TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
TOPページ → 無料占い → 木星山羊座特集

木星山羊座特集 (2019年12月~2020年12月まで)

木星で見る2020年の運気
木星の特集コーナーへようこそ!
このコーナーでは星座別の年間運気予測を掲載します。

■木星射手座の年間サイクル
木星は2019年12月頭まで「射手座」を運行していました。
射手座は木星の守護星でもあり、惑星自体の効果が非常に大きくなるとともに、拡大・発展というこの惑星の要素が様々な分野に影響を与えました。
この運気に乗っていた業者や個人は、拡大や発展を繰り返す傾向となり、第三者から見るとお客様やユーザに対して気前が良くなっていたはずです。
そして2019年12月頭から、木星は次の星座である「山羊座」に移動します。
木星は約1年で次の星座に移動するという特性を持っており、年間運気傾向をざっくりと判断するために役立ちます。
星座によってこの山羊座の位置にはそれぞれ違う「テーマ」が存在しており、このコーナーでは各星座別の年間運気について解説します。

■西洋占星術における木星の扱い
この特集コーナーで取り上げる「木星」という惑星について説明します。
木星は12年を掛けて黄道12宮360度を一周するので、「1つの星座」に「約1年間滞在」します。
その動きが「大雑把な1年分の運気傾向」を見るために役立つという訳です。

公転速度や歳差運動等の関係から、近年の木星は毎年冬頃にその星座位置を変化させます。今回山羊座に移動するタイミングは12月3日となっています。
その日付からきっかり運気が変わるというケースは少なく、事前に決定されたり確定した上で、入座する近辺のキリが良い日付で変化する事が通常です。
実際、12月3日ではなく11月末で終わりであったり、月曜日である12月2日から影響が開始するといった状況となることもしばしばあります。

■幸運の星と言われている木星について
この木星ですが、占い雑誌や占いサイト等では「幸運の星」と言われています。
皆様もこの惑星が入った星座の生まれは「1年間幸運」という表現を目にされたことがあるのではないでしょうか。
しかし当サイトでは、木星が単純に「幸運」とは捉えていません。年間サイクルの運気を扱うと共に、扱う要素や分野を「拡大・拡張」させるという表現がその実体を的確に表しているものと捉えています。
拡大する事が「幸運」に繋がる事も多いため、幸運の星という表現はあながち間違っているとも言い切れません。
木星は楽観的な心理を司る力も存在します。木星が入った領域では楽観的に物事を考えるという効果が働き、それが「幸運」と捉えられる場合もあります。ただ、現実の状況が必ずしも楽観的に扱えるかどうか?という事とは違いがある点には注意が必要です。

生まれ星座に木星が移動・入座すると、自我や自己表現の拡大そして12年サイクルの始まりを示すという現象が発生します。直前の1年間は不幸やトラブルが拡大するという傾向が強くなるため、「幸運」を良く感じられると表現する占い師もいるようです。
反面、拡大することで問題になるような物事(借金・病気・犯罪・格差等々)では逆に凶意を発展させてしまうという隠れたマイナス効果が潜んでいます。
木星の位置とアスペクト(角度)を構成する他の惑星、恒星等によって変化するため、一概に全てが良くなる訳でも有りません。
この事を理解していないと、木星効果で幸運となるはずなのにおかしい、、、となってしまうでしょう。

もしあなたの周囲で木星の力がこのような「拡大してほしくない分野」に関係している事に気付いたなら、十分な注意や管理が必要です。
特にこの木星が入った星座の生まれやその星座を色濃く持っている方々は、その時期に体重が増えやすくなるという効果もしばしば確認されています。
たとえあなたの星座で良いことが書いてあったとしてもそれを手放しで喜ぶのではなく、この効果を理解し生活にお役立て頂く事をお勧めします。

