TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 獅子座



獅子座 2018年7月前半の運勢

獅子座

7月前半の獅子座

1日は水星と天王星の90度という突発的なトラブルを呼ぶ凶角が継続しています。
水星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る獅子座で、天王星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る牡牛座を運行しています。
この近辺では、あなたが先に進むべき道に迷ったり、多忙さが判断を鈍らせる可能性がある配置です。あなたの中に確固たる方針と、将来の目標が定まっていないのかも知れません。その場合は誰かに客観的な意見を貰う事がお勧めです。
また、これは失言や議論における論理ミス、そしてIT機器の誤操作等による仕事の失敗を意味するケースがあるため、デスクワーク系の場合は送信前に一旦落ち着く癖をつけると良いでしょう。

5日は水星と火星の180度という凶角が発生します。
水星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る獅子座にあり、火星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る水瓶座に位置します。
これは対人運に火の気を発生させる時期です。相手の姿勢は強硬になるケースが多いのですが、火星は既に逆行を開始しているため、多少複雑な状況かも知れません。
あなたは自分の立場を守るために説明をしなければならないでしょうが、どんな話になったとしても感情を抑えることが凶を避ける秘訣です。

同日5日は太陽と木星の120度という吉角が発生します。
太陽は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蟹座にあり、木星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る蠍座で逆行しています。
これは自宅や不動産などの発展や拡張そしてリフォームなどといった運気を発生させる傾向があります。毎回それが発生するわけではないため、たいていの場合は掃除や家具の新調または掃除や模様替えといった事になるでしょう。
太陽の位置は個人的な部分を示すため、家族全体として見た場合は裏方として働くか、もしくは自分だけの部屋の改装になるかもしれません。この時期の掃除は全体運の変化にも役立つため、合間を見て行う事をお勧めします。

8日は太陽と海王星の120度という吉角が発生します。
太陽は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蟹座にあり、海王星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る魚座で最近逆行を開始したばかりです。
これはパートナーや先祖とのつながりを深めるという効果を発生させます。海王星の効果は意識的には認識しにくく、家族や大事な誰かとのご縁がでたり何気ない日々の生活の重要さに気づくといった形で発現するケースもあります。
何気ない日常を過ごすだけではなく、大事な誰かとの暮らしや今までお世話になった事を思い出し、感謝の気持ちを持つことが運気アップに繋がるでしょう。
同日10日は木星が順行と呼ばれる見せかけの動きの変化を発生させます。
木星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る蠍座で今まで逆行し続けていましたが、この秋に蠍座を抜けるまで順行を続けます。
家族や不動産といった領域では、今まで後戻りの必要があったり、やり直しの手続きをしたり、過去の良かった時期を思い出すといったことがあったかもしれません。
場合によっては、家族全体が進むこの先の方向について考える必要があったという方もいらっしゃるでしょう。しかしこの先はもう過去を振り返るよりも未来を見るべきです。家族と拠点の発展のためにできることを考え、再度歩みを進めて下さい。

以下のバナーで2017年秋から始まった木星のテーマを再確認し、この秋までの活動の参考にしてください。

木星で見る一年の運気

12日は太陽と冥王星の180度という凶角が発生します。
太陽は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る蟹座にあり、冥王星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る山羊座で逆行を続けています。
この近辺はモチベーションが下がる可能性があります。仕事の能率にだけ注意し、周囲で誰かが騒がしいと感じても自分のペースを守る事を心がけましょう。大きな変化に遭遇しても、それを拒むのではなく中に潜むチャンスを探すことが重要です。
また、環境変化のストレスを感じる可能性があるため、睡眠時間は多めに確保しましょう。

同日12日は金星と天王星の120度という吉角が発生します。
金星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る乙女座にあり、天王星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る牡牛座です。
職場や仕事の成果による大きな金運の変化が発生する配置です。概ね収入の変動が幸運に繋がる傾向があり、効果は瞬間的ながらも臨時収入が期待できるかもしれません。
この近辺ではあなたの価値観や判断基準が突発的に変化しやすいため、常識的に考えることが懸命です。

13日は蟹座の新月が発生します。
この領域は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司りますが、今回は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る領域に位置する山羊座の冥王星と180度という凶角を結んでいます。
この近辺は過去から引きずっている問題や、職場や健康面の問題で、感情的になりやすい時期を示しています。
何かを変えられない、変えたくないと思い込むと、運気が先詰まってしまいます。様々に形や役割を変えながら状況に対処するという柔軟な姿勢がヒントとなるでしょう。

14日は金星と土星の120度という吉角が発生します。
金星は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る乙女座にあり、土星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る山羊座で逆行しています。
これはコツコツと働く姿勢が財政運の安定化に役立つ配置です。先程の天王星をあわせるとこの3つの惑星はグランドトラインになるため、堅実な姿勢で望むと安定感と幸運を実感できるでしょう。
新月近辺はあなたの感情を制御しづらくなるかもしれませんが、全体的に見れば吉凶混在であり、手元のリソースを上手に活用することが開運の鍵となるでしょう。

全ての星座に関係する「7月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い