TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 魚座

魚座 2018年1月前半の運勢

魚座

1月前半の魚座

2018年は2日から様々な現象が発生します。
蟹座で満月が発生します。この領域は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域であり、この位置で発生すると恋愛に対する執着心が高まったりピークを迎える可能性があります。芸術や創作活動はこの近辺で完成や完了するでしょう。また、人によってはこの完成が子供の事に関係する場合もあります。
今回は太陽と接近している金星が月と180度を結ぶため、満月近辺では属する組織やグループの誰かとの人間関係が問題化するかも知れません。

今回の満月は海王星と吉角を結び、合致直前の火星と木星とも合わさって「カイトパターン」と呼ばれる吉角を構成します。満月近辺における問題は、これらの吉角が緩和してくれる可能性がたかいでしょう。
海王星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る魚座です。
そして火星と木星の合致は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る領域です。
これらの配置は、あなたの能力で無から物を作り出す活動や作業、そして法律に関する勉強と努力を怠らず信念を貫くことが運気の助けとなる事を示唆しています。あなた自身をもっと信じて、法律のような面は専門家の助けをお願いすると良いでしょう。

また、同日2日は天王星が牡羊座で順行に戻ります。
この位置は「金運・収支・価値観」等を司る領域であり、逆行期間中はあなたの価値観が思いがけず変化したり、財政の安定化計画が予想外の方向に向かっていた可能性があります。
しかしこの新年からはそういった状況も少しずつ終わりを告げて行きます。2018年は天王星が牡牛座に移動し、次のステージへとあなたを導く事になるでしょう。

7日は火星と木星が合致します。この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る領域です。あなたが執筆や出版そして海外ビジネス等に関係しているのなら、この時期は非常に多忙となる事を意味しています。
また、火星のこの位置は法律を意味しており、同時に法律を司る木星が合致することで法的な争いや論争等に巻き込まれる可能性もあります。しかしこの効果は吉の部分も大きく、あなたが曲がった事をしていなければ負ける可能性は低いでしょう。
それでもこの配置はリスクも大きく、何をするにしても最後まで自分で管理ができないと後々問題が大きくなるという点に留意することをお勧めします。
9日は太陽と金星と冥王星が合致し、ステリウムと呼ばれる現象を発生させます。
この領域は「友人・同僚・属するグループ」等を司る位置であり、良くも悪くもこの分野に関する事象は強烈な運気となる傾向があります。
これはあなたが属する組織やグループ又は同僚達との間に「どちらが上か」といった敵対状況や金銭・愛情に関連した問題等を誘発します。それはあなたの仕事や共有資産にも影響するかも知れないため、穏便に終わらせるのは難しいかも知れません。
もしあなたがそういった事に関わらずに生きていたのなら、この近辺では仲間との絆が深まったり共同で利益を出せるプロジェクトに参加する事になるかも知れません。

しかし9日から10日に掛けては多少の凶角に負けない吉角が多々並びます。

9日
 冥王星と火星の60度
 金星と木星の60度
 太陽と木星の60度
10日
 太陽と火星の60度
 金星と火星の60度

これらには共通の位置関係があります。まず60度という角度は、積極的な介入や活動によって吉運が発揮されることを意味しています。受け身ではせっかくの幸運が最小限で留まってしまうでしょう。
左側の惑星の位置は「友人・同僚・属するグループ」等を司る蠍座であり、右側の惑星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座です。これは海外や法律に関して研究したり遠方への出張等が運気改善に効果的である事を示唆しています。
また、問題となっている件とは別にあなたが属する組織では多々新しいプロジェクトが開始されたり活性化する可能性もあります。これらに参加し手伝うこともまた、あなたの仕事や社会活動に良い影響を与えてくれるでしょう。

11日は水星が逆行を開始した位置まで戻ります。
去年から続いていた遅延や様々な流通に関する問題はほぼ完了し、再度スタートラインに立てる状況となるでしょう。これは「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」の領域で発生するため、あなたの仕事に関する何かの遅れはやっと元に戻る事になるでしょう。

12日はその水星が山羊座に入座します。
これは「友人・同僚・属するグループ」等を司る領域であり、ここに水星が入ると仲間や友人そして属している組織のメンバーとコミュニケーションする頻度がアップします。
彼らの為に役立つと思われるアイデアはどんどん出していきましょう。皆が目指す理想はどういう形で着地させれば良いのかという話し合いも必要になるはずです。

13日は更にその水星が同じ山羊座で土星と合致します。
これは主に精神に厳しいプレッシャーを掛ける状況を作り出します。
去年の11月下旬に同じ現象が発生しましたが、その後すぐに水星が逆行し2017年の時点で2回この現象が連続する事になりました。結果、それらの件はすぐに固まらなかったり水星の逆行と共に遅延が起きていたはずです。
そして今回は水星が順行に戻って最後の合致となり、保留となったり方向性を決められていなかったその件はやっと着地点や決着が見つかる事になるでしょう。
1回目と2回目は射手座で発生しており、多少ながら楽観的に物事を考えていた方もいるかも知れません。しかし最後となる3回目は山羊座で発生し、現実的な対応や社会と組織のルールが優先される形で結末を見ることになるものと思われます。

前回の発生位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域でした。ここで発生すると、ビジネスや担当作業等で手戻りが発生したり調整が必要になります。それでもあなたと上司の意思は一致できていない可能性があります。
そして今回は「友人・同僚・属するグループ」等を司る領域です。友人や仲間達との関係が疎遠になりやすく、寂しい気分を味わうことになるかも知れません。場合によってはグループと決別することになったり、誰かが去っていく事になるでしょう。

14日は金星と天王星が90度という凶角を結びます。
15日は太陽と天王星もまた90度という凶角を結びます。
太陽と金星の位置は「友人・同僚・属するグループ」等を司る山羊座であり、天王星の位置は「金運・収支・価値観」等を司る牡羊座です。
この配置はしばしば予想外の突発的なトラブルを発生させ、その対応に追われる状況を作り出します。金運恋愛運でも既存の関係や収支購入等においてが不安定化しがちです。属している組織ではIT機器の操作ミス、想定外のスケジュール調整等といった問題が金運にも影響を与える可能性が高いでしょう。
これらの件はあなたの心を不安にさせるでしょうが、変化を恐れないことが全てに勝る解決方法であることを心に留めておいて下さい。

全ての星座に関係する「1月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い