■射手座木星サイクルの回想と反省
支配星座である射手座を運行した木星は、様々な分野を拡大・発展させました。
今まで発生した現象は皆様ご自身が一番良くご理解頂いてるかと思われます。拡大・発展という要素を上手に扱えたかどうかは各自でご判断頂く必要があります。

以下のバナーから射手座木星の特集をご確認下さい。
木星射手座特集

今までの1年から学べた事を再度理解頂くと、運気にも良い影響が期待できます。

■山羊座木星サイクル
山羊座に入った木星は、この星座が持つ大地や地球といった要素を拡大させます。
射手座の木星によって拡大しすぎた要素は、山羊座の堅実な要素によって逆転し収縮するという動きを見せることになります。
今まで拡大し増収増益を続けてきた会社では、利益のでないサービスを撤廃する方針を決定する可能性があります。また、不正な行為や高い年齢などを理由とする交代劇が大きな話題として上る事も想定されます。
世界レベルの会社であったとしてもその影響から逃れることは難しく、ネットで誰もが知るような企業に関するニュースが流れるかも知れません。
高いコストが掛かるものは歓迎されず、コストパフォーマンスに優れ実績を生み出すものが優先される傾向となります。

この山羊座の元となっている「山羊」という動物のシンボルは、厳しい現実の中を生き抜くタフさを暗示しています。
切り立った崖の上で暮らし、寒さや不安定さをものとしない孤高のオーラを持つ、という点が特徴です。そういった概念は占星術では重要な意味を持っており、この1年間の運気傾向にも影響を及ぼします。
厳しい状況で確立された信頼や権威、次の時代を切り開くための全く新しい戦略、実用性に溢れた商品等が、この時代での山羊のシンボルです。たとえ優れた性能や能力を持っていたとしても、維持が大変であるようでは歓迎されないでしょう。
ただ、節約だけが今回の傾向ではありません。木星の拡大・楽観的効果が加わる関係から、拡大と収縮のバランスが取れるという現象も期待できます。

また、今回の山羊座入りでは、もう一つ重要な要素があります。
それは既に「天王星が牡牛座に入座」した、という点です。
この現象は既に多方面に影響を与えており、金融システムや貨幣の価値、そして女性や大地の環境が激変を迎える事となりました。この惑星の周期は84年ですが、前回牡牛座に入座した際もニューディール政策などで同様の現象が確認されております。
天王星の影響は以下の特集ページでご確認下さい。
天王星牡牛座特集

この天王星の移動は、木星の山羊座移動にも強い影響を及ぼします。
金融システムの激変と価値観に関する変化は、堅実で節約をよしとする山羊座の傾向に相反したり、ただでさえ混乱している金融システムに待ったをかける可能性もあります。
自分の財産を自分で守る、という概念が浸透し始めてから既に時間が経ちますが、それが今回の現象で常識化し更に厳しくなるかもしれません。
これらを点を鑑みますと、この時代を生き抜くために個人個人ができることはこのようになるはずです。

 ・無駄なものはバッサリ切り捨てること
 ・コストパフォーマンスを重視すること
 ・花より実を取ること
 ・壁を乗り越える責任を持つ事

ただ、これらの現象は、日常生活レベルでは感じにくいこともあるかもしれません。
今お使いのPCやスマホなどを利用し、お金や企業に関するニュースを良くご覧頂き、予防線を張っておくことも良いかと思われます。
日本だけでなく海外のニュースにも共通した運気兆候が見え隠れする事があるはずです。
そういった情報を見逃さず、早め早めに動く姿勢が未来のあなた自身を守ることになるでしょう。

■木星の運行スケジュール
山羊座木星は、以下のような予定で運行する予定です。

木星山羊座スケジュール

冥王星と合致する4月、この惑星が逆行に転じる5月は、社会的な事件や事故、転換期となる事が想定されます。
その前にも、この山羊座では1月に土星と冥王星が合致し、世界規模での権利や立場争いが懸念され、30年ぶりの破壊・再生の年となるはずです。
毎年恒例だった嬉しい拡大・発展のみとなる木星サイクルも、今回はかなり厳しい様相を呈するでしょう。
しかし、真剣な姿勢で社会基盤を構築しようとするのなら、この星座と木星は惜しみない後押しをしてくれます。マイナスの予測は怖いかもしれませんが、対処方法や運気に乗る方法もあることはお忘れなく。

