TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 獅子座



獅子座 2018年9月前半の運勢

獅子座

9月前半の獅子座

84年振りに牡牛座に入座し逆行を開始した「天王星の逆行(牡牛座)特集」を掲載しました。
12星座別の運気注意点も是非チェックください。
天王星の逆行(牡牛座)特集
天王星の逆行(牡牛座)特集はこちら


2日は順行に戻った水星が逆行時位置に到達します。
この位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る獅子座で、今までこれらの分野で進まなかったり後戻りしていた件はスタートラインに戻ってきます。
この位置の水星はあなたの心や判断能力を活性化する傾向があり、基本的には多忙にさせるという傾向があります。一度あなたは自信をなくしたような気分になったかも知れませんが、すでに水星は加速を始めており、現実の進み方も同様になっていくでしょう。

6日は山羊座で長く逆行を続けていた土星がやっと順行に戻ります。
この位置は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司っており、もし今まで責任を感じたり義務に追われるといった問題があったとしても、やっと解消される傾向となります。人によってはこれが健康問題として発生していたかも知れませんが、同様です。
もし最近まで、仕事の経験や職場の年長者といった方々との関係が今まで難しかったのなら、あなたはそこから重要なヒントを得られているはずです。あなた自身のキャリアアップと生きていく術として「働く」という事を理解し先に進む事をお勧めします。
以下のバナーからこの位置の土星の効果を再確認して下さい。

土星山羊座特集


7日は水星と土星が120度という吉角を構成します。
水星の位置は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る乙女座で、土星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る山羊座です。
乙女座に入ったばかりの水星と、順行に戻ったばかりの土星の組み合わせは、今まで止まって中々進まなかった新しい体制や、実現性と実利のある計画や契約そして議論等を生み出し、着実な発展を後押ししてくれます。
金運と仕事の位置で吉角を結んでいるものの、これは単純な幸運というより、地道な手続きを踏んで仕事と財政面の問題を解決する事に適しています。曖昧さよりも現実的な判断が運気を大きく緩和してくれるでしょう。

同日7日は水星と天王星の120度という吉角も発生します。
水星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る乙女座で、天王星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る牡牛座です。
この組み合わせはITや最新技術そして重要な発見やニュースを見聞きするという現象を発生させます。それは遠い学術科学の話等とは限らず、日常的にも発生しうるでしょう。
これは土星と天王星の120度も相まって、グランドトライン(天空の大三角形)という幸運の配置を作り出します。水星の位置は「金運・収支・価値観・安心安全」なので、この近辺では金運面で嬉しい発展が期待できるでしょう。
PCやスマホ等といったIT技術を駆使した効率的な財務管理、又は財政改善の道具として使うことが秘訣です。人によっては目上からの引き立てや昇進、転職等といったチャンスが話題として上がったり、収入アップ等が発生するかも知れません。前任者のポストに収まって立場がアップするといったケースも想定されます。

9日は金星と火星の90度という金運と恋愛運に火の気を発生させる凶角が発生します。
金星は「読み書き話し・移動・近隣親類」等を司る天秤座、火星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る山羊座です。
アイデアを出したり芸術的な分野に関するという点では素晴らしい効果を発生させる傾向がある配置です。競い合うことで良いものが生まれる可能性が高いでしょう。
また、この位置は契約の場所でありビジネスを示すため、営業や契約が必要な仕事についている場合は競争が激しくなり、その分成果も出やすくなります。しかし仲間はライバルとなり協力関係を期待することはできないかも知れません。
10日は乙女座で新月が発生します。
この位置は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司っており、今回はその新月と海王星が180度という凶角を発生させます。海王星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る魚座で、この新月と相反する海王星は不安と混乱を誘発させる効果があります。
本来であればこの新月は、あなたの財政を改善するための計画を立てて実行に移すことに適した時期です。しかし海王星の位置はあなたの心理がお金に対してルーズになっているか、管理ができていないために問題が発生する可能性を示しています。
人によってはこれが失せ物を示す事がありますが、盗難というケースを示す場合もあります。リアル・デジタルに限らず厳密なチェックを心がけましょう。

11日は火星が水瓶座へ再入座します。
一旦逆行によって水瓶座を逆に抜けた火星ですが、やっとこの位置に戻ってきます。
ここは「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司っており、1対1の関係となるパートナーとの協力は非常に重要な運気となります。しかしこの先も火星は凶角が待っており、状況こそ変わるものの油断はできません。
このサイクル期間は大事なパートナーと意見を交換する必要があるものの、意見は合わなくなる傾向が強く、調整や妥協を余儀なくされることがあります。感情を出して意固地になってしまうと関係に深刻な問題が発生するため、上手な対応を心がけましょう。

同日11日は太陽と冥王星の120度という吉角が、また、同日に太陽と木星の60度という吉角が発生します。これにはもう一つ、12日には木星と冥王星の60度という吉角が合わさり、マイナーグランドラインという多角形パターンを構成します。
太陽は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る乙女座、木星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る蠍座、冥王星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る山羊座です。
木星と冥王星の領域に関連した仕事と家庭のバランスを巡るイベントは今回が3回目で最後の発生です。この締めくくりでは、太陽の位置にある収支や価値観に好影響を与える形で完結する可能性があります。
古い価値観や役に立たないアイテムは捨て去り、新しい価値観と収支計画を立てましょう。それは家族との関係にも嬉しい大きな変化をもたらすはずです。

12日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る蠍座、天王星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る牡牛座です。
家庭環境や住居そして不動産に関係することは不安定であなたが制御できない問題が発生する可能性があります。一人暮らしや引っ越し等をしたいと考えているかも知れませんが、それは現状では難しいでしょう。
また天王星が逆行する位置は仕事の成果や上司との関係の位置でもあるため、仕事と財政面でも問題があり、先送りが賢明です。

13日は金星と土星の60度という堅実さをサポートする吉角が発生します。
金星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る蠍座、土星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る山羊座です。
これは自宅で仕事をしたり、家族の誰かに関係した仕事にご縁があったり、不動産に関連することが着実な発展と金運を運んでくれる運気です。そして地道ながらも厳密で管理が必要な仕事の必要性が出る傾向でもあります。
大きな投資をするよりも、確実な仕事をこなすことが何よりも重要です。恋愛面では家庭的な愛情を感じられたり職場が家族のような関係になるかも知れません。

全ての星座に関係する「9月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い