TOP PAGE
ANGEWORKの西洋占星術へようこそ。ホロスコープ、恋愛占い、ボイドカレンダーで運気アップ!
無料占い → 毎月の運勢 → 2017年のバレンタインデー

2017年のバレンタインデー

2017年のバレンタインデー
2月の恋愛運について
2月前半及び後半の恋愛運は、バレンタインデー近辺の運気特集としてこちらに記載させて頂きました。
毎月の各星座の運勢と併せて御覧ください。

■2017年のバレンタインデー
今年のバレンタインデーは平日です。
職場や学校で義理チョコを渡すだけなら攻略は関係ありませんが、意中の人にアタックしたり、本命の方と大事な時間を過ごすための攻略ヒントをまとめさせて頂きました。

当サイトでは毎回イベントだけが全てではないという方針を表明させて頂いておりますので、占星術的またはあなた自身の出生ホロスコープではこのタイミングばかりが全てではない点にご留意下さい。

■ボイドタイム
以下の図は当サイトの1ヶ月版ボイドタイムカレンダーからの抜粋です。
バレンタインの前後の部分を赤枠で囲ってみました。
バレンタインデーのボイドタイム

13日の夜遅くに突然の行動や普段行わないような考えをしなければ良いため、平日ということも相まって今回のボイドは概ね気にしなくても良いものと思われます。

サインは乙女座なので、打算的な行動、相手の躾やマナーへの指摘、倫理的な行動かどうかについて口うるさく指摘するような行動だけ慎んで下さい。

また、バレンタインなので恋愛に準じた記載となっていますが、この件に関しては対象が誰であってもその時間帯にNG行動を取ることはお勧めできませんのでご注意を。

■木星逆行の影響
2月7日から木星が逆行を開始し、去年から始まった各星座の特性分野に問題提起を掛けてきます。
一部の星座にとっては恋愛が影響するケースもあり、あなたの星座によっては無視できない要素が発生している可能性もあります。

木星逆行の詳細な解説は特設コーナーを設けましたのでそちらを御覧ください。
「逆行した木星の影響」
逆行した木星の影響

恋愛における天秤の木星逆行は、互いの立場を意識しすぎて距離が離れてしまったり、互いが互いを必要とする意味を勘違いしやすくなる力を持っています。

また、木星の真の効果である「拡大」が、行き過ぎて「肥大化」したり、逆に「縮小」せざるを得なかったり、何かを「拡大解釈」される事も想定されます。

相手の存在を当たり前と思わず、一人ひとりが思いやりを持った言動を心がける事で、凶意を抑え、より良い運を引き寄せることができるでしょう。

この影響は逆行に入る前から発動する事もあり、1月末頃に厳しい恋愛運だった場合、このバレンタインでの逆転は可能性が低めとなる傾向です。

その場合は焦らず逸(はや)らず、あなた自身がまだ見ぬ誰かに見合うような人になるべく、常に自分を磨くことが最良の選択です。

■太陽と金星の凶角(初旬頃)
今月初旬頃はこの角度が結婚と恋愛に影響し、互いの利害が一致しない角度が厳し目の影響を発生させます。

金星は牡羊座に入り積極性や明確な意思表示の影響を受けてバレンタインには良い配置といえるものの、これらは忍耐力と精神面の不安定さという形で悪影響を与え、恋愛面で微妙な雰囲気を作り出してしまいます。
ただ、上旬から中旬に移行するまでにはこの影響が消えてしまうため、バレンタインデーに直接影響する訳ではありません。

しかしこの時期に痴話喧嘩をしてしまうとその後の対応が難しくなるためご注意下さい。

■満月の好影響(11日頃)
今回の満月は多角形を天空に描き出します。
詳細は毎月の運勢全体版を参考にして頂ければ良いのですが、これを恋愛や人付き合いで上手に使いこなせると、次のような効果を期待できます。

・良い形での終焉、区切り
・同時に発生する新しい出会いやチャンス
・または互いの関係の仕切り直し、やり直し

勿論、すでに安定した良い関係にこの影響を与える必要はありません。
微妙な関係、何かを変えなくてはならない関係、まだ生まれていない関係に良い未来を迎えたいと思うのであれば、この満月のタイミングを狙って仕掛けてみては如何でしょうか。