各星座における2019年12月からの年間サイクルは、以下から御覧ください。

木星の位置で見る12星座の年間運気傾向

■牡羊座
牡羊座 2019年の12月頭まで、木星は「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
山羊座木星サイクルでは、今までの仕事や素行が認められ周囲から認知される事になるでしょう。表舞台に出たり、表彰・昇進等といった社会的な発展の時期です。
また、この近辺では土星・冥王星ともに山羊座を運行中であることから、この発展は堅実な実りとなる事が期待できます。

注意点としては、手を広げると失敗や転落に繋がってしまいやすい事でしょう。
山羊座を運行する木星は実績と成果を要求し、不正と失敗を許しません。今までやってきた事を続け、固め、責任を持って対応すべき時期です。
この期間中、評判を聞きつけた方々はあなたに仕事を依頼するでしょう。が、十分に対応可能な範囲を超えて引き受けないようにして下さい。
仕事や責任が「拡大」するため、増えた仕事の責任もまた多くなります。成功への道は目標を絞り込む事で開くため、慎重過ぎるように見える姿勢が無難です。
あなたを利用しようとして言葉巧みに近寄ってくる甘い誘いに注意ください。是非あなたにお願いしたい、と言われても敢えて断る勇気を持ちましょう。逆に今までの経験が活かせて責任が持てるのなら喜んで進むべきです。

なお、もし今まで研鑽を怠たっていたり人様の成果を奪い取っていたのなら、この時期は素行が明るみに出てまう可能性があります。表舞台に出るという事は、実力も周囲に知られてしまうという事を認識して下さい。
場合によりましては、一瞬は持ち上げられるかも知れません。
しかしその後長続きがしなかったり過去の素行が暴かれてしまいやすいでしょう。特に法的に許されない行為でのし上がってきたのなら、今年は最悪になる可能性すらあります。
この1年の状況は、今までの積み重ねに掛かっている事をご記憶下さい。転職や退職、突然思いついた根拠の薄い新戦略は成功する確率が低いでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■牡牛座
牡牛座 2019年の12月頭まで、木星は「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

2019年12月以降の約1年間からは、「学業・法律・海外・執筆・信念」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
ここからの1年は、高い理想と目標を定め希望を持って学びチャレンジする事が多くなるでしょう。
本来この位置は、最も楽観的で楽しさを持った時期を示します。が、牡牛座のあなたは、簡単に先々を楽観視することはないかも知れません。
しかしそれこそが最も賢く、現実的な判断になるはずです。努力を続けながらも欲は出さず、周囲からの評価を待つといった姿勢が最も幸運に近づく秘訣です。

更に「物事の見方や考え方」もこの領域が司る要素です。
宗派、学業、法律のように、考え方が重要となるこれらの分野では、あなたの持つ知見や可能性が重要になるでしょう。意見の違いや問題は当然発生しますが、良い方法で着地点を見つけやすいのもこの時期です。
また、物事は大きな観点で見られやすくなり、自分の居住地域や国を超えるような概念で考える事になることが想定されます。
ですがその分、目の前の細やかな出来事や小さなミス等には気が回らなくなるかも知れません。誰かにサポートして貰えたのなら感謝の気持ちを持つと良いでしょう。

