TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 水瓶座



水瓶座 2018年9月前半の運勢

水瓶座

9月前半の水瓶座

84年振りに牡牛座に入座し逆行を開始した「天王星の逆行(牡牛座)特集」を掲載しました。
12星座別の運気注意点も是非チェックください。
天王星の逆行(牡牛座)特集
天王星の逆行(牡牛座)特集はこちら


2日は順行に戻った水星が逆行時位置に到達します。
この位置は「対人・パートナー運・結婚・敵」等を司る獅子座で、今までこれらの分野で進まなかったり後戻りしていた件はスタートラインに戻ってきます。
逆行期間中、1対1の関係となる大事な誰かとは意思疎通の面で問題が発生していたのではないでしょうか。しかしすでに水星は加速を始めており、現実の進み方も同様になっていくでしょう。

6日は山羊座で長く逆行を続けていた土星がやっと順行に戻ります。
この位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司っており、もし今まで責任を感じたり義務に追われるといった問題があったとしても、やっと解消される傾向となります。
土星が過去の位置で逆行すると、過去に引きずられたり先行きが難しく感じるケースがあります。しかしそのように感じるのは土星の効果であり、絶対的なものではありません。この先は過去ではなく先々の未来に意識を向けることが幸運を引き寄せるでしょう。
以下のバナーからこの位置の土星の効果を再確認して下さい。

土星山羊座特集


7日は水星と土星が120度という吉角を構成します。
水星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る乙女座で、土星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る山羊座です。
乙女座に入ったばかりの水星と、順行に戻ったばかりの土星の組み合わせは、今まで止まって中々進まなかった新しい体制や、実現性と実利のある計画や契約そして議論等を生み出し、着実な発展を後押ししてくれます。
この配置は特に税金やローン等に良い効果を発揮します。返済が必要なものがあるのなら、しっかりと計算した上で精算するチャンスとなるでしょう。この土星の位置はできる限りあなたが一人でその判断と計算をすべき事を示しています。

同日7日は水星と天王星の120度という吉角も発生します。
水星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る乙女座で、天王星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る牡牛座です。
この組み合わせはITや最新技術そして重要な発見やニュースを見聞きするという現象を発生させます。それは遠い学術科学の話等とは限らず、日常的にも発生しうるでしょう。
これは土星と天王星の120度も相まって、グランドトライン(天空の大三角形)という幸運の配置を作り出します。水星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」なので、この近辺では税金やローン、そしてパートナーと共同で管理する財産や権利等について、効果的で節約できる方法や制度を利用できるチャンスを示します。
そしてその努力はあなたの金運を大きく改善し、堅実な財政管理を着実に積み上げて行くことができるようになるでしょう。

9日は金星と火星の90度という金運と恋愛運に火の気を発生させる凶角が発生します。
金星は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る天秤座、火星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る山羊座です。
ある異性の態度や姿勢が、あなたの気分を害してしまう可能性がある配置です。そうなった場合、あなたの心はその人ではなく、あなたが理想に思える他の誰かに気が向いてしまうかも知れません。
ソーシャルメディア等の活動をしている場合、そこから出会いのご縁が出るかも知れませんがこの時期の出会いはあまり幸運ではないケースが多く、現実を良く見る必要があります。
10日は乙女座で新月が発生します。
この位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司っており、今回はその新月と海王星が180度という凶角を発生させます。海王星の位置は「金運・収支・価値観・安心安全」等を司る魚座で、この新月と相反する海王星は不安と混乱を誘発させる効果があります。
この位置の新月は財務と親密なパートナーとの関係にイベントが発生したり、それらに対処する必要がある時期を示します。口座残高や請求書等を放置せずに再度チェックし、財務計画を見直すには良い時期でもあります。
反対側にある海王星は、出費に関して曖昧であるかなんとなくで出費してしまった件があったり、財政面の改善のために誰かや銀行等を頼れない状況を示します。何かに依存している心理や状況を思い切って捨てることができれば、大きな改善が見込めるでしょう。

11日は火星が水瓶座へ再入座します。
一旦逆行によって水瓶座を逆に抜けた火星ですが、やっとこの位置に戻ってきます。
ここは「外見・個性・スキル・存在意義」等を司っており、あなたの意思と体力が増加し、何事も自分自身の意思で進めたくなる意欲が誘発されます。しかしこの先も火星は凶角が待っており、状況こそ変わるものの油断はできません。
この位置の火星に凶角が加わると、あなたのエゴが周囲とぶつかりトラブルを引き起こす可能性があります。それは当然ながらこの先の対人運を大きく下げてしまうでしょう。

同日11日は太陽と冥王星の120度という吉角が、また、同日に太陽と木星の60度という吉角が発生します。これにはもう一つ、12日には木星と冥王星の60度という吉角が合わさり、マイナーグランドラインという多角形パターンを構成します。
太陽は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る乙女座、木星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る蠍座、冥王星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る山羊座です。
木星と冥王星の領域に関連した、仕事の成果や社会的な立場と過去から引きずっている問題に関連したイベントは今回が3回目で最後の発生です。この締めくくりではそれに遺産や相続そして誰かの財産等といった件が関連する可能性があります。
それは今までの状態や問題を大きく変化させてしまう事になるかも知れません。場合によっては何かを受け継いだり税務等の作業に追われるというケースも想定されます。

12日は金星と天王星の180度という突然の金運恋愛問題を発生させる凶角が発生します。
金星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る蠍座、天王星は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る牡牛座です。
この近辺では上司との人間関係、そしてあなたの姿勢や態度に注意して下さい。人気や成果を鼻にかけてしまうと一気に人気運と仕事運が低下してしまいます。この先々のキャリア設計や転職活動等にも影響がでる危険性もあります。
常に周囲の協力に対して感謝し努力する等といった、殊勝な姿勢が幸運を呼びます。

13日は金星と土星の60度という堅実さをサポートする吉角が発生します。
金星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る蠍座、土星は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る山羊座です。
仕事や公務等で責任と義務が多くなったり、目上の立場との対人運が低下気味となる時期です。上からは厳しい意見や指示が出る可能性が高いでしょうが、難しくてもそれをやりこなすことで大きな発展が期待できます。
また、この時期は孤独感を感じるかも知れませんが、仕事や納期を先延ばしにせず孤軍奮闘状態であっても頑張る必要もあります。

全ての星座に関係する「9月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い