特に2月11日は祝日でお休みの方も多いでしょう。当日は予定が開かない場合のデートに使うにもお勧めです。

この満月の空模様は2月前半の全体運で説明させて頂きました。
こちらからどうぞ。
「2月前半の全体運」
2月前半の全体運

■バレンタイン近辺の全体運気
これはバレンタイン当日12:00のホロスコープです。

バレンタインデーのホロスコープ
恋愛、愛情を司ると共に女性を示す金星は牡羊座に位置しています。(円内上部やや左側)

男性を意味する火星も共に牡羊座に配置しており、誰かに恋をしている場合にはお互い情熱的という解釈もできます。

ホロスコープ全体図だけでは何が何なのかわかりにくいと思われますので、金星と火星の2つだけをピックアップしました。以下の図がその抜粋部分です。

ホロスコープピックアップ
重なりつつありますが、ピンクが金星、赤色が火星です。
そして青色の矢印の通り、進行方向は反時計回りでどちらも順行しています。
このバレンタイン近辺の恋愛の空模様に関して、今回は興味深い星の動きをご紹介します。

火星と金星のこの構成を見ると、女性(金星)が男性(火星)を追いかける側にあるという、いかにもバレンタインデーにふさわしい構図のように見えます。

2つが牡羊座にある点も重要で、情熱や強引さも感じられるほどでしょう。
しかし、金星はこの後少しずつ速度を落とし、3月に入るとついには逆行してしまい、近々で火星に追いつくことはありません。
金星が逆行するタイミングは3/5で、ホワイトデーまでに2つの惑星が合致するタイミング、そして吉角を構成するタイミングは存在しません。

この動きは一部の方々には難しい運勢傾向を暗示しているようです。
それは、バレンタイン近辺では追い追われる関係が続き、互いに今は心地よいものの、ホワイトデーまでには追いかける側の気が変わってしまうか考え直しをするというものです。

実はこれは恋愛に限ったことではありません。仕事や仲間集めなど協力に関することについて、幾つか共通した現象が発生する可能性があります。強引で強気な姿勢や思い込み程、この現象に関連する可能性が高いでしょう。

もしあなたが今、片思いまたは過剰な期待を持って誰か(かなにか)を追いかけているのなら、この可能性も頭の片隅に入れて置いて下さい。

そして多数の方々にはそこまで影響は深くないため、あなたがもしこのような状況で無ければご安心下さい。
各星座に記載させて頂いた、個別の運気が反映される事になるでしょう。

木星逆行の影響こそあるものの、直前に発生する満月の力を上手に扱うことができれば、バレンタインは驚きと喜びに満ちた瞬間を過ごせるはずです。

2017年バレンタインデーの運気

■牡羊座
牡羊座 守護星と金星があなたの星座に存在するこの時期は対人運が好調で、男女を問わず周囲に人が集まります。

しかし2月上旬からあなたの対人運の領域で木星が逆行を開始します。既存の関係は概ね安泰ですが、相手の嫌な面が見えたり関係の修正が頭をよぎるかも知れません。

また、あなたの身体が一つしか無い点も問題を作る要因で、何かをバッサリと切り捨てないとならない事もあるでしょう。

それでも今回のバレンタインは期待が持てます。中旬前に発生する新月が、あなたの恋愛と趣味、子供との運気に幸運の節目を発生させます。是非楽しんで運を分かち合って下さい。

皆の人気者として一定の距離感を保つという姿勢も無難な判断となるかもしれません。

■牡牛座
牡牛座 あなたの守護星である金星は過去や秘密、そしてあなたの心の奥底に関する領域を通過しています。
この時期の恋愛は公に出来なかったり、あなたの個人的な主観だけが独り歩きしてしまっているかも知れません。

牡羊座の領域は裏に隠れていながらも激しさを表すため、あなただけが熱を上げている可能性もあります。相手に迷惑を掛けていないかどうかを自問自答して下さい。

また、バレンタイン全体運で説明した、追いかける側の金星も言うまでもなく牡牛座の守護星です。

今は夢中でもどこか相手の態度がそっけなかったり、自分から追いかけるばかりの状況なら熟考を。この状況は来月に大きな変化を迎える可能性があります。

■双子座
双子座 今月上旬に木星があなたの恋愛を示す位置で逆行を開始しました。

逆行期間はバレンタインデーに重なっており、決して全てが良い訳ではないようです。もし今の関係に何か問題が見えた場合、原因を相手のせいにすると当然ながらこじれます。
そして新しい出会いを探す事も良い結果に辿り着く事が難しいでしょう。