この木星は、実はあなたにとって財務運や親密なパートナー運という要素も司ります。
今までの1年間で体験したこれらの運気は、今回も1年間引き続き影響を色濃く受けることが想定されます。
親密であるからと言って異性であるとは限りません。その誰かの存在を重視し、互いに助け合う精神があると、この1年は素晴らしいものとなるはずです。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■双子座
双子座 2019年の12月頭まで、木星は「対人・パートナー運・結婚・敵」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「共有資産・税ローン債務遺産・男女関係」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
山羊座木星サイクルでは、税金・ローン等といった財務運、親密なパートナーとの関係、先祖や生死に関わる深刻な話題が年間を通じて発生します。
まず財務運ですが、税金等以外にあなたが自由に使えないお金や土地そして権利等を指し示します。これは一人で管理する事は少なく、親密なパートナーであったり先祖や家族といった単位で管轄することが通常です。
この1年はあなた、もしくはパートナーの財産が増える事になるでしょう。判断を間違った場合、負債やローンが増えるだけという点には注意を。

また、この位置は先祖や生死、夜の生活といった要素も関連します。
誰かが生まれ、そしてあの世に帰っていくという出来事は、あなた自身に強い影響を与える事になるはずです。
親密なパートナーとの関係を見直したり、深い気持ちに気づくかも知れません。山羊座には土星と冥王星が鎮座しており、生死に関する厳しさは影響どころではなく衝撃となる可能性すら想定されます。
これ以外にも、潜在能力が開花したり物事の本質を理解するなど、深い側面を持つ要素があなたを成長させてくれます。

この1年は残念ながら、安定・安心やチャンスが多い時期ではありません。激しい感情を伴ったり、辛い思いをする可能性もあるでしょう。
そして木星はあなたのパートナーや対人関係に直結する惑星でもあり、2019年に体験した事は2020年にも大きく活きる事となります。今までの難しい状況から学べた事を思い出してください、それは必ずあなたの役に立つはずです。
どこまで行ってもあなたには頼れる誰かの存在が不可欠です。その存在を大事にすることが、この1年を素晴らしい時期にする秘訣です。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■蟹座
蟹座 2019年の12月頭まで、木星は「仕事・職場・日常習慣・健康」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「対人・パートナー運・結婚・敵」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
ここからの1年は、1対1の関係となる誰かの存在が非常に重要となるでしょう。
この「誰か」とは個人やビジネスを問わず、配偶者であったり契約業者であったり、唯一無二の友である事も考えられます。
これには敵も含まれており、面と向かってあなたに敵対する嫌な誰かを指すケースもあります。
1対1であれば唯一の一人である必要はなく、状況や関係に応じてそれぞれ一人ずついるという意味です。あなたが今頭の中に思い浮かべた方が、その対象かもしれません。

この1年はその誰かとの「対等な」お付き合いが、運気に大きな影響を及ぼすでしょう。
出会いのチャンスや人生を左右する約束、そして判子が必要な契約等々、とにかく誰かの存在なくして運気の発展はあり得ないといえる程です。
ただ、長い間対人運の位置に土星や冥王星が鎮座する蟹座のあなたにとって、パートナーという存在は嫌な記憶の元でしかないかも知れません。
しかし今年はやや違った状況が想定されます。敵対する誰かの姿勢は激しくなりますが、同時にあなたの為になる人とのめぐり合わせが期待できます。
その方との関係は必ずしも長く続くとは限りません。が、あなたの心と運気には大きな影響を与えくれます。

