は太陽と冥王星の180度という凶角が発生します。
太陽は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蟹座にあり、冥王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る山羊座で逆行を続けています。
これは既存のパートナーとの間に一部問題が発生する運気を示しています。何かに拘る事が難しい状況を発生させてしまう傾向があるため、実現性の低い理想よりも平穏が続く日常の良さを重視すると良いでしょう。

同日12日は金星と天王星の120度という吉角が発生します。
金星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る乙女座にあり、天王星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る牡牛座です。
これは恋愛運と投資運に、短い期間ではあるものの思いがけない運気アップの効果を発生させます。色褪せた日常に飽きてしまっているのなら、冒険と経験を求めて行動すると目的を達成できる可能性が高い時期でもあります。
なお、既にパートナーがいる場合はこの時期の行動が問題になる傾向が強いため、その場合は相手にサプライズをしたり新鮮な気分に戻すための試みをしてみましょう。

13日は蟹座の新月が発生します。
この領域は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司りますが、今回は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る領域に位置する山羊座の冥王星と180度という凶角を結んでいます。
これはパートナーとの関係に幾つかの深刻な状況を発生させやすい配置です。前述した太陽と冥王星の凶角とよく似た現象が発生しやすく、パートナーの感情を制御することに苦労するかも知れません。
しかし力関係でそれを制御しようとすると破綻する危険性すらあります。相手は嫉妬や僻みを抱いている可能性があるため、安心させて上げることが改善の秘訣です。

14日は金星と土星の120度という吉角が発生します。
金星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る乙女座にあり、土星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る山羊座で逆行しています。
学業や法律そして執筆や出版等の分野では、常識や経験が有効的に働くでしょう。遊びの旅行には向いていませんが、学業や法律等のための長距離移動では幸運が期待できます。
恋愛面では、落ち着いた良識ある大人のステータスといった言動が運気をアップさせてくれます。歳を示す守護星はあなた自身の領域にあるため、年下の方にご縁があるでしょう。

全ての星座に関係する「7月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い