それでもこの2月14日近辺は、グループや組織活動での恋愛運は好調です。職場というよりも理想実現のために自分の意思で参加する会合、ネットであればSNSやワーキンググループ等がそれに当たります。

友達以上恋人未満の関係であれば良い距離を保つことが可能です。相手を選り好みしたり、単なる遊びと捉えていると修羅場が待っているため賢明な判断を。

■蟹座
蟹座 この2月とバレンタインデー近辺の恋愛運は、あなたの仕事や公的な立場が元で人気が高まる運気傾向です。距離が近づく方は何かしらの肩書かそれなりの社会的立場を持っているでしょう。

また、あなた自身も財力や権力が上の人に近づきたい気持ちが起きる可能性があります。しかしその衝動に流された場合「道理」や「責任」という結果が待っているため、今の関係を大きく変えたい場合以外はある程度の覚悟が要るかもしれません。

また、相手の有無に関係なくあなたの家族運は初夏頃までは長期スパンで落ちています。

愛情と家庭が切り離せない場合はさらなるトラブルも予測されるため、バレンタイン付近の恋愛は家族とのパワーバランス操作が鍵です。

■獅子座
獅子座 1月頃から2月上旬に掛けて、あなたの恋愛運は低迷傾向でした。もしかするとイベントを祝う気分になれなかったかも知れません。それでも当日頃までにはそんな気分も緩和していくでしょう。

そしてこのバレンタイン前後の時期、あなたは冒険気分を抑えにくくなるでしょう。これまでの退屈さと抑えた何かの感情に我慢できず、大胆な行動に出る可能性すらあります。

満月が発生する10日頃からがあなたの心の動きが変わり始めるタイミングです。当日のデート等に関しては、用意周到なイベント計画よりも臨機応変な対応が功を奏するかもしれません。

1点注意が必要なのは、この心の変化がホワイトデーまで続くものだと考えない事です。金星の逆行が待っている以上、熱を上げ過ぎない事が賢明です。

■乙女座
乙女座 2月初旬から金星が深い関係を示す領域に入り、心だけでなく大人の関係にご縁が発生する可能性があります。
この手の話に無縁だと考えているとこの時期は財産や経理、人事の仕事だけで終わってしまうかもしれません。

しかし、むしろお金や価値観で繋れるチャンスがあるのがこの時期です。
中旬の満月にもその可能性があるため、諦めない事が大事です。
但し、金星の逆行が来月に控えているため無理に追いかけ過ぎないように。

そして相手が居る場合、お金や欲しい物等、ある程度のワガママも今は聞いてもらえるでしょう。
賢明なあなたは欲求があっても行き過ぎる事もなく、バレンタインをそつなく過ごせるはずです。

■天秤座
天秤座 月初からあなたの守護星はパートナーを示す領域に入り、人気運を押し上げています。しかし守護星は先月から太陽と凶角を結び続けており、仕事や健康面に絡んだ微妙な運気だったはずです。

それでもバレンタインデーまでには凶角が収まりますが、入れ替わるかの如く木星の逆行があなたの星座で始まってしまいます。

結果、せっかく人気があるにも関わらず、あなたはどこか自信が無さそうな、何かに焦るような気分に戻ってしまうでしょう。
来月には守護星の逆行もあるため、バレンタインはどこか楽しめない可能性もあります。

今の状態も何かを見直す事もどちらも大事な成長過程という事に気づければ、バレンタインでの人付き合いも素直になれるでしょう。今月は成り行きに従い、来月に備えましょう。

■蠍座
蠍座 2月は金星が健康を示す領域を通過し、健康は勿論、外見やスタイル等に気を掛けたくなる傾向です。
出会いや接近のチャンスは仕事場かフィットネスクラブ、病院等でしょう。