今まで続いていた対人関係の不運は、星々からの重要なレッスンでもあります。
「人付き合いをもっと学び賢くなりなさい」と、お金で買えない重要なヒントを与えているとも言えます。誠実さや堅実さ、裏切る事のない真剣なお付き合いをするにはどうすべきか、という事を考える姿勢を持つ事が賢明です。
それを理解せず単に我を張ると、この1年は厳しい結果が返ってくるだけでしょう。
人という生き物の心理、互いのバランスの重要さを悟り、対等な関係がどうあるべきかを理解すると、大きな幸運に変化します。
なお、木星は職場運や健康・生活習慣も司ります。この1年もまた、パートナーにはそれらの要素が関連することも想定されます。今までの経験を活かし、本当に大事な方を見つけて下さい。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■獅子座
獅子座 2019年の12月頭まで、木星は「恋愛・子供・趣味・投資」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「仕事・職場・日常習慣・健康」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
ここからの1年は、職場環境や同僚そして健康運に直結する生活習慣などがあなたに大きな影響を与える事になります。
日々の生活と仕事がテーマであるがゆえに、年間を通して多忙化は避けられません。
木星の効果により発展はしますが、山羊座の影響によって責任は重くなり誠実さと合理化が求められるでしょう。あなたの仕事ぶりや有能さは際立ちますが、山羊座に鎮座する土星・冥王星の影響により、手を抜いたりサボる事は更に許されなくなるはずです。
業務自体は拡大する事が期待できますが、その分細部まで目が届きません。それがマイナスとなる可能性がある事は頭の隅にとどめて置くべきでしょう。

また、この位置は管理が必要な目下の存在を意味するケースがあります。
社会においては雇う、雇われるといった形となり、どちらもこの1年で重要となります。
お金を出して雇う誰か、職場の部下や目下の同僚、ペット等といった目付が必要な存在が、あなたの時間を奪うと共に、利益と発展をもたらしてくれるはずです。
健康面は病気が平癒(へいゆ)したり元気になるといった傾向が想定されます。
新しい健康法、生活習慣、スポーツ等を取り入れて下さい。ただ、冷えや年齢等による代謝と、(体重を含め)肥大化する病気・症状等には注意が必要です。

木星は社交運や異性とのお付き合い、楽しむ事等も司っており、昨年経験した事は今回の運気にも影響してきます。
楽しむ時間は過ぎてしまいましたが、ここからの1年にも同じ要素が絡む事は間違い有りません。仕事を楽しむ事を忘れないようにすることが重要です。
この1年は、新しい仕事を得たり誰かに仕事を与える事が、このサイクル期間であなたを幸運に近づけてくれるでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■乙女座
乙女座 2019年の12月頭まで、木星は「家庭・自宅・身内・不動産」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「恋愛・子供・趣味・投資」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
山羊座木星サイクルでは、人付き合いや趣味などを通して楽しむ事ができるでしょう。
この領域は童心に戻って楽しむという点が根底に存在します。寝食を忘れて没頭するような何かに、年間を通して関わる事になります。
飲み会やパーティそして趣味や子供等が関連するイベントは、今年のカレンダーに多くマークされるはずです。

また、この領域は芸術・創作にも関係します。
もしそういった活動に関わっていなくても、映画やゲーム・テレビ等で目にする事はあるはずです。純粋に作品を楽しむか、自分で作り出すという事にご縁が出るかも知れません。
金運面ではビジネス投資やギャンブルといった要素が関係してきます。
これは固定収入ではなく、リスクと決断が必要な稼ぐ分野がこれに当たります。馴染みの深い宝くじやガチャ等も同様ですが、どのケースであっても投資し過ぎには注意が必要です。

今回、山羊座には土星や冥王星が運行しており、これらの要素を純粋に楽しむことができない可能性はあります。
時間や制限、様々な柵に邪魔をされた気分になるかも知れません。楽しんだ結果、子供に関した重い責任が伴うという状況も想定されます。
この木星は乙女座にとって家庭や家族、足元の安定度を司る惑星でもあります。
安心できる拠点やバックボーンがあってこそ「楽しむ」ことができることを是非ご理解下さい。それを実践すると、この1年はこの領域の発展が見込めるでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。


■天秤座
天秤座 2019年の12月頭まで、木星は「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「家庭・自宅・身内・不動産」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
山羊座木星サイクルでは、家族・家庭環境の快適さや発展が重要な年となるでしょう。
大事な方々を守り、発展させたいという心理が働く可能性があります。家族と呼べる方の人数が増えたり、身内と呼べる誰かができるケースも想定されます。
今の拠点や自室が手狭に感じ、拡張や移動させる事になるかも知れません。もしそういう計画がなかったとしても、整理整頓と倉庫管理のご縁が出るはずです。

