TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蟹座

蟹座 2018年1月前半の運勢

蟹座

1月前半の蟹座

2018年は2日から様々な現象が発生します。
まず蟹座で満月が発生します。この領域は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る領域であり、この位置で発生するとあなたの感情が抑制できなくなる可能性があります。あなた自身の欲求を優先させるという効果がありますが、人から見ればある意味我侭になるというケースもあるでしょう。
今回は太陽と接近している金星が月と180度を結ぶため、満月近辺ではパートナーと呼べる誰かとの関係に絡んだ問題が表面化するかも知れません。
この金星の位置は大事な誰かのためにあなたの譲歩が必要な運気を意味しています。が、この満月効果による感情の活性化は状況を厳しくしてしまう可能性も否めません。

今回の満月は海王星と吉角を結び、合致直前の火星と木星とも合わさって「カイトパターン」と呼ばれる吉角を構成します。満月近辺における問題は、これらの吉角が緩和してくれる可能性がたかいでしょう。
海王星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る魚座です。
そして火星と木星の合致は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る蠍座です。
これらの位置は、学業や法律に関しては専門家のアドバイスを貰うこと、そして趣味や子供に関連する事に情熱や時間を注ぐ事等がヒントとなる事を意味しています。満月はあなたの態度までも大きくしてしまう可能性がありますが、殊勝な姿勢はパートナーとの関係を安定化させるために役立つでしょう。

また、同日2日は天王星が牡羊座で順行に戻ります。
この位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域であり、逆行期間中はキャリアが不安定になったり目上からの評判が下がる等の問題に苦労したかも知れません。状況の変化によりあなた自身の心の制御も難しかった可能性があります。
しかしこの新年からはそういった状況も少しずつ終わりを告げて行きます。2018年は天王星が牡牛座に移動し、次のステージへとあなたを導く事になるでしょう。

7日は火星と木星が合致します。この位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域です。これは趣味に多々時間を掛けたりそれがビジネスとして発展するチャンスを意味していますが、大抵の場合は恋愛運の大幅アップという形で発生します。
パーティーやお酒の席での人気運そして趣味活動運も同時にアップしますが、意中の誰かを想う情熱が非常に大きくなり、場合によっては子供に関係する話が持ち上がるかも知れません。どのケースであったとしても、チャンスにはリスクが付いて回ります。あなたが最後まで面倒を見るという姿勢や覚悟が必要になるという点を忘れないようにしましょう。
9日は太陽と金星と冥王星が合致し、ステリウムと呼ばれる現象を発生させます。
この領域は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る位置であり、良くも悪くもこの分野に関する事象は強烈な運気となる傾向があります。
対人関係を基本として、1対1の関係と呼べるパートナー(性別・公私問わず)との関係は束縛やお金の問題が絡んで荒れ模様となるかも知れません。あなたが相手に譲歩し常識的な言動を心がけていればその関係は大きな利益をもたらしますが、そうでなければ論争に発展する危険性を持っています。
しかし9日から10日に掛けては多少の凶角に負けない吉角が多々並びます。

9日
 冥王星と火星の60度
 金星と木星の60度
 太陽と木星の60度
10日
 太陽と火星の60度
 金星と火星の60度

これらには共通の位置関係があります。まず60度という角度は、積極的な介入や活動によって吉運が発揮されることを意味しています。受け身ではせっかくの幸運が最小限で留まってしまうでしょう。
左側の惑星の位置は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る蠍座であり、右側の惑星の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る山羊座です。これは趣味や投資そして何よりも恋愛に関する情熱が燃え上がる事を意味する配置です。
そしてそれは単なる火遊びというよりも、結婚や子供といった事を視野に入れた真剣な想いである可能性があります。その情熱や心意気を正しい手段で表現できればマイナス面はかなり小さくなる可能性があるでしょう。また、パーティーや会合といった人が集まる場所にもご縁が多く、積極的な参加もまた運気に良い影響を与えてくれます。

11日は水星が逆行を開始した位置まで戻ります。
去年から続いていた遅延や様々な流通に関する問題はほぼ完了し、再度スタートラインに立てる状況となるでしょう。

12日はその水星が山羊座に入座します。
これは「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る領域であり、ここに水星が入ると1対1の関係であれば誰とでも会話したり交渉する頻度が上がる運気に突入します。
新しく関係を締結する場合もあれば、今の関係を調整する必要が発生する場合もあるでしょう。この期間は交渉と譲歩そして説得が対人運を大きく左右する事になります。

13日は更にその水星が同じ山羊座で土星と合致します。
これは主に精神に厳しいプレッシャーを掛ける状況を作り出します。
去年の11月下旬に同じ現象が発生しましたが、その後すぐに水星が逆行し2017年の時点で2回この現象が連続する事になりました。結果、それらの件はすぐに固まらなかったり水星の逆行と共に遅延が起きていたはずです。
そして今回は水星が順行に戻って最後の合致となり、保留となったり方向性を決められていなかったその件はやっと着地点や決着が見つかる事になるでしょう。
1回目と2回目は射手座で発生しており、多少ながら楽観的に物事を考えていた方もいるかも知れません。しかし最後となる3回目は山羊座で発生し、現実的な対応や社会と組織のルールが優先される形で結末を見ることになるものと思われます。

前回の発生位置は「仕事・職場・健康習慣・病気」等を司る領域でした。ここで発生すると仕事環境や職場での雰囲気が厳しく感じられたり、仕事に関連する書類の問題に追われるという現象が発生します。健康面でも冷えや老化に起因した病気等の可能性があります。
そして今回は「対人運・パートナー運・結婚・敵」等を司る領域です。この結末はパートナーと呼べる誰かと今後の方向について深刻な話をしなければならないでしょう。人によってはこれは誰かとの離別や契約解消等を意味するケースもあります。

14日は金星と天王星が90度という凶角を結びます。
15日は太陽と天王星もまた90度という凶角を結びます。
この配置はしばしば予想外の突発的なトラブルを発生させ、その対応に追われる状況を作り出します。金運恋愛運でも既存の関係や収支購入等においてが不安定化しがちです。これらの件はあなたの心を不安にさせるでしょうが、変化を恐れないことが全てに勝る解決方法であることを心に留めておいて下さい。
対人運やパートナーに関すること、特にそれが仕事に絡んだ事柄の場合は突然のトラブルや相手との利害の不一致、予定外の調整等といった問題等に対応する必要が発生するでしょう。この状態が変わることを恐れれば恐れる程それは泥沼化します。必要な変化は受け入れると先に進めるようになります。

全ての星座に関係する「1月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い