そしてバレンタイン直前の満月も重要です。あなたの仕事の成果は異性にとっても良い印象を与えるため、この好機を逃す手はありません。

問題があるとすれば同時に発生している木星の逆行です。
一人でゆっくり過ごしたい気分が出てくれば、盛り上がる相手の気分を削いでしまうだけでなく、あなた自身を苦しめてしまう可能性すらあります。

癒やしを相手に期待しすぎるとバレンタインは上手く行きません。相手に合わせるか、自分の心は自分で解決することを考えて下さい。

■射手座
射手座 この2月、金星は恋愛やロマンスを司る領域に入り、あなたの恋愛運はバレンタインの準備とでも言えるような状況に入ります。
月初はトラブルこそあるものの、中旬に近づくに連れて運気は安定していく傾向となるでしょう。

しかしグループやSNS等の活動に関する領域で、あなたの守護星が逆行するため、あなたを取り巻く環境で恋愛を取り巻くゴタゴタが予測されます。

そして、今回のバレンタインはネットでの会話を中心としたアプローチややり取りがドラマを生むでしょう。

もし意中の人がいたり既にお付き合いがある場合は二人の仲自体は良い関係が期待できるものの、外野からのちょっかいや横槍には注意が必要です。

あなたの意思がはっきりしないと余計なトラブルを生む事を頭の隅に置いて下さい。

■山羊座
山羊座 このバレンタイン、愛の星である金星はあなたの家庭や拠点を示す位置を通過します。

既に家族となっている大事な誰かとの関係は、月初のうちは多少問題があるかもしれませんが中旬に向かうに連れてゆくゆく緩和していきます。

また、今回のイベントは華やかさよりも家庭的な平穏さが似合う時期となりそうです。大事な人を自宅に招いたりお邪魔するか、家庭でのパーティ等がお勧めです。

特に直前に発生する満月が、あなたと目的や状況をともにする友人や仲間たちとの交友を深めてくれるため、仲間たちも招待する形の方が良いかもしれません。

それは懐にも優しいだけでなく、互いの価値基準が近いことを確認できる良いチャンスとなるでしょう。まずは互いの理解を深めてみて下さい。

■水瓶座
水瓶座 少し前まで、あなたの恋愛運は金銭に関連したもの、しかも漠然とした状況や同情等の曖昧な状況にあったかも知れません。

今月上旬から愛の星である金星は牡羊座に入り、あなたは明確さや積極さを求めるようになったはず。それでも上旬まではまだ影響が残っており、後始末が必要です。

そしてこのバレンタイン近辺はあなたの会話能力、積極性が重要なポイントです。中旬前の満月では対人関係の活発化し、出会いやお付き合いに多忙となる可能性があります。

そして誰かが集まる場所においてあなたの知性と話術は、性別を問わず相手を惹き付けてくれるでしょう。バレンタインの会話を存分に楽しんで下さい。

しかし相手を絞り込めず目移りしているようであれば要注意です。入れ込み過ぎないようにしましょう。

■魚座
魚座 ロマンスと金銭を司る金星は、2月初旬にあなたの価値基準と金運を司る領域に入ります。

これはあなたの最近の関心がバレンタインでの恋愛運よりも先々の経済的安心・安定やお買い物等に比率が向いている事を意味します。

お金を持っている誰かが本命なら言うことは無いでしょうが、あなたの旧守護星でもある木星が早々に逆行を開始し、恋愛と金銭を分けて考えることはできないかも知れません。

無理な行動はせっかくの逆行に損失をこうむる可能性もあり、散財しすぎすると来月の恋愛運にも影響を与えます。

直前の満月ではあなたの仕事振りが功を奏し、経済的な先行きも見えて金銭的な余裕が感じられる時期です。
しかし、バレンタインでは自分が出せる範囲でのささやかなお付き合いがお勧めです。

そして意中の誰かが「あなたの資産を費やした以上の見返りがある」かどうかを良く見極めることが成功の鍵です。

占い師:みすとりぶ
占い歴30年。西洋占星術師&IT企業経営者。両方の知識を活かし占い師用ツールや占いアプリを開発。経営者向け占いコンサルも行う。
12星座占いはホロスコープ エンジン「MOON FACE」で正確な星情報を元に占っている。
「ANGEWORKの星占いブログ」を連載中。