また、この位置は足元の安定や人生設計にも関連します。
人生を安定させるには、実力を培い、仲間を集い、拠点を保つという基礎固めが必要です。
もし不安が大きかったり将来進むべき道に迷っていると感じたのなら、安心できるまでそれらを強化しましょう、という木星からのメッセージと考えて下さい。
しかし木星は拡大する惑星です。家族や不動産への予算は厳しく管理し、費用対効果を重視する姿勢が必要です。無理な拡大は全体運を落とす危険性すらある点には注意を。

今回、山羊座では土星や冥王星が運行しています。
古く役立たないものを排除し、新しい基盤を築く機会が発生しますが、残念ながら簡単ではないでしょう。
家族や不動産の問題、自宅で行う作業やビジネス、長期人生設計などなど、頭を悩ませる要素は多くなる傾向です。解決する事も多々ありますが、大きくなる問題も存在します。
信用すべき人を見誤らないように注意してください。
そして木星はあなたにとって学習や精神活動、日常生活圏内という要素も司っています。
昨年1年で培った学ぶ姿勢や周囲との関係は、このサイクルでも大きく影響し役立つでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■蠍座
蠍座 2019年の12月頭まで、木星は「金運・収支・価値観・安心安全」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「読み書き話し・移動・近隣親類」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
山羊座木星サイクルは、あなたの精神と知性、移動やメッセージ通信手段、日常生活圏内に拡大運気を与えるでしょう。細かく面倒な手続きや移動、話さなくてはならない方々、メッセージの扱い等、煩雑な状況が待っています。
常に理解や勉強が必要で、メッセージや書類処理に忙殺されるため、情報過多となってしまうかも知れません。キャパオーバーになる前に人に任せましょう。

この領域は、日常生活圏内で顔を合わせる方々、通勤通学、親類縁者にも関係します。
彼らとのお付き合いや移動手段に関しても、木星は頻度をアップさせる傾向が想定されます。こちらでも同様にやりすぎないという事は重要なポイントです。
ただ、今回は山羊座に土星と冥王星が存在し、制限や義務などが伴う事が想定されます。
あなたの守護星である冥王星がここに居るため、この影響は無視できません。物事に固執しすぎてしまったり、古い概念のしがらみを忘れることができないと、マイナスに転んでしまう可能性もあります。常に柔軟さを持って下さい。

なお、木星という惑星はあなたの金運や価値観を常に握っています。
山羊座は紙や署名を意味し、しばしばビジネスを中心とする何かの契約を誘発させます。
自営業を含め堅実な仕事をしてきたのなら、この1年もまたお金を得るための様々なチャンスと出会うことができるでしょう。その場合、できるだけ堅実で長期になるような分野がおすすめです。
今までの1年のサイクルで、もし収支がマイナスになったと感じているのなら、挽回も不可能ではありません。良く学び、良く話す事がその鍵です。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■射手座
射手座 2019年の12月頭まで、木星は「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る射手座の領域を運行していました。
この時期は、運気の夜明けとも言える、素晴らしい時期を体験したはずです。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「金運・収支・価値観・安心安全」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
山羊座木星サイクルでは、お金と価値観という、生活や人生に直結する要素がテーマとなります。先程の1年間であなたの意識は目覚め、新しいサイクルが始まったはずです。
ここからはどう稼ぎ、何を手に入れ、お金をどこに使うかがポイントです。
このサイクルでは収支が激しくなりますが、間違えると最終的に損益となります。財政基盤の安定と健常化を願い目指す事が重要ですので、是非その心構えを持って下さい。

