TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 蟹座



蟹座 2018年9月前半の運勢

蟹座

9月前半の蟹座

84年振りに牡牛座に入座し逆行を開始した「天王星の逆行(牡牛座)特集」を掲載しました。
12星座別の運気注意点も是非チェックください。
天王星の逆行(牡牛座)特集
天王星の逆行(牡牛座)特集はこちら


2日は順行に戻った水星が逆行時位置に到達します。
この位置は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る獅子座で、今までこれらの分野で進まなかったり後戻りしていた件はスタートラインに戻ってきます。
これで全ての収支問題が解決した訳ではないものの、すでに水星は加速を始めており、現実の進み方も同様になっていくでしょう。予算の立て方やお金の使い方については、今まで学んだ事を活かすことで金運に嬉しい変化が発生するはずです。

6日は山羊座で長く逆行を続けていた土星がやっと順行に戻ります。
この位置は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司っており、もし今まで責任を感じたり義務に追われるといった問題があったとしても、やっと解消される傾向となります。
今までの経験で、どういう方々とお付き合いをしたり、取引できる関係を作り上げるべきか?という点は良く理解できたはずです。
以下のバナーからこの位置の土星の効果を再確認して下さい。

土星山羊座特集


7日は水星と土星が120度という吉角を構成します。
水星の位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る乙女座で、土星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る山羊座です。
乙女座に入ったばかりの水星と、順行に戻ったばかりの土星の組み合わせは、今まで止まって中々進まなかった新しい体制や、実現性と実利のある計画や契約そして議論等を生み出し、着実な発展を後押ししてくれます。
これは一般的には現実的なアイデアや地域社会とのコミュニケーションが実務的になるという運気を、ビジネス的には厳し目でありながらも現実的な契約取引等を示します。曖昧さを排除し、厳密な判断をすることで運気安定化が期待できます。

同日7日は水星と天王星の120度という吉角も発生します。
水星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る乙女座で、天王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る牡牛座です。
この組み合わせはITや最新技術そして重要な発見やニュースを見聞きするという現象を発生させます。それは遠い学術科学の話等とは限らず、日常的にも発生しうるでしょう。
これは土星と天王星の120度も相まって、グランドトライン(天空の大三角形)という幸運の配置を作り出します。水星の位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」なので、この近辺ではスマホやPCそして移動手段に使う機器類を買い替えたり、勉強し直す事による運気の発展が期待できます。
また、近隣や親類の方々との間では、例えば町内会等の役割や担当等といった実務的な点等で環境が変化するでしょう。どのケースであっても問題は少なくスムーズに役割等が移譲される進行となるはずです。

9日は金星と火星の90度という金運と恋愛運に火の気を発生させる凶角が発生します。
金星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る天秤座、火星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る山羊座です。
これは血縁に限らず身内と呼べる誰か、そして1対1の関係となるパートナーとの間に不和と不公平が発生しやすい時期です。元々良好なら良いのですが、そうでなければ互いの思いやりを考えて行動しないと口論から喧嘩に発展しまいかねません。
この時期に出会う異性やパートナーとも、相性が良くない可能性があります。金運面では不動産等の支払い等も家族運にマイナス影響を与えるため、控えるのが賢明でしょう。
10日は乙女座で新月が発生します。
この位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司っており、その新月と海王星が180度という凶角を発生させます。海王星の位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る魚座で、この新月と相反する海王星は不安と混乱を誘発させる効果があります。
また、コミュニケーション量の増加や、取引等といった契約書や移動に関する始まりやイベントが発生しやすくなります。書類やメール等の雑務は増えており、親類や距離が近い方々はあなたが期待するほどの仕事をしてくれないかも知れません。
出張や旅行そして法的な問題は混乱したりあなたの心理を不安定にさせる傾向がありますが、自分の目と耳で確認したり自分で動くことで問題を避けることができるでしょう。

11日は火星が水瓶座へ再入座します。
一旦逆行によって水瓶座を逆に抜けた火星ですが、やっとこの位置に戻ってきます。
ここは「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司っており、重要なパートナーとの関係や財政に関する問題に対して時間とエネルギーを使う運気に再突入します。しかしこの先も火星は凶角が待っており、状況こそ変わるものの油断はできません。
権利や利益を自分が得するように仕向けたり、思い通りに動かそうとすると大きなトラブルが待っているため自重が無難です。特にカードやローン決済は控えるのが吉です。

同日11日は太陽と冥王星の120度という吉角が、また、同日に太陽と木星の60度という吉角が発生します。これにはもう一つ、12日には木星と冥王星の60度という吉角が合わさり、マイナーグランドラインという多角形パターンを構成します。
太陽は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る乙女座、木星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る蠍座、冥王星は等を「対人・パートナー運・結婚・敵」司る山羊座です。
木星と冥王星の領域に関連したパートナーや恋愛そして投資等に関連したイベントは今回が3回目で最後の発生です。この締めくくりでは、太陽の位置にある地域社会や親類縁者等といった誰かの存在、又はコミュニケーションの質と量、そして何よりあなた自身が学ぶ姿勢によって大きなステップアップと変化を体感することができるでしょう。

12日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る蠍座、天王星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る牡牛座です。
この近辺では恋愛運が波乱の傾向を示します。状況を制御することは難しく、相手と自分の関係がどうなっているのかを知ることも難しいかも知れません。
また、ビジネスやギャンブルそして趣味などにもお金を掛けない方が賢明です。結果は予想できないものとなり、手元に成果が戻ってくる可能性は低いでしょう。

13日は金星と土星の60度という堅実さをサポートする吉角が発生します。
金星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る蠍座、土星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る山羊座です。
これは恋愛運において、意中の異性とのお付き合いがマンネリ化したと感じやすい時期です。相手がいない場合、好きになれる人がいないと感じるかも知れません。ですが誰かが冷たいと感じたり寂しいと感じても問題が大きくはなりません。
投資やビジネスには適しているものの、派手なものよりも着実で堅実なものが適しています。派手に大きく儲けるタイプの商売にはやや縁遠くなるかも知れません。

全ての星座に関係する「9月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い