TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップしましょう!
無料占い → 毎月の運勢 → 牡羊座

牡羊座 2018年1月前半の運勢

牡羊座

1月前半の牡羊座

2018年は2日に蟹座で満月が発生します。
この領域は「家庭・自宅・身内・不動産」等を司る領域であり、この位置で発生すると家族の問題を解決する必要があったり自分の身の振り方について考えさせられる運気が発生します。
今回は太陽と接近している金星が月と180度を結ぶため、金運や愛情運などで対立が予想されます。ビジネスや公の立場等に関係した誰かとの関係に問題が発生するのかも知れません。仕事とプライベートのバランスも崩れている可能性も考えられます。

今回の満月は海王星と吉角を結び、合致直前の火星と木星とも合わさって「カイトパターン」と呼ばれる吉角を構成します。満月近辺における問題は、これらの吉角が緩和してくれる可能性がたかいでしょう。
海王星の位置は「過去・秘密・精算・隔離場所」等を司る領域です。
火星と木星の合致は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る領域です。
これらの配置は、一人で考える時間や睡眠時間を増やし、パートナーと共同で管理する通帳の残高を確認すべきことを示唆しています。これらの件があなたの仕事や今の状況の助けとなっている事を再確認できれば、年始から仕事始めの運気は良い状況となるでしょう。

また、同日2日は天王星が牡羊座で順行に戻ります。
この位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る領域であり、あなたが今まで物怖じや遠慮してきた期間の終焉を意味しています。
あなたの心は今まで体裁を重んじて我慢を強いられてきたかも知れません。ここから先は人に縛られないあなた自身の意思で自分自身の生き方を決められるようになるはずです。しかしいきなり飛ばすと中旬に突然の問題が発生するためまずは安全運転がお勧めです。

7日は火星と木星が合致します。この位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る領域です。仕事始め早々から新しいプロジェクトが開始したり、何かのビジネスが始まる等活気に溢れた状況となるでしょう。
口座を再確認し、財務状況を分析し、1年の収支計画を立ててみては如何でしょうか。この近辺で開始した事は長期に渡って財務を助けてくれる可能性があります。
なお、人によってはこの近辺で財産等を受け継ぐ事になるかも知れません。
9日は太陽と金星と冥王星が合致し、ステリウムと呼ばれる現象を発生させます。
この領域は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る位置であり、良くも悪くもこの分野に関する事象は強烈な運気となる傾向があります。
この合致はあなたの金運と仕事運を大きく活性化させ、権力争いや利益確保等といった激しい状況に身を置くことになる可能性が高い事を示唆しています。勇敢な牡羊座であるあなたは決して負ける気はないはずです。が、我を通しすぎると優勢なはずの状況そのものが厳しい状況になってしまうかも知れない点には注意を。
しかし9日から10日に掛けてはその凶角に負けない吉角が多々並びます。

9日
 冥王星と火星の60度
 金星と木星の60度
 太陽と木星の60度
10日
 太陽と火星の60度
 金星と火星の60度

これらには共通の位置関係があります。まず60度という角度は、積極的な介入や活動によって吉運が発揮されるという効果を持っています。受け身ではせっかくの幸運が最小限で留まってしまうでしょう。
左側の惑星の位置は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」等を司る蠍座であり、右側の惑星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る山羊座です。
これは牡羊座にとって仕事運と金運が発展する非常に大きなチャンスと言えるでしょう。何事にも臆せずに挑む事で大きな進展と収入に繋がるため、果敢にチャレンジするのがおすすめです。
恋愛運としてみた場合も、これら配置は非常に良い状況を意味しています。あなたの仕事や公の立場を通じで出会った誰かとの関係が深く繋がり、情熱が燃え上がる事になる可能性が高いでしょう。
相手を探している場合もこの近辺は接近のチャンスがあります。

11日は水星が逆行を開始した位置まで戻ります。
去年から続いていた遅延や様々な流通に関する問題はほぼ完了し、再度スタートラインに立てる状況となるでしょう。
そして水星は12日に山羊座へ入座します。
これは「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域であり、ここに水星が入るとコミュニケーションと情報処理が仕事や公の立場に良い影響を与えます。このサイクル期間中は上司や目上との立場の方々との会話が必要になるはずです。

13日は更にその水星が同じ山羊座で土星と合致します。これは主に精神に厳しいプレッシャーを掛ける状況を作り出します。
去年の11月下旬に同じ現象が発生しましたが、その後すぐに水星が逆行し2017年の時点で2回この現象が連続する事になりました。結果、それらの件はすぐに固まらなかったり水星の逆行と共に遅延が起きていたはずです。
そして今回は水星が順行に戻って最後の合致となり、保留となったり方向性を決められていなかったその件はやっと着地点や決着が見つかる事になるでしょう。
1回目と2回目は射手座で発生しており、多少ながら楽観的に物事を考えていた方もいるかも知れません。しかし最後となる3回目は山羊座で発生し、現実的な対応や社会と組織のルールが優先される形で結末を見ることになるものと思われます。

前回の発生位置は「学業・法律・海外・執筆・信念」等を司る領域でした。ここで発生すると、学業や法律そして出張に関して制限が発生します。
そして今回は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る領域です。この結末は目上の立場にある誰かからの指示や決定に基づいて調整が必要である事を示唆します。話す時間が無かったり理解が得られないかも知れませんが、淡々とこなすしかないでしょう。

14日は金星と太陽が90度という凶角を結びます。
15日は太陽と天王星もまた90度という凶角を結びます。
太陽と金星の位置は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」等を司る山羊座であり、天王星の位置は「外見・個性・スキル・存在意義」等を司る牡羊座です。
この配置はしばしば予想外の突発的なトラブルを発生させ、その対応に追われる状況を作り出します。金運恋愛運でも既存の関係や収支購入等においてが不安定化する可能性が高くなるでしょう。
自由を求める心やあなたの意思を貫く姿勢はあなたの個性や生き様に関わる重要な事ですが、やり過ぎは仕事と金運に悪影響を発生させかねません。中旬よりも前からその兆候は発生している可能性があり、加減を考えることがおすすめです。
この近辺ではビジネスや売買にも注意が必要かも知れません。焦って財務計画を遂行したり急に気が変わって何かを始めても成果が出ないばかりかマイナスになるため注意しましょう。

全ての星座に関係する「1月前半の全体運」も見てみる
今月の12星座占い