もしビジネスを持っている場合、このサイクルではそれが利益を生み出すでしょう。
財政に問題があるケースでも、改善方法が見えたり、収入状態が大きく変化することが想定されます。
守護星と土星が金銭・価値の位置にあるため、あなたの興味は贅沢品か不動産である可能性が想定されます。当然ながら、それらの売買価格や価値変動には常に注意を払うことが賢明です。
ただ、山羊座に存在する土星と冥王星の影響はプラスばかりではありません。必要以上にお金を導入したり、本当に必要なのに渋る行為は、言うまでも無く失敗に繋がります。
厳しくはありますが、自分の目と耳と頭脳で計算し、自分の責任で最終決断する姿勢が金運を大きく発展させてくれます。

なお、この木星はあなたの守護星であり、幸運の星であることは間違いありません。
年間運気が変化しても、あなたの木星はあなたの個性や存在意義に大きく影響し、これからもずっと共に運命を歩む事になります。
拡大や発展、という一見プラスに見える要素は肥大化というマイナス面があります。手綱を引いてどう上手に扱うかはあなたの「意思」にかかっています。力加減には常に注意し、バランスを保つことが賢明です。
それができれば、この1年は夜明けの続きを見ることができるでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■山羊座
山羊座 2019年の12月頭まで、木星は「過去・秘密・清算・隔離場所」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「外見・個性・スキル・存在意義」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
今までの1年間、舞台裏で下積みをすることが多かったはずです。孤独感も強く厳しい状況で耐えてきたかも知れません。
しかしここからは運気の夜明けです。ここからの1年、目が醒めた気分になるでしょう。
これにはあなたの強い「意思」と「行動力」が直接影響します。まずはこの先何がしたいのかをハッキリさせる事から始めて下さい。
敢えて目標を周囲に知らせて退路を断つと、大きな運気変化を実感できるはずです。

今回、木星が移動した2019年の12月時点では、おそらく過去から引きずっているお荷物が存在するはずです。
未練があるかも知れませんが、大半は残念ながら役に立ちません。厳しい視点でバッサリと排除し、新しいものを受け入れ視野を広げて下さい。
あなたの星座には守護星の土星、そして強烈な冥王星がいるため、破壊と再生が行われたかのような劇的な変化を体験する可能性もあります。しかしあなたの元にやってくる運気の元はどれも成功の可能性を秘めたものばかりです。変化を恐れない意思も重要です。
ただ、自意識過剰になったり、体重が大きく増加するケースもあります。自己管理には注意しなければならないでしょう。

なお、あなたにとってこの木星は過去や秘密等を管轄する惑星でもあります。
この先木星がどこに移動してもそれは変わらず、常に過去を清算し変わっていかなくてはならない事を意味します。
ただ、守護星の土星があなたの星座にある今の時期は、なかなかそれも難しい可能性もあります。が、激動の時代で生き残るためには、過去を踏み台にして先に進むしかありません。
リスクは多いでしょうが、今まで厳しい状況を体験してきたあなたなら、勇気と無謀の違いは弁えているはずです。上手な力加減ができるのなら、この時期はトンネルを抜けたような明るい気分となれるでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■水瓶座
水瓶座 2019年の12月頭まで、木星は「友人・同僚・属する組織・社会環境」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「過去・秘密・清算・隔離場所」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
今まであなたは夢や理想を体現するために、チャレンジし成果を上げてきたのではないでしょうか。しかしここからの1年、これ以上の拡大が難しい事を悟る必要がありそうです。
今までの夢や実績は、この先重荷になったり不利に働くかも知れません。過去から続く問題は終わらせる事が難しく、清算にもエネルギーを必要とするでしょう。
精神的には孤独を感じやすく、あなたは共感していると感じても相手はそうではないと感じる可能性があります。

