TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 双子座



双子座 2018年9月前半の運勢

双子座

9月前半の双子座

84年振りに牡牛座に入座し逆行を開始した「天王星の逆行(牡牛座)特集」を掲載しました。
12星座別の運気注意点も是非チェックください。
天王星の逆行(牡牛座)特集
天王星の逆行(牡牛座)特集はこちら


2日は順行に戻った水星が逆行時位置に到達します。
この位置は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る獅子座で、今までこれらの分野で進まなかったり後戻りしていた件はスタートラインに戻ってきます。
あなたの星座の守護星である水星の逆行の影響は非常に大きかったかも知れません。この位置は双子座の定位置でもある関係から、この期間中はあなたらしさを出せなかったという点も厳しかったのではないでしょうか。
しかしすでに水星は加速を始めており、現実の進み方も同様になっていくでしょう。再度あなたらしく前を向いて進んで下さい。

6日は山羊座で長く逆行を続けていた土星がやっと順行に戻ります。
この位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司っており、もし今まで責任を感じたり義務に追われるといった問題があったとしても、解消される傾向となります。
あなたと大事な誰かの資産や財務を安定化させ、この先も着実に発展させるために再度努力を重ねることをお勧めします。
以下のバナーからこの位置の土星の効果を再確認して下さい。

土星山羊座特集


7日は水星と土星が120度という吉角を構成します。
水星の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る乙女座で、土星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る山羊座です。
乙女座に入ったばかりの水星と、順行に戻ったばかりの土星の組み合わせは、今まで止まって中々進まなかった新しい体制や、実現性と実利のある計画や契約そして議論等を生み出し、着実な発展を後押ししてくれます。
この位置は家族と税金や遺産、そして不動産等について会議や相談が発生する可能性があります。境界線を決めて役割や権利を話し合う必要があるでしょう。

同日7日は水星と天王星の120度という吉角も発生します。
水星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る乙女座で、天王星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る牡牛座です。
この組み合わせはITや最新技術そして重要な発見やニュースを見聞きするという現象を発生させます。それは遠い学術科学の話等とは限らず、日常的にも発生しうるでしょう。
これは土星と天王星の120度も相まって、グランドトライン(天空の大三角形)という幸運の配置を作り出します。水星の位置は「家庭・自宅・身内・不動産」なので、この近辺では家庭環境や家族に関するイベントが発生するものと思われます。
財産の移動や引っ越しそして独立等といった、あなたが日々生活する環境に関する話題や実務などが発生する可能性があり、それはトラブルよりもなるべくしてなったというスムーズな移行となるでしょう。

9日は金星と火星の90度という金運と恋愛運に火の気を発生させる凶角が発生します。
金星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る天秤座、火星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る山羊座です。
これはしばしば異性への情熱の高まりを示します。社交運も示すため、この時期や同性異性を問わず人付き合いの時間が多くなるでしょう。
しかしこの配置は凶角であり、火星は相手に対する情熱の深さと強さを示すため感情が先行するとあまりよい結果にはなりません。また、相手の財政面のトラブルの可能性もあるため、心よりも頭を優先しないと厳しい状況が待っています。
10日は乙女座で新月が発生します。
この位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司っており、その新月と海王星が180度という凶角を発生させます。海王星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る魚座で、この新月と相反する海王星は不安と混乱を誘発させる効果があります。
これは家族に関するイベントが発生したり、自宅環境や不動産の改善等といった意識を発生させる傾向があります。また、あなた自身の将来に向けた長期計画にも関係しており、足元を固めるために先々どうするべきかという点が焦点となります。
しかし海王星の位置は、家族や今の会社等に頼る事は難しくあなた自身の力と判断で進むしかない事を示しています。ここから地道な努力を続けることが先々の道を開くでしょう。

11日は火星が水瓶座へ再入座します。
一旦逆行によって水瓶座を逆に抜けた火星ですが、やっとこの位置に戻ってきます。
ここは「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司っており、あなたが信じる哲学や信念等の考えを貫くために時間とエネルギーを費やす事になります。しかしこの先も火星は凶角が待っており、状況こそ変わるものの油断はできません。
あなたが正しいと信じていたとしても、それを押し通したところで問題が解決する訳ではありません。棲み分けをしたり妥協点を作る努力が平穏に近づく道となるでしょう。

同日11日は太陽と冥王星の120度という吉角が、また、同日に太陽と木星の60度という吉角が発生します。これにはもう一つ、12日には木星と冥王星の60度という吉角が合わさり、マイナーグランドラインという多角形パターンを構成します。
太陽は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る乙女座、木星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る蠍座、冥王星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る山羊座です。
これはコミュニケーションと移動に関する環境、つまりPCやスマホ又は自動車や電車等といった環境を変化させたり、あなたが何かの勉強や学習をすることによって、大きな運気の転換点となる可能性がある時期を示します。
それは職場環境やパートナーとの関係、財産等に関連したものが関連している可能性が高く、変化を恐れずに進むことが幸運を受け取るための条件です。

12日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る蠍座、天王星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る牡牛座です。
この近辺では職場環境の仕事内容や同僚との関係が不安定化する可能性があります。天王星の逆行は過去の行動や判断のミスがそれに影響する事を示しています。
これは生活習慣からくる突発的な病気の兆候を示すことがあり、おかしいと思った場合は早めの診断もお勧めします。

13日は金星と土星の60度という堅実さをサポートする吉角が発生します。
金星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る蠍座、土星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る山羊座です。
これは仕事を通じて得られる金運の安定化を示しており、この近辺では責任感と義務を伴う仕事で忙しくなるかも知れません。そしてその安定を持って行うべきことは、税金やローン等の返済といった借りを返す行動です。
土星はローンや財務を示しますが、この位置は借り入れではなく返済による安定運として影響するため、身の回りを綺麗にすることで運気を上げることができるでしょう。

全ての星座に関係する「9月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い