TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 牡牛座



牡牛座 2018年9月前半の運勢

牡牛座

9月前半の牡牛座

84年振りに牡牛座に入座し逆行を開始した「天王星の逆行(牡牛座)特集」を掲載しました。
12星座別の運気注意点も是非チェックください。
天王星の逆行(牡牛座)特集
天王星の逆行(牡牛座)特集はこちら


2日は順行に戻った水星が逆行時位置に到達します。
この位置は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る獅子座で、今までこれらの分野で進まなかったり後戻りしていた件はスタートラインに戻ってきます。
すでに水星は加速を始めており、現実の進み方も同様になっていくでしょう。家族とのコミュニケーションであったり、不動産に関係すること等を再度積極的に進めることで運気が開けます。

6日は山羊座で長く逆行を続けていた土星がやっと順行に戻ります。
この位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司っており、責任を感じたり義務を果たすといった問題はやっと解消される傾向となります。
もしかすると、今まであなた心の中では足枷や存在の否定等といった状況心理を生み出していたかも知れません。しかしこの先は再度信じる道を進むことができるでしょう。
以下のバナーからこの位置の土星の効果を再確認して下さい。

土星山羊座特集


7日は水星と土星が120度という吉角を構成します。
水星の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る乙女座で、土星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座です。
乙女座に入ったばかりの水星と、順行に戻ったばかりの土星の組み合わせは、今まで止まって中々進まなかった新しい体制や、実現性と実利のある計画や契約そして議論等を生み出し、着実な発展を後押ししてくれます。
これは対人運としては下がるものの、ビジネスや投資そして学業や法律といった面では経験と事実に裏打ちされた良い成果が期待できます。恋愛面でも同様で、無駄に冗談等を言わずに真面目な交際や計画が運気を後押ししてくれるでしょう。

同日7日は水星と天王星の120度という吉角も発生します。
水星は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る乙女座で、天王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る牡牛座です。
この組み合わせはITや最新技術そして重要な発見やニュースを見聞きするという現象を発生させます。それは遠い学術科学の話等とは限らず、日常的にも発生しうるでしょう。
これは土星と天王星の120度も相まって、グランドトライン(天空の大三角形)という幸運の配置を作り出します。水星の位置は「恋愛・子供・趣味・投資」で、これらの分野では伝統と変化が融合した嬉しい発展が期待できます。
ビジネスや投資等面では、伝統と革新を置き換えるような分野であれば、成功の可能性は非常に高くなるでしょう。天王星はあなたの星座で逆行しており、もしかすると今までの言動がマイナス影響を与えるのではないかと不安があるかも知れません。しかしこの配置ではあなたの個性とスキルは必須であり、意外なほどスムーズに進むはずです。自信を持って進むと良いでしょう。

9日は金星と火星の90度という金運と恋愛運に火の気を発生させる凶角が発生します。
金星は「仕事・職場・日常習慣・健康」等を司る天秤座、火星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座です。
この近辺では職場環境のいざこざを発生させ、仕事の進みを遅らせる運気を発生させます。嫉妬や性別に絡んだ件も発生しやすく、これがもし法律に関係するような深刻なものであった場合、あまり良い方向には進まないかも知れません。
人によってはこれが恋愛運に影響し、職場でお付き合いしている方や意中の異性がいる場合、互いに惹かれるかも知れませんが相性面では難しい部分が有るでしょう。
10日は乙女座で新月が発生します。
この位置は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司っており、今回はその新月と海王星が180度という凶角を発生させます。海王星の位置は「友人・同僚・属する組織・社会環境」等を司る魚座で、この新月と相反する海王星は不安と混乱を誘発させる効果があります。
芸術創作活動をしている場合は逆で良い作品が創れる可能性が高くなりますが、上記の分野では混乱と不安を防ぐために、現実的な判断と行動が必要になります。
また、恋愛運では誰か気になる異性ができたり関係が始まる可能性がありますが、海王星の位置は相手に対する重要な点が見えていない事を示します。それはあなたを失望させるかも知れないため、思い込みや偏見で行動しないようにしましょう。

11日は火星が水瓶座へ再入座します。
一旦逆行によって水瓶座を逆に抜けた火星ですが、やっとこの位置に戻ってきます。
ここは「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司っており、ここでは上司との関係が悪化する危険性はあるものの、仕事運は大きく発展し成功に近づくことができます。しかしこの先も火星は凶角が待っており、状況こそ変わるものの油断はできません。
ここは良くも悪くも今までの成果が周囲に知れ渡る事になるため、あなたの普段の素行に問題が無い限り、多少のトラブルがあったとしても上手くやっていくことができるでしょう。

同日11日は太陽と冥王星の120度という吉角が、また、同日に太陽と木星の60度という吉角が発生します。これにはもう一つ、12日には木星と冥王星の60度という吉角が合わさり、マイナーグランドラインという多角形パターンを構成します。
太陽は「恋愛・子供・趣味・投資」等を司る乙女座、木星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蠍座、冥王星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座です。
金運面では投資や趣味等といったことがあなたの財政面に大きなプラスとなるでしょう。芸術や創作活動等もまた同様に財務を大きく改善させてくれる可能性があります。
恋愛面では想いが強くなりすぎる傾向がありますが、正々堂々とした姿勢を貫くことでプラスに働く傾向が強くなるでしょう。また、パートナーと呼べる関係の間に法的な問題が続いていた場合、互いに解決に向かうための着地点が見える可能性があります。

12日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蠍座、天王星は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る牡牛座です。
性別個人ビジネスに関係なく大事な1対1の関係となる誰かがいる場合、その関係が揺らぐ可能性があります。今まで良好であれば問題はありませんが、悪化気味の場合は相手が自由を求めて現在の関係を解消したいと考えているかも知れません。
天王星はあなたの星座を運行しているため、常識から外れた奇抜な言動は相手を引かせてしまいます。常識的な対応と判断が解決のヒントとなるでしょう。

13日は金星と土星の60度という堅実さをサポートする吉角が発生します。
金星は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る蠍座、土星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る山羊座です。
1対1の関係にある誰かと問題があった場合、現実的な解決策や着地点を見つけられる傾向を示しています。個人ビジネス性別等を問わず法的な面でも合意に近づけます。
金星のこの位置は恋愛運に関連した運気も扱いますが、土星が関連することでその傾向は少なくなり、互いに生活し問題を解決する方向となるため、派手さや情熱はありませんが安定した関係は期待できます。

全ての星座に関係する「9月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い