また、この領域は舞台裏を示しており、年間を通して誰かの引き立て役になる傾向があります。
裏に籠もったり、人助け等にご縁が出るケースもあります。過去を捨てられずにしがみつくと、不運が「拡大・発展」することもあり、非常に難しい時期となるかも知れません。
この時期の運気維持・緩和は、「サポートに徹する」事です。
ボランティアや誰かのサポート、物質よりも精神的な側面を重視する事、裏方の作業で ベストを尽くす事、等々です。
日常を忘れるためにお酒や(向精神)薬等に手を出すことは宜しくありません。来年の夜明けに向けてアイデアを練り、夢や直感からのヒントを得る事が賢明です。

実は木星という惑星は、あなたにとって社会生活を司どっています。
2019年は会社や友人、コミュニティ等での活動が多かったはずですが、この先もその要素は多々影響し続けます。
仲間や会社という活動における「縁の下の力持ち」という意識は、あなたの運気を盤石にしてくれるでしょう。過去に反目していたら誰かがいたとしても、寛容の気持ちで接すると、更に後押し運気が期待できます。
木星が清算の領域に入ると全体運が低下する、と言われますが必ずしも毎回そうなるとは限りません。裏から物事を見て距離を置くことが平穏となる可能性があることを理解すると、良い1年となり得るでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

■魚座
魚座 2019年の12月頭まで、木星は「仕事の成果・公の立場・キャリアパス」などを司る射手座の領域を運行していました。
今までの射手座木星サイクル運気は、以下のバナーからご確認下さい。

木星射手座特集

そして2019年12月以降の約1年間、「友人・同僚・属する組織・社会環境」などを司る山羊座の領域を運行する事になります。
山羊座木星サイクルでは、社会生活が重要となります。具体的には会社、コミュニティ、友人とのお付き合い等であり、公の人間関係や活動を示します。
会社等を通じて仕事だけでなくお付き合いが増加する傾向です。プロジェクトへの参加、パーティや飲み会、独創的でIT等の最新技術を使った作業などにご縁が発生するでしょう。
ここまでの1年で成果を上げてきたのなら、新しい知り合い、そして友人の輪が広がり夢や理想を体現するチャンスの時期となるはずです。

この領域は楽観的な心理を生みやすく、理想を体現するために活動する事になるかも知れません。動機は人道的な理由であったり、哲学的な思想が絡む事もあります。
また、社会活動から得られる収入は多く満足できるものとなるでしょう。社会生活運気が拡大した事により、グループ移籍や転職活動が活発になるというケースもあります。
ただ、この位置には土星と冥王星が運行しているため、崇高な意思を持っていても挫けそうになるときがあるかも知れません。しかしそれに染まってしまうようでは、せっかくの運気がマイナスに落下してしまう可能性があります。

また、木星はあなたの仕事の成果、公の立場等を司ると共に、古代の守護星でもあります。
この先木星がどこに移動しても、社会全体のために役立つ事、目上の方のニーズに応える事、仕事を通じて精進することは、常に運気に影響を与え続けるでしょう。
あなたのもう一つの守護星である海王星は、あなたの星座を運行している最中でもあります。もし芸術や映像、スピリチュアルな分野を通じて社会貢献できているのなら、幸せな事であると認識して下さい。
あなたの能力に自信を持ち、正しく世のために奉仕する事ができると、この1年は理想を体現する事ができるでしょう。

できれば、ぜひ12年前(2007年12月下旬~2009年1月初旬)の記録を探して再確認して見てください。
全く同じにはなりませんが、あなたが感じた心理や周囲の状況は似通っている可能性があります。そして、今回は前回よりも更に賢い判断ができるはずです。

占い師:みすとりぶ
西洋占星術研究歴30年。本来はオカルト研究家だがIT企業オーナーも務めている。
占い師向けツールやアプリは自分で設計開発しており当サイトのシステムは全て彼の産物。
ITによる正確な星の位置や角度及びに過去のデータを元に、淡々と事実と結果と解決方法を伝える占いスタイルは、女性のみならず男性からも評価を得ている。
経営者の集まりでは占い希望者が殺到してしまい人数制限をする為「予約を取る気がない占い師」と言われている。(現在対面占いは停止中)
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載中。