TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 獅子座



獅子座 2019年1月前半の運勢

獅子座

1月前半の獅子座

01日は火星が牡羊座に入座します。
火星は支配星座に回帰した状態となるため、この惑星による現実世界への影響と効果が強くなる傾向が想定されます。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司っており、学業には有利な位置ですがあなたの考えや思想という点に関しては強硬的になってしまう傾向を示します。この位置は遠方への旅行や出張、取引等も管轄しますが、トラブルが多くなりがちです。
ここを火星が通過する間は、周囲に自分の考えを言ったり意見の違いで喧嘩するような状況は避ける事をお勧めします。法律に触れるような行動も遠ざけるべきでしょう。

02日は山羊座で太陽と土星の合致という義務と責任が重要となる運気が発生します。
これらの惑星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る領域にあり、職場環境において無理難題が上から指示される運気傾向を示しています。それは達成する事が難しく、健康運にもマイナス影響を与えかねません。効率化と体系化を推し進め、それでも無理な事ははっきと申し出るべきでしょう。
また、仕事が重く無い状況にあったとしても冷えや心臓に関係する病気には普段よりも警戒することをお勧めします。

05日は水星が山羊座に入座します。
この位置もまた、前述の「仕事・職場・日常習慣・健康」の領域に属します。
やぎ座に位置する水星は職場環境におけるコミュニケーション量を増加させ、健康に直結する日々の習慣を改善させるチャンスを発生させます。これは仕事で多忙になる事が多くなるため、家族へのフォローも忘れない事がお勧めです。
また、この配置は事務職にとって特に追い風となる事が多く、煩雑で難しい書類の手続き処理などに関しては効率アップと成果が期待できるでしょう。

06日は山羊座で新月が発生します。
これも同様に「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る領域であり、この位置の新月は職場環境におけるルーチンワークの分析や効率化、そして健康運に直結する日常習慣等に、何かの始まりというイベントを誘発させます。
仕事場は雇用も意味するため、雇ったり雇われたりという状況が発生するというケースもあります。この新年から気分を一新して新しい仕事を始める方もいらっしゃるかも知れません。
しかしこの新月は吉凶を含む恒星と合致しています。積み上げて来たものがきっかけとなって発展するチャンスがあるものの、大きなリスクも孕んでいます。
堅実さと真面目な姿勢があれば、この近辺で発生するイベントはあなたにとって発展の始まりの時期となる可能性が高くなります。

同日06日は牡羊座で逆行を続けていた天王星が順行に戻ります。
この領域は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司っており、今までこの位置の天王星はこれらの分野に不安や突然のトラブル等を発生させていた可能性があります。
しかしこれからはそういった状況も沈静化し、正しく学んだり信じる道を進む事ができるようになっていくでしょう。
また、去年の春頃にやり残した事や一旦終わってしまった事がある場合、ここから3月までの期間がその最後のチャンスとなります。後悔しないように計画を進めてください。
07日は金星が射手座に入座します。
この領域は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る領域であり、この冬に木星が入った年間テーマの場所でもあります。
これは恋愛運を大きくアップさせ、ロマンス運気を誘発する嬉しい位置です。趣味や投資・ギャンブル等にご縁が出るため金運面でもプラスが期待できる時期となるでしょう。

08日は山羊座の水星と牡羊座の火星の90度という性急さを誘発する凶角が発生します。
水星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る位置、火星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る位置に入ったばかりです。
新年早々、仕事や健康面等で多忙となる状況が想定されます。焦ったり苛つくと書類のミスが発生したりコミュニケーション伝達面でトラブルが発生しやすくなります。
人によっては納得が行かない問題にも対処しなければならないかも知れません。考え方の違いはどこまで行っても解決しないため、現実的な落とし所を探す事が最善策です。

11日は山羊座で太陽と冥王星が合致します。
これらの惑星の合致は強烈な経験や強すぎる絆という吉凶を今後の運気にもたらす可能性が強く、緻密な状況判断と力の調節に十分な注意が必要です。
この領域は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る領域であり、職場環境や仕事のスケジュール等において厳しい状況が発生したり、権力や力関係が絡んだ問題が発生する可能性があります。
また、あなたの健康面にも突然のトラブルが発生する可能性がある配置でもあります。仕事が心配かも知れませんが、治療や休息を最優先にすべきでしょう。

13日は山羊座で水星と土星が合致します。
これはしばしば否定的な精神状態や思考パターン、精神集中と論理思考を必要とする傾向があります。
この2つの惑星の位置は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る領域であり、前述の太陽と土星、太陽と冥王星がそれぞれ合致した後で更にこの水星と土星という連続した現象となっています。吉凶混合の傾向が非常に強く、人によっては波乱の傾向も想定されます。
これは職場における深刻な問題の発覚や納期といった状況を示します。書類の中身や漏れはあなたがチェックしなければならないかも知れません。また、この配置は健康運も低下させると同時に状況の把握を示すため、健康診断や人間ドッグ等に行くことで早期診断・治療となる可能性もあります。

この前半において山羊座で発生した一連の流れを考えると、獅子座にとっては、職場環境と日常習慣に基づいた健康運に関して、大きなイベントと次のステージの始まりを示していると考えることができます。
仕事のルーチンを効率化し、不要なものを捨て刷新を行いましょう。健康面でも悪い習慣や問題を分析することで、より良い未来に繋げる方法が見つかるはずです。

14日は射手座の木星と魚座の海王星が90度という発展の可能性と共に混乱を呼びやすい凶角を結びます。
木星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る位置、海王星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る位置にあります。木星が入座し年間テーマとなったこの領域ですが、混乱や楽観視による問題が発生しやすく、注意が必要です。
これは恋愛運に影響を及ぼします。意中の異性の姿はあなたが理想化している可能性があり、本当の姿とは乖離があるかも知れません。事実と誤認した情報は後になって問題となるため、事実と理想を分けて考える事が賢明です。
また、ビジネスや投資そしてギャンブル等でも情報を鵜呑みにせず自分の目と耳で最終判断をすることが望ましいでしょう。

全ての星座に関係する「1月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い